$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

220708_ノンプロ研_卒業LT_インストラクション講座

 220708_ノンプロ研_卒業LT_インストラクション講座

ノンプロ研 インストラクターの講座卒業LT資料です。

» ノンプロ研講座「インストラクション講座第1期卒業LT大会」 - Togetter https://togetter.com/li/1913130

中野康雄(ARI)

July 11, 2022
Tweet

More Decks by 中野康雄(ARI)

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Copyright ©A.R.I. All Rights reserved. 1 学んだこと、考えたこと ~ノンプロ研 インストラクション講座 卒業LT大会~

    2022年7月8日 中野ヤスオ(@yasuoyasuo)
  2. 2 自己紹介 中野 ヤスオ(S49生) 兵庫県出身/千葉県市川市在住/3児の父 ➢ ARアドバンストテクノロジ株式会社(ARI) 取締役 専務執行役員 ➢

    Twitter/note/Qiita/Insta:@yasuoyasuo ➢ ノンプロ研は今年10月より。 Python初心者講座#7受講 ➢ 美味しいものを 食べるのが大好き
  3. 3 アジェンダ 1. 受講動機 2. 得たこと 3. 想いをはせたこと

  4. 4 1. 受講動機 2. 得たこと 3. 想いをはせたこと

  5. 5 今回の講座に参加させていただくきっかけ 「学ぶ」ということを 学びたい https://note.com/yasuoyasuo/n/n069548604441

  6. 6 魚そのものではなく、魚の釣り方を学ぶことに投資したい 中長期的に資産となる 習慣や考え方を 身に付けてもらいたい 和田卓人(@t_wada)氏 ソフトウェアエンジニアとしての姿勢と心構え / Software Engineer‘s

    Survival Guide より
  7. 7 過去やってきたことは適切だったのか・・・

  8. 8 1. 受講動機 2. 得たこと 3. 想いをはせたこと

  9. 9 何を得たのか? 自身の講座設計に対する改善点 教育システムへのアイデア 組織マネジメントへのヒント

  10. 10 何を得たのか? 自身の講座設計に対する改善点 教育システムへのアイデア 組織マネジメントへのヒント

  11. 11 自身の講座設計に対する改善点 メインパートのみ 情報量が多い 自我関与への考慮なし 時間効率への過剰配慮 詰め込み 業務外で受講してくれる社員への遠慮と貧乏性 せっかくならできるだけ短い時間で多くを伝えたい

  12. 12 早速やってみた 逐次コミュニケ―ションをはさみ 去年まで1時間でやっていたことを 1時間×3回で開催

  13. 13 何を得たのか? 自身の講座設計に対する改善点 教育システムへのアイデア 組織マネジメントへのヒント

  14. 14 教育システムへのアイデア • ちゃんと「設計」するということ • 学ぶコミュニティづくり • 少人数、一定のコミットメントを求める前提へ

  15. 15 何を得たのか? 自身の講座設計に対する改善点 教育システムへのアイデア 組織マネジメントへのヒント

  16. 16 組織マネジメントへのヒント • 「やる気」や「カリスマ」などの属人性に逃げない • 社会的怠惰を生まない組織設計とルール • 自我関与と他者関与の組み込み

  17. 17 1. 受講動機 2. 得たこと 3. 想いをはせたこと

  18. 18 インストラクションデザインの目指す世界 講師側:研修をすること、講義をすることがゴール 生徒側:授業を受けることがゴール、学ぶこと自体がゴール 共創的で持続可能な学びの仕組みと仕掛け作り

  19. 19 SI業界はどうすれば持続可能となるのか? 受注者と発注者の 対立構造からの脱却 学習力と他者関与の最適バランス 共に学び、同じゴールを目指す関係を どう「設計」するか? https://xtech.nikkei.com/it/atcl/column/15/112600270/112600001/?ST=system

  20. 20 私が考えるプロフェッショナルサービスSEの理想形 ITに関して 一番遠くのこと(長期目標)と 一番近くのこと(目の前の課題)を 一緒に相談できる存在 ビル・キャンベルはアメフトのコーチ出身 でありながら、有能なプロ経営者であり、 シリコンバレーの数多くのリーダー達に とってのコーチであり、メンター的存在。

    生み出した価値は1兆ドル以上 「私VSあなた」 から 「我々VS課題」
  21. 21 謝辞 タカハシさん ケイさん メンバーの皆さん ありがとうございました! おまえたち、最高だぜ!

  22. Copyright ©A.R.I. All Rights reserved. 22 学んだこと、考えたこと ~ノンプロ研 インストラクション講座 卒業LT大会~

    2022年7月8日 中野ヤスオ(@yasuoyasuo) 引き続き よろしく お願いします! 宜しければフォロー ください!