Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

事業スピードを落とさずにPHP→Kotlinリプレイスに挑戦している話

ar_tama
February 10, 2022

 事業スピードを落とさずにPHP→Kotlinリプレイスに挑戦している話

ar_tama

February 10, 2022
Tweet

More Decks by ar_tama

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 事業スピードを落とさず
    PHP→Kotlinリプレイスに
    挑戦している話
    Cake.jp Co.Ltd.
    @Server-Side Kotlin Meetup vol.1

    View full-size slide

  2. アジェンダ
    - 自己紹介
    - Cake.jp システムの
    - これまで
    - これから
    - Kotlinリプレイスの感触
    - おわりに
    2

    View full-size slide

  3. 🙇
    コード1行も出てきません🥺
    3

    View full-size slide

  4. 自己紹介
    あらたま/@ar_tama
    - 株式会社Cake.jp CTO
    - ex ロコガイド, セオ商事, DeNA
    - 日本もちもち協会 代表
    - サウナ好き
    4

    View full-size slide

  5. Cake.jpについて
    会員数100万人突破!
    国内最大級のケーキ・スイーツ総合通販サイト
    5

    View full-size slide

  6. Cake.jp システムのこれまで
    ※入社当初のあらたまさん
    6

    View full-size slide

  7. Cake.jp システムのこれまで
    - 2回のピボット
    - 足掛け10年ほどのコードベース
    - 定着しないメンテナ
    - どんどん生まれる関連事業&機能
    - 目まぐるしく変わる業務フロー
    そして九龍城へ…
    7

    View full-size slide

  8. - 2回のピボット
    - 足掛け10年ほどのコードベース
    - 定着しないメンテナ
    - どんどん生まれる関連事業&機能
    - 目まぐるしく変わる業務フロー
    そして九龍城へ…
    Cake.jp システムのこれまで
    8
    あるある

    View full-size slide

  9. Cake.jp システムのこれまで
    =技術的投資がされてこなかった?
    9

    View full-size slide

  10. Cake.jp システムのこれまで
    =技術的投資がされてこなかった?
    No! 結果として、技術的投資以外の判断が優先されてきただけ
    10

    View full-size slide

  11. PMFは見えてきた🎂
    Cake.jp システムのこれから
    11

    View full-size slide

  12. 技術的投資に(も)力を入れよう
    → 九龍城を解きほぐして、新しいアプリケーションに載せ替えよう
    - 事業成長のボトルネックをなくすため
    - システムの寿命を延ばすため
    - 開発者生産性と楽しさを増幅させるため
    Cake.jp システムのこれから
    12

    View full-size slide

  13. 3年先の開発組織を考える
    - 組織規模をどの程度拡大させるか?
    - メインシステムに殆ど絡まない新規事業が乱立するか?
    - 既存事業を5以上のチームに分割する可能性はあるか?
    Cake.jp システムのこれから
    13

    View full-size slide

  14. コンウェイの法則※ に従う
    先の問いに…
    - YES→チームを細かく分割し、マイクロサービスアーキテクチャで
    - NO→チームを分割しすぎず、モジュラーモノリスアーキテクチャで
    ※ “組織の設計するシステムには ... その組織のコミュニケーション構造をそのまま反映した設計になるという制約が
    ある”
    Cake.jp システムのこれから
    14

    View full-size slide

  15. コンウェイの法則※ に従う
    先の問いに…
    - YES→チームを細かく分割し、マイクロサービスアーキテクチャで
    - NO→チームを分割しすぎず、モジュラーモノリスアーキテクチャで
    ※ “組織の設計するシステムには ... その組織のコミュニケーション構造をそのまま反映した設計になるという制約が
    ある”
    Cake.jp システムのこれから
    15

    View full-size slide

  16. 先人の知恵を積極的に借りる
    Cake.jp システムのこれから
    16

    View full-size slide

  17. - まずは既存の業務フローを洗い出し、あるべき姿とのギャップを知る
    - あるべき業務フローから業務ロジック(≒ドメインモデル)に落とし込む
    - Cake.jpは「マーケットプレイス型のECサイト」
    - =ECサイトとしての基本機能は固く
    - 理想形がわからないところは柔軟に
    Cake.jp システムのこれから
    17

    View full-size slide

  18. - まずは既存の業務フローを洗い出し、あるべき姿とのギャップを知る
    - あるべき業務フローから業務ロジック(≒ドメインモデル)に落とし込む
    - Cake.jpは「マーケットプレイス型のECサイト」
    - =ECサイトとしての基本機能は固く
    - 理想形がわからないところは柔軟に
    Cake.jp システムのこれから
    18

    View full-size slide

  19. そこでKotlinですよ
    19

    View full-size slide

  20. - 型安全!Null安全!
    - 表現が簡潔
    - 「どこからでも何でも呼べちゃう」が防げる
    - アプリケーション特性によって使い分けができる
    - Spring MVC / Spring WebFlux + Coroutine
    20
    そこでKotlinですよ

    View full-size slide

  21. 現在は、一部機能のリプレイスが完了したところ
    (出荷日やお届け日にまつわる機能群)
    ※ 注文を受けてから製造する店舗も多いため、条件が複雑
    Kotlinリプレイスの感触
    21

    View full-size slide

  22. - 型安全!Null安全!
    - 表現が簡潔!
    - Data Classべんり
    - ExceptionHandlerべんり(Spring)
    - 「どこからでも何でも呼べちゃう」が防げる
    - マルチモジュールでモジュラーモノリスを体現
    - テストが書きやすい
    - mockkべんり
    - ドメインモデルに属性と振る舞いをもたせ、検証対象が明確に
    - まずはSpring MVCから
    - 今後WebFluxも積極導入していきたい
    22
    Kotlinリプレイスの感触

    View full-size slide

  23. 事業計画(開発計画)に絡めながら進めているので、総じていい感じ🥳
    - マイナスをゼロにしている感が少なく、モチベーションを維持しやすい
    - リプレイス先が風化しにくい
    - ダブルメンテが起きにくい
    - トレードオフ:リプレイス完了までの時間><
    23
    Kotlinリプレイスの感触

    View full-size slide

  24. 時間がなくて盛り込めなかった内容もたくさんあるので、詳細は懇親会で!
    - 直面している課題
    - 今後取り入れたい周辺技術
    - パッケージ・モジュールの粒度と狭義のアーキテクチャ
    24
    おわりに

    View full-size slide

  25. We’re Hiring!!!
    Meetyもやってます🙌 お気軽にどうぞ
    25
    おわりに

    View full-size slide