Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

技術コミュニティ運営戦線〜継続して勉強会を運営するために〜/how to operate community continuously

B3a78cfbf06ca9ee860536c6d1de5e7f?s=47 Y-KANOH
October 02, 2021

技術コミュニティ運営戦線〜継続して勉強会を運営するために〜/how to operate community continuously

社内勉強会を開催したい!でも運営を続けられるか不安... という方は多いのではないでしょうか?

コロナ以前の2019年から毎月開催しているコミュニティイベント "PHP TechCafe" は、Web や PHP に関わる IT エンジニアがスキルアップを目指して意見交換を行うことを目的としています。
私が運営に参加することを決めたときには、自身の学習モチベーション向上にもつながるだろうと、軽い気持ちで活動を始めました。
しかし、実際に運営を続けると、コンテンツのネタ切れや集客不足、自身の知識の限界による不安など、想像以上に問題点が多く、今も試行錯誤している状態です。

本セッションでは、これから社内で技術系勉強会を開いて盛り上げようとしている方を応援すべく、月一でPHPのイベントを開催するにあたって心がけている、勉強会を継続させるためのポイントやノウハウ、今後考えていくべき課題を紹介します。

B3a78cfbf06ca9ee860536c6d1de5e7f?s=128

Y-KANOH

October 02, 2021
Tweet

Transcript

  1. 加納 悠史

  2. 質問! 2

  3. 職場で 勉強会をやっている人! 3

  4. 質問! 4

  5. 職場で 社外向けイベントを 主催している人! 5

  6. 株式会社ラクス ITサービスで企業の成長を継続的に支援します 6

  7. 7

  8. 8

  9. 9 53 ÷ 7ヶ月(ぐらい)

  10. 10 53 ÷ 7ヶ月(ぐらい) = 約週2回 開催!!

  11. なんで そんなにやってんの? ▰ 社内の人材育成 ▰ 認知度の向上 ▰ 社外へのエンジニア文化アピール ▰ 採用活動の強化

    11
  12. 実際効果はある ▰ 外部発信文化の定着 ▰ 認知度は向上! ▰ 面接に来た人がイベント参加者 12

  13. ただし 苦労も多い 13

  14. このセッションの目的 ▰ 運営に関するポイント ▰ ノウハウ ▰ モチベーション 14 例:演者が担当しているイベント

  15. 加納 悠史 カノウユウジ PHPer オフショア リングフィット始めました Web×PHP TechCafe 主催 @Ykanoh65

    株式会社 ラクス
  16. 月次開催 の PHPイベント ▰ 月一で開催(オンライン:Zoom) ▰ connpass から誰でも参加可 ▰ PHPについて

    ▰ LT 発表 ▰ PHPニュースの紹介 ▰ 特集の話題でワイワイ 16
  17. Web×PHP TechCafe ▰ 参加者も一緒にトーク ▰ 聞くだけもOK

  18. TechCafe ができるまで Web×PHP これまでの戦い

  19. 2018年 始まりはもくもく勉強会 もくもく勉強会 の開催 ▰ オフィス広くなったよ ▰ 社内のもくもく会を公開 ▰ 外の人と繋がりを持ちたい

    19
  20. もくもくする場の提供 ▰ 入退室自由 ▰ 自己学習を行うスペース ▰ ついでに交流できる仕組みも用意 20

  21. もくもく会での交流 ▰ 付箋にやることを書いてもらう ▰ 開始時にやることを共有 21

  22. もくもくする場の提供 ▰ 入退室自由 ▰ 自己学習を行うスペース ▰ ついでに 交流できる仕組みも用意 22 再掲

  23. もくもく会が 本当にやりたいことなのか ▰ そもそも交流がしたかった ▰ 参加者は黙々と作業したい 参加者と運営者に意識のギャップ 交流もできるようにしたい... 23

  24. 交流するための仕掛け その1 やることでグルーピング 24

  25. 交流するための仕掛け その2 成果発表 LT 25

  26. 交流するための仕掛け その3 お菓子 26

  27. どこまで行っても

  28. どこまで行っても もくもく会 は もくもく会

  29. もくもく会 は もくもく会 ▰ 黙々とした作業が続く ▰ 自分の作業がメイン → 交流はあくまでサブ要素 29

  30. 我々がやりたいのはなにか ▰ 外の人と接点を持ちたい ▰ 技術的な情報交換を行いたい → コミュニティとして 次のステージへ 30

  31. 始まった PHP TechCafe 参加者の交流を主軸に ▰ LT発表の募集 ▰ PHP のニュースについて意見交換 ▰

    PHPとWeb技術をメインと明言 31 → 関西で一番盛り上がるPHPコミュニティ を目指そう!
  32. コロナを乗り越え今の形に 活動をオンラインに変更 ▰ 対象は全国に ▰ 手軽に参加可能に 32 ここまで、今までの試行錯誤についてでした

  33. 33 息継ぎ:お茶を飲む時間(ここまで8分) この間、PHP TechCafe の宣伝用に撮った elePHPantをご覧ください

  34. コミュニティを 継続させるために 現在、そしてこれからの戦い

  35. 35

  36. 36 コミュニティ継続のための 最重要ポイントは?

  37. 37 ▰集客 ? コミュニティ継続のための 最重要ポイントは?

  38. 38 ▰集客 ? ▰内容 ? コミュニティ継続のための 最重要ポイントは?

  39. 39 ▰集客 ? ▰内容 ? ▰雰囲気 ? コミュニティ継続のための 最重要ポイントは?

  40. 40 大事なことは

  41. 41 大事なことは 省力化

  42. そもそも続かないと 意味がない コストをかければいいものはできる ▰ そのコストが辛くなってくる ▰ 自分たちが折れたら終わる 42

  43. そもそも続かないと 意味がない コストをかければいいものはできる ▰ そのコストが辛くなってくる ▰ 自分たちが折れたら終わる 43 いかに 省力化

    して 死亡フラグ を回避するか
  44. 44 コミュニティを 継続させるためのポイント 1 2 3 開催前の準備 コンテンツの範囲 いざという時のバックアップ

  45. 45 コミュニティを 継続させるためのポイント 1 2 3 開催前の準備 コンテンツの範囲 いざという時のバックアップ

  46. イベントには 内 容 が必要 自分たちですべて用意すると... ▰ 毎回調査が必要 ▰ 資料作成必須 46

    コンテンツ
  47. イベントには 内 容 が必要 自分たちですべて用意すると... ▰ 毎回調査が必要 ▰ 資料作成必須 47

    → やることが多くて折れる コンテンツ
  48. 全部参加者まかせ ▰ 参加者にコンテンツ用意を依頼 ▰ 発表や、解説など 48

  49. 全部参加者まかせ ▰ 参加者にコンテンツ用意を依頼 ▰ 発表や、解説など 49 → 誰も手を挙げなければ詰む

  50. じゃあ どうする??

  51. 半分 自分たちで用意 半分 参加者に協力いただく

  52. TechCafeの構成 1. 参加者からのLT 2. PHP関連ニュース紹介 3. 特 集 52

  53. TechCafeの構成 1. 参加者からのLT 主催者の準備は不要 ▰ 参加者にしゃべっていただく ▰ 発表者がいない場合は省略 53

  54. TechCafeの構成 2. PHP関連のニュース紹介 主催者準備は少しだけ ▰ 記事集め ▰ 社内の人にも手伝ってもらいながら ▰ 記事の内容理解

    → なにかを作り出す必要はない 54
  55. TechCafeの構成 3. 特 集 主催者準備が必要 ▰ テーマについて調査 ▰ テーマのまとめ作成 55

  56. 準備が いる / いらない ものを 組み合わせ 小 大 1.参加者からのLT 2.PHP関連のニュース紹介

    3.特 集
  57. 要はバランス?

  58. バランスというより コミュニティの成長度で 内容を変化させる ▰ 開催初期 → 参加者は少ないので主催者メインが多い ▰ 軌道に乗ってきたら →

    徐々に参加者メインのコンテンツを増やす 58
  59. 59 PHP TechCafe の現在地 2020/05/14 2021/10/13

  60. 60 コミュニティを 継続させるためのポイント 1 2 3 開催前の準備 コンテンツについて いざという時のバックアップ

  61. 主催者が用意する コンテンツについて 61

  62. 主催者が用意する コンテンツについて 62

  63. 立ち止まって考えよう 勉強会のあるある ▰ 前にやった内容と被るよね? ▰ 新しいことを発信しないと... 本当にそうなのか?? 63

  64. PHP TechCafe のターゲット 64 PHP TechCafe の ターゲットはこの範囲!!

  65. 内容がブレない ▰ 参加者のニーズにあった内容を用意 ❌ 極端に難しいもの ❌ スクール的なもの 65 参加者のターゲットを明確にする

  66. もし、内容を被らないよう 調整したら... ▰ 難易度はどんどん高くなる ▰ ニッチな内容が増える → ターゲットのニーズから外れてしまう 自分たちの守備範囲からも外れる 66

    新規の参加者も入りづらくなる...
  67. ネタは被ってもいいから 創り出す! どうしても困ったら... ▰ 改めて基礎的な内容に立ち戻る ▰ 前の内容から少し焦点をずらして 67

  68. 68

  69. 69 コミュニティを 継続させるためのポイント 1 2 3 開催前の準備 コンテンツについて いざという時のバックアップ

  70. いざというとき... ▰ 一人で毎回準備をする ▰ 大変。続かない... ▰ 我々には本業もある ▰ イベントばっかやってらんない ▰

    障害発生時は?納期前は? 70
  71. 仲間をつくろう

  72. PHP TechCafe の ShowNote 72

  73. PHP TechCafe の準備 ▰ テーマを決める ▰ ShowNoteの骨子を決める ▰ 担当を決めてそこだけ調べる ▰

    誰か 倒れたら 他メンバがカバー 73
  74. 例えば 骨子のみ 決めた状態 74

  75. 肉付け後 75

  76. 弊社の場合... イベント担当チームがいます ▰ 当日のスライド準備 ▰ Connpass の管理 ▰ Zoom の管理

    76
  77. 月並みなことですが 一人ではできない ▰ 周りを巻き込む ▰ 自分が準備できないこともある ▰ 助けてもらいながら続ける 77

  78. 78 この間、PHP TechCafe の宣伝用に撮ったけどボツになった elePHPantをご覧ください 息継ぎ(ここまで20分) #あなたの街のelePHPant に投稿すればよかった

  79. 79

  80. 80 試行錯誤

  81. 81 試行錯誤 省力化してでも継続

  82. 82 試行錯誤 省力化してでも継続 なぜ そこまでやるのか?

  83. コミュニティ運営の モチベーション 運営を続ける理由

  84. 組織 採用 / 認知向上 ▰ 社内の人材育成 ▰ 認知度の向上 ▰ 社外へのエンジニア文化アピール

    ▰ 採用活動の強化 → 文化を作るサイクル 84
  85. コミュニティによるサイクル 85 コミュニティで 知識を得る 得た知識を業務に 生かす 業務で起きたことを コミュニティで共有 コミュニティに 人が集まる

    興味を持った人が 入社する
  86. 個人 登壇駆動学習「強化版」 ▰ 絶対コンテンツ用意する意思 ▰ 自身が説明するので理解が加速 ▰ 知らない部分は参加者と埋められる ▰ キャリア/セルフブランディング

    86
  87. 個人 登壇駆動学習「強化版」 ▰ 絶対コンテンツ用意する意思 ▰ 自身が説明するので理解が加速 ▰ 知らない部分は参加者と埋められる ▰ キャリア/セルフブランディング

    87
  88. やりたいから、やる ▰学習も大勢でやった方が楽しい ▰イベントには達成感がある ▰承認欲求が満たされる 88

  89. 動機が不純?

  90. 自己中心的? 知らん

  91. やりたいから

  92. やりたいから やる

  93. しかし、 環境がないと コミュニティはできない 参加者がいないとできない 協力者がいないとできない 場所、文化がないとできない 93

  94. じゃあ自分達で創れないか 94 15分くらい前に しゃべったスライ ド

  95. じゃあ自分達で創れないか 95 5分くらい前に しゃべったスライ ド

  96. PHPについての コミュニティの土台を作りたい ▰ 一緒に勉強する環境 ▰ 盛り上がる環境 ▰ 楽しめる環境 96

  97. 継続して勉強会を 続けるためには ▰ やりたいことを目指して内容を変化 ▰ 省力化して継続を目指す ▰ 内容は主催者/参加者で分担 ▰ ネタ決めはターゲットを明確に

    ▰ バックアップしてくれる仲間を作る ▰ やりたいから、やる 97