オンライン登壇で意識したいこと / What online speakers should be aware of

オンライン登壇で意識したいこと / What online speakers should be aware of

2020-05-22 DevLOVE 「コロナをぶっ飛ばせ!まけないリモートワークTIPS LT大会」発表資料

6a4236da3537f00c88766581621babbb?s=128

acnaman

May 22, 2020
Tweet

Transcript

  1. オンライン登壇で意識したいこと 2020/5/22 コロナをぶっ飛ばせ!まけないリモートワークTIPS LT大会 加藤翼 @acnaman

  2. 自己紹介 • 加藤翼 • インフォテック株式会社 新規事業T プログラマー • GitHub : acnaman

    • Twitter : acnaman_dev • コミュニティ運営メンバー 2
  3. おことわり • スライドはアップ済みです • 何でもツイートOKです • ハッシュタグは #devlove で! 3

  4. 突然ですが… オンライン登壇 したことありますか? →「あるよ」or「まだない」  Zoomのコメントに反応お願いします! 4

  5. 今日のイベント=オンラインLT • オンライン登壇今後も続くのでは? • オンライン登壇用の準備が必要! 5

  6. オンラインとオフライン 違いと対策 6

  7. 違い1:参加者が離席しやすい 7

  8. 違い1:参加者が離席しやすい 8 課題 • 離席中にスライドが進んで追いつけなく なる • 何を話してるのかわからないので興味 がなくなる→さらなる離脱

  9. 対策1:脳内スタックする情報量を減らす (複数ページ前の情報を使わないor再掲する) 対策2:ページ番号を記載する      「違い1:参加者が離席しやすい」への… 対策 9 →離席時の情報が無くても復帰できる →手元の資料で追いつける

  10. 違い2:聞き手の反応を発表者が確認できない 10

  11. 違い2:聞き手の反応を発表者が確認できない 11 課題 • 聞き手の状態に合わせられない • 場の雰囲気を作りづらい

  12. 対策1:聞き手に質問し回答させる 「違い2:聞き手の反応を発表者が確認できない」への… 対策 12 →聞き手の属性把握 +「参加してる感」を演出

  13. 違い3:聞き手の視線はほとんどスライドになる 13

  14. 違い3:聞き手の視線はほとんどスライドになる 14 課題 • 身振り手振りは効果なし • スライドの表示状態が悪いと致命的にな る

  15. 対策1:カンペを用意する 対策2:文字はできるだけ大きめに      「違い3:聞き手の視線はほとんどスライドになる」への… 対策 15 →言葉で伝えることに集中する →通信が乱れてもスライドを  認識できるように

  16. 最後に • 今日話したことが全て正解ではない • 「オフラインと違う」ことは事実 →方法を模索していきましょう • 残りはブログ見て →→→→ https://acnaman.hatenablog.jp/entry/online-lt-knowledge 16