Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

採用ピッチブック

F32e95bab0c08b783c9fdccc40ce526c?s=47 M&A Cloud
April 01, 2022

 採用ピッチブック

M&Aクラウド の会社紹介資料です。(2022年04月01日更新)

少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ以下の採用ページからご連絡ください!

▼ 採用ページ
https://www.notion.so/M-A-e8405a19672449ce894c1641de78f4a8

▼ コーポレートサイト
https://corp.macloud.jp

▼ テックブログ
https://tech.macloud.jp

F32e95bab0c08b783c9fdccc40ce526c?s=128

M&A Cloud

April 01, 2022
Tweet

More Decks by M&A Cloud

Other Decks in Business

Transcript

  1. Copyright© M&Aクラウド M&Aクラウド採用ピッチブック

  2. Copyright© M&Aクラウド 目次 2 会社概要 組織について 事業について 働く環境について 評価制度について メンバー紹介

    部活動紹介 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 課題について 8.
  3. Copyright© M&Aクラウド 会社概要 COMPANY INFORMATION 3

  4. Copyright© M&Aクラウド 4 会社概要 会社名 株式会社M&Aクラウド 所在地 東京都新宿区新宿一丁目34-16 創立 2015年12月7日

    事業 M&Aプラットフォーム M&Aアドバイザリー 資本金 12.4億円(資本準備金含む) 株主 経営陣 インキュベイトファンド スカイランドベンチャーズ SMBCベンチャーキャピタル STRIVE 日本郵政キャピタル 博報堂DYベンチャーズ MS-Japan その他エンジェル投資家・当社従業員 新宿御苑前駅 新宿三丁目駅
  5. Copyright© M&Aクラウド 5 M&Aクラウドのミッション/ビジョン M I S S I O

    N V I S I O N テクノロジーの力でM&Aに流通革命を 時代が求める課題を解決し時価総額10兆円企業へ 我々M&Aクラウドは、テクノロジーの力でM&Aを もっと簡単に、もっとスマートにすることで、上 記の課題の解決を飛躍的に進ませ、時代が求める 役割を果たしていきます。 時価総額とは「どれだけ大きな課題を解決すること が可能か否か?」を表す指標です。 「10兆円」という数値は、我々が解決する課題の大 きさを表します。志高く、世界を代表する偉大な企 業を目指し、挑戦します。
  6. Copyright© M&Aクラウド 6 経営陣(売却経験者・事業承継当事者、エンジニア、投資銀行、公認会計士、弁護士、VC、PE) 2011年在学中にマクロパスを創業し、オフショアでの受託開発事業を4 年で年商数億円規模まで成長。事業売却をした際に、企業価値の算定と 買い手探しには大きく悩まされた。 また、実家が不動産業を営んでおり、事業承継に課題を感じている。こ れらの課題をテクノロジーの力で解決したい想いから、M&Aクラウド を設立。Forbes

    NEXT UNDER 30選出。 東京工業大学経営システム工学科卒 大学在学中からITスタートアップでエンジニアとしてインターンし、求人サイトの開発やECサイ トの開発を主導。新卒で株式会社ドワンゴに入社し、ニコニコ静画サービスにおいて、Web開発 を担当。また、関連サービスのニコニコ漫画アプリではiOS開発に参加。当アプリは両プラット フォーム(iOS、Android)累計100万ダウンロードを突破。2017年1月にM&Aクラウドに参画。 東北大学工学部卒、東京大学大学院新領域創成科学研究科修了 新卒で野村證券株式会社へ入社。インベストメント・バンキング部門にて、インダストリアルズ やコンシューマー、ヘルスケア業界の企業に対するM&AやIPO等の提案やエグゼキューションに 従事。 2019年1月にM&Aクラウドへ参画し、数億円〜十億円超の資金調達やM&Aを手がける一方 で、M&Aアドバイザリー事業部の立ち上げを担当し、事業の拡大に伴い2021年2月にMACAP事業 本部を設立。 CTO/プロダクト開発部 部長 荒井和平 CFO兼M&Aアドバイザリー部 部長 マネージングディレクター 村上祐也 慶應義塾大学商学部卒 新卒で有限責任監査法人トーマツに入所。地方銀行から都市銀行まで様々な規模の監査業務、財 務DDや内部統制構築支援に従事したのち、官民ファンドにてVC投資(ヘルスケア、バイオ、物流、 小売、輸出商社、養殖etc)やJV投資(飲食店、観光業、食品加工、輸出業等様々な業種の投資) やハンズオンによる経理体制の構築、会社設立支援を実施。2019年5月にM&Aクラウドに参画し、 アドバイザリー業務やコーポレート業務全般を担当。 コーポレート部 部長 齋藤俊 (公認会計士) 早稲田大学法学部卒、University of Southern California Gould School of Law LLM卒 国内企業法務事務所にて公開買付(TOB)、株式交換を含む各種M&A手法に関するアドバイス、ス トラクチャリング、デューデリジェンス、並び契約書類の作成及び交渉等を取り扱ったのち、グ リー株式会社にてM&A、スタートアップ投資、VC投資及びガバナンス体制の整備等に従事。その 後、REVICパートナーズ株式会社にてコーポレート・メザニン・ファンドの運用に従事。2021年1 月にM&Aクラウドに参画。株式会社メイコー、株式会社I-ne、東洋刃物株式会社、株式会社ブイ キューブ及びクロノス株式会社の監査役及び監査等委員たる取締役を歴任。 法務コンプライアンス室 室長 砂田有史 (弁護士) 代表取締役CEO 及川厚博(写真左) 代表取締役COO 前川拓也(写真右) ホクレン農業協同組合連合会に所属し、てん菜事業に関する100億円規 模の収支計画を組む業務を行う。農業団体にいた経験により、退会後は 生産調整されている農畜海産物を直接飲食店に届けるeコマース事業 moremoreを2014年に立ち上げる。2年後に事業を売却。事業売却時に感 じた不快感と父の会社を継がずに廃業させてしまった悩みを解決するた めにM&Aクラウドを立ち上げる。
  7. Copyright© M&Aクラウド 7 沿革 2018年4月のプラットフォーム開始から、事業も組織も急成長中 マスメディアにも取り上げられるM&Aを成立させるなど一定のポジションを確立 50人 40人 30人 20人

    10人 2015年12月 合同会社M&Aクラウド設立 2016年10月 IVS LaunchPad出場 2017年1月 株式会社へ組織変更 2017年7月 シード 3千万円調達 2018年4月 M&Aプラットフォーム開始 2018年8月 初のM&A成約が9.2億円 2018年8月 シリーズA 7千万円資金調達 2020年1月 シリーズB 2億円調達 2021年4月 DeNAによるJ2サッカークラ ブの資本参加支援 従業員数 2015/12 ~ 2016/2 2016/7 ~ 2016/9 2016/12 ~ 2017/2 2017/7 ~ 2017/9 2017/12 ~ 2018/2 2018/6 ~ 2018/9 2018/12 ~ 2019/2 2019/6 ~ 2019/9 2019/12 ~ 2020/2 2020/6 ~ 2020/9 2020/12 ~ 2021/2
  8. Copyright© M&Aクラウド 8 沿革(課題はfounder market fit) (初代)表参道オフィス:2015年12月から2016年10月まで EXIT経験とアトツギ系の及川・前川がお見合い起業。IVS出て順調なスタートを切るも。。 2015/12 ~

    2016/2 2016/7 ~ 2016/9 2016/12 ~ 2017/2 2017/7 ~ 2017/9 2017/12 ~ 2018/2 2018/6 ~ 2018/9 2018/12 ~ 2019/2 2019/6 ~ 2019/9 2019/12 ~ 2020/2 2020/6 ~ 2020/9 2020/12 ~ 2021/2 50人 40人 30人 20人 10人 【はじまりの表参道オフィス】 ・及川と前川が出会い、即起業。 ・机1席のレンタルオフィス ・表参道で月額5,000円の格安物件 ・今考えると治安の悪いオフィスだった ・IVSに出た当時のプロダクトはAI企業 価値評価サービス。 従業員数
  9. Copyright© M&Aクラウド 9 沿革(課題はPMF) (二代目)五反田オフィス:2016年10月から2019年4月まで 魔のピボット期間。プロダクトが当たるまで無駄遣いしないし、当然オフィスにお金は掛けない。 50人 40人 30人 20人

    10人 【カオスすぎた五反田オフィス】 ・1年間のお見合い期間を経て株式会社化。 ・CTOの荒井も入りやっていくぞということで表参道から引っ越し ・坪単価1万円で20坪の格安物件、2人用の席に4人で座る。 ・今のM&Aクラウドが3度目の正直でヒット。 ・企業価値最大主義で、代表よりも高い給与出して仲間集め。 ・岡道、村上が入ったのもこの時期。 2015/12 ~ 2016/2 2016/7 ~ 2016/9 2016/12 ~ 2017/2 2017/7 ~ 2017/9 2017/12 ~ 2018/2 2018/6 ~ 2018/9 2018/12 ~ 2019/2 2019/6 ~ 2019/9 2019/12 ~ 2020/2 2020/6 ~ 2020/9 2020/12 ~ 2021/2 従業員数
  10. Copyright© M&Aクラウド 10 沿革(課題はプラットフォームの規模) (三代目)八丁堀オフィス:2019年4月から2020年12月まで 大手にパクられたり、二桁億の買収オファー来るも断り、気合いで買い手・売り手を集めまくる。 50人 40人 30人 20人

    10人 【八丁堀オフィス】 ・坪単価1.5万円で60坪の格安物件,家具は知り合いの会社から譲受。 無駄遣いはしない。 ・ビルにジムがあり、新卒が筋トレ部発足(今では最大勢力) ・M&Aクラウドを大手に丸パクリされる事件が2度も起きる ・企業価値最大主義で代表者よりも給与高いメンバー集め、前川 はオフィスに寝泊まり。 2015/12 ~ 2016/2 2016/7 ~ 2016/9 2016/12 ~ 2017/2 2017/7 ~ 2017/9 2017/12 ~ 2018/2 2018/6 ~ 2018/9 2018/12 ~ 2019/2 2019/6 ~ 2019/9 2019/12 ~ 2020/2 2020/6 ~ 2020/9 2020/12 ~ 2021/2 従業員数
  11. Copyright© M&Aクラウド 11 沿革(課題はニッチな初期セグメントから拡大して、新しいPMFへ) (四代目)新宿御苑オフィス:2021年1月から 丸パクリ勢を退け、FA事業部も発足。競り勝つ力が出てきて採用が課題になったので広報開始 50人 40人 30人 20人

    10人 【新宿御苑オフィス】 ・坪単価1.2万円で130坪の格安物件 ・八丁堀と新宿御苑のW居抜きをやってのけ たので引っ越し代や家具がほぼ無料 ・勝てると確信したので、広報活動を真面目 に開始。SV木下さんの支援活性化。 ・代表者よりも良い給与で仲間集め。 2015/12 ~ 2016/2 2016/7 ~ 2016/9 2016/12 ~ 2017/2 2017/7 ~ 2017/9 2017/12 ~ 2018/2 2018/6 ~ 2018/9 2018/12 ~ 2019/2 2019/6 ~ 2019/9 2019/12 ~ 2020/2 2020/6 ~ 2020/9 2020/12 ~ 2021/2 従業員数
  12. Copyright© M&Aクラウド 12 M&Aクラウドを通じたM&A成約のメディア掲載実績 日本経済新聞に掲載される程のインパクトがある成約実績もあり、 ITスタートアップM&Aの事例としてランサーズ×イリテクの事例も紹介された

  13. Copyright© M&Aクラウド 13 組織について ABOUT US

  14. Copyright© M&Aクラウド 14 組織図(2022/4/1時点) M&Aプラットフォーム & M&Aアドバイザリーの2つのコア事業 MAC事業本部 経営企画本部 ファイナンス

    サポート部 部長:前川 M&Aアドバイザリー部 部長:村上 プラットフォーム部 部長:三井 法務コンプライアンス室 室長:砂田 取締役会 代表取締役 及川厚博、前川拓也 株主総会 コーポレート部 部長:齋藤 プロダクト開発部 部長 荒井 広報室 室長:及川 社長室 室長:岡道
  15. Copyright© M&Aクラウド 15 組織の比率 バランスの取れたメンバー比率 55名 +インターン 15名 平均年齢 31歳

    開発・プロダクト 約25%、営業・CS 約30% M&Aアドバイザー 約25%、バックオフィス 約15% 【職種比率】 【年代比率】 M&A業界の中でも比較的若くてエネルギッシュな メンバーでM&Aクラウドを盛り上げています
  16. Copyright© M&Aクラウド 16 出身元 多様なバックグラウンドを持ったメンバーが集結 M&A アドバイザー 開発 プロダクト ドワンゴ

    その他 マイナビ 野村證券 IBM アイスタイル シグレスト 住友商事 リンカーン ニフティ Lifebook みずほ証券 アクセンチュア リクルート フリーランス KPMG 双日 Deloitte GMOグループ GREE PwC フリークアウト 起業家 ビズリーチ 公務員(消防士)
  17. Copyright© M&Aクラウド 17 事業について OUR BUSINESSES

  18. Copyright© M&Aクラウド 18 M&Aが増えることの社会的な意義 我々のミッションである「テクノロジーの力でM&Aに流通革命を」 M&Aが当たり前になることで、解決できること。 国も警鐘を鳴らす 92万法人の 事業承継問題 aa

    スタートアップ M&Aが少なく 世界で勝てない 経営者の キャリアの遅れ ・米国はIPOとM&Aの比率が1:9に対して、日本は7:3 ・日本のIPO社数は100件程度が上限にも関わらず、資金調達環境だけは改善しており歪つ。 ・GAFAはM&Aを活用して世界で勝っているが、日本企業は小さく乱立して世界で勝てていない。 ・Googleは18年間で224件買収。1年に12~13件買収している計算となっている。 ・2025年に70歳以上の法人が92万社となる。日本の中小企業M&A数は1000~1500件と少なすぎる。 ・中小企業全体で約3,200万人の方が雇用されており、これは、日本の従業者の約7割が中小企業で雇用 されている計算。 ・世界の創業100年以上の企業が総計8万66社の中、日本の企業は41.3%の3万3076社と世界で最も多い。 このままでは、伝統的な技術やブランドが途絶えていってしまう。 ・サラリーマンは、転職可能になってきているのに、経営者はキャリアチェンジ困難という歪さ。 ・世界的にもイーロン・マスクなどシリアルアントレプレナーが台頭してきているのに、M&A=身売りと いうイメージの悪さ。 ・海外の投資家は元起業家が多いのに、日本の投資家は、金融出身。
  19. Copyright© M&Aクラウド 19 中小M&A仲介市場の規模と現在のM&Aクラウドの立ち位置 中小M&A仲介の市場規模は約5兆円と試算され、大手仲介業者メインターゲットは事業承継 M&AクラウドのメインターゲットはIT業界のM&A仲介市場5,400億円以上 現存の 事業者数※1 売却可能性がある 事業者数※2

    平均売却単価 手数料率 (仲介を想定) M&A仲介市場 M&A仲介市場 (IT業界)※3 中規模事業者 56万社 7.7万社 4億円 10% 4.0兆円 3,520億円 小規模事業者 325万社 44.5万社 5,000万円 10% 2.2兆円 1,936億円 合計 381万社 52.2万社 ー ー 5.2兆円 5,456億円 小規模M&A仲介 (IT業界) の潜在市場規模 1,936億円 中規模M&A仲介 (IT業界) の潜在市場規模 3,520億円 小規模M&A仲介 (事業承継) の潜在市場規模 2兆円 中規模M&A仲介 (事業承継) の潜在市場規模 2.7兆円 ※1 事業承継M&A市場の動向2018年8月号(GCA FAS)、※2 M&A に対する企業の意識調査(帝国データバンク、2019年7月25日)※3 IT割合は8.8%(平成31年経済産業省企業活動基本調査)
  20. Copyright© M&Aクラウド 20 小規模M&Aマーケットの課題 小規模M&Aの場合は5,000万円で会社売却するのに2,000万円のM&A仲介手数料では 売りたくても売るメリットがなくなってしまい、現実的にM&A不可能 手数料が高い割にFA業務はあ まりしてくれなかった スモール売却したいのにM&A 仲介業者に断られた

    買い手さえ紹介してくれれば 後は自分たちで交渉できる 仲介業者にIT系の話が 通じないので不安しかない 結局マッチングしかしてない のに手数料が高すぎる スモール買収もしたいのに 案件を持ってこない 売り手さえ紹介してくれれば 後は自分たちで交渉できる 同じ会社が両側のFAをするの は利益相反なのでおかしい M&A仲介業者 給与2,000万円、年間1.2件成約 売り手 買い手 仲介手数料 買い手 売り手 着手金 100万円 100万円 中間金 成功報酬の20% 成功報酬の20% 成約料 売買対価5% 売買対価5% 最低手数料 2,000万円 2,000万円
  21. Copyright© M&Aクラウド 21 M&Aマーケットの課題 大手上場M&A仲介業者3社合計でも潜在M&A仲介市場の1%程度のシェアしかとれていない 既存の仲介業者のマンパワーだけでは一生解決できない構造になっている 潜在M&A仲介市場規模5兆円 に対してたった1% のシェアしか取れていない M&A大手仲介

    上場3社合計 507億円 M&A大手仲介 上場3社合計※1 5兆円の 市場に必要な数 成約数 724件 69,938件 アドバイザー数 652名 62,983名 M&A仲介業者 ※アドバイザ―数を100倍に増やすことは非現実的 テクノロジーの力でM&Aに流通革命を起こすしかない それができるのは 年間1.2件しかM&A成約できない ※1 各社の有価証券報告書を参照(2020年3月期~2020年9月期)
  22. Copyright© M&Aクラウド 22 M&Aクラウドが提供するソリューション 求人広告のように買い手がM&Aニーズを公開することで、売り手自ら買い手を探せる ダイレクトマッチングにより人に依存しないスケーラビリティを実現 買い手 月額無料 成功報酬 ・案件報酬はM&A成功報酬のみ

    ・最低手数料なし ・売り手ソーシングのチャネルが増える ・M&Aニーズを発信するだけで売り手を集客 ・仲介業者を介さずにダイレクトにやり取り可能 ・潜在層にもリーチが可能 手数料無料 売り手 ・買い手のM&Aニーズを自ら調べることが可能 ・仲介業者を介さずにダイレクトにやり取り可能 ・買い手のM&A担当者に直接コンタクトをとれる ・仲介業者を使わないので手数料が無料 買い手のメリット 売り手のメリット ・仲介手数料が無料 〇〇領域の会社を 募集します この会社と一緒に やっていきたい! 1.掲載する 2.オファー M&A・出資ニーズを掲載
  23. Copyright© M&Aクラウド 23 M&Aクラウドが提供するソリューション 買収ニーズやPMIの方針をオープンにすることで、売り手は自社に合う会社を簡 単に検索可能

  24. Copyright© M&Aクラウド 24 CSから売り手へのサポート ダイレクトマッチングデータを活用して買い手候補をレコメンド

  25. Copyright© M&Aクラウド 25 テクノロジーを使ったM&A業務の代替例 会社の情報や経営観を入力するだけでどれくらいモテモテか分かる機能 掲載企業400社で買収確度が高い会社レコメンド

  26. Copyright© M&Aクラウド 26 M&Aクラウドの競争優位性:IT系に特化することで効率良く買い手を集客 サービス開始からわずか4年で買い手利用社数は1,200社 日本のIT上場企業の約20%が買い手として弊社サービスの利用をしている ネット事業のリーディングカンパニーCARTA HD。 アドテクと相性の良いメディアやマーケ技術求む! 人々の生活を豊かにする事業、ライフデータや

    先端技術を有する企業を募集してます! ・IT上場企業の約20%が買い手として掲載 ・Baiduやfreeeなどの大企業も利用 freeeがプロダクト開発の仲間を募集。「マジ価値」な プロダクトでスモールビジネスを支援しよう! 買い手利用社数推移 (2018年4月-2022年3月) 2021年2月 買い手利用社数600社 DeNAによるSC相模原への資本参加を支援 2020年2月 掲載をしなくても利用できる クローズドプランをリリース 2019年10月 貸付投資の「Funds」と業務提携 2019年6月 買い手企業担当者向け イベントを実施(100名規模) 直近1年で 買い手が 約1.9倍 1,200社
  27. Copyright© M&Aクラウド 27 M&Aクラウドの競争優位性:買い手を掲載することによる圧倒的な売り手集客力 サービス開始からわずか4年で売り手登録数は8,000社がサービスに登録 Web経由でインバウンドで売り手集客できることを証明 売り手登録社数推移 (2018年4月-2022年3月) 2021年4月 累計売り手登録社数約5,000社

    累計打診件数5,000件 2019年4月 累計売り手登録社数 1,000社 2021年1月 サービスサイトPV100,000 2020年5月 累計打診件数3,000件 直近1年で 売り手が 約1.7倍 8,000社 ・売り手の約半数がIT企業 ・月にアクティブで200~300社の登録実績 IT•ソフトウェア 通信 46.3% サービス•インフラ 20.4% 売り手登録約8,000社の業種内訳 メーカー 7.0% 金融 5.7% 広告•出版•マスコ ミ 4.9% 小売 4.3% 商社 2.6% その他 8.9%
  28. Copyright© M&Aクラウド 28 ビジネスモデルの全体像:M&Aプラットフォーム & MACAP プロの支援を受けたい方にはMACAPがフルサポート 買い手 売り手 ❸M&A成功報酬

    M&Aプラットフォーム 検索/直接流入 広告流入 ①プラットフォーム掲載 料 ②M&A成功報酬 初期費用 成功報酬 M&Aアドバイザリー (MACAP) ※売り手から売却/資金調達の相談が来た場合 MACAPが売り手側のサポートをする 成功報酬
  29. Copyright© M&Aクラウド 29 M&AワークフローのR&Dとフルサポートニーズに応えるMACAP 投資銀行や総合商社、大手FASからM&Aプロフェッショナルを採用 業界でも稀有なスタートアップ・IT企業に強いM&Aアドバイザリーファーム CFO兼M&Aアドバイザリー部 部長 マネージングディレクター 村上

    祐也 2019年01月よりM&Aクラウドに入社。以前は野村證券インベストメント・バンキング部門にてインダ ストリアルズ・セクターに所属し大手総合電機、エレクトロニクス、重工業などの顧客を対象とした M&Aやファイナンスの提案等に従事。 東北大学工学部卒、東京大学大学院新領域創成科学研究科修了 M&Aアドバイザリー部 ディレクター 福田 一樹 2020年07月よりM&Aクラウドに入社。以前は住友商事株式会社船舶事業部にて欧州顧客をメインに日 本建造船のトレードビジネスに従事。パートナー企業との共同出資会社のマネジメント等を経験した 後、主担当としてクロスボーダーM&A案件に従事。 大阪市立大学経済学部卒 M&Aアドバイザー 岸 貴大 2020年10月よりM&Aクラウドに入社。以前はみずほ証券投資銀行部門にてPEファンドを顧客として法 人営業を行い、M&Aアドバイザリー及び資金調達のオリジネーションを担当。また、M&Aアドバイザ リー部において中小型案件に対するM&Aアドバイザリー業務に従事。 慶應義塾大学経済学部卒 M&Aアドバイザー 小松 元 2021年04月よりM&Aクラウドに入社。以前はKPMG FASにおいて、様々な業種に対するM&Aアドバイザ リー業務に従事。また、戦略コンサルティング部門におけるビジネスデューデリジェンス業務、国内 大手電力会社2社のJV設立に係るPMI業務等、M&Aにおける幅広い業務に従事。 青山学院大学経営学部卒
  30. Copyright© M&Aクラウド 30 MACAPのサービス説明(実績) 他の仲介業者が手を出せないITスタートアップの中規模案件を中心に M&A及び資金調達のアドバイザリーサービスを展開 買い手の課題・ 買収目的 M&A成約実績 スキーム

    買い手 売り手 既存事業の拡大 M&A (スタートアップ) 既存事業の拡大 M&A (事業承継) 事業シナジー マイノリティ出資 成長事業の獲得 M&A (スタートアップ) 目的 資本業務提携による経営参画(19%株式取得) 業種 相模原市を拠点としたプロサッカーチーム 強みであるスタートアップM&Aだけでなく、事業承継 M&A、資金調達、資本業務提携等幅広く対応 経営参画意図: DeNAが横浜DeNAベイスターズや川崎ブレイブサンダースを通 じて培ってきたプロスポーツマネージメントのノウハウを生か し、SC相模原のチームやビジネス力の強化、試合観戦を中心と したエンターテインメント性の向上、ホームタウンを中心とし た地域への貢献拡大を企図。
  31. Copyright© M&Aクラウド 31 長期計画(作りたい世界観) M&Aクラウドは労働集約的な大きな仲介業者を目指しているわけではない テクノロジーの力でM&A業界に革命を起こし、いかに業務効率を実現できるかに挑戦中 情報提供 ソーシング 事前準備 マッチング

    交渉/成約 成約後 M&Aを前提とした税理士事務所開設 ※毎月、税務業務だけでなくDDも行う データ活用 オペレーション リサーチ 研究機関 VCやPEファンド運営 ※M&Aクラウドへの掲載買い手のオプションとしてLP出資 表明保証保険 ※小規模M&Aに対してDDの簡易化 外部M&Aアドバイザー&買い手向けSaaS機能 ※案件管理やVDR機能等 IFA 企業価値算定 マッチング PMI診断 クラウド会計 API連携 PMIサポート AI
  32. Copyright© M&Aクラウド 32 働く環境について WORKING ENVIRONMENT

  33. Copyright© M&Aクラウド 33 制度設計 M&Aという専門領域でイノベーションを起こす必要があるため、 情報をオープンにし部署間交流を大事に、1 Teamな組織づくりを目指しています コアタイム10時から16時のフレックスタイム制を導入 しております。同期性を持たせることで、部署を超え たコラボレーションを加速させています。

    フレックス 全社 ハッカソン 土日祝日だけでなく、3日間の夏休みや年末年始の特 別休暇を取り入れております。 休み 議事録 入社後半年経過時点で10日分の有休を付与しておりま す。有給推奨日を設ける等有給に関しては取りやすい 文化があります。 有給 1on1 会社から2㎞以内に住み徒歩で通勤する方には15,000円 /月の住宅手当を支給しております。また、通勤手当 に関しては上限2万円で支給しております。 手当 締め会 社会保険、労働保険はもちろん完備しております。関 東ITソフトウェア健康保険組合に加入しているので、 IT健保の保養施設やジムを特別価格で利用できます。 社会保険 合宿 半年に一回全社員参加の、社内ハッカソンを開催して います。各チームにエンジニアが1名入り、過去にも 複数の機能が誕生しています。 経営会議等の内容を議事録化し、従業員全員に共有で きるようオープン化に心がけております。 managerとmemberで個人面談を行い、業務の成果や失 敗について話し合い、能力を引き出すことを目的とし たMTGを月1~2で行っております。 Q毎に他部署がどういう戦略で目標を達成しようとし ているか等の発表会をすることで、他部署との連携強 化に力を入れております。 経営合宿や部門合宿を定期的に行っております。過去 には熱海や湘南でリフレッシュしながら新しいアイデ アを出し合いました。
  34. Copyright© M&Aクラウド 34 制度設計 開発サイドには十分なパフォーマンスが発揮できるよう予算の範囲内で自由に選択可能 入社前に40万円分の椅子やPC、ディスプレイなどを 自由に選んでもらい、入社時に用意しておきます。 自分の使いやすい物を選んでください。 開発 サイド

    Ergohuman (エルゴヒューマン) メッシュチェア、 Steelcase(スチールケース)Leapなど 椅子 (参考) Dell 4K ワイドフレームレス曲面モニター 31.5インチ など ディスプレイ (参考) Mac Book Pro 13インチ 第10世代の2.3GHzクアッドコ アIntel Core i7プロセッサ、メモリ16GB、ストレージ 512GB PC (参考) 部署ごとに参考書の購入予算を用意しておりますの で、勉強したい本などがある場合は気軽に上長に相 談の上購入してください。 参考書
  35. Copyright© M&Aクラウド 35 評価制度について PERSONAL EVALUATION SYSTEM

  36. Copyright© M&Aクラウド 36 制度設計(年2回の昇給) カルチャーを何よりも大事にするバリュー体現評価制度 『1 Team』『2nd Priority』『10 Player』の評価基準に対して半年前の自分とマ ーケットの成長と比較し、より成長できたかどうかでベース給がUPするかどう

    かが決まります。昇給は上半期と下半期の年2回 半期スタートまでにバリュー体現シート作成 上半期(11月1日)及び下半期(6月1日)がスタートする前までにバリュー体現シー トをマネージャーとすり合わせて作成します。9つのバリューに対してどの項目に力を 入れたいかもしくは力を入れてほしいのかを決定させてください。 半期の結果を見て評価 上半期(5月31日)及び下半期(10月31日)の結果をもとに自己評価と上長評価をし ます。その後上長が評価員会にてプレゼンをし、昇給に値するかどうかを経営陣が判 断します。
  37. Copyright© M&Aクラウド 37 制度設計(年2回の賞与) 自律駆動を促すMBO評価制度 事業戦略に紐付いた個人目標を設定・達成することを通して、事業と個人の成 長を実現することを目的としています。MBO評価制度では、半年前に設定した 目標の達成度合いにより評価をします。MBO評価より1人あたりの賞与ポイント を算出し、その後個人の賞与額が決定します。 賞与額=賞与原資×賞与ポイント×ベース級なので、バリューを無視してMBOだけ達成すればいいわけではありま

    せん。 半期スタートの締め会後にバリュー体現シート作成 上半期(11月1日)及び下半期(6月1日)がスタートしたら上長が自組織の半期MBO シートを作ります。その後、組織のMBOシートに紐づいた各個人の目標シートを上長 とすり合わせのうえ作成します。 半期の結果を見て評価 上半期(5月31日)及び下半期(10月31日)の結果をもとに自己評価と上長評価をし ます。その後上長が評価員会にてプレゼンをし、賞与ポイントを経営陣が判断します。
  38. Copyright© M&Aクラウド 38 社風文化について OUR CULTURE

  39. Copyright© M&Aクラウド 39 M&Aクラウドのミッション/ビジョン M I S S I O

    N V I S I O N テクノロジーの力でM&Aに流通革命を 時代が求める課題を解決し時価総額10兆円企業へ 我々M&Aクラウドは、テクノロジーの力でM&Aを もっと簡単に、もっとスマートにすることで、上 記の課題の解決を飛躍的に進ませ、時代が求める 役割を果たしていきます。 時価総額とは「どれだけ大きな課題を解決すること が可能か否か?」を表す指標です。 「10兆円」という数値は、我々が解決する課題の大 きさを表します。志高く、世界を代表する偉大な企 業を目指し、挑戦します。
  40. Copyright© M&Aクラウド 40 企業価値最大主義の1・2・10(ワン・ツー・テン) M&AクラウドのValueは、「1 Team」「2nd Priority」「10 Player」の3つを持つ人材が集まることで、ミッ ションを実現し企業価値が最大になるような思想で策定しています。

  41. Copyright© M&Aクラウド 41 Value "1 Team" みんなで1つのチームになろう。スタートアップというジェットコースターに乗っているかのよ うな「人生の非日常」。やった分だけ、会社は伸びるはず。こんな無茶な働き方ができるのは、今だけか も知れない。どうせやるなら、楽しくやろう!誰かが達成したらみんなで喜び、誰かが調子悪かったらみ んなで補う。喜びも悲しみも共有できるようなエモいチームで1つになろう。

  42. Copyright© M&Aクラウド 42 Value "2nd Priority" 顧客第一になろう。 それ以外の都合は2番目に置いておいて、まずはなによりユーザーを大事にすること。ユーザーが求める ことに素直に応えること。長期の視点ではユーザーにもっとも価値を提供できる会社が、必ず流通革命を 起こす。自分たちの作ったサービスで、ユーザーが喜ぶ瞬間は最高の時間だ。とにかく迷ったら自分達の

    ことより、ユーザーのことを考えよう。
  43. Copyright© M&Aクラウド 43 Value "10 Player" T型人材は当たり前だ。 Investorの視点でT型人材を突き破れ。イノベーションの種は、専門性と他分野をクロスする事で発芽する。 ただし、それだけでは育たない。時間帯効果や費用対効果、投資対効果の栄養を注ぐことで、天高くまっ すぐに成長する。まずは専門性(↓)を徹底的に磨き、その他分野(↔)に知見を広げ、常に投資対効

    果(↑)を意識することを忘れずに十になろう。そうすれば、必ず時価総額10兆円を牽引するプレイヤー となる。
  44. Copyright© M&Aクラウド 44 我々のスタンス-企業価値最大主義例 ①バリューを体現し、成果を出している人がキチンと報われる組織 ∵会社にとって最も重要なことは、成果を出している人のパフォーマンスを最大化することです。M&Aクラウドは成果を出 す人に最大限報います。 ②普通はこうだよね?ってことも思い切って「負債」にする。 ∵「今、最も集中すべき課題を解く」ために選択と集中をすることを弊社では「負債にする」と言います。他の会社もやっ ているからやろうは普通の始まりです。自社のことを深く理解し、M&Aクラウドにしかできない大胆な意思決定を恐れず行

    います。 ③とにかくメンバーとフラットに向き合う ∵入ってくださいでもなく、入らせてくださいでもなく、一緒にmake moneyしようぜ。これくらいのスタンスでいいと思っ ています。スポーツのようにさわやかにやっていきましょう。入ってくれたからには、かけがえのない時間を過ごしてもら えるよう、全員が努力します。 ④強い会社がカッコいい ∵良い会社、オシャレな会社たくさんあります。我々は、世の中を本気で変えようとしているスタートアップです。強い会 社が好きです。キーエンスも光通信も、エムスリーもAmazonも好きです。組織は戦略に従うもの。だからこそ強い戦略を持 つ、強い会社を目指します。
  45. Copyright© M&Aクラウド 45 我々のスタンス-企業価値最大主義例 ⑤会社をでかくするために希薄化も厭わない ∵経営者本位なことはやりません。創業者比率にこだわったり、無駄な経費を使ったり、会社に来なくなったり。優秀なメ ンバーが集まっているからこそ、経営者も本気でやるのが礼儀です。ストックオプションやインセンティブは出し惜しみし ません。 ⑥専門性だけでなく幅広い知見を全てのメンバーに求める ∵両方を持っているメンバーが集まることで、自律駆動で意思決定可能となり、伝言ゲームを減らし最速で課題が解決でき

    ると考えています。特にM&Aプラットフォーマーという領域では重要です。「専門領域×広大なバリューチェーン」が特徴の この領域では数珠つなぎ式に多くの人が必要となります。業務は分業しますが、意思決定を分業しすぎないことで速さと革 新性を保持したいと考えています。 ⑦フルコミットする人をできるだけ多く ∵フルコミットする人を尊重します。会社にシナジーがあるような職種や業務であれば、副業はOKです。フルコミットでき るような制度も次々と整えていきます。 ⑧365日、全役職採用中 ∵CxO、経営陣を問わず、CEOも含めて全職種を365日常に採用します。役職を問わず、忖度もしません。競争を促し、全て の人に機会を提供することが、既得権益を壊し企業価値の最大化を常に目指す組織のエンジンとなります。
  46. Copyright© M&Aクラウド 46 メンバー紹介 MEMBERS

  47. Copyright© M&Aクラウド 47 メンバー紹介 1から作り上げたサービスで売 買が成立! その感動を自信につなげる CTO プロダクト開発部 部長

    荒井和平 東京工業大学 経営システム工学科卒 大学在学中からITスタートアップでエンジニアとし てインターンし、求人サイトの開発やECサイトの 開発を主導。新卒で株式会社ドワンゴに入社し、 ニコニコ静画サービスにおいて、Web開発を担当。 また、関連サービスのニコニコ漫画アプリではiOS 開発に参加。当アプリは両プラットフォーム(iOS、 Android)累計100万ダウンロードを突破。2017年1月 にM&Aクラウドに参画。 自社サービスである「M&Aクラウド」の開発スケジュールの策定、 仕様策定の補助、 技術選定、設計、開発全般、開発チームの人員計画の策定、チームメンバーの採用、 社内勉強会の推進などを行っています。 これからはサービスの成長に合わせ、開発組織全体を拡大、成長させ、強い開発組織 にしていくことにフォーカスしていきたい。会社とサービスのフェーズが変わってい くことを楽しみつつ、自分も成長していきたいと思っています。
  48. Copyright© M&Aクラウド 48 メンバー紹介 新しいベンチャーエコシステム の形成を目指して CFO M&Aアドバイザリー部 部長 マネージングディレクター

    村上祐也 東北大学工学部卒、東京大学大学院新領域創成科 学研究科修了 公益社団法人日本証券アナリスト協会認定アナリ スト(CMA) 新卒で野村證券株式会社へ入社。インベストメン ト・バンキング部門にて、インダストリアルズや コンシューマー、ヘルスケア業界の企業に対する M&AやIPO等の提案やエグゼキューションに従事。 2019年1月にM&Aクラウドへ入社。M&Aクラウドで は数億円〜十億円超の資金調達やM&Aを手がける 一方で、M&Aアドバイザリー事業部の立ち上げを 担当し、事業の拡大に伴い2021年2月にMACAP事業 本部※を設立。 M&Aアドバイザリー部を管掌している村上です。アドバイザリー業務のほか、事業 部の戦略立案、事業計画策定、採用、プロダクト・サービスの開発を担当しています。 テクノロジーや柔軟な働き方を導入し、労働集約型のモデルから一線を画す先進的な M&Aアドバイザリーファームにするべく日々試行錯誤しております。
  49. Copyright© M&Aクラウド 49 メンバー紹介 世界の誰もがM&A市場にアクセ スしやすい仕組みをつくる 社長室 室長 岡道俊人 2003年に株式会社平和に入社。10年間以上もの間

    トップセールスを叩き出し、東京エリアの責任者 として営業部門の統括を行う。 平和時代に経験し たPGMホールディングスの大型買収を目の当たり にし、M&Aの世界に興味を持つ。 日本の課題でもある事業承継問題の解決として M&Aが重要視されているが、既存の仲介モデルだ と手数料の問題で解決できないことを知り、M&A プラットフォームの必要性を感じる。 M&Aクラウ ドの『テクノロジーの力でM&Aに流通革命を』の ミッションに共感し、M&Aクラウドへ参画。 世界初、М&Aの買い手の顔が見えるプラットフォーム「М&Aクラウド」の広告営業責 任者を務めている岡道です。 「М&Aクラウド」というプラットフォームを世の中に発信し、会社オーナーが今より 売却や資金調達を行いやすい環境を作っていきたい。そうすればもっと起業しやすく なりますし、事業承継問題の解決にも貢献できるはずです。 最終的には日本だけでなく海外でも使われるМ&Aプラットフォームへと育て、世界の 誰もが知るサービスにしていきたいです。
  50. Copyright© M&Aクラウド 50 メンバー紹介 M&Aクラウドの特徴は、職種の 多様さ 誰もが働きやすい、最適な仕組 みをつくっていく コーポレート部 部長

    齋藤俊 慶應義塾大学商学部卒業 新卒で有限責任監査法人トーマツに入所。地方銀行 から都市銀行まで様々な規模の監査業務、財務DD や内部統制構築支援に従事したのち、官民ファンド にてVC投資(ヘルスケア、バイオ、物流、小売、 輸出商社、養殖etc)やJV投資(飲食店、観光業、 食品加工、輸出業等様々な業種の投資)やハンズオ ンによる経理体制の構築、会社設立支援(各種規程 の作成)を実施。 2019年5月にM&Aクラウドに参画し、アドバイザリ ー業務やコーポレート業務全般を担当 コーポレート部の責任者をしている齋藤 です。経理や予実管理、取締役会や株主総会 の運営に加え、社内ルールの見える化なども含め、幅広く対応しています。 営業、エンジニア、カスタマーサクセス、ライター、M&Aアドバイザー、そしてバッ クオフィス等々様々な職種の方がいるので、皆が働きやすく、かつ会社全体で見ても プラスになる仕組みを整えていくことを目指して日々奮闘しています。
  51. Copyright© M&Aクラウド 51 メンバー紹介 より良いM&Aを提供するため のインフラを作っていきたい 法務コンプライアンス 室長 弁護士 砂田有史

    早稲田大学法学部卒業、University of Southern California Gould School of Law LLM卒業 国内企業法務事務所にて公開買付(TOB)、株式交換 を含む各種M&A手法に関するアドバイス、ストラ クチャリング、デューデリジェンス、並び契約書 類の作成及び交渉等を取り扱ったのち、グリー株 式会社(子会社であるGlossom株式会社の取締役を 兼務)にてM&A、スタートアップ投資、VC投資等 のコーポレート・アクション及びガバナンス体制 の整備等に従事。その後、REVICパートナーズ株式 会社のシニア・ディレクターとしてコーポレー ト・メザニン・ファンドの運用に従事。2021年1月 にM&Aクラウドに参画。 M&Aクラウドの、コーポレート法務、事業法務、内部監査を担当している法務・コン プライアンス室のヘッドを務めております。 M&Aクラウドは、M&Aプラットフォーム事業とM&Aアドバイザリー事業という二つの 事業を有しております。オンラインからオフラインまで複数のタッチポイントを有し ながらも、クライアント様により良いM&Aを行ってもらいたいという気持ちは一つで す。クライアント様に提供する弊社のサービスを下支えするインフラを整え、より良 いサービスを提供できるよう邁進してまいります。
  52. Copyright© M&Aクラウド 52 エンジニアメンバー紹介 エンジニア全員がPHPカンファレンス等の登壇経験、質の高いチームを組成している アプリ開発だけでなく、インフラやDB、セキュリティなど多様なバックグラウンドを保有 エンジニア 津崎 善昭 2019年M&Aクラウド入社。データベーススペシャリス

    ト、セキュリティスペシャリスト、ネットワークスペ シャリスト資格保有。PHP Conference 2020/PHPerKaigi 2021登壇。 エンジニア 濱田 晃輔 2020年M&Aクラウド入社。大学院では物性物理学の 理論モデルを用いた数値計算手法を研究。前職ニフ ティでは登録者数50万人の光回線接続サービスの開 発・運用に従事。 Licensed Scrum Master 資格保有。 PHP Conference 2020/PHPerKaigi 2021登壇。 エンジニア 塚原 彰仁 2021年M&Aクラウド入社。PHPerKaigi 2020/PHPerKaigi 2021登壇。副業でカフェのサブスクリプションサー ビス「cafepass」を共同開発。開発以外にもPMとして も従事、プロジェクト進行についてBacklog World 2019で登壇。 部長 荒井 和平 2017年M&Aクラウド入社。大学時代はECサイトのレ コメンドアルゴリズムについて研究。新卒で株式会 社ドワンゴに入社し、ニコニコ漫画アプリでは立ち 上げにiOS開発で参加し、マンガアプリの新しいユー ザー体験で特許取得。OSSコントリビューター。 PHPerKaigi 2021登壇。 エンジニア 鈴木 智也 2018年M&Aクラウド入社。大学院で量子化学シミュ レーションを学ぶ。新卒で株式会社ドワンゴに入社 しMAU100万のシステムでインフラエンジニアとして 従事。PHPerKaigi 2020/PHP Conference 2020/PHPerKaigi 2021登壇。 エンジニア 久保田 賢二朗 2019年M&Aクラウド入社。前職アイスタイルではチ ーフエンジニアとしてコスメ・美容の総合情報サイ ト@cosmeの新サービスの開発や共通基盤開発に従事。 Laravel JP Conference2019 副実行委員長。PHP Conference 2018/2020登壇。PHPerKaigi 2018/2021 LT登 壇。 登壇実績一覧
  53. Copyright© M&Aクラウド 53 部活動紹介 CLUB ACTIVITIES

  54. Copyright© M&Aクラウド 54 がちキャン部 がちキャン部 二代目部長 津崎善昭 定期的にメンバーを募って日帰りBBQや 泊まりのキャンプをしています。 「がちキャン」だけでなく「ゆるキャ

    ン」もやってるので初心者でも楽しめ る部活です。 自然に触れて癒されましょう⛺️
  55. Copyright© M&Aクラウド 55 筋トレ部 筋トレ部 部長 加藤耀介 みんなで円座になって筋トレ、各自の 個人筋トレ活動報告をしあってモチベ ーションを高めています。

    ダイエット初心者も筋トレ上級者も玉 石混交でそれぞれのペースで筋トレし ています。痩せたい人も健康を気にす る人もモテたい人も一緒に筋トレしま しょう!
  56. Copyright© M&Aクラウド 56 フットサル部 フットサル部 部長 福田一樹 1~2ヶ月に1回を目標に活動を行ってい ます!初心者もたくさんいるので、気 軽に参加可能です!

    必要なのは「楽しむ気持ち」だけ。毎 回大盛り上がりです。 一緒に楽しみましょう! 社員数30名時代に開催した社内フットサルでは19名(約⅔)が参加⚽ 2名の怪我人が出るという激しい会になりました。M&Aクラウドは仕事も遊 びも本気です!!!
  57. Copyright© M&Aクラウド 57 テーブルサッカー部 テーブルサッカー部 部長 荒井和平 テーブルサッカーは2年に一度世界大会 も開催されるれっきとしたスポーツで す!初心者でも気軽に始められ、やっ

    てる人も見てる人も大盛りあがりでき てとも楽しいので、ぜひ一緒にやりま しょう!