Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

プロダクトを成長させるために、エンジニアリングするべきこと/Product tidying up at engineering

プロダクトを成長させるために、エンジニアリングするべきこと/Product tidying up at engineering

#レガシー感謝の日
https://askul.connpass.com/event/152688/

Ff655584d57df8448153fa618cc86db3?s=128

Daisuke Sato

November 22, 2019
Tweet

Transcript

  1. プロダクト成長させるために、 エンジニアリングするべきこと 2019.11.22 レガシー感謝の日 @dskst9

  2. さとうだいすけ @dskst9 アスクル株式会社 エンジニアリングマネージャー エンジニアリングマネージャーってクールだよね というのを世の中に広めたい

  3. LOHACO 「LOHACO」の由来は、Lots of Happy Communities “くらしをかるくする”をコンセプトに、暮らしを潤すこだわりの商品を、いつでもリーズナブ ルかつスピーディーにお届けする日用品ショッピングサイト

  4. One year ago...

  5. One year ago...

  6. One year ago...

  7. One year ago...

  8. One year ago...

  9. One year ago...

  10. レガシーと戦った1年間のお話 • 注文コアシステムのリニューアル • レガシーをモダナイズ • プロダクトとの向き合い

  11. 私たちのレガシー LOHACOは2012年にサービス開始 • 巨大なモノリシックシステム • 溜まりに溜まった技術的負債 • なぜ動いているかわからないスパゲティ コード •

    誰もしらない機能
  12. 私たちのレガシー:古え WEB App DB

  13. 私たちのレガシー:ぼちぼち古い Web App DB

  14. 私たちのレガシー:ぼちぼち古い Web App DB コア機能が ここにあるまま…!

  15. 変化に適応できない

  16. 生き残る種とは、 最も強いものではない。 最も知的なものでもない。 それは、変化に最もよく適応し たものである。 チャールズ・ダーウィン

  17. 変化に適応できない • スケールできない • 処理が遅い • 触ると事故る

  18. 変化に適応できない • スケールできない • 処理が遅い • 触ると事故る 彼みたいに、 変化を望めばいつか 対応できるのか?

  19. 彼→

  20. キリンの首は、 最初から長かった。

  21. アーキテクチャという骨 アーキテクチャという骨は、 望んでも伸びない太くならない。

  22. 変化に適応できるシステムを作り直す • 変化に強いソフトウェア 変更を迅速で安全に行うことができる • 変化に強いシステム システムの他の部分を変更する必要なし に、あるサービスを変更できる

  23. 変化に適応できるシステムとは 高凝集 && 低結合

  24. 高凝集 && 低結合 == 変更容易性 • レイヤード、オニオン、ヘキサゴナル、ク リーンアーキテクチャ • マイクロサービスアーキテクチャ、モジュラ

    モノリス • DDD、オブジェクト指向 など、いろいろとあるが
  25. 高凝集 && 低結合 != 変更容易性

  26. 高凝集 && 低結合 != 変更容易性 複雑すぎると アンコントラーラブル

  27. 理想と現実の境界線 • 時間との戦い • 経験との戦い • 不確実性との戦い

  28. 戦いは、 正を以って合いし、 奇を以って勝つ。 孫氏

  29. (それなりに…) 高凝集 && 低結合 == 変更容易性

  30. (それなりに…) 高凝集 && 低結合 == 変更容易性 • クリーンなアーキテクチャ • マイクロサービス移行段階的

    アーキテクチャ • DDDをまずは始める • ちゃんとしたテスト書く
  31. ソフトウェアスタック Web App DB

  32. 骨はできた☠

  33. 次は肉

  34. プロダクトのデトックス • 贅肉が溜まる • 老廃物が溜まる • 毒素が溜まる

  35. 何をしないか決めるのは、 何をするのかを決めるのと同 じくらい大事だ。 スティーブ・ジョブズ

  36. 65

  37. 統廃合した機能数

  38. 機能のリファクタリング • 明確なファクトを集める • 信じれる数字で会話する • 負債と呼んだものは資産かもしれない

  39. 機能のリファクタリング • 明確なファクトを集める • 信じれる数字で会話する • 負債と呼んだものは資産かもしれない 最終手段 試しに削除してみる

  40. やりすぎると失敗する • いいじゃん、やってみよ • ってやると、意外に利用されていることもある • やりすぎ注意、明確なファクトを集めよ

  41. 作らないものづくり 成長し続けるとは 何かを作り続けることではない。

  42. 作らないものづくり 成長し続けるとは 何かを作り続けることではない。 何かを無くすことも重要である。

  43. プロダクト成長段階 1. Early Phase: 初期段階 2. Growth Phase: 成長段階 3.

    Hyper Growth Phase: 超 成長段階 4. Mature Phase: 成熟段階
  44. プロダクト成長段階 (こんな式で計算できる)

  45. プロダクト成長段階 さらなる製品の成長や新たな 環境における成長は 、 再びS字カーブをなぞる。

  46. 検証は プロダクトが成長する限り 続いていく

  47. Thanks Legacy, Goodbye Legacy.