Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

2015/05/09 第5回G-Study発表資料 VR空間すぴんおふ / 2015-05-09_g-study_testutotajima

28ae39cf8ee29cc85a32c2415774d20f?s=47 G-Study
May 10, 2015

2015/05/09 第5回G-Study発表資料 VR空間すぴんおふ / 2015-05-09_g-study_testutotajima

2015-05-09に開催された第5回G-Studyの発表資料です。

28ae39cf8ee29cc85a32c2415774d20f?s=128

G-Study

May 10, 2015
Tweet

Transcript

  1. VRって何が出来るん?すぴんおふ ~まぁ、落ちつけ。深呼吸だ。 実状と私情を交えながら話そうではないか 分からないと言う人はグー◦ル先生にたずねようb~ 専門的な用語や話は割愛する尺が足りぬ(`・ω・´)キリッ

  2. None
  3. ・田嶋 哲人(てつじんじゃなくあきと) ・24歳の若造 ・開発経験2ヶ月目に突入 ・エンジニアには役に立たないスキル 多数保有

  4. ・空間性 -現実と同一の環境- ・実時間の相互作用 -自由に行動出来る、現実環境とのリンク- ・自己投射性 -自分の分身が動かせる事- ・五感への刺激 -五感全てが信号を受け取る事 再掲

  5. VR構築には以下の様な法則とか物が必要だったりする ・次元の表現方法 -点群(0次元)、ポリゴン(2次元)、ボリュームデータ(3次元) ・レンタリング -ライティング、投影方法(透視投影、正射影) ・グラフィックスパイプライン ・ジオメトリステージ ・BSSRDF(双方向散乱面反射率分布関数) ・BRDF(双方向反射率分布関数) ・完全拡散反射、完全鏡面反射

    ・ヘッドモニターディスプレイ、没入型ディスプレイ 他諸々以下略 …<(゜∀。)
  6. と、一部の方々が好きそうな言葉が出て きましたが… こんな話を10分で出来る知能が自分に は備わっていないので御容赦を

  7. VRシステムって構築可能? →このまま時代が必要とすればイケルはず 完全なVRはまだ完成していないが、 それぞれの分野では出来てたりする

  8. とりあえず、ざっくりとした必要な物 俺氏 三次元 二次元 動作入力 五感への刺激 ディスプレイサブシステム センシングサブシステム イネーブルサブシステム シミュレーションサブシステム

    …etc…etc.. 目 指 せ 壁 サ ー ク ル
  9. 五感への刺激とは ・視覚 = CG ・聴覚 = 音声 ・触角 = 体性感覚

    ・味覚 = 味蕾 ・嗅覚 = 気体 変 換
  10. ・視覚= 光 クリア ・聴覚 = 音波 クリア ・触角 = 外部からの刺激

    振動子を利用して半分クリア ・味覚 = 液体・固体に混じっている化学成分 開発中 ・嗅覚 = 気体に混じっている化学成分 開発中
  11. 五感以外の感覚も必要になるがその辺は クリア出来ている物が多い。 平衡感覚 = GEAR VR 痛覚 = OMNI

  12. 温覚・冷覚 = 神経繊維での無髄・有髄で決まる事が 分かっている。 →まだ、出来ていない。

  13. さて、現状で何が出来るかを簡単に ・映像を見て近くに感じたり音を聞く事はイケル ・触るのは指先などに専用の端末をつければ擬似体験 可能 ・においや味は開発中 ・身体の傾きや痛みは専用端末使えばイケル ・温度はまだ難しい(痛みを情報として温度にする事は出 来るらしい)

  14. 出来る事(例) 医療分野 3Dプリンターで臓器の模型を作りVRで病 巣などのデータを送り最適な手段を探す事が可能 軍事分野 最新兵器の実験を場所を問わず出来るよ うになる スポーツ分野 VRCPU相手との対戦が可能 ゲーム分野

    FPS等の特定分野においては臨場感が 味わえる
  15. 結論 ・VR空間の構築自体は可能。 但し、五感全てをフルに活かす事は現状出来ていない。 (自宅警備員を増やすことくらいなら可能) ・様々な企業や分野の専門家が関わっているので開発が完 全にストップする事はない。 但し、資金不足は割と深刻な問題なので各企業は募金や 寄付を募っている(した人にはもれなく完成品が届けられる) ・医療分野や軍事分野では割と実用的な所まできている (民間に技術が下りてくるのは2~3年後と予想される)

  16. 友人から使用許可はとってあります。