Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

UNIX は知らない。でも AWS は知ってる。 そんな僕が『 UNIX という考え方』を 読んでみた件 -続-

Kento Suzuki
February 13, 2023

UNIX は知らない。でも AWS は知ってる。 そんな僕が『 UNIX という考え方』を 読んでみた件 -続-

2023/2/13(土) JAWS-UG千葉支部 ハイブリッド#1 「UNIXという考え方」LT大会
https://jawsug-chiba.connpass.com/event/272252/

Kento Suzuki

February 13, 2023
Tweet

More Decks by Kento Suzuki

Other Decks in Technology

Transcript

  1. ʮ
    6/
    *9ͱ
    ͍
    ͏
    ߟ
    ͑

    ʯ
    -5େ
    ձ
    JAW
    S-UG




    2023/02/13
    ࡞ɿ ླ໦έϯτ
    6/*9 ͸
    ஌Βͳ͍ɻͰ΋
    "84 ͸
    ஌ͬͯΔɻ
    ͦΜͳ
    ๻͕
    ʰ 6/*9 ͱ͍͏
    ߟ͑
    ํʱΛ
    ಡΜͰΈͨ
    ݅

    View full-size slide

  2. 作者紹介
    名前︓鈴⽊健⽃
    所属︓アイレット株式会社(東京オフィス)
    お仕事︓ AWSのインフラ構築・運⽤
    経歴︓
    ・新卒 3 年⽬(エンジニア歴 = 社会⼈歴)
    ・2022 APN ALL AWS Certifications Engineer
    ・2022 APN AWS Top Engineer
    ・昨年はJAWS-UG で14 回発表
    @k_suzuki_pnx

    View full-size slide

  3. 全ての始まり
    時は2022年年末
    AWS re:Invent 2022 の Dr. Werner のKeynoteをきっかけに
    鈴⽊がTwitterでフォローしているJAWS関連の⼈たちが
    『UNIXという考え⽅』を課題図書とし始めた。
    「なぜかは分からない。」
    「だが、このビックウェーブに乗るしかない。」
    そう思った僕は『UNIXという考え⽅』を読んでみることにした。

    View full-size slide

  4. 僕のステータス
    AWS
    ・触り始めてもうすぐ3年
    UNIX
    ・普段はMacBookを使⽤
    ・初めて触ったLinuxはAmazon Linux 2
    ・シェルのコマンドはlsやcp、mvなど基本的なコマンドは使う
    (sedとかawkとかは使いこなせていない)
    ・『UNIXという考え⽅』の存在は知っていたが
    UNIXが分からんので読んでなかった

    View full-size slide

  5. 6/*9 ͸
    ஌Βͳ͍ɻͰ΋
    "84 ͸
    ஌ͬͯΔɻ
    ͦΜͳ
    ๻͕
    ʰ 6/*9 ͱ͍͏
    ߟ͑
    ํʱΛ
    ಡΜͰΈͨ
    ݅
    4UFQ'VODUJPOT͔ΒαʔόϨεΛ࢝ΊΑ͏೥࢝Ί-5େձ
    JAWS-UG おおいた
    2023/01/14
    ࡞ɿ ླ໦έϯτ

    View full-size slide

  6. 前回のあらすじ
    ・読むのはそこまで⾟くない
    → 150ページ程度なので読みやすい
    ・AWS Step Functions やAWSのカルチャーの知識があれば理解できる
    → AWS歴2~3年程度は必要︖
    ・多少UNIXやシェルスクリプトを理解していないと厳しい箇所もあるが、
    新たな知識が得られると思って読むと楽しい
    → シェルスクリプトを勉強するモチベーションにつながる

    View full-size slide

  7. 本作のテーマ

    View full-size slide

  8. 内容を深掘りする
    第 3 章に出てくる「⼈間による三つのシステム」
    • 「⼈間による三つのシステム」の紹介
    • 「⼈間による三つのシステム」を AWS に当てはめて考える

    View full-size slide

  9. 人間による三つのシステム
    ⼈間に若年期、成熟期、⽼年期があるように
    システムも三つの段階を経て発展する
    このシステムの段階を「⼈間による三つのシステム」と呼ぶ

    View full-size slide

  10. 第一のシステム
    追い詰められた⼈間が作るシステム
    特徴
    ・期⽇や必要性を迫られた少数精鋭で作られる
    → ⾜りていない機能が存在したりする
    ・最⼩限のコストで作られるため、機能がシンプルで俊敏
    ・このシステムのコンセプトが⼈間の想像⼒を刺激する

    View full-size slide

  11. 第二のシステム
    「専⾨家」が、第⼀のシステムで証明されたアイデアを⽤いて作るシステム
    特徴
    ・第⼀のシステムの成功に魅かれて専⾨家が集まってくる
    ・専⾨家は委員会を設計し、⾃分達が貢献者だと世に知らしめようとする
    ・多機能化するが遅くなる
    → ハードウェアに投資すれば解決…

    View full-size slide

  12. 第三のシステム
    第⼆のシステムで「⽕傷」した⼈が作るシステム
    特徴
    ・第三のシステムが登場する頃
    → 第⼀のシステムを作った⼈は姿を消している
    → 第⼀のシステムのコンセプトが理解され、万⼈に受け⼊れられている
    ・第⼀のシステムと第⼆のシステムの最良の特徴を組み合わせている
    → 第⼀のシステムに⽋けている必要な機能を補う
    → 第⼆のシステムに⽋けている性能を補う

    View full-size slide

  13. AWSで置き換えてみると?
    🤔

    View full-size slide

  14. 第一のシステム
    期⽇や必要性を迫られた少数精鋭で作られる
    → Two-Pizza Teams
    最⼩限のコストで作られるため、機能がシンプルで俊敏
    → AWSのAPI( AWS CLI )
    このシステムのコンセプトが⼈間の想像⼒を刺激する
    → AWSの新サービス( Lambda の発表とか︖)

    View full-size slide

  15. 第二のシステム
    多機能化するが遅くなる
    → 遅くななっていないが、多機能化は進んで分かりずらくなっている︖
    ・AWS Systems Manager (AWS SSM)
    ・Amazon CloudWatch
    ・Amazon SageMaker
    ・Amazon S3

    View full-size slide

  16. 第二のシステム
    ・第⼀のシステムの成功に魅かれて専⾨家が集まってくる
    ・専⾨家は委員会を設計し、⾃分達が貢献者だと世に知らしめようとする
    → 委員会は存在しない
    だけど…

    View full-size slide

  17. コミュニティに関する記載
    “ ユーザーグループの数も増えすぎた。
    セミナーでは、活動の中⼼から遠く外れていた⼈々までが講師を務めるようになる。
    そうした周辺⼈に、初期の熱狂を盛り⽴てた専⾨家のシャープさを望むべくもなく、
    講義の質は落ちていく。
    ユーザー会議にも周辺⼈が進出し、中⾝のないレトリックを並べ⽴てる。
    かつて有名になっていった専⾨家たちを⾒て真似したいと思うのだ。
    しかし、彼らは遅すぎた”
    JAWSはどうだろうか︖
    → 初期の熱狂を盛り上げた専⾨家のシャープさはあるのか
    (そもそもシャープさって何だ︖︖)
    → ⾃分も周辺⼈なのではないか︖(ちょっと刺さって痛い)

    View full-size slide

  18. 第三のシステム
    ・第三のシステムが登場する頃
    → 第⼀のシステムを作った⼈は姿を消している
    → 第⼀のシステムのコンセプトが理解され、万⼈に受け⼊れられている
    ・第⼀のシステムと第⼆のシステムの最良の特徴を組み合わせている
    → 第⼀のシステムに⽋けている必要な機能を補う
    → 第⼆のシステムに⽋けている性能を補う
    AWS のサービスや⽂化に当て嵌めづらい

    View full-size slide

  19. 第三のシステム
    ・第三のシステムが登場する頃
    → 第⼀のシステムを作った⼈は姿を消している
    → 第⼀のシステムのコンセプトが理解され、万⼈に受け⼊れられている
    ・第⼀のシステムと第⼆のシステムの最良の特徴を組み合わせている
    → 第⼀のシステムに⽋けている必要な機能を補う
    → 第⼆のシステムに⽋けている性能を補う
    AWS のサービスや⽂化に当て嵌めづらい
    AWSそのものではないのか

    View full-size slide

  20. おわりに

    View full-size slide

  21. UNIX は知らない。でも AWS は知ってる。

    View full-size slide

  22. そこのあなた!!

    View full-size slide

  23. 無理やりにでも
    AWSや今までの経験/知識と絡めて読めば
    『UNIXという考え方』は楽しめる!

    View full-size slide

  24. 『UNIXという考え方』 を読みましょう!

    View full-size slide

  25. 集え!UNIXを知らない勇者たち!!

    View full-size slide