チームのすべてを共有するリアルタイムコラボレーションツール co-meeting

Efdf0c306bbea61d2982d74b6a78f0d0?s=47 Takaaki Yano
November 27, 2012

チームのすべてを共有するリアルタイムコラボレーションツール co-meeting

IT経営フォーラム in 群馬での発表資料

Efdf0c306bbea61d2982d74b6a78f0d0?s=128

Takaaki Yano

November 27, 2012
Tweet

Transcript

  1. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 2012年11月27日 株式会社co-meetng 取締役COO 矢野

    貴明 チームのすべてを共有する リアルタイムコラボレーションツール
  2. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 2 会社概要 Happy Work!

    Happy Life! ੈքதͷʮಇ͘ਓʯΛॿ͚ΔWebαʔϏεΛఏڙ͠·͢ ๏ਓ޲͚ιϑτ΢ΣΞͷ։ൃɺൢചʹ10೥Ҏ্ܞΘ͖ͬͯͨ4ਓͷϝϯόʔʹΑͬͯ૑ۀ͞ΕͨITϕϯ νϟʔاۀͰ͢ɻਓੜʹ͓͍ͯେ͖ͳ࣌ؒΛ઎ΊΔʮ࢓ࣄΛ͍ͯ͠Δ࣌ؒʯɻco-meeting͸ɺੈքதͷ ʮ࢓ࣄΛ͢Δʯਓʹ޲͚ͯɺ࢓ࣄ࣌ؒΛॆ࣮ͤ͞ਓੜΛ๛͔ʹ͢ΔWebαʔϏεΛఏڙ͍͖ͯ͠·͢ ΠϝʔδΛදࣔͰ͖·ͤΜɻϝϞϦෆ଍ͷͨΊʹΠϝʔδΛ։͘͜ͱ͕Ͱ͖ͳ͍͔ɺΠϝʔδ͕ഁଛ͍ͯ͠ΔՄೳੑ͕͋Γ·͢ɻίϯϐϡʔλʔΛ࠶ىಈͯ͠࠶౓ϑΝΠϧΛ։͍͍ͯͩ͘͞ɻ ͦΕͰ΋੺͍ x ͕දࣔ͞ΕΔ৔߹͸ɺΠϝʔδΛ࡟আͯ͠ૠೖ͍ͯͩ͘͠͞ɻ
  3. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 3 [事業内容1]  co-‐‑‒meeting チームのすべてを共有するリアルタイムコラボレーションツール「co-‐‑‒meeting」

    「  co-‐‑‒meeting  」は、⼀一⽂文字単位でリアルタイムにテキストを伝達するライブタイピングチャットと、構 造化されたドキュメントを軸にしたリアルタイムコラボレーションサービスです。気づいたことや仕事の 状況を即座に共有し、議論論を重ねることで、従来にはないスピード感での仕事の推進と、チームメンバー の⼀一体感を⾼高めることができます。   http://www.co-‐‑‒meeting.com
  4. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 4 [事業内容2]Crowy ソーシャルコミュニケーションダッシュボード「Crowy」 CrowyはTwitter,

     Facebook,  LinkedIn,  Yammer,  youRoom,  サイボウズLiveのWebクライアントです。 Facebookページ、Facebookグループ、Twitterのハッシュタグ、Yammerのタイムラインなど様々なタイ ムラインを横に並べて、⼀一括管理理することができます。カラム数、タブ数、サービス数、アカウント数に 制限はなく、全て無料料でご利利⽤用いただくことができます。 http://www.crowy.net
  5. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 5 [事業内容3]Cloud  Implementation  Support

     Service Cloud  Implementation  Support  Service(CISS)は、クラウドに関する 「困った」を解決する、ITベンダー向けのコンサルティングサービスです    対象となるお客様 l  クラウドを利利⽤用したビジネスを展開したいSIer l  クラウドインフラを提供/提供を検討しているメーカーおよびITベンダー    解決する課題(例例) l  突然、お客様からクラウドの利利⽤用提案を要求されたが、何を選べば良良いかわからない l  クラウド利利⽤用前提で受注し技術選定/設計はしたが、その妥当性がわからない l  クラウドビジネスの展開を予定しているが、訴求ポイントや課題の整理理が難しい    ⽀支援内容 l  サービス構築時のインフラ設計アドバイス利利⽤用計画・コスト⾒見見積もりへのアドバイス、⾃自社 に最適なクラウドベンダー選定へのアドバイス l  SaaS構築時の企画・設計・運⽤用への全般的なアドバイス、クラウドベンダー最新サービス内 容に関する情報提供、各種クラウドサービスの特性等に関する情報提供 l  顧客へのアピールに関するアドバイス、提案内容の妥当性検証とアドバイス l  オンサイト/co-‐‑‒meeting(オンライン)での定期ミーティングで柔軟にサポート
  6. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. チームのすべてを共有する リアルタイムコラボレーションツール

  7. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 7 co-‐‑‒meetingは社内の【報・連・相】を改善するツールです

  8. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 8 【報連相】について考えてみましょう

  9. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 9 報連相を実施するのは当たり前!? 社会⼈人の基礎としての【報・連・相】 報告、連絡、相談は社会⼈人の基礎です。怠らないでください

    社内の【報・連・相】、機能していますか?
  10. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 10 【報・連・相】特に相談は、本来時間がかかります プライベートでの相談について考えてみてください

  11. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 11 ・・・折り⼊入って相談があるんですが と、友⼈人や後輩に⾔言われたらどうしますか?

  12. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 12 とりあえず、飲みにいきますかね。。。 •  話をまず聞く(状況把握)

    •  状況を分析する(状況分析) •  解決策を会話の中で⾒見見つけ出す(解決策検討) •  ⽅方向性を決める、もしくは相⼿手が納得する(問題解決) おかげで楽になりました とか⾔言われたら、成功かもしれないですね
  13. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 13 つまり、「相談」には時間がかかるものです

  14. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 14 なぜ、「報・連・相」に時間がかかるのか 時間がかかる理理由 • 

    報告、相談内容を上司がしっかり「聞く」「読む」必要がある •  報告、相談内容を分析する必要がある •  しっかりとコミュニケーションをとらないと、解決しない うまく出来なければ、その後の結果は散々です
  15. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 15 機能しない理理由は「相⼿手の時間を割く」からです 部下 上司

    報告 大 (報告内容の準備、報告) 中 (報告を聞く、報告書を読む) 連絡 小 (連絡内容の準備、連絡) 小 (連絡を聞く、読む) 相談 大 (相談内容の準備、相談) 大 (内容の確認、相談に乗る)
  16. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 16 機能しない理理由は「相⼿手の時間を割く」からです 部下 上司

    報告 大 (報告内容の準備、報告) 中 (報告を聞く、報告書を読む) 連絡 小 (連絡内容の準備、連絡) 小 (連絡を聞く、読む) 相談 大 (相談内容の準備、相談) 大 (内容の確認、相談に乗る) 全ての事案に対してこれができるのか!?
  17. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 17 出来るわけがない。と、思います • 情報共有が不不⼗十分 – 仕事の状況が⾒見見えない

    – 情報が個⼈人に偏る – スキルトランスファーがしにくい • コミュニケーションが不不⾜足 – モチベーション低下 – 腑に落落ちない、理理解できない状況で仕事が進む – 社員が育ちにくい – 最悪、社員が辞めていきます 報連相は必要最低限、担当者に権限を委譲 個々の裁量量にまかせてビジネスを推進している 多くの企業における永遠のテーマのひとつです
  18. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 現状のコミュニケーション⼿手段の限界

  19. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 19 現状のコミュニケーション⼿手段の限界 会議(定例) 電話、対面

    メール、FAX 報連相の従足度 中 高 中 対応時間の柔軟性(上司) 低 低 高 対応時間の柔軟性(部下) 低 高 高 総拘束時間 高 高 中 既存のコミュニケーション⼿手段では、報連相を処理理できない 対応時間に柔軟性がない⼿手段は、実務を妨げ 対応性の柔軟性のある⼿手段では、報連相を処理理できない
  20. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 20 理理想のコミュニケーションツール(⼿手段) •  いつでも報連相が始められる

    •  いつでも報連相に対応できる •  報連相に耐えるレベルの会話ができる •  報連相に必要⼗十分な情報を共有できる それが可能なツールが です
  21. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 21 co-‐‑‒meeting チームのすべてを共有するリアルタイムコラボレーションツール「co-‐‑‒meeting」 「

     co-‐‑‒meeting  」は、⼀一⽂文字単位でリアルタイムにテキストを伝達するライブタイピングチャットと、構 造化されたドキュメントを軸にしたリアルタイムコラボレーションサービスです。気づいたことや仕事の 状況を即座に共有し、議論論を重ねることで、従来にはないスピード感での仕事の推進と、チームメンバー の⼀一体感を⾼高めることができます。   http://www.co-‐‑‒meeting.com
  22. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 22 デモンストレーション

  23. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. co-‐‑‒meetingが実現する世界

  24. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 24 このユーザ数なら 単価を安くできな いかな?

    客先での打ち合わせ ?
  25. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 25 Ϣʔβͷܖ໿Λߟ͍͑ͯΔ͕ɺϘϦϡʔϜσΟεΧ΢ϯτ͸Ͱ͖ͳ͍͔ʁ Tomは質問された内容を即座に連絡

  26. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 26 会社にいるMickeyがコメントしてくれました 300ユーザーなら、2割引までいけるよ

  27. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 27 20%引きまでなら 頑張れます! すぐ回答できます

  28. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 28 打ち合わせは終わりました

  29. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 29 ⼣夕⽅方、空き時間にCliffが内容をチェック

  30. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 30 打ち合わせ内容を簡単に把握できます

  31. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 31 気になるところにはコメントを リリースを急がなければ⾏行行けないな

  32. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 32 夜に3⼈人でリアルタイムミーティング

  33. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 33 Cliff  Robinson Mickey

    今までのやり取りの続きとして そのままリアルタイムディスカッション 9:;ࣾଧͪ߹Θͤ·ͱΊ  •  9:;ࣾͷঢ়گ •  ݱࡏ͸ίϛϡχέʔγϣϯʹϝʔϧΛଟ༻͍ͯ͠Δɻ •  ϑΝΠϧڞ༗͸ϑΝΠϧαʔόʔΛ࢖͍ͬͯΔɻ •  ձ͕͔ٞͳΓଟ͘ɺੜ࢈ੑ্͕͕͍ͬͯͳ͍ɻ •  ԕִ஍ͱͷձٞ͸ి࿩ձٞΛ࢖༻͍ͯ͠Δ͕ɺࢀՃͰ͖ ͳ͔ͬͨਓ͕ͦͷ಺༰Λڞ༗Ͱ͖ͳ͍ͱ͍͏໰୊Λ๊͑ ͍ͯΔɻ •  4BMFTGPSDFͷಋೖ΋ݕ౼த  DPNFFUJOHʹରͯ͠ͷײ૝   50%0 •  ϘϦϡʔϜσΟεΧ΢ϯτʹ͍ͭͯͷܖ໿ॻΛ࡞੒ ʢ"UTVIJLPʣ •  -BSHFϓϥϯͷࢪߦΞΧ΢ϯτΛൃߦ͢Δʢ$MJ⒎ʣ •  ࣍ͷϓϥϯͰ࿈ܞ͢ΔαʔϏεͷ༏ઌॱҐΛݕ౼ʢ$MJ⒎  .JDLFZʣ  
  34. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 34 9:;ࣾଧͪ߹Θͤ·ͱΊ  • 

    9:;ࣾͷঢ়گ •  ݱࡏ͸ίϛϡχέʔγϣϯʹϝʔϧΛଟ༻͍ͯ͠Δɻ •  ϑΝΠϧڞ༗͸ϑΝΠϧαʔόʔΛ࢖͍ͬͯΔɻ •  ձ͕͔ٞͳΓଟ͘ɺੜ࢈ੑ্͕͕͍ͬͯͳ͍ɻ •  ԕִ஍ͱͷձٞ͸ి࿩ձٞΛ࢖༻͍ͯ͠Δ͕ɺࢀՃͰ ͖ͳ͔ͬͨਓ͕ͦͷ಺༰Λڞ༗Ͱ͖ͳ͍ͱ͍͏໰୊Λ ๊͍͑ͯΔɻ •  4BMFTGPSDFͷಋೖ΋ݕ౼த  DPNFFUJOHʹରͯ͠ͷײ૝ •  ͔ͳΓڵຯΛ͓࣋ͬͯΓɺ͙͢ʹࢼߦ͍ͨ͠ͱݴͬͯ ͍Δɻ •  ͨͩ͠ɺ-BSHFϓϥϯ͸গ͠ߴ͍ͱࢥ͍ͬͯΔɻ •  (NBJM &WFSOPUFΛ࢖༻͓ͯ͠Γɺ࣍ͷϓϥϯͷଞαʔ Ϗε࿈ܞʹ΋ڧ͍ڵຯ  50%0 •  ϘϦϡʔϜσΟεΧ΢ϯτʹ͍ͭͯͷܖ໿ॻΛ࡞੒ ʢ"UTVIJLPʣ •  -BSHFϓϥϯͷࢪߦΞΧ΢ϯτΛൃߦ͢Δʢ$MJ⒎ʣ •  ࣍ͷϓϥϯͰ࿈ܞ͢ΔαʔϏεͷ༏ઌॱҐΛݕ౼ ʢ$MJ⒎ .JDLFZʣ   同時に右にまとめていきます
  35. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 35 まとめると 打ち合わせ内容を リアルタイムに共有

    いつでも、どこからでも連絡、報告 2⼈人がリアルタイムに やり取りをおこなう リアルタイムかつ遠隔で会話ができます ⼣夕⽅方、打ち合わせ内容を 確認して、コメント 上司は、対処可能な時間にコメント 夜、3⼈人で リアルタイムミーティング そのままco-meeting上でミーティング 上司、部下、その他メンバーを時間的拘束から解放 オンラインで利利⽤用できるため、利利⽤用場所も問わない
  36. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved. 36 co-‐‑‒meetingを利利⽤用すれば •  いつでも、どこからでも報連相が始められる

    •  いつでも、どこからでも報連相に対応できる •  報連相に耐えるレベルの会話ができる •  報連相に必要⼗十分な情報を共有できる •  ファイルや画像の添付も可能です •  誰が、何をしているのか分かるようになります •  コミュニケーションが不不⾜足する事もなくなります ご興味があれば、私たちと で話しましょう
  37. ©2012 co-meeting Inc. All rights reserved.