Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

第3回病院経営データ分析入門セミナー資料_第3部/seminar3-3

 第3回病院経営データ分析入門セミナー資料_第3部/seminar3-3

2021年の9月26日に実施した、
「第3回病院経営データ分析入門セミナー」にて使用した、
プレゼンテーション資料です。

福岡リハビリテーション病院の、
光安達仁さまのご厚意で公開しております。

当資料に関するお問い合わせは、
32枚目のスライドに記載されている連絡先にお願いいたします。
※QRコードを読み込んでご利用ください

【資料タグ】
#公開データ、#地域医療、#将来予測、#統計ツール、#R
【固定タグ】
#病院経営、#病院原価計算、#データ分析、#プレゼン資料

E49f52f943e3f1ee664e949ae95a235b?s=128

小川 陽平

October 06, 2021
Tweet

Transcript

  1. Rを用いた医療データの加工・ 可視化方法 福岡リハビリテーション病院 光安 達仁 病院経営データ分析入門 1

  2. 私について 職業:理学療法士 京都大学附属医療技術短期大学部卒業(2002年) 所属:福岡リハビリテーション病院入職(2002年) データサイエンスのコースを修了(2018年:R, 2019年:Python) 今年度よりデータ分析業務にも挑戦 2

  3. Rとは R言語(あーるげんご)はオープンソース・フリーソフトウェアの統計解 析向けのプログラミング言語及びその開発実行環境である。 3

  4. 最初から 色々な機能 集計・グラフ・統計 データ加工 データのダウンロード 機能を追加 アプリをダウンロード パッケージをダウンロード 機械学習、便利ツール ベースは無料

    ベースはandroid メーカーによって作り替えられる Rを扱うソフトが 複数ある Rのイメージ:スマホのandroid 4
  5. Rの画面 素のR Rstudio

  6. データ分析の流れ 6 データを 読み込む 加工する (前処理) 集計 表・グラフ 統計 機械学習・AI

    レポート アプリ は全部できる(データを作る事以外。 プログラムさえ作ってしまえば自動化もできる! AIとアプリはpythonが優位)
  7. None
  8. None
  9. 大変なのは前処理 9 前処理できる(自動化できる)ことがRの強みの1つ

  10. Rのダウンロード 1. R(本体)のダウンロード 2. Rstudio(Rを使うソフト)のダウンロード 10

  11. Rのダウンロード 11 どちらでもOK CRANを選択 パソコンのOSに合わせる https://www.r-project.org/

  12. Rstudioのダウンロード 12 無料版を選択 https://www.rstudio.com/ RとRstudio2つのソフトが入るが起動させるのはRstudio

  13. 実際例 13 https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000758182.xlsx https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000758251.xlsx https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000758281.xlsx

  14. 施設概要表 DPC病院の一覧や市区町村番号、病床数などの概要がわかる 告示番号:この番号で他のファイルと揃えることができる 通番:1年前の告示番号 14

  15. MDCについて 15 今回はこのデータを扱う

  16. (2)MDC別医療機関別件数(割合) 今回はMDC16(外傷・熱傷・中毒)の手術ありのデータを使用 手術有りのみのデータを使用 16

  17. 市町村番号 市町村番号のままだと使いにくい 17

  18. (8)疾患別手術別集計_MDC16 手術無し:99 手術あり:99と97(輸血以外の再掲)を除いた合計 18

  19. 複数のExcelを繋げる ・Excelの順番がバラバラでも行数がそろって いなくてもIDなどあれば繋げてくれる 文字列処理 ・データから特定の文字やパターンを抽出 ・特定の文字を置換 ・空白セルの処理 列や行のフィルタ ・条件に合った列や行を選択できる ・手術なしだけの行や列を選択

    計算 ・身長と体重の列でBMIを計算 ・年齢を10歳ごとに区切る ・データの個数や平均・標準偏差を計算 縦持ち⇆横持ちに変換 ・ExcelとRではグラフにするときの 表の並べ方が違う ・グラフや集計しやすい形に変形 繰り返し処理 ・複数のExcelを一気に読み込んで処理 ・データを条件に分けて分割→まとめて処理 Rでデータの加工 19
  20. 加工したデータ 今回は1つなのでExcelでも可能。だけど全部しようとしたら… →数が増えるほどプログラミングの恩恵が受けられる 20

  21. Excelで散布図 21

  22. Rで散布図 plot(横軸, 縦軸)の1行で散布図を作成 22

  23. 見た目を変更し、福岡市だけを抽出 23

  24. さらに区ごとに色を変更 24

  25. 区ごとにグラフを分けることも可能 25

  26. 26 手術数10件以上の病院名を載せる

  27. 27 視点を変えても分析できる 肘、膝の外傷の手術がMDC16の8割を超えている病院 分析の視点はいくらでも

  28. Rの特徴 ・自分でデータが加工できる ・Excel自体のデータを変更していないので元データが壊れる心配がない ・データが更新されてもRのコードは変える必要がない ・コードが残っているので思い出せる(再現性がある) ・Rのコードから直接Wordやpdfファイルを作成することもできる ・複数ファイルをまとめて操作することができる ・統計や機械学習といった使い方ができる ・無料

  29. Rのデメリット ・学習コストがかかる(プログラムのコードに慣れない) ・数百万~数千万行のデータの読み込みなどは時間がかかることがある (SQLなどのデータを扱うソフトが必要な場合もある)

  30. まとめ Rはデータの加工〜可視化まで全部できる Excelでももちろん可能だがデータ数が増える、多くのファイルを扱う、 繰り返し行う事が増えれば増えるほどプログラミングが役に立つ 決して簡単ではありませんが、自分の閃きを独力で自由に分析できる事が Rの強みだと思います(Rと似たpythonでも同じ)。 30

  31. 実際に触ってみたい方 https://mittidata.com/archives/cat_313106.html Rの基本的な使い方を紹介しています

  32. 参考図書と発表者twitter 発表者Twitter 32