Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Tech Meetup with Mob Programming

Tech Meetup with Mob Programming

[札幌] Rakuten Technology Conference 2019 でのライトニングトーク資料です。
https://rakuten-sapporo.connpass.com/event/145542/

Hiroto YAMAKAWA

November 09, 2019
Tweet

More Decks by Hiroto YAMAKAWA

Other Decks in Programming

Transcript

  1. ハッシュタグ:#rakutensapporo Tech Meetup with MobProgramming 山川広人 (@gishi_yama)
 公立千歳科学技術大学 情報システム工学科 1

  2. ハッシュタグ:#rakutensapporo Chitose Inst. Sci. Tech., 
 Department of Information Systems

    Engineering, Senior Assistant Professor
 R&D: Experimental Development of ICT (ex: City-Bus Tacking System) 
 Computer in Education, Programming and Programmer's Learning 
 
 Community: Hiroto Yamakawa, @gishi_yama 2
  3. ハッシュタグ:#rakutensapporo モブプログラミングとの出会い 3

  4. ハッシュタグ:#rakutensapporo 4 https://youtu.be/p_pvslS4gEI https://youtu.be/dVqUcNKVbYg

  5. ハッシュタグ:#rakutensapporo 〈感じた効果〉 エキスパートが集まった発展的開発
 ビギナーとエキスパートが集まった完全習得 開発者とステークホルダーが集まった高精度共有 5 ☜ 今回はここの話

  6. ハッシュタグ:#rakutensapporo 初期導入と失敗 6 〈成功を感じる現象〉 • 個々が悩む(ホールドしてしまう)時間の短縮 • 要件や仕様の議論・方針決定での気づき • メンバーのスキルレベルや改善点の確認

    〈失敗を感じる現象〉 • テクニックや知識の未定着の繰り返し • エキスパートがいないとモブが進まない • メンバーがモブの時しか作業をしない 大学の教員(エキスパート)と、
 学部4年生(システム開発は素人)の
 プロジェクトに導入 うまく行っている部分も
 あるが、メンバーが巣立つ
 気があまりしない...
  7. ハッシュタグ:#rakutensapporo 原因と対策 7 モブプログラミングは「集まって作業する」だけではない、うまく進めるための作法やノウハウが必要 自分たちの経験もふまえ、
 特にモブプログラミングに慣れていないメンバーにむけた
 ルール集(案)を用意して、できるだけ徹底 1. 〈全員〉内職禁止! 2.

    〈全員〉 分からないこと・確認しておきたいことを残さない 3. 〈タイピスト〉 モブ全体の合意がない操作やコード化をしない 4. 〈タイピスト〉 自分の想像や知識だけでコードを書かない 5. 〈モブ〉 攻撃や差別、ハラスメントをしない 6. 〈全員〉 時間や順番を守らずに進めてはいけない
       (特に、休憩・振り返りをおざなりにしない) ※ルール集は今も育ててる最中 を参考に、
  8. 例)実際に勉強会などで提示する内容 1. 〈全員〉内職禁止!
 ノートPCやデバイスが手元にあっても良いが、メモや簡易の検索に限る (なんなら閉じておく)
 割り込み仕事、時間がかかる調査はルールを定めて別に行う
 (例:短い感覚でこまめに休憩を取る or 席を外す、サイクルを一旦止めて調査専用の時間を作る) 2. 〈全員〉

    分からないこと・確認しておきたいことを残さない
 分からない事や不安・不明な点が出てくるのは当然であり、そのままにしておくことを恥じる
 どんな質問・確認であっても、容認し、受け止め、全員の不明点を解消する
 質問・確認を言い出しやすい雰囲気や工夫をする(心理的安全を作り出す) 3. 〈タイピスト〉 モブ全体の合意がない操作やコード化をしない
 特定の誰かの意見や指示だけに従ってPCの操作やコード化をしてはいけない
 モブ全体が合意していることだけに沿って、PCの操作やコード化をする(合意がとれているか確認する) モビングをうまく進めるためのすべからず6箇条(案) 8
  9. 例)実際に勉強会などで提示する内容 4. 〈タイピスト〉 自分の想像や知識だけでコードを書かない
 モブの指示を勝手に解釈し、自らの知識だけで操作やコードを書かない
 どのようなPCの操作やコードが必要か、モブにつぶさに確認をして、PC操作やコードに反映する
 指示に納得できない点がある場合は、タイピストを交代し、モブとして自分の考えを合意に反映する 5. 〈モブ〉 攻撃や差別、ハラスメントをしない


    いうまでもないことですが...どんな場合も相手を傾聴し、チームの力になることが大事
 意見の衝突や感情的になりそうな時は、誰かが休憩を促す 6. 〈全員〉 時間や順番を守らずに進めてはいけない
 役割の交代や全体の時間の厳守、やらなくてはいけない事柄を厳守する
 役割は操作の途中でも交代。全体の時間オーバーの場合は潔く中断し、「ふりかえり」を犠牲にせず行う モビングをうまく進めるためのすべからず6箇条(案) 9 べからず集は堅く見えますが、最初はしっかりと守り、アレンジをした方がモビングの効果が高まります
  10. ハッシュタグ:#rakutensapporo モビングの効果をよりひきだせるようになってきた 10 • テクニックや知識の未定着の繰り返し
 ⇒ コード化や操作の前に、逐一確認
 ⇒ 当たり前になると、自然と質問がはじまる •

    エキスパートがいないとモブが進まない
  ⇒ 分かるところだけでも...と参加メンバーで
     進めるようになってきた(次第に範囲が増える)
  ⇒ 前半はメンバーだけで、
     後半はエキスパートを入れて(レビュー的に)
     とゴールを定めたモビングが進めやすくなる • メンバーがモブの時しか作業をしない
  ⇒ 時間を区切って、あるモビングで終わらなかった
     部分は次回のモビングまでの作業に
     (ふりかえり大事)
  ⇒ メンバーが「ここで困っているのでモビングしたい」
     と気軽に提案をするようになった
  11. ハッシュタグ:#rakutensapporo 〈本題〉
 IT勉強会でもモビングは効果を発揮する のでは? 11

  12. ハッシュタグ:#rakutensapporo IT勉強会にもどんどんモビングを取り入れてみる 12

  13. ハッシュタグ:#rakutensapporo

  14. ハッシュタグ:#rakutensapporo

  15. ハッシュタグ:#rakutensapporo • テーマとなった技術を使って、経験者も初心者も同じ土俵で進める
 ⇒ 技術以外の部分での気づきや学習、得意分野の発揮
    モビングで陥りやすい問題点への解決手法の創出 • 参加者にとってリアルな課題設定や、プログラミングコンテストの課題でワイワイ進む
  ⇒ 日頃、なかなか言い出せなかった疑問や知識不足の解消、実践的な課題での練習


     ⇒ モブプログラミングから、自然とモブワークの体験へ • 新入社員の研修でやりたい! という感想が、中堅層からかなりある
 ⇒ モビングをやりたいと思ったときに、できるメンバーが沢山増えると素敵だと思います ハンズオンをやっていたときよりも好評(に感じてます) 15 IT勉強会での導入では、ルールよりも、環境の用意が大変 • 普通の会議室ではなかなかモビングはやりづらい
  ⇒ 複数の別系統プロジェクタ、ホワイトボード、動かしやすい椅子・机 • 参加者のPCに十分な環境が揃っている場合と、そうでない場合がある
  ⇒ タイピスト用PCをどうやって用意するか?(バージョンやライセンス等含む) 図引用: マーク・パール (著)、長尾高弘(訳)、 及部敬雄(解説):モブプログラミング・ベストプラクティス
  16. ハッシュタグ:#rakutensapporo IT勉強会でモビングで学ぶ 現場で気軽にモビングを取り入れられる のサイクルが回るといいな 16