Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

MML to MIDI 2.0 to DAW

24837993455f54c957883ba1f1db7f2d?s=47 Atsushi Eno
December 14, 2021

MML to MIDI 2.0 to DAW

24837993455f54c957883ba1f1db7f2d?s=128

Atsushi Eno

December 14, 2021
Tweet

More Decks by Atsushi Eno

Other Decks in Technology

Transcript

  1. MML to MIDI 2.0 to DAW @Music LT vol. 1

  2. What is this LT about? MML(c4e4g4>c4+1みたいな文字列)を MIDI 2.0データにコンパイルして、 それをDAWの楽曲データに変換するツールを 作っているので、その知見を紹介します。

  3. MML in 2021? 今は特定分野(チップチューンとか)でしか 使われていない 今はDAWでVSTやAUを使う MMLだとせいぜいMIDIまで でも本来「どう打ち込むか」は「ジャンル」や 「音源の制約」とは関係ないはず テキストで編集したい

  4. 課題 • MIDIの範囲ではショボくない…? ◦ GM音色しか使えない…? ◦ 7bitしかないパラメーターが … ◦ パラメーター(コントロールチェンジ)の種類が

    … • オーディオプラグインをどうやって使う? ◦ プラグインを識別してトラックごとに指定する必要がある ◦ パラメーターを(オートメーションや MIDIマッピングみたいに)操作できる必要がある ◦ プラグインの状態を保存しておいて復元できる必要がある
  5. MIDI 2.0 UMP • MIDI 2.0仕様のひとつとして2020年に標準化 • 16チャンネル * 16グループ

    = 256チャンネルになった • 主にVSTやAUの機能としてサポートされているものがいろいろ増えた ◦ 32ビットCC/ピッチベンド/プレッシャー ◦ 16ビットのベロシティ ◦ ノート別ピッチベンドやノート別コントローラー ◦ ノートの属性(アーティキュレーションなど)
  6. MML in 2021 ! ( [MML] → [MIDI 2.0 file]

    ) + [プラグイン定義] → [DAW(Tracktion) file] プラグイン定義には JUCE AudioPluginHostを 流用
  7. MIDI 2.0対応MMLコンパイラ (atsushieno/mugene-ng) • MMLコンパイラ = テキストからバイトストリームを生成するだけのツール(!) • マクロを定義でき、ほとんどのMML命令はマクロで実装している。 __MIDI

    { #90 + $channel, $key, $vel } • MIDI 2.0 UMP対応もただのバイト配列を生成するだけ __MIDI_NG { #40 + $channel / 16, #90 + $channel % 16, $key, 0, $vel / #100, $vel % #100, $attr / #100, $attr % #100 } ( [MML] → [MIDI 2.0 file] ) + [プラグイン定義] → [DAW(Tracktion) file]
  8. Tracktion Engine / Waveform DAWへ (atsushieno/augene-ng) • DAWは再生系がOSSなTracktion Waveformのみサポート(楽曲はXML) •

    TracktionにMIDI 2インポート機能は(当然)無いのでここを自作 • AudioPluginHostで作った定義を楽器名メタイベントでトラックと関連付け • プラグインパラメーターを操作する ◦ DAW側 (Tracktion): 「オートメーショントラック」に出力する ◦ MIDI側: パラメーター設定はシステムエクスクルーシブで CCのように指定 ( [MML] → [MIDI 2.0 file] ) + [プラグイン定義] → [DAW(Tracktion) file]
  9. 作り込んだところ • 編集中に何度も再生する場合はMIDI クリップだけを差し替える "Hot Reload" 機能 (プレイヤー) • 制作環境に依存せずCI環境でMP3を

    レンダリングできることを実証 • ちゃんとしたサンプル楽曲MML (atsushieno/augene-ng-production)
  10. おまけ: MIDI 2.0 development libraries まだほとんど無い • Apple CoreMIDI: Swift,

    ObjC, C++ (たぶん) • juce-framework/JUCE (juce::universal_midi_packets): C++ • atsushieno/ktmidi : Kotlin (Multiplatform) • atsushieno/cmidi2 : header-only C