2015/04/11 第4回G-Study発表資料 iphoneのパスコード入力を間違え続けたらこんなことになった / 2015-04-11_g-study_jin

28ae39cf8ee29cc85a32c2415774d20f?s=47 G-Study
April 13, 2015

2015/04/11 第4回G-Study発表資料 iphoneのパスコード入力を間違え続けたらこんなことになった / 2015-04-11_g-study_jin

2015-04-11に開催された第4回G-Studyの発表資料です。

28ae39cf8ee29cc85a32c2415774d20f?s=128

G-Study

April 13, 2015
Tweet

Transcript

  1. iphoneのパスコード入力を間違え続けたら こんなことになった りかばりの記録 ・・・ というほどのことでもないけれど

  2. 自己紹介 名前: きぃ坊 生まれ:2009年4月頃 特徴:食いしん坊、甘えん坊 特技:ジャンプ

  3. 序章 それは2014年7月に起きた 木曜の夜にiphone5のパスコードを変更しました。 何かを間違えたらしく、その後使おうとすると ”パスコードが違います” が連発、意地になって(面白半分に)試していると ”1分後に再度試してください” 何もできなくなりました。 言われたとおり1分後に試し、やはり何度か失敗すると ”5分後”

    ”15分後” と、だんだん間隔が空き、試せる回数も少なくなっていき ”60分後” が2回出たあと、 ”このiphoneは使用できません” となり、緊急電話以外は操作不可となりました。
  4. 余裕をこいて 金曜の夜になりました。さあ、そろそろ対応しましょうかね。 私、メールとメッセージをポチポチ、電話はほぼ使いません。 その頃はLINEもやってなかったし、検索も諦めればいいだけ、1日や2日くらいはなんてことないんです。 (恐らく私の生活にケータイやスマホはほぼ不要かも?) PCに向かいます。 ちなみに私が普段使っているPCは CentOS と WinXP

    のダブルブートになってまして。 元々XPだったのを、昨年の4月初にハードディスク半分を空け、CentOSを突っ込んだものです。 メールとブラウザはCentOS、 ネット接続不要の作業はXP と使い分けています。 新しいPCを買う余裕がないんです。 たしか、XPに仕込んだitunesでバックアップ(3月末)を取ってあった記憶があります。 そこから戻せばいいや、4月以降の写真やメールは忘れてしまえばいいし。
  5. 危機の始まり ところが、itunesのヤツったら ”itunesが最新じゃない。最新にしないと何もしてやらない” と言うではありませんか。 仕方ありません。 危険を覚悟でXPのネットワークを起動しitunesを更新 これなら文句なかろう。 すると今度は ”iphone側からPCを認証しないと使えない” いやいや、iphoneはロックされてて何にも操作できないんですけど・・・

    オレはそこにあるバックアップから戻したいだけなのに、なんでそげな意地悪するん? 私は次第にイライラし始めました。 画像がないスライドが続きます。 必死こいてるときに 画面キャプチャを取れるほど、 私は人間ができていません。
  6. さあ、焦ってきました どうしよう? CentOSに切り替えて検索してみます。 “リカバリモードで起動しitunesに接続する” っいうのがありました。 iphoneのホームボタンを押しながら、itunesに接続するんだそうです。 再びXPに切り替えて、やってみましょう。 ”不明なエラーです” CentOSに切り替えて、原因を検索。 “マウスとキーボー以外の他のデバイス全部外して試せ”

    フムフム 再度XPに切り替えてやってみますが、 状況かわらず・・・ ちなみにホームボタンはこれ!
  7. ここで、長考タイムに入ります ここで確か午前1時頃だったかしら? ビールを開けて、落ち着いて考えてみましょう。 1.リカバリモードは ①まずiphoneを初期化する ②そのあと、itunesに保存してあるバックアップから復元する という動きになっているようです。 2.最新itunesのリカバリモードは、XPでは動かないのかも? 他のOS(Win7とか)だったら、リカバリモードで初期化可能かもしれない。 3.初期化さえできれば、XP端末をiphoneからPCを認証することができるはず。

    認証できれば、XPのitunesが使えるようになって、バックアップから復元できるのでは? という仮説(というほどのものでもないですね)を立て、CentOSでitunesを稼働させられないかを検索。 ありましたけど、なんか手間がすごいし、パッケージがあるっていうところにはそれらしきものがないし、 もういい加減疲れたから断念。 認証 初期化 復元
  8. 起死回生 そういえば、そういえば普段使ってないノートPCがあるじゃん。 4月にXP → OSだけ買ってきて無理やりWin7 にしたヤツが。(メモリ1.5Gしかないのでむちゃくちゃ遅いけど) てことで、ノートPCを持ち出し、 まず3か月分のWindowsUpdate これが、結局1時間くらいかかったかしら? 次に、itunesをインストール

    そしてWin7のitunesでiphoneをリカバリして初期化… 成功\(^O^)/ XPでitunesに接続、今後はロックが解除されてるから、iphoneからPCを認証できました。 そしてついに、3月末のバックアップから復元。 苦節5時間、空は白みはじめ、鳥が鳴いていました。 すっ飛んだ約4ヵ月の間に新規登録した連絡先は・・・ まあいいや。必要な人は連絡してくるだろうし。 やっぱり画像はありません。 こんなこと、人前で話すことになるとは、 考えもしなかったですから。
  9. 振り返ると XPをネットにどれくらい接続していたかわかりませんが 何かされてても気が付かないだろうし、恥ずかしい写真とか流出してもしゃーないわいくらいの開き直りです。 (何が恥ずかしいかは人によりますし、恥ずかしい写真があったかどうか記憶にありません。 全てが恥ずかしいと言われれば、そうかも知れません。) そして当たり前ですが、もう二度とXPをネットにつなぐ気はありません。 今回、面倒だった要因ひとつは、XPとCentOSのダブルブート環境です。 何か調べるときはリブートして、調べたらメモ取ってリブート・・・ あらあら途中で介入するの忘れたからCentOSが自動で上がっちゃったよ とか、

    外付けディスクに検索結果保存したけど、XPで見たら文字ばけばけ、も一回やりなおしだぁ などなど、何度リブートしたことやら ┐(´ー`)┌ Vmwareを入れて、その上にXPとCentOSを乗っけておけばよかったんかなぁと、今さらながらに思います。
  10. そして悪態をつく しかし、iphoneとitunesの融通の利かなさったら。 ①オフラインでいいじゃん。 ②古いヴァージョンだっていいじゃん。 オレは今、そこにあるバックアップを使いたいだけなんだよ(`O´) ③店に持っていっても、教えてくれねーだろうし。 さらに余談ですが、S社の正規代理店は不親切極まりないです。 何かを聞こうとすると、即座に 「それは、サポートに電話していただいて・・・」 そーゆーことを言ってほしくてわざわざ来てんじゃねえんだけど。

    YバシKメラとか、YダDキとかに入っている販売店のにーちゃんに相談すると 「どれどれ、見てみましょう。」 いろいろ頑張ってくれます。そうそう、その一言が欲しかったんよ、ワシ。 結果、やっぱりサポートに電話することになっても気持ちは爽やかでさあね。 ありがとうの3回くらいは、丁寧に言ってあげたい気持ちになりやすよ。
  11. 最後に、教訓 ①iphoneのパスコード変更は慎重に ②バックアップは頻繁に 長文におつきあい戴き、ありがとうございました。