$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

2022年グライダー世界選手権クルー報告 高見/2022 WGC crew report Takami

JSC Seminar
November 09, 2022

2022年グライダー世界選手権クルー報告 高見/2022 WGC crew report Takami

日本グライダークラブ
2022年世界選手権参加支援事業報告会
http://www.glider.jp/info/2022wgcwgacseminar/
グライダー世界選手権クルーレポート
TEAM MARU クルー
高見 道明

JSC Seminar

November 09, 2022
Tweet

More Decks by JSC Seminar

Other Decks in Technology

Transcript

  1. WGC 2022 クルーレポート (わたしのクルー遍歴) 2022. 11. 6 高見 道明(TEAM MARU)

    1/10 2022/11/6 Rev.1
  2. <自己紹介> 2/10 ・ 選手 / リーダーと航空部にて同期。 ・ 2008年、2014年に続き、今回3回目。 ・ グライダー、飛行機でのびのび飛んできたが、

    グライダーパイロットとしてのレベルは 「平々凡々」
  3. <世界選手権での活動 - 1> 2008 Lusse / ドイツ (38歳) 初参加 ・「僕と一緒にドイツ行かない?」の電話でスタート。

    何か、違うことをやってみよう ・社長宛に、クルーとしての派遣依頼のレター発信を依頼。 (早稲田大学ラグビー部元監督 清宮氏の著書から着想) ・それを手に、社長と初めて話す機会を得る。 (内容は他愛もないことでしたが。。) 現地は。。大変でした(汗) ・自身にとっては「すごい環境」。 不慣れでついていくので精一杯。2wの長丁場。 ・加えて許容度も少なく、感情的な摩擦も。 「選手のサポートのため」と、日々気持ちをリセット。 3/10
  4. <世界選手権での活動 - 1> 4/10

  5. <世界選手権での活動 - 2> 2014 Leszno / ポーランド (44歳) 「TEAM MARU」結成

    ・個の活動 ⇒ チームとしての活動に。MTG/準備期間1年 世界選手権への参戦、というテーマを中心に据えつつも、 「皆がそれぞれに、テーマを持って」という共通認識。 ・自身は「WGCを通した自身のベンチマーク」を意識。 自分のチャレンジ「企業とのタイアップ(支援)」 ・「参戦にあたっての費用軽減に資する支援」 「グライダーを世に出す、プロモーションのための支援」 ⇒ ひとつの形として、ANA × TEAM MARU の実現に。 現地に着いたところで達成。。 ・出発直前までチーム/自身、両方のコーディネーションに 苦労。一方現地はチェックリストにより安定&快適に。 5/10
  6. <世界選手権での活動 - 2> 6/10

  7. <世界選手権での活動 - 3> 2022 Sezged / ハンガリー (52歳) ライフサイクルの変化 ・結婚、転職、飛行活動からの撤退により、前回参戦時に

    対し状況は激変。 ・1月に突然五十肩に。加えて体力の低下が顕著。 「あたえりまえ」を取り戻す ・参戦を意識した2月からトレーニング開始。加えて暑さへ 体を慣らすため、毎週末ウォーキング&屋外で数時間。 ・グライダーオペレーション感覚のリカバリー (手順のレビュー、滑空場での慣熟) 様変わりした参戦の姿 ・チームと密なコミュニケーションを取りつつ、妻を 支援しながら自身の役割遂行。 7/10
  8. <世界選手権での活動 - 3> 8/10

  9. <14年 / 3回の参戦を通して。。> 思い至ったこと: クルーのお仕事 ・「機体周りのこと」「選手とのかかわり」「その他支援」 本質的に。。 ・「難しくない」「でも(あたりまえのことを)上手く」 「ワンチャンス」(競技にTake 2はない

    … 故の緊張感) ・「選手のために、チームのために、自分のために」 変わらないこと ・「合宿生活(結果として)」「チャレンジ」 「変わる環境への適応 ⇒ 常にアタマの体操」 変わったこと ・「とりまく環境」「自身の変化」「選手の成長」 9/10
  10. <おわりに。。> 強く思うこと: テーマやチャレンジを持つこと(能動性) 選手がテーマやチャレンジを持つように、クルーもこれを 持つことで、俄然楽しめる! <ありがとうございました> 10/10