Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

「歴史的農業環境閲覧システム」と「迅速測図」について

wata909
December 06, 2023

 「歴史的農業環境閲覧システム」と「迅速測図」について

MIERUNE様主催、2023年12月6日「地図とか路線図とか」出版記念イベント講演資料

wata909

December 06, 2023
Tweet

More Decks by wata909

Other Decks in Research

Transcript

  1. NARO
    「地図とか路線図とか」
    出版記念イベント
    2023年12⽉6⽇
    「歴史的農業環境閲覧システム」と
    「迅速測図」について
    農研機構農業環境研究部⾨
    岩崎亘典

    View full-size slide

  2. 1
    • ⾃⼰紹介
    • 迅速測図とは
    • 迅速測図の概要
    • 迅速測図を使った研究
    • 歴史的農業環境閲覧システム
    • 開発の経緯
    • 各種コンテンツ
    • 利⽤事例
    • まとめ
    本⽇の発表内容
    第一軍管区地方2万分1迅速測図原図(農研機構) - 概要
    (arcgis.com)

    View full-size slide

  3. 2
    • 岩崎亘典 a.k.a @wata909
    • OSGeo.JP
    • Open Science
    • 歴史的農業環境閲覧システム
    ⾃⼰紹介

    View full-size slide

  4. 3
    • 「迅速測図」とは
    • 明治時代初期に⾏われた簡便な測量法
    と、その成果の地図
    • 第⼀軍管地⽅⼆万分⼀迅速測圖原圖
    • 関東地⽅を対象としたもの
    • 今回はこれを「迅速測図」とします
    • フランス式と呼ばれ、彩⾊されている
    • 図郭外に、視図と呼ばれるスケッチ、道
    路や河川の断⾯図がある場合も
    迅速測図と歴史的農業環境閲覧システム

    View full-size slide

  5. 4
    • 当時の景観が描かれている場合もある
    彩⾊されている

    View full-size slide

  6. 5
    • 軍事⽤の地図なので、⾒通し、通⾏可能性等が重要視される
    ⼟地利⽤に関する詳細な情報

    View full-size slide

  7. 6
    • 明治時代から現在の⼟地利⽤変化
    • ベクトルデータとして整備
    • 利⽤上の制限
    • ⾼い!(120万円!)
    • 発⾏も限定160部
    • 位置情報が無い!
    • ⼀枚⼀枚幾何補整が必要
    • デジタル化されてなかった
    • 活⽤が進んでなかった
    • 研究だけでなく、⼀般にも
    迅速測図を⽤いた研究
    迅速測図を⽤いた明治期の⼟地利⽤の復元
    紙地図に付された緯度経度情報

    View full-size slide

  8. 7
    • でかい、おもい、たかい!
    実際の販売されていたもの

    View full-size slide

  9. ここからは
    FOSS4G 2008 Tokyoの
    スライドでお楽しみいただきます

    View full-size slide

  10. 迅速測図が見られる歴史的農業環境閲覧システム!
    FOSS4Gを利用した地図閲覧サービスの構築例
    (独)農業環境技術研究所
    岩崎亘典

    View full-size slide

  11. そもそも,何でこんなことを始めたのか?
    § それは去年のとある11月ぐらいのある日のこと。
    § 某学会の発表エントリーの締切が近づいてきていた
    § さて,今度はどんな発表をしようかと。

    View full-size slide

  12. そーいえば,こんなことをやったな
    § 所の一般公開向けに「迅速測図」を数
    枚つなげて,衛星画像と比較した。
    § 結構,まともな位置精度が出てたから,
    いけるんちゃうか?
    ú 細かい方法は後述。

    View full-size slide

  13. いっそのこと
    § やるなら全部だよな。
    ú 誰もやってないからやったもん勝ち!
    でも,全部で大体900枚ぐらい。結構大変?
    ついでといっては何だが
    § これって,公開したらおもしろくな
    い?
    ú むしろ公開しないと話題にならないよね。
    ú つか,公開すると,俺が楽しい。
    § 追記:一応オープンデータの先駆け

    View full-size slide

  14. とはいうものの。
    § 正直に言うと,思いつきで始めた。
    ú ノリと勢いだけ,ともいう。
    § ぶっちゃけ,予算はありませんw
    じゃあ,どうやって公開しよう?
    § そうだ,FOSS4Gがあるじゃないか!
    § ということで,現在に至る

    View full-size slide

  15. まずはデータの作成
    § しんどいところ。
    ú 位置座標がない
    ú 目視による位置の確認とGCPの付与
    かなりしんどい。
    900枚やるのは,3月までには無理かも。
    というかイヤ。
    § 迅速な作業を!
    ú 「迅速測図」だけに,迅速な作業が肝要w
    ú 相対的な位置関係に基づき座標を付与

    View full-size slide

  16. 位置情報を与える
    § 同じ場所を探して,座標値を与える
    ú 一つの図で最低4点。単純計算だと900*4=3,600点
    ×
    ×

    View full-size slide

  17. 相対的な位置関係って?
    § それぞれの測量範囲は原点(皇居富士見櫓)
    から東西4km,南北5km。

    View full-size slide

  18. ローカル座標系
    § なので,こんな図を作って
    あげれば誰でも簡単に位置
    座標を付与できる。
    ú 実際,パートさんに作業をし
    てもらった。
    !"# !"" !"! !$# !$" !$!
    %&"'()* %)'()* %"'()* %+'()* %,!'()* %,#'()* %!)'()*
    !"- !"$ !"( !$- !$$ !$(
    %&"'!$* %)'!$* %"'!$* %+'!$* %,!'!$* %,#'!$* %!)'!$*
    !(+ !(# !(" !(! !() !!+
    %&"'!)* %)'!)* %"'!)* %+'!)* %,!'!)* %,#'!)* %!)'!)*
    !(. !(- !($ !(( !(, !!.
    %&"',$* %)',$* %"',$* %+',$* %,!',$* %,#',$* %!)',$*
    ),$ ),( ),, !!" !!! !!)
    %&"',)* %)',)* %"',)* %+',)* %,!',)* %,#',)* %!)',)*
    ),# )," ),! !!$ !!( !!,
    %&"'$* %)'$* %"'$* %+'$* %,!'$* %,#'$* %!)'$*
    ))# ))( )), !,$ !,( !,,
    %&"')* %)')* %"')* %+')* %,!')* %,#')* %!)')*
    ))- ))" ))! !,# !," !,!

    View full-size slide

  19. そのあとに
    § この座標値に基づき,モザイクの実行
    § モザイクしたものにGCPを与えて幾何補正
    § 一枚に合成した画像のできあがり

    View full-size slide

  20. サーバーについて
    § GeoServerを使用。
    ú インストールが簡単。Warファイルで配布されて
    いるので,Tomcatが動けば動いてくれる。
    ú ファイルの登録が簡単
    ú 追記:現在はGDAL2Tiles等を用いた静的サイト

    View full-size slide

  21. インターフェイス
    § 基本はWebベース
    ú 対象が「普通の人」
    「プラグインが必要」とかはダメ。
    Google Earthも難しかろう。
    § でも,Google Earthでも見られるように
    ú GeoServerはKMLも出力するし
    と,この時点では思っていた(汗

    View full-size slide

  22. Webでの表示
    § 表示はOpenLayersを使用
    ú 現在の位置と比較するために道路や水涯線を入れた。
    ú 土地利用との比較を行うために国土数値情報から土地利用図を
    作製
    外部サービスには出来るだけ依存しない方向で
    ­ つか,スキル的にもきついものが(汗

    View full-size slide

  23. それともう一つ
    § サービスは軽さが命
    ú 重たいサービスは嫌われる
    ú つか,使ってもらえない。
    某○○○○の教訓
    § GeoWebCacheを使用
    ú GeoServerと同じく,warファイルで配布され
    ているので,Tomcatが動けば動く

    View full-size slide

  24. 結果としてこんな感じ
    § これが,初期
    の画面。
    § 4/16にプレス
    リリース
    § Google Earth
    を売りにする
    予定はなかっ
    た。

    View full-size slide

  25. が,しかし!!
    § 120年前の関東地図をネット公開 Google
    Earthで里山の変化実感も - ITmedia News
    ­ http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0804/17/news037.html

    View full-size slide

  26. 「はてぶ」やら何やらを見ると
    § Google Earthで軽快に動かないとアレゲな感じ(汗

    View full-size slide

  27. ということで追加作業
    § Google Earthで軽快に動くように
    ú GDAL2Tilesを使用
    ú ラスター画像からKMLファイルを生成
    § 一般公開やら何やらをしながら,作業。
    ú なんとか,21日までには間に合った,と(汗
    ú 追記:2007年4月21日公開
    前日に、タイルを一生懸命コピーしてた(汗

    View full-size slide

  28. 27
    • 名前がダサくてすみません・・・
    • 仕事上「農業」を⼊れる必要があっ
    て(汗
    • FOSS4Gを⽤いて構築
    • 地図タイルを使った静的サイト
    • ⼟地利⽤DBは、Githubを使⽤
    • オープンデータとして公開
    • スキャンは「著作物」ではない
    • マージしたことで「著作物」
    • 個⼈的にはPDでいいんだけど・・・
    • ライセンスはCC BY 2.1 ⽇本
    • 参謀本部陸軍部測量局
    • 陸地測量標条例以前、測量法対象外
    • CC BY 4.0 にしないと・・・
    歴史的農業環境閲覧システムについて

    View full-size slide

  29. 28
    • コンテンツ
    • 「第⼀軍管区地⽅2万分1迅速測
    図原図」、「五千分⼀東京図測
    量原図」画像データ
    • 閲覧表⽰、⽐較表⽰、KML形式
    • 視図、断⾯図データ
    • KML形式
    • 100mグリッド⼟地利⽤DB
    • 3次メッシュGeoJSONファイル
    歴史的農業環境閲覧システムについて

    View full-size slide

  30. 29
    • https://boiledorange73.sakura.ne.jp/
    データも公開していただいてます。

    View full-size slide

  31. 30
    • 「地図」としての迅速測図の利⽤
    • 研究、防災、趣味、町づくり、学習、教育、 etc…
    ご活⽤いただいてます

    View full-size slide

  32. 31
    • 「データ」としての迅速測図の利⽤
    • 今昔地図、ひなたGIS、スーパー地形図、東京古い地図2020 etc…
    ご活⽤いただいてます

    View full-size slide

  33. 32
    • もちろんみんな大好き「れきちず」でも参考いただいてます!
    ご活⽤いただいてます

    View full-size slide

  34. まとめ。
    というか,やってみて感じたこと
    § その気になれば,何とかなる。
    ú 経験一年未満でも,なんとか見るに堪えるものが出来る。
    作り込むには,もっと鍛錬が必要ですが
    § ネタが良ければ,話題になる
    ú 眠ってるデータ,ありませんか?
    ú 公開すると,新しい価値が出てくるのでは?
    ぼちぼちと,使って下さる方もいらっしゃいます。
    ­ 農業とあんまり関係ないところの人の方が,興味を持っていたりもしますが(汗
    § 追記:ちょー色々な人に使っていただいてます!!多謝!!!
    ú 公開による予想外の成果!! 今日のイベントもそうです。

    View full-size slide

  35. 最後に
    ~スラッシュドット・ジャパンのコメントへの返礼
    § 一番嬉しいほめ言葉です。
    ありがとうございますm(_ _)m
    ú ただ,要求仕様とか,設計・実装とか,そんな大それたことはやって
    ません。ほとんど家内制手工業レベルw
    それから,まともにGoogle Earthで見られるようになったのは,このコメン
    ト書かれている最中ぐらいですが(汗

    View full-size slide