Description of Cookpad Mart for engineers

Description of Cookpad Mart for engineers

2020.05.29に開催された「【エンジニアによるエンジニアのための】クックパッドマートLIVE説明会」で話した「クックパッドマートのエンジニア向け事業説明」についてのスライドです。

2da0f25da3bb542a8724475589ac79a3?s=128

Ryo Katsuma

May 29, 2020
Tweet

Transcript

  1. エンジニアによるエンジニアのための クックパッドマートLIVE説明会 #マートLIVE クックパッド株式会社 買物事業部部長 勝間 亮

  2. •勝間 亮 (かつま りょう) @ryo_katsuma •2009~ クックパッド入社 ‣レシピ領域バックエンドエンジニア ‣レシピ領域マネージャー •2018~

    買物事業領域立ち上げメンバー ‣副部長 兼テックリード ‣2020~ 部長
  3. None
  4. クックパッドマート •2018年〜買物領域の新規事業 •生鮮食材のEC ‣ 半分正しい、半分正しくない

  5. クックパッドマート •2018年〜買物領域の新規事業 •生鮮食材のEC ‣ 半分正しい、半分正しくない

  6. クックパッドマート •インターネットで生鮮食材を扱う上での課題 1. 生鮮食材の流通の課題 2. 生鮮ECの課題

  7. 生鮮食材の流通の課題

  8. これまでの流通網 生産・出荷組合 ¥120 市場・直売所 ¥130 仲卸・問屋 ¥150 小売店 ¥150〜198 生産者

    ¥50~80 • お届けまで数日〜数週間 • 中間業者が通るたびに利益が乗る構造 • 生産者の手取りは小売価格に比べて少ない
  9. 解決アプローチ クックパッド マート ¥120〜150 生産者 ¥80~100 •当日集荷、当日配送 • 生産者直売で地域で一番安く買える(= 生産者の手取りを増やせる)

    • 生産者直売でお届けまでのリードタイムが短い(= 新鮮なままお届け)
  10. 生鮮ECの課題

  11. 現状の生鮮EC •個配の配送コスト問題 ‣ 多くのECサービスは最低注文金額3,000~5,000円 ‣ まとめ買いをせざるをえない •再配達問題 ‣ 肉・魚などナマモノは宅配Boxや置き配を適用しづらい ‣

    お届け時間に必ず家にいないといけない制約
  12. 解決アプローチ •敢えて個配をしないピックアップ型EC ‣ 生活動線上に受取り場所を作って自分で好きな時間で取りに行く ‣ 再配達問題を解決 •集荷配送コストの圧縮 ‣ 複数人の注文をまとめて配送することで配送コストを1/N ‣

    生産者の集荷場所も一元化することで集荷コストも1/M ‣ 最低注文金額を0円に
  13. None
  14. None
  15. クックパッドマート •生鮮ECサービス •生鮮ECプラットフォーム

  16. クックパッドマート •生鮮ECサービス •生鮮ECプラットフォーム

  17. 開発組織 •エンジニア 24名 ‣ 正社員: 13名 ‣ パートタイム+業務委託: 11名

  18. 開発サービス •ユーザー向け注文アプリ •ユーザー向けステーション用冷蔵庫とスマートロックサービス •販売店向けWebサービス •ドライバー向けモバイルアプリ •販売店、ドライバー向けラベルプリンター •スタッフ向け管理Webサービス •外部業者向けHWキッティング管理Webサービス … etc

  19. None