編集者視点でのテックカンファレンスの作り方 #DevReljp / How to Make a Tech Conference From an Editor's Perspective

D1379d198d492b4ef4ecad0b59910bb6?s=47 kondoyuko
September 07, 2019

編集者視点でのテックカンファレンスの作り方 #DevReljp / How to Make a Tech Conference From an Editor's Perspective

DEVREL/JAPAN CONFERENCE 2019
https://devrel.tokyo/japan-2019/
https://devrel.connpass.com/event/132576/
での発表資料です。

D1379d198d492b4ef4ecad0b59910bb6?s=128

kondoyuko

September 07, 2019
Tweet

Transcript

  1. 編集者視点での テックカンファレンスの作り方 2019.9.7 @kondoyuko from SHOEISHA Co.,Ltd. DevRel/Japan Conferece 2019

  2. #devreljp 今日お話したいこと 編集者として、開発者ではない人として どのようにテックカンファレンス作りに 向き合っているか (開発者=ざっくり ITエンジニア)

  3. #devreljp 今日話さないこと カンファレンス運営Tips (たぶんいろんな人がシェアしてるはず)

  4. #devreljp 自己紹介 近藤佑子 aka @kondoyuko / ゆうこりん • 所属:株式会社翔泳社 –

    CodeZine編集部 副編集長 – Developers Summit/Developers Boost オーガナイザー • 趣味:テクノロジーや自分をハブにしたイベントを 作って遊ぶこと – 近藤佑子誕生祭、スナックゆうこ、Tech Pub、 雑学サミット etc... kondoyuko516 kondoyuko アイコン アー写
  5. #devreljp 主な仕事 Webメディア「CodeZine」編集 • 寄稿記事の企画・編集 • インタビュー記事の企画・編集 • イベントレポートの企画・編集 •

    PR記事の企画・編集 • 打ち合わせなど エンジニア向けカンファレンス企画 Developers Summit/Developers Boost • 2019年度は年6回開催 • コンセプト決定 • セッション企画 • スポンサーセッションのアドバイス • 集客 • 当日運営・取材など その他 • POD書籍編集 • セミナー企画
  6. #devreljp 2019年の業務外のアウトプット 登壇10回以上、技術書典で単著執筆、勉強会グラレコ約20本 勉強会・イベントの主催を4回、3か月連続でAWS/GCP/Azureの資格を取る

  7. #devreljp あなたはなぜ開発者になりましたか? or なぜ開発者と関わるようになりましたか?

  8. #devreljp 私がいまここに立っている理由 • エンジニアやIT業界で働いている人が面白そうだから 一緒に働きたかった • 出版社志望ではなかったが、編集を志望したら就活が 上手くいきだしたので、結果IT系編集者になった

  9. #devreljp よく聞かれること 開発者ではないのに • なぜカンファレンスが作れるのか? • なぜ勉強会に参加するのか?

  10. #devreljp 今回の発表を通して 編集者としてテックカンファレンスを作るという (一見矛盾のある)行為を突き詰めると 私の仕事のこれまでを見つめることになった

  11. #devreljp 今日のおはなし • デブサミとは何か? そして私との関わり • いいカンファレンスを作るために何をしてきたか – 編集者として –

    開発者ではない人として
  12. #devreljp デブサミとは何か? そして私との関わり

  13. #devreljp Developers Summit(デブサミ)とは • 翔泳社が主催するITエンジニア 向けカンファレンス • ベンダー中立、幅広いトピック • 2003年から毎年開催

    • 会場はホテル雅叙園東京 • 5トラック2日間のセッション+ ブース+企画
  14. #devreljp 開催の様子

  15. #devreljp カンファレンスの運営体制 営業チーム スポンサー獲得 イベントチーム 事務局 編集部 コンテンツ企画 コンテンツ委員会 イベント会社スタッフ

    社内 社外
  16. #devreljp 年6回のテックカンファレンスを開催 2003年- デブサミ(2月) 2019年- デブスト関西(6月) 2012年- デブサミ夏(7月) 2015年- デブサミ福岡(8月)

    2011年- デブサミ関西(9月) 2018年- デブスト(11月)
  17. #devreljp デブサミの歴史と私との関わり デブサミ 2003年              2011年 2012年    2015年      2018年 2019年  デブサミ関西 デブサミ夏 デブサミ福岡 デブスト デブスト 関西

  18. #devreljp デブサミの歴史と私との関わり デブサミ 2003年              2011年 2012年    2015年      2018年 2019年  デブサミ関西 デブサミ夏 デブサミ福岡 デブスト デブスト 関西

    2017年 デブサミ オーガナイ ザー 2014年 翔泳社入社 翔泳社に入ってから3年、デブサミは取材 したり一部企画を手伝ったり ここ2年ほどはオーガナイザーとして、 コンテンツ企画全般を担当
  19. #devreljp デブサミ初期の状況 “岩切氏が最初のデブサミの準備を始めたのは2002年4月。 (中略)開発者向けの大規模なカンファレンスといえば,ベ ンダーが自社のサービスや製品を売り込むことを最終的な目 的としたものだけで,技術を中立の立場で取り上げるカン ファレンスはなかった。” 「開発者の祭りを通して世の中を変える」,翔泳社の岩切氏が開発者向けカンファレンス「デブサミ」への思いを語る 2008/04/29 日経エレクトロニクス

    https://tech.nikkeibp.co.jp/it/article/NEWS/20080429/300291/
  20. #devreljp デブサミ初期からの状況の変化 今はさまざまなカンファレンスがある • ベンダー主催カンファレンス • ユーザーコミュニティ主催カンファレンス • 言語やテクノロジーカットのカンファレンス •

    総合テックカンファレンス • 企業主催テックカンファレンス・・・など 来場者、スポンサーにとって多くの選択肢がある
  21. #devreljp デブサミ初期からの状況の変化 開発者自身が開発者向けにコンテンツを作る状況が さらに加速している • 勉強会 • カンファレンス • ブログ

    • 同人誌
  22. #devreljp 開発者自身が作るものに勝てない? デブサミへの声 • 「デブサミってぬるいよね」 • 「ここでしか聞けない」セッションが少ない 技術同人誌界隈を見て • 開発者自身で売れる本が作れている

    • 出版社・編集者はもはやいらないのでは?
  23. #devreljp それでもやっていたら嬉しいフィードバックが • 年々拡大する来場者&スポンサー • 「なんかイメージ変わったね」 • 資料をフィードバックしたスピーカーのモチベUP • デブサミのために何度もリハやレビューを重ねてくれ

    るスピーカーさんの存在 「いいイベントが作れている」実感が持てるように
  24. #devreljp いいイベントだと思える要因(私見) • 個人のストーリーも会社の事例もどちらも発信できる • 長年のファンから、初めてカンファレンスに訪れる人 まで、幅広い来場者に来てもらってる • 洗練された運営 今までの蓄積もあるけど・・・

    自分の動き方が寄与しているところもあると思っている
  25. #devreljp いいカンファレンスを作るために 何をしてきたか

  26. #devreljp いいカンファレンスを作るために何をしてきたか 編集者として 開発者ではない人として

  27. #devreljp いいカンファレンスを作るために何をしてきたか 編集者として 開発者ではない人として

  28. #devreljp 編集者はイベントだって編集するのである 本を作る Webメディアを運営する イベントを作る どれも編集者の仕事 Hackすることは未来を期待すること 社会の中での役割を担おうとする態度だと 思う(岩切晃子) https://speakerdeck.com/iwakiri/hacksurukotohawei-lai-woqi-dai-surukoto-she-hui

    -falsezhong-defalseyi-ge-wodan-outosurutai-du-datosi-u-number-ipsj-lifehacks
  29. #devreljp みんなが乗ってくれるプラットフォームを作る • スピーカー • コンテンツ委員 • スポンサー • コミュニティ

    • 参加者 いろんな人が関われるよ うにしていく =デブサミの多様性 Hackすることは未来を期待すること 社会の中での役割を担おうとする態度だと 思う(岩切晃子) https://speakerdeck.com/iwakiri/hacksurukotohawei-lai-woqi-dai-surukoto-she-hui -falsezhong-defalseyi-ge-wodan-outosurutai-du-datosi-u-number-ipsj-lifehacks
  30. #devreljp 編集者視点① 編集者はタイトルを重要視する

  31. #devreljp イベントに置き換えると テーマとビジュアルで イベントに命を吹き込む

  32. #devreljp デブサミにおいてテーマが重要だと思う理由 • テーマが決まるとすべてが回りだす • ステークホルダーの意識が揃う – 社内 – コンテンツ委員会

    – スピーカー – スポンサー – 来場者 デブサミの企画の ざっくりとした流れ ・テーマ決め ・公募 募集開始 ・セッション案検討 ・スピーカー検討 ・タイムテーブル組み ・スピーカー打診 ・公募 選考 ・サイトオープン ・集客 ・本番
  33. #devreljp テーマの事例:デブサミ • その年の開発者が取り 巻く状況をイメージ し、方向づけを行うよ うなテーマを考える • 講演者、スポンサー、 公募の応募者などさま

    ざまな方が乗っかりや すいテーマにする
  34. #devreljp テーマの事例:デブサミ関西 • コンテンツ委員会で関西 の状況を聞きつつ、ブレ ストしながら作っていく • 過去イベントと連続しつ つ、今年ならではのメッ セージを込める

  35. #devreljp テーマの事例:デブサミ夏 • 他のデブサミシリーズと 異なりテーマカット • その年ならではのキー ワードを据える

  36. #devreljp テーマ・ビジュアル決めで気をつけていること • 覚えられるテーマ、一言で説明しやすいテーマ • 「今」を表す • ステッカーにしても愛らしく思えるビジュアルを選ぶ • 困ったときはビジュアルから探す

    • テーマと絵がセットで浮かんできたら良いテーマ テーマ決めはめちゃくちゃ難しい、、けどやりがいがある
  37. #devreljp 編集者視点② 編集者は1人では物が作れない

  38. #devreljp イベントに置き換えると さまざまな役割を持った人と うまくコミュニケーションしていく

  39. #devreljp カンファレンスの運営体制(再掲) 営業チーム スポンサー獲得 イベントチーム 事務局 編集部 コンテンツ企画 コンテンツ委員会 イベント会社スタッフ

    社内 社外
  40. #devreljp スタッフ間のコミュニケーション • マメに直接コミュニケーションする • 嬉しいこと、気になることなど些細なことも話す • 私が「目」となり、業界で見てきたことを共有する • 「このイベントめっちゃ面白いから頑張ろう!」って

    言う
  41. #devreljp 編集者視点③ 編集者は読み手視点に立つ

  42. #devreljp イベントに置き換えると 参加者視点に立ち ステークホルダーにとって 最高のイベントを目指す

  43. #devreljp 登壇者・スピーカーとのコミュニケーション • イベントのコンセプトや、期待することを伝える • to 登壇者:参加者目線でフィードバックをする – いい発信ができるようなコーチでありたい •

    to スポンサー:スポンサーがアピールしたいことと         参加者が嬉しいことの両立を探る
  44. #devreljp いいカンファレンスを作るために何をしてきたか 編集者として 開発者ではない人として

  45. #devreljp 開発者ではない人として 「踊る阿呆」でいる

  46. #devreljp 2019年の業務外のアウトプット(再掲) 登壇10回以上、技術書典で単著執筆、勉強会グラレコ約20本 勉強会・イベントの主催を4回、3か月連続でAWS/GCP/Azureの資格を取る

  47. #devreljp 「踊る編集者」 • 技術書典6の経験をLTした際 の発表タイトル • 開発者自身がアウトプット する時代において、編集者 の存在を不安視しつつも 「楽しそうだから一緒に

    なって踊りたい」 https://speakerdeck.com/kondoyuko/an-editor-who-dances-with-engineers
  48. #devreljp 踊ってみてよかったこと • 技術、コミュニティ…たくさんのインプットがある • 同じ土俵で開発者と仲良くなれる • 技術に関して貢献・議論できることの喜び • 発信する開発者を心から尊敬できるように

    • 貢献しないと存在していられない焦り
  49. #devreljp 「踊る編集者」としての快楽と使命感 • 開発者と一緒になって楽しむ(快楽) ↓↑  • その先に、開発者ではないならではの業界への貢献の 仕方が見えてくる…かも(使命感)

  50. #devreljp まとめ:いいカンファレンスを作るために 編集者として • テーマとビジュアルでイベントに命を吹き込む • さまざまな役割を持った人と うまくコミュニケーションしていく • 受け手視点に立ちステークホルダーにとって

    最高のイベントを目指す 開発者ではない人として • 「踊る阿呆」でいる
  51. #devreljp ありがとうございました!!! 次の現場でお会いしましょう!