身近な不満を解決しよう!どんな企業やチームでも実践できるデザイン思考ワークショップ

394b8d952670c5e754eff7adff12c771?s=47 WebNAUT
September 18, 2017

 身近な不満を解決しよう!どんな企業やチームでも実践できるデザイン思考ワークショップ

「チームの課題解決力」を高めるための取り組みとして、私がファシリテーターとなり社内で実践してみた「デザイン思考ワークショップ」の事例をスライドにまとめてみました。

株式会社ビーワークス
デザイナー/アートディレクター/マネージャー
タカハマ ケンタ

ビーワークス
http://www.beeworks.co.jp/

WebNAUT
https://webnaut.jp/

394b8d952670c5e754eff7adff12c771?s=128

WebNAUT

September 18, 2017
Tweet

Transcript

  1. どんな企業やチームでも実践できる 「デザイン思考ワークショップ」 Thinking! 身近な不満を解決しよう ! 株式会社ビーワークス タカハマ ケンタ

  2. プロフィール デザインの面白さを分かりやすく伝えることを大切にしています。 趣味はドライブとツーリングと写真と買い物。 本気の買い物は仕事に役立つという信念で散財を楽しんでいます。 株式会社ビーワークス デザイナー/アートディレクター/マネージャー タカハマ ケンタ

  3. ビーワークスというデザイン会社で 企画制作部門のデザイナーをマネジメントしていたり http://www.beeworks.co.jp/ たまに、 WebNAUTというオウンドメディアで デザインの記事を書いてます https://webnaut.jp/

  4. 身近な不満や問題って、 ちゃんと解決できてますか? みなさん

  5. 問題には気づいているし、 解決のアイデアもある! でもそれを実現するにあたって必要な人やリソースがないんだよなぁ…。 人や組織のせいにしてしまう よくあること

  6. Thinking! 身の回りに潜んでいる 「小さな課題」 を “チームで解決する経験”を通して、 組織の課題解決力を高めるワークショップをやってみました デザイン思考ワークショップ 今回は

  7. デザイン思考とは? デザイン思考 (でざいんしこう、 英: Design thinking) とは、 デ ザイナーがデザインを行う過程で用いる特有の認知的活動を指 す言葉である。

    ↑あくまでも 「デザイナー」 のためのノウハウなの? 引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E6%80%9D%E8%80%83
  8. デザインとは? と捉えると、 業種や職種関係なく多くの人が仕事や生活におい て、 課題を解決する際に活用できる思考法だと考えられる。 「デザイン」 = 「課題解決」 ↑ “

    多くの人”に役立つノウハウだ!!
  9. ! 実際にやってみよう

  10. プログラム内容 アイデアを広げる 課題を探す アイデアを磨く 課題を共有する 小さな実験を重ねる チームを作る 実行の可能性を高める テーマを決める ワーク

    1 ワーク 5 ワーク 2 ワーク 6 ワーク 3 ワーク 7 ワーク 4 ワーク 8
  11. 1 「テーマを決める」

  12. まずは取り組むテーマを決めよう ワーク1  「テーマを決める」 社会問題やビジネス面の課題をテーマにしてもいいけど、 とりあえず取り組みやすいのは… 「オフィスの課題」

  13. なぜ 「オフィスの課題」 が取り組みやすい? ・自分ごと化できる ←現場を知っていて、 深い洞察も得やすい ・実行ハードルが低い ←承認が簡単、 複数の施策を試せる ・効果を自ら体験できる

    ←テストが簡単、 ユーザーの声をすぐに拾える ワーク1  「テーマを決める」
  14. 2 「課題を探す」

  15. 現場を歩いて 「課題」 を探そう 現場を歩きまわり、 気になった部分は “全て”、 スマートフォンなどで写真に撮って記録しよう ワーク2  「課題を探す」 1時間

  16. 課題探しのコツとルール 【コツ】 【ルール】 ・ 「課題を探すモード」 に意識を切り替える ・具体的な解決策は考えずに探し続ける ・ 「不」 がつくものを中心に探す

    (不満、 不便、 不都合、 不愉快、 不潔…) ・解決の責任は伴わない ・過去の経緯は気にしないでいい ・主観だけで判断していい ワーク2  「課題を探す」
  17. 3 「課題を共有する」

  18. 発見した課題を共有しよう 個別の課題発見が完了したら、 参加者全体で課題を共有し深掘りしよう 撮影した写真を紙に出力して、 お互いに説明しながら壁に貼っていこう ワーク3  「課題を共有する」 1時間

  19. 課題のまとめ方 ・共通の課題は連ねて貼っていく ・なぜ課題と感じたのか、 理由を具体的にしていく (写真に付箋を貼る) ・要因が関連していそうな課題同士を近づける 問題点や問題視されている量が 「視覚化」 できる! ワーク3 

    「課題を共有する」
  20. 4 「チームを作る」

  21. 課題意識で 「チーム」 を作る 課題の本質が見えてきたところで 「チーム」 を作ろう 「ワーク3」 で出た課題の中から、 「自分が一番解決したい課題」 をそれぞれ選び、

    共通の課題意識を持ったメンバー同士でチームを作ろう ワーク4  「チームを作る」 15分
  22. なぜ 「チーム」 を作るの? ・ 「できない」 という先入観を壊せる ・得意な領域で活躍できる ・約束には人を動かす力がある 「チーム」 を活用して

    「個人」 よりも高い創造性を発揮しよう ワーク4  「チームを作る」
  23. チーム作りのポイント! ・ 「グループ」 ではなく 「チーム」 を作る ←共通属性よりも共通目的 ・1チームの人数は3〜4人にする ←役割が明確、 議論がしやすい

    ・メンバー構成に多様性がある方がいい ←知識や思考に広がりがでる ひとつの課題に人が集中したら、 チームを分けるか、 課題をさらに分割しよう ワーク4  「チームを作る」
  24. 5 「アイデアを広げる」

  25. まずは 「アイスブレイク」 から! 「自己紹介」 や 「チーム名を決める」 など、 ちょっとしたアイスブレイクで打ち解けよう ワーク5  「アイデアを広げる」

    15分
  26. ブレストでアイデアを広げよう ・批判はしない、 判断は後でする! ・馬鹿だと思われるようなアイデアも歓迎する! ・質より量を重視する! ・他人のアイデアにも連想、 結合、 便乗していく! ブレストのルール ワーク5 

    「アイデアを広げる」 1時間
  27. 6 「アイデアを磨く」

  28. 「君が思いついたアイデアがどんなに素晴らしくても、 実行しなければ1円の価値もない」 という耳の痛い言葉を肝に銘じて次のワークへ進みましょう… ワーク6  「アイデアを磨く」 アイデアが広がったところで…

  29. アイデアを磨こう ワーク6  「アイデアを磨く」 広がったアイデアに 「制約」 をうまく掛け合わせ、 実行可能な施策へとアイデアを研ぎ澄まそう 【制約】 できるだけお金を使わないアイデアを実行すること、 お金が必要な場合はしかるべき承認者から

    正しく承認を得ること 1時間
  30. アイデアの磨き方! ・制約がアイデアを洗練される ・お金をかけない ・モノだけでなくルールや仕組みにも目を向ける お金があったとしても、 ビジネスの場面では 「使用用途」 や 「金額」 によって承

    認者や承認回数が大きく変わる。 予算の出どころや承認プロセスまで考えられた提案や、 既存の承認プロセスと 違うルートを構築できる提案は実現度が一気に高まる。 ワーク6  「アイデアを磨く」
  31. 施策の検討のポイント 役立つ (有用性) できる (実現可能性) 続けられる (持続可能性) ワーク6  「アイデアを磨く」 のバランスが大事!

  32. アイデア事例 「放置された傘」 「所有者不明のビニール傘が複数放置されていて、 誰のものか もわからないため処分されずに傘立て周辺が乱雑になる…」 と いう責任者の所在も不明で誰も解決しようとしない問題。 ↓ 「新たに傘立てを追加する」 のではなく、

    「所有権が放棄された 傘を明確にし、 共用の置き傘として全員が使えるものに変えた」 ワーク6  「アイデアを磨く」
  33. アイデア事例 「放置された傘」 視点 「溢れた傘を整理するためのモノが必要」 から、 「責任の所在を明らかにして対処することが必要」 へ ↓ ↓ 工夫

    「権利放棄までの期限を伝えるシール」 と 「共有の傘であることがわかるシール」 を作成 ポイント 「モノではなく、 ルールや仕組みによる解決」 と 「広報と承認プロセスの見える化」 を行った ワーク6  「アイデアを磨く」
  34. ワーク6  「アイデアを磨く」 アイデア事例 「放置された傘」 → →

  35. 7 「小さな実験を重ねる」

  36. プロトタイプを作ろう テストと検証を反復的に行いながら解決策を探るために 「プロトタイプ」 を作成してテストしよう プロトタイプはお金をかけずに素早く実行するのがポイント! 紙やダンボールなどで簡単に作って実際に置いてみよう ワーク7  「小さな実験を重ねる」 (施策実行1時間+テスト2日間) ×3回

  37. 小さな実験を重ねると… ・実行のハードルが低くなる ・効果を早い段階で測ることができる ・簡単に手戻りができる 複数の施策から効果的な施策がわかったら、 本格的に実行しよう! ワーク7  「小さな実験を重ねる」

  38. 8 「実行の可能性を高める」

  39. ワークショップを振り返る 身近な課題が解決できてスッキリしましたか? 参加者全員でこれまでのワークショップを振り返ろう 各ワークで得た知見についてディスカッションし、 今後の課題解決に活かそう ワーク8  「実行の可能性を高める」 1時間

  40. 振り返り例 ストーリーを語ること/周囲への広報やアナウンスをきちんと行うこと/しか るべき責任者からの許可取りを考えて動くこと/試作段階で人に見せて反応を もらうこと/段階的なリニューアルや部分的な効果検証を行うこと/課題の優 先度を見極めること/失敗時の撤退パターンも考えておくこと/モノをつくら なくても解決することはあると知ること/日頃の信頼関係が大事だったりする こと/などなど… たくさん議論して、 次の課題解決につなげよう 実行の可能性を高めるために重要なことは?

    ワーク8  「実行の可能性を高める」
  41. おわりに

  42. 「デザイン思考」 のアプローチを学べるだけでなく、 「チームで解決することの楽しさ」 や 「解決して感謝される喜び」 なども体験できます。 ぜひ、 お試しあれ! デザイン思考ワークショップは…