Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

最近のElixir開発で得た知見を語る

302e60b4d42787b4a39de4a3a80cfc9d?s=47 shozo koga
October 30, 2019

 最近のElixir開発で得た知見を語る

302e60b4d42787b4a39de4a3a80cfc9d?s=128

shozo koga

October 30, 2019
Tweet

Transcript

  1. 最近のElixir開発で得た知見を語る 2019/10/30 fukuoka.ex#32:秋のElixir LT大会

  2. 自己紹介 • 古賀 祥造(こが しょうぞう) • 株式会社ベガコーポレーション • fukuoka.exビルダー /

    もくもく会リーダー • Elixir/PhoenixでAPIを日々書いています • twitter: @koga1020_
  3. 今日お話しすること • 最近お仕事でElixir・Phoenixを触っています ◦ 今年の3月ぐらいから、やっと半年ちょい • その中で得た知見をつらつらと語ります

  4. 何やってる? • 社内基幹システムの構築 • 事業拡大に向けたシステム刷新のプロジェクト • REST APIの構築 ◦ データの整備、商品ページ公開の自動化などなど

    ◦ Elixir・Phoenixを採用し、せっせと開発中 ◦ リリース前なので、Elixir(v1.9.x) / Phoenix(v1.4.x)に追従
  5. Elixir・Phoenix 実際どうよ?

  6. 思うところ • メリット ◦ ロジック書きやすい最高 ☺ ◦ テストがサクサク書ける ☺ ◦

    デプロイも一度mix release用のDockerfileを組んでしまえば楽☺ • デメリット ◦ エラーメッセージ分からない ◦ Ectoクセが強い ◦ ex_awsでCloudFront操作できない
  7. 思うところ • メリット ◦ ロジック書きやすい最高 ☺ ◦ テストがサクサク書ける ☺ ◦

    デプロイも一度mix release用のDockerfileを組んでしまえば楽☺ • デメリット ◦ エラーメッセージ分からない ◦ Ectoクセが強い ◦ ex_awsでCloudFront操作できない
  8. エラーメッセージ分からない • エラーメッセージだけで分からないこともしばしば • 特にPlug。よくハマる。 • 自作Plugを組んでいる場合は要注意。よくよくデバッグすると 「あーこのエラーPlugが原因だったのねー」となることもしばしば

  9. GitHubのissueにとりあえずつっこもう

  10. depsにinspectを仕込むことも可能

  11. 根気よくdebugする力が必要

  12. Ectoクセが強い • Ecto: DB Wrapper ◦ RailsでいうActive Record ◦ LaravelでいうEloquent

    • オブジェクトでないので、ORMではない • これがなかなかクセがすごい
  13. クエリっぽく書くこともpipeで書くことも出来る

  14. 弊チームではpipeでの書き方を採用

  15. 慣れれば怖くない! • Ecto.Multi • cast_assoc, put_assoc ◦ 「Ectoのassoc関数を整理してみる」という記事書いてます ◦ https://www.koga1020.com/posts/ecto-assoc-functions

    • dynamic query この辺りを理解してからは基本的な処理は書けるようになった この辺りのキーワードをまずは拾ってみる
  16. ex_awsでCloudFront操作できない • AWSの操作APIを提供するex_awsというライブラリ • 要件でCloudFrontを操作する必要があったが、該当するモジュールがない • こんな具合に、「他言語ならあるのに!」問題にぶつかることも → 結局、PHPのSDKを参考に自作した。多少リソースに余裕がないと厳しい?

  17. 思うところ • メリット ◦ ロジック書きやすい最高 ☺ ◦ テストがサクサク書ける ☺ ◦

    デプロイも一度mix release用のDockerfileを組んでしまえば楽☺ • デメリット ◦ エラーメッセージ分からない ◦ Ectoクセが強い ◦ ex_awsでCloudFront操作できない
  18. ロジック書きやすい最高☺ • 関数パターンマッチが至高 • チーム内ではif文を書かない方針 ◦ ifを書くと、分岐が増えたときに対応できない • 関数パターンマッチ or

    withに寄せる ◦ この辺りはチームでの決めの問題かも ◦ 世のライブラリの実装を参考に見るのが吉
  19. 構造体をマッチさせる際は常に明示的に書く

  20. Enumを使いこなす • fukuoka.exでもよく言われているが、これはガチ • map, reduce, filter, reject, group_by あたりは鉄板

    ◦ そのあとは組み合わせたflat_mapやmap_joinなど • Enumerable protocolが実装されたdata typeなら動作するので、MapもOK
  21. credoで秩序を保つ • https://github.com/rrrene/credo • Elixirの静的コード解析ツール • 以下の観点でコードの改善点を指摘してくれる ◦ consistency /

    design / readability / refactor / warning • pre-commitでcredoでエラーが出たらcommitできないようにしている ◦ ついでに mix format も自動実行にしている
  22. 警告を出したいものだけ設定することも可能 • credo gen.config で設定ファイルを書き出し、カスタマイズ可能 • .credo.exsが生成される • projectのrootかconfig/.credo.exs としておけば設定値が採用される

  23. テストがサクサク書ける • mix testで即テストが実行可能 • optionが豊富。以下のオプションでテストを回すと良い感じ • --stale: 前回のテストから変更のあったモジュールに関するテストだけ実行 •

    --max-failures: 許容する失敗回数。1だと1つテストケースがこけた瞬間に終了
  24. 便利なライブラリ達 • mix_test_watch ◦ ファイルの変更を検出してテストコードを実行 ◦ https://github.com/lpil/mix-test.watch • mock ◦

    モックライブラリ ◦ https://github.com/jjh42/mock
  25. 便利なライブラリ達 • Power Assert ◦ テスト結果をみやすくしてくれるライブラリ ◦ https://github.com/ma2gedev/power_assert_ex • ExMachina

    ◦ rubyでいうfactory_bot(おそらく) / LaravelでいうFactory ◦ https://github.com/thoughtbot/ex_machina
  26. • mix release を利用 • Dockerfileのマルチステージビルド ◦ mix releaseの成果物をalpineのベースイメージにCOPY •

    GitHub → Travis CI → ECR → ECS のデプロイパイプライン デプロイ Amazon ECR Amazon ECS GitHub Travis CI
  27. エラー監視 • Sentryを採用 • ElixirのSDKもあり、導入は楽チン✨ • https://github.com/getsentry/sentry-elixir • Plugでエラーを拾うことができる

  28. その他諸々

  29. OpenAPIのドキュメンテーション 元々PhoenixSwaggerを利用してswagger.jsonを生成していた |> 開発が進むにつれて、メンテが辛くなってきていた |> さらにElixirがv1.9に上がった直後は依存ライブラリの関係で使えない状態に、、 |> このタイミングで、API定義はymlを直接編集するようにした

  30. Elixirの中で書きたい人は • Open API Spexなるライブラリがある • https://github.com/open-api-spex/open_api_spex • Elixirコード内でAPI定義を 記述できる

  31. デプロイ(個人開発) • Gigalixir × Github Actions • 特定のブランチにmergeされたら、git push gigalixir

    master を実行する • ブログにも書いたので、よければ是非 ◦ https://www.koga1020.com/posts/gigalixir-deploy-from-github-action
  32. Thank you!