Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

20200125_OnlineLTHackLT vol.2

20200125_OnlineLTHackLT vol.2

20200125_オンラインLTハックLT vol.2「作ったオンラインリアクションシステムを使って皆さんからリアクションを取ってみる」の登壇資料です。

◆スライド内の素材は以下を使用させて頂いております。ありがとうございます!

・シルエットデザイン http://kage-design.com/
・human pictogram 2.0 http://pictogram2.com
・ICOOON MONO http://icooon-mono.com/

Fecdd3417cd7375cc0bd0352d72db27e?s=128

1ft-seabass
PRO

January 25, 2021
Tweet

Transcript

  1. [サブタイトル] [タイトル] ワンフットシーバス 田中正吾 オンラインLTハックLT vol.2 作ったオンラインリアクションシステムを使って 皆さんからリアクションを取ってみる ワンフットシーバス 田中正吾

  2. 私の話はスライドを後ほど共有します。 話す内容に注力いただいて大丈夫です!

  3. 田中正吾(たなかせいご) 屋号:ワンフットシーバス 2004年よりフリーランス。以後、FLASH制作を 中心にインタラクティブコンテンツを主に行い現 在に至る。 最近ではWEBフロントエンドをベースにしなが らも、情報とインターフェースが合わさるアプ ローチという視点でIoTやMixed Realityといった 技術も取り入れながら活動しています。

  4. こんなUIです。 楽しめたらいいねボタンを連打!

  5. みなさんがアクセスするURL! 当日は QRコードが 表示されました

  6. くるかな?

  7. enabular というサービスで Node-RED のフローとしてつくれる

  8. Heroku にデプロイしました サーバー手軽に作れる仕組み

  9. Node-REDのフローの様子 ローコードで作れます

  10. 使い方のブログ 前編 https://blog.enebular.com/samples/online-reaction-01/ 後編 https://blog.enebular.com/samples/online-reaction-02/

  11. 実は今回CSVでログダウンロードもできる バージョンアップをしてます 5秒ごとに記録している仕組み

  12. ダウンロードしてみる

  13. お付き合いいただきありがとうございました!

  14. ➔ まとめ ◆ 自分がデモするレベルではすぐに使えるところまでは 来れた(はず) ◆ ローコードツールである Node-RED なので自分で機能 追加できる(CSVネタは追加できた)

    ◆ たしかに誰もが使える仕組みに仕上げるのは考えるこ とは多く難しいが、作ることで色々考えられる ◆ さらに IoT でリアクションを動かしたりと派生させる 起点にはなりそう ◆ オンラインLTハックLTで試すことができてよかった