Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

【Sansan元開発責任者×フォーデジットCEO】エンジニアの"非連続なキャリア"へのチャレンジ

 【Sansan元開発責任者×フォーデジットCEO】エンジニアの"非連続なキャリア"へのチャレンジ

---
ビジネスと顧客、⼈と⼈をつなぐ
No.1 アンケート・コミュニケーション・プラットフォームになる
---

法人向けアンケートシステムの企画・開発・販売を行っているクリエイティブサーベイ株式会社。

2022年6月2日に実施されたエンジニア職向けのイベント登壇資料です。
・CTOが語るクリエイティブサーベイ社にジョインした背景とは?
・CEOが語るクリエイティブサーベイの未来とは?

第二創業期の真っ只中にある当社では、事業成長のために一緒に働く仲間を求めています。少しでも興味がある方はぜひご連絡ください。

カジュアル面談などのライトな接触も大歓迎です。

お気軽にどうぞ!

▶︎採用窓口
https://www.wantedly.com/companies/creativesurvey

▶︎企業ページ
https://jp.creativesurvey.com/

CREATIVE SURVEY Inc.

June 06, 2022
Tweet

More Decks by CREATIVE SURVEY Inc.

Other Decks in Programming

Transcript

  1. エンジニアの"非連続なキャリア"へのチャレンジ
    -急成長SaaSプロダクト「CREATIVE SURVEY」の可能性
    2022.06.02(Thu)

    View full-size slide

  2. Company Profile
    ©︎ CREATIVE SURVEY , Inc. All rights reserved. 2
    社名
    事業内容
    所在地
    勤務地
    設立
    関連会社
    クリエイティブサーベイ株式会社
    法人向け次世代アンケート・ヒアリングツール「CREATIVE SURVEY」の企画・開発・運営
    東京都港区⾚坂8-5-32 ⽥中駒ビル2F/3F
    リモート勤務 ※⽉に1〜2回シェアオフィス「CIC Tokyo」への出社あり
    2014年7⽉
    株式会社フォーデジット、Sansan株式会社

    View full-size slide

  3. Speaker/Moderator
    3
    人事
    梅田 智久
    Tomohisa Umeda
    CEO
    田口 亮
    Ryo Taguchi
    CTO
    鈴木 康寛
    Yasunori Suzuki

    View full-size slide

  4. Contents
    ©︎ CREATIVE SURVEY , Inc. All rights reserved. 4
    Sansan名刺アプリ「Eight」の元開発責任者が、なぜ今クリエイティブサーベイにジョインす
    るのか エンジニアとして"非連続なキャリア"へチャレンジすることで得られるもの
    01
    クリエイティブサーベイの「現在」と「未来」
    顧客の声で「最適な顧客体験・CXの創造」を実現する。急成長SaaSプロダクト「CREATIVE SURVEY」とは
    02
    Q&A
    04
    クリエイティブサーベイのエンジニア組織の今後
    今後どんなエンジニア組織を作っていきたいか、どんな取り組みをしていきたいか
    03

    View full-size slide

  5. 第1部
    Sansan名刺アプリ「Eight」の元開発責任者が
    なぜ今、クリエイティブサーベイにジョインするのか
    エンジニアとして"非連続なキャリア"へチャレンジすることで得られるもの
    5

    View full-size slide

  6. クリエイティブサーベイ株式会社
    CTO 鈴木 康寛(Yasunori Suzuki)
    ■Profile
    2013年 Sansan株式会社に入社。Eight事業部にて主にRailsを用
    いたサーバーサイドのWebアプリケーション開発に従事する。
    Redshiftを用いたKPI取得の仕組みを開発し、データ規模が拡大
    する現在でもパフォーマンスを維持する基盤を築いた。 その後、
    Eightの基本的な機能であるつながり処理の改善やビジネスネット
    ワークの第一歩となるフィード機能のプロトタイプ開発、構築を
    行い、日経ニュース配信機能やレコメンド機能改良等の開発を先
    導し、自らも実装に参画した。
    その後、Eightの開発責任者、Seminar Oneのエンジニアリングマ
    ネージャーを歴任し、2022年クリエイティブサーベイ社のCTOに
    就任。

    View full-size slide

  7. Index
    7
    自己紹介
    01
    本日のテーマについて
    02
    改めて今思うこと
    04
    ・非連続なキャリアへのチャレンジ
    自身のキャリアと非連続なチャレンジとの関係
    03

    View full-size slide

  8. CTOとして第一歩を踏み出す
    • プロダクトのコンセプト/ビジョンに共感
    • アンケートコミュニケーションプラットフォームの可能性
    • 後のセッションで話します
    • 非連続なキャリアへのチャレンジ
    • 今回話したいこと!

    View full-size slide

  9. 非連続なキャリアへのチャレンジ
    9

    View full-size slide

  10. まずは
    自身のキャリアを振り返る
    10

    View full-size slide

  11. エンジニアとしてのスタート
    11

    View full-size slide

  12. 大手メーカーで組み込みエンジニア (2006年〜
    12
    • がむしゃらにトライ
    • 入社1年目から新規プロジェクトにアサイン
    • 組み込み環境下でのTDDを実現
    • iTunes連携へトライ(懐かしい・・・)
    • メーカーでのキャリア形成に漠然とした不安
    • それまでWebに関しては全く開発経験がなかった
    • 独学でRailsを学び始めた

    View full-size slide

  13. Webエンジニアへの転身
    13

    View full-size slide

  14. Sansanにジョイン: 大企業からスタートアップへ (2013年〜
    14
    • 経験がない中で、即成果を求められる環境
    • 大規模データ分析基盤の構築
    • 2012年のAWS re:Inventで発表されたRedshiftを採用
    • これまでのKPI基盤の仕組みをベースにRailsからRedshiftへアクセスできるように

    View full-size slide

  15. チームリーダーへの転身
    15

    View full-size slide

  16. メンバーからチームリーダへ (〜2018年
    16
    • 着実に成果を積み上げる
    • コア機能の大規模リファクタリング
    • フィード機能のプロトタイピング
    • レコメンデーションエンジン刷新
    • AWS dev day登壇 (2017年)

    View full-size slide

  17. マネージャーへの転身
    17

    View full-size slide

  18. Eightで開発責任者 (2018年〜
    18
    • 成果を出せずに苦しむ
    • 孤独なマネージャーとしての苦悩
    • 自身のUnlearnから組織再生へ
    • Engineering Organization Festival 登壇 (2019年)

    View full-size slide

  19. そしてCTOへ
    19

    View full-size slide

  20. クリエイティブサーベイのCTOへ (2022年〜
    20
    • プロダクトのコンセプトに共感した
    • アンケートコミュニケーションプラットフォーム
    • より良いサービス/商品を顧客に届けるためのユーザーとの対話
    • お互いにサービスを育てていく(共創の)ためのインフラへ
    • プロダクトの設計が洗練されていた
    • Sansanでの経験を活かし、成果に貢献できるイメージが湧いた
    • 9年前にEightに参画のフェーズと重なる
    • これまでの自身の経験を最大限活かしつつ、組織のスケールと成果の最大化を目指す

    View full-size slide

  21. 非連続なチャレンジに対して
    改めて思うこと
    21

    View full-size slide

  22. チャレンジはやってくるもの
    • 準備が大事、自身の行動変容を経て、チャンスは向こうからやってくる
    • そのタイミングを逃さず、掴み取っていく姿勢が重要
    • とはいえ、CTOのチャレンジは時間をかけて慎重に決断
    • 許容できるリスクの範疇を見定める
    • Unlearnが必要になることも
    • これまでの延長線上で立ち行かないケース
    • 成長の機会と捉え、向き合い、乗り越える

    View full-size slide

  23. 自身の非連続なチャレンジ
    23
    • 組み込みエンジニア → Webエンジニア
    • 低レイヤがわかるWebエンジニア
    • 1メンバー → リーダー
    • 大規模データ処理アルゴリズムをプロダクトに応用
    • プレイヤー → マネージャー
    • 事業、組織への向き合い方をUnlearn
    • 1マネージャー → CTO
    • これまでの集大成
    • 強くてニューゲーム

    View full-size slide

  24. You can’t connect the dots looking forward.
    You can only connect them looking backwards.
    - Steve Jobs
    • 振り返って自身のユニークなキャリアにつなげる
    • 経験をそのまま活かせる場合は、強みとして改めて認識し成果につなげる
    (守)
    • フレームワークとして抽象化し、適用できるケースを模索する
    (破)
    • キャリアの幅を広げる、昇華させる
    (離)

    View full-size slide

  25. 非連続なチャレンジ
    してみませんか
    25

    View full-size slide

  26. 第2部
    クリエイティブサーベイの「これまで」と「これから」
    顧客の声で「最適な顧客体験・CXの創造」を実現する
    急成長SaaSプロダクト「CREATIVE SURVEY」とは
    26

    View full-size slide

  27. クリエイティブサーベイ株式会社
    株式会社フォーデジット
    CEO 田口 亮(Ryo Taguchi)
    ■Profile
    大学在学中からプロのミュージシャンとして活動し、2002年、
    当時2年目の株式会社フォーデジットにアルバイトで入社。デ
    ザイナー・エンジニア・クリエイティブディレクター・リサー
    チャー・プロデューサー・UXコンサルタントなど一通りの経
    験、2008年には同社の取締役に就任。
    2014年にクリエイティブサーベイ株式会社を設立し、現在は、
    フォーデジットとクリエイティブサーベイの代表取締役を兼
    任。

    View full-size slide

  28. クリエイティブサーベイのこれまで
    28

    View full-size slide

  29. History
    ©︎ CREATIVE SURVEY , Inc. All rights reserved. 29
    2010
    デザイン会社の社内プロジェク
    トとして発足
    2014
    SaaS事業にするために会社化
    フリーミアムモデルへ転換
    2011
    デザインリサーチを行う事業を
    開始
    2015
    WEB font、決済(Stripe)、グ
    ローバルリサーチパネル、サイ
    ト内サーベイなどの機能を順次
    追加
    2017
    エンタープライズ向けサービス開始
    2019
    Sansanと資本提携
    2021
    エンタープライズ版とSalesforce版、合わ
    せ利用企業が100社突破
    2020
    for Salesforce サービス提供開始
    デザイン(印象)リサーチ時代 フリーミアムモデル時代 toB SaaS へ

    View full-size slide

  30. 導入実績
    30

    View full-size slide

  31. Service
    ©︎ CREATIVE SURVEY , Inc. All rights reserved. 31
    アンケートは、古くから当たり前に行
    われている顧客理解の手段です。これ
    をデジタル化することで短時間・リア
    ルタイム・他情報と連携した管理が可
    能になります。
    クリエイティブサーベイは、あらゆる
    接点で顧客の声を集め、活用できるプ
    ラットフォームを目指しています。
    顧客の声を活かし「最高の顧客体験の創造」を実現するための
    SaaSサービス

    View full-size slide

  32. CREATIVE SURVEY プロダクト概要
    32
    アンケートの作成、公開、集計までワンストップで
    あらゆる場面で顧客の声の活用へ

    View full-size slide

  33. CREATIVE SURVEY プロダクト概要
    アンケートの作成、公開、集計までワンストップで
    あらゆる場面で顧客の声の活用へ
    33
    顧客満足度
    NPS®
    イベントアンケート
    商談後アンケート
    マーケティングリサーチ
    人気投票
    受容性調査
    クリエイティブ調査
    顧客フィードバック
    導入後アンケート
    店舗アンケート

    View full-size slide

  34. クリエイティブサーベイのこれから
    34

    View full-size slide

  35. ARR・成長率
    経営指標も大きく改善。
    SEED期を超え
    ここから成長フェーズに突入

    View full-size slide

  36. 組織について
    取締役会
    Customer Success Div
    Mgr:新村
    Product Div
    Mgr:菊地
    DevOps Div
    Mgr:鈴木
    Sales & Marketing Div
    Mgr:菊地
    Corporate Design Div
    Mgr:⽥口
    Business Enablement Div
    Mgr:菊地
    フロント
    エンジニア
    フロント
    エンジニア
    QA
    バックエンド
    エンジニア
    バックエンド
    エンジニア
    インフラ
    エンジニア
    技術顧問
    デザイナー
    PdM
    PdM
    PdM
    CSM
    CSM
    CSM
    CSM
    サポート
    Field
    Field
    Field
    Inside
    Corp
    Corp
    Recruiting
    Recruiting
    Recruiting
    Recruiting
    Intern
    Intern
    Intern
    Intern
    Marketing
    Ops
    Marketing
    Alliance
    正社員
    業務委託
    出向 など
    18名 → 50名
    組織においても大きく成長するフェーズへ

    View full-size slide

  37. サービスの成長について
    プロダクト主体で価値を提供する
    Horizontal SaaS として磨き込む

    View full-size slide

  38. 第3部
    クリエイティブサーベイのエンジニア組織の今後
    今後どんなエンジニア組織を作っていきたいか、どんな取り組みをしていきたいか
    38

    View full-size slide

  39. こんな方と一緒に働きたい
    ・これから事業や組織を大きくさせていくフェーズで
    ジョイン出来ることにワクワク出来る方
    ・自走能力や成長意欲が高く、新しい知識の吸収に貪欲な方
    ・チャレンジ精神旺盛な方
    ・比較的落ち着いた大人なコミュニケーションが取れる方
    ・リモートで働きたい方

    View full-size slide

  40. We are Hiring!
    全方位で採用拡大中です!
    • バックエンドエンジニア(Ruby/Rails)
    • フロントエンドエンジニア(React/JavaScript)
    • React/Next.js/Typescript に鋭意移行中
    • SREエンジニア(AWS/Terraform/GitHub Actions)
    • QAエンジニア
    • データアナリスト、UXデザイナー

    View full-size slide