LOD on Github Pages

B67b8e6cd4342f2e63cd22d7a54ccf31?s=47 Masao Takaku
September 02, 2018

LOD on Github Pages

Linked Open Data on GitHub Pages
教科書LODでの経験から

B67b8e6cd4342f2e63cd22d7a54ccf31?s=128

Masao Takaku

September 02, 2018
Tweet

Transcript

  1. Linked Open Data on GitHub Pages ― 教科書LODでの経験から ― 高久雅生(筑波大学)

    masao@slis.tsukuba.ac.jp 1 2018年9月1日 – 9月2日 Code4Lib JAPANカンファレンス2018
  2. 最初に結論から… • Linked Open Dataでは URI こそが最 重要 • URIを自由に設定できる永続URIサー

    ビスが重要 w3id.org や purl.org など • 永続URIサービスからのリンク先に Github Pagesを使えば、無料のクラ ウド環境を使って、LOD発信できる! 2
  3. Linked Dataとは? 1. URIを使って名前付け(識別)する 2. HTTP URIを用いて識別されたモノの情 報を確認できるようにする 3. URIにアクセスすれば有用な情報を得ら

    れるようにする(RDFやSPARQL等の標 準を用いる) 4. 他のURIへのリンクを加えて、さらなる 情報を見つけられるようにする 3 https://www.w3.org/DesignIssues/ LinkedData.html
  4. Linked Open Dataの開発と公開 • 形式  RDF, Turtle, N-Triples, RDF/XML,

    JSON-LD, etc. • 語彙  RDF Schema, OWL, DC, Schema.org, IMI, DBpedia, Wikidata, Geonames, etc. • データアクセス方法  URI resolution, SPARQL endpoint, RDF dump • サーバ環境  Virtuoso, Amazon Neptune, Apache Jena, ??? 4
  5. 5 https://w3id.org/jp-textbook/ • URIを指定すれば、基本的な情報を閲覧可能 • Turtle形式のファイルでも全RDFデータを一括 ダウンロード可能

  6. 6 江草由佳, 高久雅生. 教科書Linked Open Data (LOD)の構築と公開. 情報の科学と技術. 2018, Vol.68,

    No.7, p.361-367 https://doi.org/10.18919/jkg.68.7_361
  7. 教科書LODとは • 教科書の書誌データをLOD化 • 教科書を URI (IRI) で一意に示せる・ 利用可能に 7

    https://w3id.org/jp-textbook/高等学校/2006/世B/013 例:高等学校で使われている「世界史B」の教科書 (2006年に検定済み(奥付に記載あり)、東京書籍が出版) • 教科書記号(例:世B)及び教科書番号 (例:013) • 教科書のわかりやすいところに記載さてい る • (文部科学省が検定済教科書を整理・周知 する際に使用) 高等学校地理歴史教科用 文部科学省検定済教科書 2 東書 世B 013 教科書の表紙に:
  8. Github • バージョンコントロール  変更履歴がたどれる • クラウド環境 • 無料で使える 8

  9. Github Pages • 公開  Github Pages  無料で公開するためのホスティングサービス 9

  10. Github PagesでのLOD公開 (1) • Githubサイトでリポジトリを作成して、 Github Pagesで公開する! • https://(プロジェクト名).github.io/xxx というアドレスで公開される

    このアドレスに固定URIサービスのリダ イレクト先を振り向ける https://w3id.org の場合:  Github 上で Pull Request を送って対応依頼 10
  11. w3id.org – on Github https://github.com/perma-id/w3id.org 11

  12. Github PagesでのLOD公開 (2) • LD原則No.3「URIにアクセスすれば有用な情報を得ら れるように(RDFやSPARQL等の標準を用いて)」 • 固定URLサービス(w3id.org)の場合:  Github.com/perma-id/w3id.org

    リポジトリへ Pull request する だけ  「Accept: text/turtle」ヘッダ付きリクエストに対応しよう 12 RewriteEngine on RewriteCond "%{HTTP_ACCEPT}" "text/turtle" RewriteRule ^(.+) https://jp-textbook.github.io/$1.ttl [R=302,L] RewriteRule ^(.*) https://jp-textbook.github.io/$1 [R=302,L] cf. https://github.com/perma-id/w3id.org/blob/master/jp-textbook/.htaccess