$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

チャット活用で変わる!新しいWebプロモーション戦略 ~顧客エンゲージメントを高める「チャット✕広告」とは~

DECLab
August 29, 2017

チャット活用で変わる!新しいWebプロモーション戦略 ~顧客エンゲージメントを高める「チャット✕広告」とは~

トランスコスモス株式会社によるチャット広告に関する講演資料です。

DECLab

August 29, 2017
Tweet

Other Decks in Business

Transcript

  1. 【B-4】 チャット活用で変わる!新しいWebプロモーション戦略 〜顧客エンゲージメントを⾼める「チャット✕広告」とは〜 2017/8/24 トランスコスモス株式会社 イノベーション推進本部 DECAds推進部 ⻲井昭宏

  2. 1 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © プロフィール ⻲井 昭宏(KAMEI,Akihiro) トランスコスモス株式会社 イノベーション推進本部 DECAds推進部 部⻑ 「大阪出身・大阪育ち」 1998年からウェブ制作ベンチャーウェブプロデューサー。 ウェブ業界は今年で19年目。 2005年にトランスコスモスに入社。当初は制作部門のディレク ター・プランナーとして業務、その後、ウェブマーケティング領域全 般のプリセールス部門にて提案業務を中心に担当し、2013年から広 告部門に異動。ストラテジックプランナー・プランニング部門⻑、⻄ 日本の責任者を経て、現在はウェブ広告商材開発部門の責任者であり 独自チャット広告の商材開発プロジェクト責任者 自己紹介
  3. ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨ §

    ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © 2 いきなり!効果実績
  4. 3 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © チャット広告|実施効果 154% 向上 203% 向上 145% 向上 申込率 同率 維持 7.92% 低下 161% 向上 新規率 63.0% 改善 16.3% 改善 10.4% 改善 直帰率 いづれの媒体でも広告からチャットbotを経由させることで 新規率・直帰率が改善し、潜在顧客の誘導し申込率の向上を実現 通常広告 VS チャット広告 効果:誘導するユーザーの質の向上 Facebook LINE SmartNews
  5. 4 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     ©   ! " # 滞在時間   ! " # 新規率 チャット広告|集客ユーザーの質改善 新規率、滞在時間、直帰率、申込率など、来訪ユーザーの質の改善 32%UP 129%UP 広告掲載期間から、2週間後に再度集計した際も、 チャットに触れているユーザーの方が、新規率・滞在時間共に⾼い数値となった。 オンラインバンク:口座開設   ! " # 平均PV数 42%UP
  6. 5 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © そもそも「チャット」って どんなイメージですか? どんなことができると思ってますか? 何が達成できるでしょうか??
  7. 6 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © 企業の評価とコミュニケーションの関係 $ % & ' ( ) 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 @ A B C D E F G H I P Q R S T U V W X Y ` a 4 5 もし、あなたが好きな時に好きなコミュニケーション手段で 問題解決することができるとしたら、その企業に対する評価は高まりますか?
  8. 7 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © コミュニケーション体験の価値 b c d e f g h i p q r s t u v w x y €  c ‚ ƒ „ … † d ‡ ˆ ‰  ‘ ’ “ ” •  ‘ – — ’ ˜ ™ ’ “ d x  c ” e f g  h i j k l d m n o p q r s t u v w x o y z { | } u ~  €  ‚ m n o h i ƒ p q r s t u v w x o „ … u † u ‡ g v ˆ f o h i p q } ‰ Š ‹ Œ  – Ž   ‘ ’ “ ‹ ” e ƒ „ … † d ‡  • – — ˜ d ‡ ˆ ‰ ™ ”  š › œ  f  h i j k d ’ “ ž Ÿ — ‰ ¡ ’ ˜ ™ $ % & ' ( ) 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 @ A B C D E F G H I P Q R S T U V W X Y ` a 4 5 3人に2⼈は、コミュニケーションの「良し悪し」で消費⾏動を変化させる。 さらに、その体験は評判となって波及する
  9. 8 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © 次世代コミュニケーションへの期待 $ % & ' ( ) 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 @ A B C D E F G H I P Q R S T U V W X Y ` a 4 5 「電話」や「店舗・店頭」といった従来チャネルの未来の利⽤意向も⼀定以上あることから、 企業は、アナログ・デジタル双方に対応し、一貫性のあるコミュニケーション体験を提供していく必要性が高まっています。 生活者と企業とのコミュニケーションは、39歳以下を中心に 「メッセージングアプリ」や「Webチャット」といった 双方向性コミュニケーションの期待値が大幅に高まっている
  10. 9 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © コミュニケーション 広告 購買 サポート
  11. 10 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © CMを⾒て、百貨店に⾏き、 コールセンターに問い合わせするような時代ではない。 消費者に満足を与えられるようなサービスを提供出来ているだろうか? 【広告】TVCM 【購買】百貨店 【サポート】電話
  12. 11 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © デジタル化が進み消費者は 広告も購買もサポートもスマホひとつか ら。 広告・購買・サポート
  13. 12 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © ¢ £ ¤ ¥ ¦ § ¨ © ª « ¬ ­ ® ¯ ° ± ² ³ ´ µ ¶ · ¸ ¹ º ¬ » ¦ ¼ µ ½ ¾ ª ¦ ¿ ¨ ¶ À Á Â Ã Ä ¦ ¼ Å Æ À Á Â Ã Ç È É Ê Ë ® ¯ ® ¯ Ì Í ¥ Î Ï Ð Ñ Ñ À Ò Ó Ô Õ Ö ¦ × Ø ° Ù Ú ¯ ° ± Ñ Ñ À ¦ ¼ Å Æ Û Ü Ý Þ ß × Î Ø Ù à á × ¬ » 相談 購買 Ö ¦ À Ä Ó Ô Õ Ö ¦ Ú â ã ä å ã æ µ ç « ¬ ­ ® ¯ ° ± è é ê ë ì Ù í î ï ð Ù í î CRM サポート ñ ò ó ô õ ö ÷ ø ò ñ ù ú û ü ハワイ旅⾏について チャットで相談 広告・購買・サポート 認知 販促 送客 接客 育客
  14. 13 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © DECAds|対応領域 認知 比較 検討 お試し 体験 理解 深化 購入 申込 疑問 不安 ファン化 広告 ウェブサイト ソーシャルメディア ECサイト コンタクトセンター ソーシャルメディア 売上アップ 顧客サポート フルファネルで企業のマーケティング領域をカバー
  15. 14 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © DECAds|対応領域 認知 比較 検討 お試し 体験 理解 深化 購入 申込 疑問 不安 ファン化 広告から始まるコミュニケーション フルファネルで企業のマーケティング領域をカバー 売上アップ 顧客サポート 広告 ウェブサイト ソーシャルメディア ECサイト コンタクトセンター コンタクトセンター
  16. 15 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © チャットは1人2役 インプットとアウトプット両方こなせる なぜ今チャットなのか?
  17. 16 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © DECAds|コミュニケーションエコサイクル 各種データを集約し、統合マーケティングとして コミュニケーションサイクルを循環させる 売上アップ 顧客サポート 広告 ウェブサイト ソーシャルメディア ECサイト コールセンター コールセンター
  18. ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨ §

    ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © 17 チャット広告:DECAdsとは
  19. 18 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © コンテンツページ チャット 広告 a b c 広告 DMP チャットデータを活用した 独自のターゲティング配信 4 チャット内対話データ・サイト内⾏動データを収集 3 対話による興味関⼼度 アップや課題解決を図る 1 対話内容に応じて 遷移先を変更 2 DECAds|全体概要 メディア公式 広告商品 チャットデータの 再利用
  20. 19 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © DECAds|ご提供する価値 新しい顧客の発⾒ 1 • ブロード配信を効率よく活⽤し、これまで反応しなかったユーザーのアクションを喚起する • チャットを接触することで、新規率の高いアクティブなユーザーを誘導することが可能 • チャット接触ユーザーの回答により分類し、再広告アプローチ 新マーケティング調査 2 • 簡単に違和感なく広告内もしくはサイト接触前にチャットで質問を実施可能 • 「買わない理由」「いらない理由」「退会理由」などVOCとして新たな有益情報の発⾒が可能 記憶・好意・意欲の向上 3 • チャットと接触して簡単なウェブアクションをおこさせることで記憶の定着や好意・⾏動意欲の向上が図れる • 通常バナー広告やテレビCMなどとの効果比較も可能 これまでになかった新たな3つのマーケティング価値を提供
  21. 20 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © DECAds|チャット広告実施による有益データ取得 a b c 限られた情報接触 2 広告 通常広告 コンテンツページ 誘導先ページ 広告 期待する情報を求めて 広告に反応 1 チャット質問により能動的に情報接触させ該当ページへ誘導 コンテンツページ チャット 広告 a b c 広告 「診断」「クイズ」などで 興味アップ 1 情報接触に応じて 遷移先を変更 2 選択肢提供により 遷移率アップ 3 広告✕チャット ý þ ÿ ¡ ¦ ¢ £ ¤ ¥  § ¨ ©  情報接触 ユーザー の誘導
  22. 21 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © a b c 広告 チャットデータ チャット内対話データを収集 4 DECAds|チャット広告実施による有益データ取得 診断やクイズチャットによる顧客趣向の可視化 「診断」「クイズ」など興味 アップで誘導数増加 1 情報接触に応じて 遷移先を変更 2 選択肢提供により 遷移率アップ 3         !     " # $ % &  !
  23. 22 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © 対話チャット 対話設計や 対話テクニックに CCノウハウを活用 対話チャット 対話設計や 対話テクニックに CCノウハウを活用 ページC ページF ページB ページE DECAds|コンタクトセンターノウハウの活用 広告 有人応答 有人応答 CCノウハウを最⼤活⽤し、強⼒な差別化要素とする 「無人自動応答」と「有人応答」いずれでも対応可能とする 無人自動応答 無人自動応答 ページA ページD コールセンターノウハウを最⼤活⽤し、強⼒な差別化要素とする 「無人自動応答」と「有人応答」いずれでも対応可能とする
  24. 23 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © ' & ( ) 0 1 2 3 ) 4 5 6 ( ) 7 8 9 @ A 7 8 9 B C D E F G H I P Q R S T 選択式 U V W X Y ` a b X 2 c d e f 6 g h キーワード式 i p q 5 U r c s t f 6 自然文式 botができること g h F u v w x y 8 8 € r e  ‚ ƒ „ … † ‡ ˆ V ` ‰  ‘ ’ X 2 “ X 2 ” • V – c Y 5 — ƒ „ … ˜ ™ d r e  ` e d X 5 f g h r c s t f 6 g h i H I j S k l m H g h F y 8 8 € r e  n o DECAds|botができること COMING SOON
  25. 24 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © 設問1 設問2-1 設問2-2 設問3-1 設問3-2 設問3-3 LP1 LP2 LP3 LP4 LP5 LP6 設問3-4 LP7 LP8 ・選択式のため自然言語処理が不要 ⾃由⼊⼒タイプに較べて安価・短納期で導⼊可能 ・各設問における選択率や離脱率によって シナリオ改善PDCAサイクルを運用 DECAds| 初期利⽤は選択タイプ (事前に用意されたシナリオの選択肢をタップする) 選択タイプのスタートを推奨します
  26. 25 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © バイトを探している? 探している 在宅・内職のアルバイ ト・バイト・パート求人 情報へ 今は探していない 人と話すのが得意? あまり得意ではない とても得意 どんな仕事がしたい? おうちで仕事したい 黙々と作業したい 体を動かす 仕事をしたい 体を動かすのは苦手 製造スタッフ(組⽴・加⼯ 等)・他のアルバイト・バ イト・パート求人情報 配達・配送・宅配便・他の アルバイト・バイト・パー ト求人情報 試験監督・試験官のアルバ イト・バイト・パート求人 情報 p q r s t u v w x y z { | } ~  €  ‚ ƒ „ … † ‡ ˆ ‰ Š ‹ Œ  Ž    ‘ ’ “ ” • – — ‰ ˜ ™ š DECAds|シナリオ例:人材案件
  27. 26 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © DECAds|チャットデータターゲティング チャットデータを活用した独自のターゲティング配信 シナリオ深度ターゲティング 1 センチメントターゲティング 2 特定シナリオターゲティング 3 ex. CVはしてないが、設問2まで進んだユーザー ex. ポジティブな回答をしているユーザー ex. ある特定の回答をしているユーザー
  28. 27 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © DECAds|配信組み合わせ 2つのチャットシナリオとターゲティングを組み合わせ ターゲット⺟数アップと獲得効率アップを同時に実現する A: 広めのリーチでターゲティング配信 • 適度なターゲティングで広くリーチを確保しつつ サイト閲覧状況の初期情報収集(リタゲマーク蓄積) • チャットシナリオ⇒潜在層向けコンテンツ誘導 B: リターゲティング配信 • サイト閲覧者に初期情報をもとに顕在層向けシナリオでユー ザーを分岐、適切なLP誘導・刈り取り • チャットシナリオ⇒顕在層向け誘導 ★ ★
  29. 28 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © DECAds|配信組み合わせ 顕在層 中間層 潜在層 短期 効果 ◯ ◯ ✕ ⻑期 効果 ✕ ◎ ◎ e › V œ œ ˜  c X œ œ c Y ‘ 2 X ž Ÿ Y X ¡ d “ œ œ “ ž 5 Ÿ Y X 1 X ¢ £ ¤ ¥ ¦ ¢ § Y X ¡ ¨ © ¨ © œ œ c 2 X ž Ÿ Y X ¡ œ œ ˜  c X ¢ œ œ c 2 X チャットによるターゲット⺟数を拡⼤とマーケ調査 新規ターゲット 含有量数 リターゲティング配信 ターゲティング配信 ブロード配信 ª « ¬ ­ ® ¯ ° ±
  30. 29 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © DECAds|実施可能媒体 DECAdsチャットbotの実装ページへ誘導が可能な媒体一覧 Yahoo! SmartNews Criteo AdRoll KANADE Google Facebook
  31. 30 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © DECAds|実装〜導⼊:概算スケジュール ² ³ ´ ´ µ ¶ ³ ´ ´ µ · ¸ ¹ º » ¼ ½ ¾ ¿ À Á Â Ã Ä Å À Æ Ã Ç È É Ê Ë Ì ³ ´ ´ µ Í ³ ´ ´ µ Î ³ ´ ´ µ Ï ³ ´ ´ µ Ð ³ ´ ´ µ Ñ Ò Ó Ô Õ Ö × Ø Ù Ú Û Ü Ý Ü Þ ß Ó à Ñ á â ã ä å æ ç Ê Ë Ø è Õ é ä ê Õ ë å ì í î ï ì í ð ñ ò å Ý Ü Þ ß ó ô õ ö ÷ ö ø × ù ú Ú û ü ý þ ÿ Ô è × E á â H û E I ¡ ¢ £ ¤ ¥ ¦ § ¨ ©   S  Ó   Ø è Õ é Ü  W    Ô è × Ó a  Ó î ï Û Ü  ! " # $ % & ' ( ) 0 1 2 3 4 ( ) 0 1 2 c 5 e 6 7 Ú å 8 9 p ñ Ú @ × Ú   A B Ó 9 C D F G P Q R T U V X Y T ` V ) b d ' f c 5 g h Ø è Õ é i q r s
  32. ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨ §

    ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © 31 チャット広告の指標について
  33. 32 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © チャット広告運用の指標 ①KGI・1st KPI AD (YDN) LP CV ‹ t u  v k – ’ w ├────────────────────────────────┤ ①KGI:LastclickCV、CPA KPI:①CVR(ADからのCVR・LPからのCVR) ①1st KPI: CVR(ADからのCVR・LPからのCVR) x y €  ‚ ƒ „ … † ‡ ˆ ‰ チャットLPの最終目的(KGI)はLastclickCVの拡大と、安価なCPAでの獲 得。 そのためのKPIとしてはADからのCVR・LPからのCVRを指標とする。 ├────────────┤ a b c
  34. 33 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © チャット広告運用の指標 ②2nd KPI ├───────────┤ ①1st KPI:CVR ADからのCVR・LPからのCVR 2nd KPI:②チャット最適化 ②2nd KPI (1stKPIに寄与する指標) ・LP到達率 x y  ‘ ’ “ ‚ ƒ „ … † ” • ‡ ˆ ‰ AD (YDN) LP CV ‹ t u  v k – ’ w a b c 2nd KPIとしてチャット最適化指標の活用。 CVR(LastclickCV、CPA)を向上させるために、チャット最適化が必須 チャット通過率を向上させることで1st KPIに寄与する改善を⾏う。
  35. 34 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © チャット広告運用の指標 ③ユーザー特性KPI ├───────────┤ ③チャットユーザーの特性を鑑みた指標として通常CVユーザーとの比較 ・1人あたりのアクション数の増加 ・再訪問率の向上、ページ閲覧数の増加 ・滞在時間の傾向、PVの傾向・チャット接触の総CV ③チャットユーザーの特性 チャットLPの特性を鑑みた指標としては CVユーザーの滞在時間、PV・再訪問率、ページ閲覧数を 通常CVユーザーと傾向を比較する。 AD (YDN) LP CV ‹ t u  v k – ’ w a b c
  36. 35 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © チャット広告を利⽤することで 反応率はアップします
  37. 36 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © チャット広告|集客ユーザーの質改善 チャット接触ユーザーは、通常LP訪問したユーザーよりも 再訪問率が2倍以上(RT配信は未実施) 航空会社:航空券予約 通常LP チャット実装 2倍以上UP 再訪問率 リターゲティングで再訪問を促さなくても、ユーザー自らサイトへ再訪問してくれていた。
  38. 37 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © – — ˜ ™ d e – — ˜ ™ d e チャット広告|アクション率改善 チャット接触者は、通常ページに接触したユーザーよりも、 後々アクションしてくれる確率が⾼い 集計期間:掲載期間+2週間 集計期間:掲載期間 オンラインバンク:口座開設 2.5%UP 0.7%UP 掲載期間で集計した際、チャットを使ったユーザーの反応率は、 通常ページと比較し+0.7%だったが、2週間後に再度集計した際には、+2.5%となった。
  39. 38 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © チャット広告|アクション率改善 チャット接触ユーザーは、掲載終了してからもCV獲得が⾒込める 航空会社:航空券予約 掲載期間で集計した際には、反応率は通常ページの方が高かったが 掲載終了3週間後には通常よりもチャット経由の方が反応、反応率共に良い結果となった。
  40. ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨ §

    ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © 39 チャット分析レポート
  41. 40 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © チャット効果分析サービス概要 チャット効果分析 広告 広告 チャット LP LP f g CV CV 流入比較 回遊比較 CV比較 <分析データ活⽤例> チャットを介した場合と、直接LPにリンクさせた場合の広告効果比較を実施 f g ・チャット経由のサイト内誘導路の最適化 ・ボトルネックページの改修 ・チャット専⽤の回遊路の構築 ・チャットとサイト双方で盛込むべきコンテンツの洗い出し → サイトの改修 ・より効果の高いチャット広告への出稿調整 ・各広告単位でのLPリンク→チャットリンク へのリンク先最適化 ・最適なリンク先の調整 → チャット広告の最適化
  42. 41 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © チャット効果分析レポートイメージ 訪問数 新規率 平均PV数 滞在時間 直帰率 CV数 CVR 全体 83,277 67.07% 1.68 00:01:12 75.53% 5,351 6.43% チャットあり 12,216 75.11% 1.57 00:01:04 78.64% 1,326 10.85% チャットなし 46,926 70.66% 1.69 00:01:08 75.39% 2,842 6.06% ▪基本指標 ▪広告効果指標 LP滞在時間 初回CV数 間接CV数 最終CV数 チャットあり 00:00:54 1,302 563 1,326 チャットなし 00:00:35 425 1,252 2,842 流⼊効果 回遊効果 コンバージョン効果 間接効果
  43. 42 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © トークフロー最適化分析レポートイメージ 「適切な設問経路」や「設問と回答に対するLPの相性」を⾒える化することで、⾏った広告施策の評価をするとともに、PDCAを回 し、広告効果を最⼤化のための分析を⾏います。 設問A h i 設問B h i 設問C h i 設問D h i LP1 LP2 LP3 LP4 j 順位 経路 CV数 1 設問A:1 → 設問B:1 → 設問D:3→ LP4 20 2 設問A:2 → 設問B:1 → 設問D:3→ LP4 18 3 設問A:1 → 設問B:2 → 設問C:1→ LP1 15 4 設問A:1 → 設問C:1 → 設問D:1→ LP1 10 5 設問A:1 → 設問C:2 → 設問D:2→ LP1 7 l m CVR n o p q p r s q s r t q t r u q u r u v w x y z © { z | z © } { | z © y ~ | z © {  | z © € € | z ©  } | z ©  ~ | z © ~ z | z © € ~ | z © z z | w x  z © ‚ } | z © }  | z ©   | z © {  | z © ~ } | z © €  | z © ƒ ‚ | z © } ƒ | z © } z | z © }  | w x  z © y ƒ | z © ‚ y | z © z  | z ©   | z ©  ~ | z © z € | z ©  } | z © { z | z © }  | z ©  ‚ | w x } z © ‚  | z © y  | z © ƒ y | z © y ~ | z © { ‚ | z ©  } | z © ~  | z © y ƒ | z © } { | z ©  { | ▪トークフロー分析 ▪LP分析
  44. 43 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © トークフロー最適化分析でできること 「キーとなる設問と回答の発⾒」や「最適な設問順序の構築」等、今後の広告効果を高めるために明らかにしたい内容について、検 証のために必要なトークフロー設計から効果検証まで一貫してサポートいたします。 „ … † „ … ‡ „ … ˆ „ … † „ … ˆ „ … ‡ „ … ˆ „ … ‡ „ … † „ … ˆ „ … † „ … ‡ „ … ‡ „ … ˆ „ … † „ … ‡ „ … † „ … ˆ „ … † 好きなスポーツは 何ですか。 ‰ Š ‹ Œ  Ž ▪最適な設問順序の構築 ▪適切な設問⽅法の検討 野球とサッカー、 どちらが好きですか。 ‰ Š ‹ Œ  Ž ▪キーとなる設問と回答の発⾒   ‘ ’ “   ” ’ “   • ’ “   – ’ “   — ’ “   ˜ ’ “ ▪適切な設問数の考察 LP1 „ … ˆ LP1 不要な設問
  45. ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨ §

    ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © 44 さらなる広告メニュー展開
  46. 45 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © さらにインプレッション在庫の増加に限界がある中、 オンラインメディアは新たな収益戦略が問われている… より魅⼒的な広告モデルを求められている 2000年 クリック率 1%時代 2016年 クリック率 0.1%時代 ™ š › œ  ž Ÿ ¡ ¢ £ ¤ ¥ ¦ § š ¨ © © š ¨ ª « ¬ ­ ® ž Ÿ ¯ ° ± ² ³ ´ µ ¶ · ¸ ¹ º » ¼ ½ ¾ ¿ À À Á  ¿ À Ã Ä Å Æ 消費者⾏動の変化にともない 広告はクリックされない時代に。。。 広告枠にチャット機能を搭載することで、スマホファーストで 消費者とのコミュニケーションまでを広告メニューとしてパッケージ化。 インプレッションでもクリックでもなく、エンゲージメントを指標とした LTV効果分析により、同一枠でもより高付加価値な商品で広告主に販売したい 〜 オンラインメディアの状況
  47. 46 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © DECAds|外部機能・媒体連携 日本最大のチャットアドネットワークの構築 Ç È É Ê Ë Ì Í Î Ï Ð Ñ Ò Ó Ô Õ Ö × Ø Ù Ú Û Ü Ý Í Þ ß à á â ã ä Ö Ö å å æ Ì Í Î Ï Ð Ñ Ò Ó ç è é ê ë ì Ò í î 準備中 準備中 準備中 LUIS È É Ê Ë ï ð Í ñ ò ó Ü ô õ ö ÷ ø ù ú û ü ý þ ÿ ¡ È É Ê Ë Ì Í Î ¢ T Í ç É Þ U V W X Ë Y ` Ï Ð Ñ Ò Ó ç è é ê ë ì Ò í î フィード フィード MA MA 分析 分析 ソーシャル ソーシャル 媒体 媒体 a £ Ý X Ë ß à ¤ ¥ ¦ § ¨ ©            ! " §  環境 環境 # § $ % © & ' (  ! 広告総在庫:月間約2,000億以上 6,550万ユーザー以上にリーチ想定 準備中 準備中 準備中 Yahoo! SmartNews Criteo AdRoll KANADE Google Microsoft Azure Google Analytics
  48. 47 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © DECAds Dynamic display |掲載イメージ 2 ) 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 @ 3 A B 7 C C D E F G H I %  ! P P Q R S b c d e f チャット診断フィード P P Q R S b c d e f P P Q R S b c d e f P P Q R S b c d e f F G H I %  ! P P Q R S b c d e f P P Q R S b c d e f P P Q R S b c d e f P P Q R S b c d e f 1 ALLチャット誘導 3 g h i p q r s t u v w x y €  ‚ ƒ F G H I %  ! チャットリンク常設 P P Q R S b c d e f P P Q R S b c d e f P P Q R S b c d e f P P Q R S b c d e f
  49. 48 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © さらなる新規ユーザーの発⾒ カート 商品ページ チャット 広告 b 広告 a c 広告✕チャット 購入 Yahoo!DMP „ … † ‡ ˆ ‰  ‘ ’ “ ” ” • – — ˜ — ™ d ‰ e ‰ f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y w Yahoo!ビッグデータ z { | } ~  €  ‚ f g h i ƒ „ m … † ‡ ˆ ‡ f g h i ‰ Š ‹ † ‡ ˆ ‡ s t u v w x y w Œ  Ž  チャット接触 ユーザーデータ チャットリタゲと、オーディエンス拡張による新規⾼確度ユーザーの抽出
  50. 49 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © チャットデータのCRM活用 取得統合  ‘ ’ “ Ë ” • – — ˜ ™ š › œ  ž LINE Facebook コンテンツ Ÿ ¡ ¡ ¢ £ ¤  ž ™ ¥ ¦ ¥ § ¨ © ª « ¬ ­ ® ¯ ° ¥ ¦ ˜ ± ² ¥ ³ ´ µ ¶ · ¸ ¹ º » ¼ ½ © ¾ ® ¯ ° ¥ œ ¿ • œ » À Á AI予測モデル 広告 広告以外 È É Ê Ë チャット接触ユーザーと、顧客情報(既存購入者)を突合 AI分析し、クロスセル・アップセルが⾒込めるユーザーを抽出 LINE・Facebook・コンテンツでプッシュ型アプローチ施策を実施 MA
  51. 50 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © DECAds VIDEO with chat|広告クリエイティブ挙動 Â Ã Ä Å Æ Ã Ä Ç È É Ê Ë Ì Í Î Ï Æ Í Ð È É Ñ Ò Ó Ô Õ Å Ä Ö × Ö Î Æ Ê Ø Ù Î Ï Ú Û Ü Ý Þ ß à 動画+チャットを、コンテンツとコンテンツの間の透過窓から 視聴する広告フォーマットです。 スクロールアップ スクロールアップ インパクトのあるチャット搭載型動画広告クリエイティブを配信。 ユーザはスクロール動作のみで視聴開始・視聴スキップできます。
  52. 51 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © 広告 コンテンツページ 広告+チャット a b c DMP チャットデータを活用した 独自のターゲティング配信 4 チャット内対話データ・サイト内⾏動データを収集 3 メディア上で動画を閲覧し ながらチャット操作 1 対話内容に応じて 遷移先を変更 2 DECAds VIDEO with chat |遷移フロー 広告
  53. ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨ §

    ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © 52 チャット✕広告の目指す未来
  54. 53 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © 人々の意見はソーシャルメディアへ? 自己完結している? ただし、それが正解か不正解かは不明 今ウェブ上でどんなことが起こっているか 減少傾向 減った分は どこへ行ったのか? Twitter 教えて!goo Yahoo!知恵袋
  55. 54 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © メール モバイルページ 顧客 PCページ コール チャットやSNS DB DB DB DB 統合 DB ⾒える化 分析 á â ã ä å æ ç è é ê チャネルが増えただけ 1. 顧客質問(製品・製品以外のサポート)への回答 2. 企業へのメッセージ(顧客要望)への回答 3. コメントへの返信 4. 製品最新情報や関連情報などの発信 直接対話による運用 DB
  56. 55 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © 1. ユーザーサポートが宣伝告知になる 2. 消費者との直接対話がプロモーションの要素も担う 3. しかもタダ 4. 決して1対1のコミュニケーションではない 伝播することに意義がある 5. 自分のフォロワー数でもない 孫社⻑のtweetは 究極のユーザーサポート であり且つ 最大のプロモーションである 昔こんなことをソフトバンクがやってました。
  57. 56 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © C S 部 署 広 報 部 署 宣 伝 マ ー ケ 部 署 E C 部 署 リ ー チ 認 知 度 キ ャ ン ペ ー ン 実 施 E C 売 上 単 価 ア ッ プ 対 応 処 理 件 数 対 応 品 質 KPI 誰 の タ ス ク ? / 誰 の K P I ? / 予 算 は ど こ か ら ? 分断された企業のマーケティング活動 広 告 会 社 A 制 作 会 社 B 顧 客 サ ポ ー ト 会 社 C 縦割体制の弊害:顧客満足を最大化させることができない そ れ ぞ れ が 、 個 別 の 目 標 を 追 っ て い る そ れ ぞ れ が 、 個 別 に 発 注 ・ 管 理
  58. 57 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © 売上アップ 顧客サポート 企業活動の分断を解決するには・・・ チャットコミュニケーションを活用し 2つを繋ぐサービス マーケティングの基本にたち返る 施策もKPIも組織も両方に向き合う必要がある
  59. 58 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © 売上 アップ 顧客 サポート 企業活動の分断を解決するには・・・ 異なるKPIを理解し ⾃社のマーケティングへ落とし込む役割を果たす 統合データマネジメント:組織を横断したKPI管理とデータ統合が必要
  60. 59 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © 3.販促プロモーション 2.製品サポート 1.対話 顧客との信頼醸成 満足度向上 不満解消・問題解決 売上貢献 これから何をしようと思っているか 『攻める』カスタマーサポート 『売上貢献する』カスタマーサポート カスタマーサポートと広告の融合
  61. 60 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © トランスコスモスが持つ未来に繋がるアセット 40ワード 1分間で⼊⼒できるワード数 150ワード さらなる未来には音声が戻ってくる?? 「最も効率的なコンピューターへの⼊⼒形式」 IT活用におけるシチュエーションの拡大
  62. 61 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © この先カスタマーサポートを制すものは マーケティングも制する
  63. 62 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © DECブランド トランスコスモスのDEC事業は、企業とお客様の接点を最適な形でつなぎ、 スマホを起点とした『チャネル統合型コミュニケーション』の実現を目指して、 デジタルマーケティング+EC+カスタマーケアを全てワンストップサポートします。 『チャネル統合型コミュニケーション』をワンストップサポート これを実現実⾏できる企業は未だ存在しない
  64. ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨ §

    ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © 63 最後にトライアル実施
  65. 64 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © コンテンツページ チャット 広告 a b c 広告 対話による興味関⼼度 アップや課題解決を図る 1 対話内容に応じて 遷移先を変更 2 DECAds|サービス概要 a b c 対話内容に応じて 遷移先を変更 1 他社広告 広告以外 ë ì í î í 広告✕チャット チャットのみ
  66. 65 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © DECAds|利⽤パターン ï ð ñ ò ó ô õ ö ÷ ø ù ú û ò ó ô õ ü ð ý þ ÿ  ü ð ý   なし bot 〇  bot・EC 〇  有人 〇  有人・EC 〇 〇  あり bot 〇 〇 bot・EC 〇 〇 ! bot・有人 〇 〇 " 有人・EC 〇 〇 〇 1 2
  67. 66 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © トライアル実施(広告あり) 計画 実⾏ ¡ ¢ £ ¤ ¥ ¦ § ¨ ©    # $ %   & ' ( © ¤ © ) 0 1 ¦ 2 3 4 5 6 7 8 9 @ A B C D E § 1 F G   H I P 5 6 Q § 1 F G 5 6 R H I P S T Q § 1 F G U V W R X Y ` a b c d e f g h i p q r s t  # S T ¡ u E v w ¥ ¦ § ¨ © x y €  ‚ ¦ ƒ „ … © ) U V W † ‡ ˆ ‰  7 ‘ 8 ’ 8 “ ” • –  @ A —  # 0 1 ¦ ˜ ™ d e ™ f ˜ ™ d e ™ f g h i ¦ j k l m n o p q r s t u u t v w x y z s t u { | 改善 } ~  €  ‚ § 1 F G ƒ ˜ ™ d e ™ f ˜ ™ d e ™ f „ … e ™ f g h i p † g h i p ‡ g h i p ˆ ‰ Š ‹ Œ  Ž   ‘ ’ “ Ž ” • – — ˜ c d e f e ™ f q r s t ë ì í î í g h i p ™
  68. 67 ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨

    § ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     © オウンドメディア|「DECLab」 目的1:戦略PRサイトとしての機能 •当サイトとソーシャルアカウントを活用しながら自社発信情報を できるだけ拡散伝播させ、トランスコスモスの企業価値を高める 目的2:「中の人」の育成と排出 •外部発信していく⼈材を露出させることで情報発信⼒とサービス価値を⾼ める チャットを活⽤したマーケティング⼿法や活⽤事例などを 紹介する情報サイト「DECLab(デックラボ)」を開設 https://lab.dec-ads.com コミュニケーションのチカラで、 マーケティングに新しい価値を与える情報サイト
  69. ¡ £ ¢ ¤ ¥ ¦ § ¥ ¨ §

    ¥  ¤ ¦ ©       £ ¥  ¥     ©