Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

【ARI】品質よもやま話_#9(敗軍の将こそ兵を語れ)

 【ARI】品質よもやま話_#9(敗軍の将こそ兵を語れ)

ARアドバンストテクノロジ株式会社(ARI)で毎月行っている全社朝会(通称”LOVE会”)での、全社員に向けたスピーチ資料です(社内向けスライドは割愛しています)

第9回目は、上司は常に学び続ける姿勢を忘れず、武勇伝ではなく失敗談から得た学びこそ部下に伝えようということをお話しました。

ARアドバンストテクノロジ株式会社(ARI)
https://ari-jp.com/

657ac87f75c375156e5f79cdadebed4d?s=128

中野康雄(ARI)
PRO

August 23, 2021
Tweet

Transcript

  1. 品質よもやま話 #9:敗軍の将こそ、兵を語れ LOVE会スピーチ 2019年11月21日 中野康雄

  2. 今回のお話

  3. 前回関西支社で こんな話をしてきた

  4. しくじり先生 2019年10月17日 中野康雄 関西支社向けスピーチ

  5. 林修先生曰く 歴史をひもとくと 負ける人物の特徴は 3つある

  6. 林修先生「あすなろラボ」の心に響く講義内容!負ける3つの敗因とは? [テレビ] https://wadainetainfo.blog.ss-blog.jp/2013-06-10

  7. ARIおよび前職での苦い経験をお伝えした

  8. 炎上したPMの陥りやすい傾向は、 ステークホルダー間の板挟みになり、 適切な問題解決行動ができなくな ること。 8 PM 顧客 メンバー 自社 「顧客の言いなり!」

    「人が足りない!」 「当初予算と体制でやれ!」 「支援ほしけりゃ詳しく報告しろ!」 「遅延の対策は?」 「会社やメンバーを動かすのがPMの仕事!」 誰にも頼れず、心身疲労しパフォー マンスは劣化。問題は一層大きくな り、関係者は保身に走る。時には PM自身が心を病んだり、尾を引き 引責退社へ。 この状態だけは絶対に 引き起こしてはならない トラブルPJによくある構図 大事なのはPMを孤独にしないことではないか?
  9. 僭越ながら こんな話をさせてもらった

  10. 情報不足 慢心 思い込み

  11. PMは、 そしてシステムを創る という仕事は、

  12. 本当に難しい

  13. 勝ちに不思議の勝ちあり 負けに不思議の負けなし

  14. この機会 結局誰の役に たったのか?

  15. 実は自分自身だった

  16. 自分の体験を 一度抽象化し 再現または再発防止として 具体化する

  17. 人の成長とは この繰り返しでしかない

  18. 中途半端な武勇伝よりも しくじり話を

  19. 敗軍の将こそ 兵を語れ

  20. 人生100年時代 一生学び続けよう

  21. 先日高校の同窓会で

  22. 96歳の 大先輩の 姿勢に 感銘を受けた

  23. 名刺交換をした際も ひとりひとり 丁寧にメモを取られていた

  24. たかだか社会人20年で 何をわかったと言えようか いや、言えない(漢文風)

  25. 我々は 死ぬまで学び続けなければ ならない

  26. 上司は 自分の進化が止まったら 部下の進化が止まると思え

  27. これからは我々は

  28. より付加価値で 勝負していく段階に入る

  29. 「何でもできます」は 強みにならなくなる

  30. 各部門毎に 得意な領域を より明確に 絞り込んでいく 時期がくるだろう

  31. 絞り込むのは とても勇気がいる

  32. 専門性で勝負するには もっと知識/ノウハウが必要

  33. 自分以外は みんな師と思え

  34. 常に外から 自分を見る視点を持とう

  35. 技術のメンバーこそ もっと社外の人と会おう 本を読もう

  36. そして自分の考えを言語化 発信していこう

  37. 人の上にたつ者ほど 多くを学び

  38. 自分がいかに未熟か そこに向き合う勇気を持ちたい

  39. ガートナー、2020年以降重要な「戦略的展望トップ10」発表 我々の未来の勝ち筋は どこにあるのか?

  40. 新たな刺激 新たな視点を持とう

  41. 考えるヒントは 社内にはない のかもしれない

  42. 今期をその節目の年にしたい

  43. そんな文脈を踏まえて

  44. 新たなビジネス機会の発見

  45. そして 社員の自己実現の支援

  46. これを応援するための 社内制度を復活させたい

  47. 100万円プロジェクト 再始動!

  48. 現給与とは別報酬が発生する 準社内ベンチャー制度 (福利厚生&育成施策)

  49. • 自社サービスとなりえるものを企画 • 所定の事業企画書を作成(個人とNDAも締結) • 審査チームが審査 • 承認された、ものができたら、100万円支給 • 一人でも、複数人のチームで起案もOK

    • 外注費等先行投資が必要な場合 100万円のうち、50万円を先行支払い可 • 完成しない場合は100万円はなし (先払い分の返金は経費実費の具合により相談) • 完成で合計100万円を支給 • 自分でもらっても、外注費に使っても良し
  50. 副業がもてはやされているが

  51. 皆の貴重な時間を 切り売りするのは もったいない

  52. 副業やるぐらいなら 新しいサービス つくろうぜ!

  53. None
  54. 細かい運用ルールは 現在検討中 早々につめて発表!

  55. 早く行きたいなら、一人で行け 遠くまでいきたいなら、みんなで行け by アフリカのことわざ

  56. 品質よもやま話 #9:敗軍の将こそ、兵を語れ <完> LOVE会スピーチ 2019年11月21日 中野康雄 今日の感想など 遠慮なく気軽に ChatWorkもらえたら うれしいです