ゼロベース独立宣言

 ゼロベース独立宣言

ゼロベース株式会社のセルフ・マネジメントテクノロジー "Za" の原点となる社内資料で、2008年に作られたもの。
https://www.zerobase.jp/za/

7年経って振り返ってみると、リバタリアニズムを過大評価してる部分とか、単純すぎる部分とか、単なる誤りとか、この時点では決まっていなかった点とかも含まれている。そもそも「独立宣言」ってどうなの。独立宣言にしても「ゼロベース独立宣言」より「従業員独立宣言」だろうとか、独立宣言してるのが経営者じゃおかしくないか、とかいろいろ。若気の至り感しかない。しかし、Za誕生の経緯を理解していただくための資料として、当時のまま公開しておく。

…と、いきなり言い訳がましい否定的な評価から始めてしまったが、一方では、このマニフェストにもとづくZaというまったく新しい制度が、7年間にわたって「成功」を重ねてきたという事実もある。その「成功」は、(小さな会社ではあるが)会社の財務的な尺度において明らかだと自負している。

この資料にいくらかおかしな点があるとしても、今日まで7年間にわたって「成功」してきたZaの基本原則は、すべてここに書かれているといっていい。

多くの読者は、この資料に具体的な制度設計論が欠けていると思うことだろう。それについては別の資料を順次公開していくつもりだ。

この資料の読解において重要なのは、このような着想が生まれるに至った経緯と、その当時の状況だ。ゆえに、この資料を見るだけでは、その資料的価値は理解できないだろう。

そういったコンテキストの話については、いまのところセミナーなどでお話ししている。話の内容が生々しく、痛々しいので、まだ文字として公開することには躊躇がある。

当時の詳しい話も、いずれ書籍などのかたちで発表したいと思っている。それまでは、この資料は「セミナー参加者向け配布資料」のような位置付けだ。

73e8177c60e79d5fecf0aefa05db0173?s=128

Hideto Ishibashi

July 16, 2015
Tweet