プロダクトを成長させるために、エンジニアリングするべきこと/Product tidying up at engineering

プロダクトを成長させるために、エンジニアリングするべきこと/Product tidying up at engineering

#レガシー感謝の日
https://askul.connpass.com/event/152688/

Ff655584d57df8448153fa618cc86db3?s=128

Daisuke Sato

November 22, 2019
Tweet

Transcript

  1. 19.
  2. 33.
  3. 36.

    65

  4. 43.

    プロダクト成長段階 1. Early Phase: 初期段階 2. Growth Phase: 成長段階 3.

    Hyper Growth Phase: 超 成長段階 4. Mature Phase: 成熟段階