Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

フロントエンドエンジニアのDXを改善しようとしたらボトムアップでチームビルドをしていた話 / Frontend Training Meetup #1

フロントエンドエンジニアのDXを改善しようとしたらボトムアップでチームビルドをしていた話 / Frontend Training Meetup #1

Yuji Yamaguchi

March 13, 2019
Tweet

More Decks by Yuji Yamaguchi

Other Decks in Programming

Transcript

  1. フロントエンドエンジニアの DXを改善しようとしたら ボトムアップでチームビルド をしていた話 2019/03/13 Frontend Training Meetup #1 Yuji

    Yamaguchi
  2. 自己紹介 ▸ 名前 ▸ ヤマグチ ユウジ(31) ▸ 職種 ▸ フロントエンドエンジニア(7)

    ▸ 経歴 ▸ 2011年04月 通信系企業 ▸ IoTやWebコンテンツサービスの開発運用 ▸ 2016年01月 ネット広告系企業 ▸ 広告配信管理システムの開発運用 ▸ 2016年10月 株式会社リクルートライフスタイル ▸ 飲食店向け予約台帳システムの開発 ▸ POSレジアプリの開発 ▸ 組織横断フロントエンド改善活動 2
  3. 3 Developer Experience

  4. DX: Developer Experience ▸ 開発者が開発を通じて得る経験や体験のこと ▸ プロダクトコードの品質が高い ▸ テストやCI環境がメンテされている ▸

    オフィスが快適w ▸ etc. ▸ DXもUXの一種ではないか! ▸ 悪いDXは百害あって一利なし! 4
  5. 今日話すこと ▸ 過去のフロントエンドチームの負 ▸ 現在の取り組みとその効果 ▸ 今後やりたいこと 5

  6. 6 組織構造における フロントエンドチームの 立ち位置

  7. ひとつも良いところがないチーム体制 7 PRD A PRD B PRD C PRD D

    FE TEAM × × × そもそも
 チームがない! チームの大きさがバラバラ! 横のつながりがない! FE TEAM FE プロダクト開発組織に閉じている 1人だけど
 チーム...
  8. フロントエンド組織構造の負 ▸ 技術や経験の共有がない ▸ 職能チームはプロダクト開発組織に属し、越境することがない ▸ ノウハウが蓄積せず、別のチームが同じ轍を踏んでしまう ▸ 誰に相談していいかわからない ▸

    舵取り役や相談相手がいないので、アンチパターンの繰り返し ▸ エスカレ先がないことによる不安感 8
  9. 9 DXが悪くて 心理的安全性が 低い状態...

  10. "人と繋がりたい"という思いから... 10 対面で
 情報共有 Slackで
 リマインド Confluenceで
 議事録公開

  11. 11 \いろいろ実施中!/ LT会 コードレビュー会 もくもく会 ペアプロ 雑談 1on1 分報チャンネル 共有会

    モブプロ
  12. 12 交流する場を ボトムアップで作ることで ある変化が生まれた

  13. 13 Guy starts dance party https://www.youtube.com/watch?v=GA8z7f7a2Pk

  14. 14 いくつかのチームで 活動を真似る人が発生

  15. タックマンモデル:チームの成長法則 15 チームの成長と共に、情報共有の場が勝手に形成されていった! フォーミング (形成期) ストーミング (混乱期) トランスフォーミング (変態期) ノーミング

    (規範期) ステージ1 ステージ2 ステージ3 ステージ4 アジャーニング (散会期) ステージ5 パフォーマンス 時間 共有会 コードレビュー会 もくもく会 ペア/モブプロ 分報チャンネル LT会 オフサイトMTG
  16. 16 コミュニケーションによる 心理的安全性の向上

  17. 17 動くより動かない方が 恥ずかしい環境

  18. 越境して情報共有をする共同体が形成された! 18 PRD A PRD B PRD C PRD D

    FE TEAM FE TEAM FE TEAM FE TEAM フロントエンド共同体
  19. 所属を越えたオフサイトMTGも実施! 19 https://engineer.recruit-lifestyle.co.jp/techblog/2019-01-17-react-training/ 都内の貸し会議室で
 1日丸々React勉強会! 当日のメンターたち

  20. 20 まとめ

  21. まとめ DXや心理的安全性はやはり重要で、
 動かなければならない状況を作ると、
 人は自走し始める 最初は手探りでパフォーマンスは出なかったが、
 仲間の数と場の盛り上がりは比例するので、
 最初の一人は道化になる勇気が必要 この動きをさらに拡大するにはどうしたらいいか
 それが今後の課題 21

  22. 22 EOF