フィールドワーカーから当事者へ ――Tech Pub発⾜物語 #techpub / From a fieldworker to Practitioner

フィールドワーカーから当事者へ ――Tech Pub発⾜物語 #techpub / From a fieldworker to Practitioner

Tech Pub vol.1―あなたのヒット作を語るLT大会
https://techpub.connpass.com/event/51449/
での発表資料です。

D1379d198d492b4ef4ecad0b59910bb6?s=128

kondoyuko

March 06, 2017
Tweet

Transcript

  1. フィールドワーカーから 当事者へ ――Tech Pub発⾜物語 2017/3/6 Tech Pub #1 @kondoyuko from

    Shoeisha, CodeZine
  2. ⾃⼰紹介 近藤佑⼦ aka @kondoyuko / ゆうこりん •  CodeZine編集部 3年⽬ • 

    2012年に逆就活のサイトをつくって話題 になった •  主催コミュニティ?  近藤佑⼦誕⽣祭 / スナックゆうこ(1⽇  バーテン)/ Tech Pub【new】
  3. 昨⽇はスナックのママやってました

  4. Tech Pubを作った経緯 1.  コミュニティ運営を⾃分事として考える 機会 2.  新しい形の勉強会との出会い 3.  フィールドワーカーから実践者に

  5. Tech Pubを作った経緯 1.  コミュニティ運営を⾃分事として考える 機会 2.  新しい形の勉強会との出会い 3.  フィールドワーカーから実践者に

  6. 刺激をうけた座談会 https://html5experts.jp/shumpei-shiraishi/22134/

  7. コミュニティを⾃分事として考えた •  座談会参加のモチベーションとしては 「エンジニアコミュニティ今どうよ?」 という観察対象としか考えてなかった •  参加して「⾃分のやってるメディアやイ ベントもコミュニティ化できるのでは」 と⾃分ごとにできた • 

    でも具体的に何をするかは考えつかず
  8. Tech Pubを作った経緯 1.  コミュニティ運営を⾃分事として考える 機会 2.  新しい形の勉強会との出会い 3.  フィールドワーカーから実践者に

  9. 新たな形の勉強会に触れる •  「◦◦ユーザーグループ」などの ちゃんとした勉強会 ▼ •  広報LT、IoTLT、DevRel Meetupなど の存在を知る – IT勉強会の⼿法を他の領域に適⽤

    – ⼩規模、カジュアル、みんなが発表者になり うる
  10. ある時、仕事で⾟いことが・・・ その⾜でDevRel Meetupへ。そして、 •  学びの機会は外に得るしかねーな •  ネットワークを外で作るしかねー な と思うに⾄る

  11. やりたいこととをFBに書いたら・・・

  12. やりたいこととをFBに書いたら・・・ •  LT発表の機会ゲット! – 2回の勉強会でお誘いを受ける •  #編集LT (仮) 構想に多くの反響 ⇒ スムーズに勉強会の⽴ち上げ

    – ⾵⽳さんありがとうございます!! Tech Pubは実はカッとなって作ったんです・・・
  13. Tech Pubを作った経緯 1.  コミュニティ運営を⾃分事として考える 機会 2.  新しい形の勉強会との出会い 3.  フィールドワーカーから当事者に

  14. IT編集者のジレンマ •  「⾃分が第⼀の読者」であるコンテンツ を作りたいのはやまやまだけど •  専⾨メディアの場合、対象読者≠⾃分 •  エンジニア経験がゼロに等しい私は読者 を想像するしかない フィールドワークのようなもの

  15. 余談:フィールドワークといえば 『暴⾛族のエスノグラフィー』 •  社会学者 佐藤郁哉⽒の本 •  暴⾛族の実態を明らかにする ため下記調査を実施 –  集会に参加(参与観察)

    –  丁寧なインタビュー 私にとっては 暴⾛族=エンジニア https://www.amazon.co.jp/dp/478850197X
  16. IT系編集者がウォッチしてる概念 •  OSSに貢献するのいいね! •  コミュニティで⾃分のノウハウをシェア するのいいね!

  17. 編集者の実態は・・・ •  他社に情報漏らしたらダメだと思う •  編集がやってることなんて勉強会で話し ても⾯⽩くないと思う OPEN SHARE JOIN できてないよ!!!

  18. そこで作ったのがTech Pub ITエンジニアが読むコンテンツを発信してい きたい⼈が •  どのようにコンテンツを作っているか •  たくさん (⾒て|買って) もらうにはどうす

    ればいいか を、会社や職種の枠を超えてシェアする場 にしていきたい
  19. シェアへの恐怖 •  ノウハウをシェアしてしまったら、 競争⼒がなくなるのでは? •  でも、シェアしたその先に⾃分と ⾃社の強みがある(はず) (失敗したら怒られが発⽣するな・・・)

  20. 勉強会作ってみて⾒えてくるもの •  今まで⾃社のイベントは申し込み数しか気に してなかった ▼ •  申込み数が毎⽇気になる •  参加者属性の解像度が⾼くなる – 

    Twitterアカウントのぞいたり •  参加者満⾜度とオペレーションのバランスを 気にする –  お酒飲む⼈少なそうなのでソフトドリンク多め、 とか(ホントは野菜ジュースも⼊れたかった)
  21. 最後に、私のヒット作をば サイボウズ式さんとのコラボ ⼤変だったけどいい経験に 特に上記取材はギャップを うまく⾒せられた TechLIONのイベントレポート 「⼈に教えると⾃分の市場 価値が下がるのでは?」という 考えに⾃信を持ってNo Tech

    Pubも参考にしました http://codezine.jp/article/detail/8730 http://codezine.jp/article/detail/9392