Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

「ssmjpで喋ったことのない私が、ssmjpでプレゼンデビューするためのテクニックを話す」

 「ssmjpで喋ったことのない私が、ssmjpでプレゼンデビューするためのテクニックを話す」

ssmjpでしゃべった資料

横田真俊(wslash)

February 28, 2018
Tweet

More Decks by 横田真俊(wslash)

Other Decks in Education

Transcript

  1. (C)Copyright 1996-2014 SAKURA Internet Inc.
    さくらインターネット
    横田真俊(@wslash)
    2016/01/22
    ssmjpで喋ったことのない私が、ssmjpでプレ
    ゼンデビューするためのテクニックを話す
    2018/02/28
    横田真俊(@wslash)

    View full-size slide

  2. 2
    自己紹介

    View full-size slide

  3. 3
    氏名
    横田真俊(@Wslash)
    [自己紹介]
    さくらインターネットという会社で
    エバンジェリストをやっています。
    年に50回程度の講演・イベント企画
    をやっています

    View full-size slide

  4. 年に50回
    365日/50回 = 約7.3日に1回
    だいたい週に1回はプレゼンしてます
    4

    View full-size slide

  5. 1月22日(金)Docker Machine/swarm/compose(横田)
    1月30~31日(土)SECCON 2016(横田)
    3月13日(日)さくらクラブGs(横田)
    3月18~21日(金)金沢工業大学ハッカソン(横田)
    3月25日(土)岩手大学(横田)
    4月 6日(水)DevRel Meetup #7(横田)
    4月13日(水)さくらクラブU30イベント(横田)
    4月17日(日)さくらクラブGs(横田)
    4月22日(金)セミナー(横田)
    5月10日Unix考古学
    5月11日~13日 クラウドエキスポ(横田)
    5月14日(土)OSC群馬(横田)6/10 ニッポンクラウドワーキンググループ 大阪
    5月16日 函館でハンズオン
    5月24日 プライムストラテジー様セミナー
    5月30日 島根でハンズオン
    6月16日 専門学校でハンズオン
    6月16日 eLV勉強会、初心者向けDocker勉強会
    6月19日 FTPサーバを作るハンズオン
    6月20日 岡山でハンズオン
    6月23日 ハンズオン
    6月24日 静岡でハンズオン
    6月25日 プレゼン研究会
    6月28日 Unix考古学の夕べ@福岡
    7月2日 東洋大学でハンズオン
    7月5日 専門学校でハンズオン
    7月9日 埼玉でハンズオン
    7月13日 セミナー講師
    7月15日 セミナー講師やるかも
    7月20日 愛知でハンズオン
    7月30日 OSC京都
    7月30日INNOVATORS SUMMER @OSAKA - 関西初の中高生向けハッカソン
    5
    8月5日(金) U22プロコンハンズオンセミナー@トライデント(横田)
    8月10日 eLV勉強会、初心者向けDocker勉強会(横田)
    8月30日 Cloudweek 講演(横田)
    9月6日 「ビジネス機会を損失しないWebサイト運用の改善について」(横田)
    9月3日 金沢工業大学ハンズオン(横田)
    9月24日 OSC島根(横田)
    9月29日 【第一回】さくらとWeb×マーケティングの夕べ~ Webサイト構築・運用
    における 最新トレンドをご紹介~
    10月7日 UOS九州ITフェスタ2016 in 福岡サンパレス
    10月15日 さくらクラブ愛媛)
    10月22日 CLR/H in Tokyo 第11回
    10月26日~28日 クラウドEXPO
    11月5日~6日 OSC Tokyo
    11月8日さくらの夕べ 第2回コンテナ番外編
    11月19~20日 code for japan
    11月28日 IPv6 Summit in TOKYO 2016
    12月17日 八子クラウド
    12月22日 さくらの聖夜
    1月18日 なんかあるかも

    View full-size slide

  6. 6
    Software Design 2017年8月号に
    「エンジニアのためのうけるプレゼン・
    すべるプレゼン」というタイトルの
    記事を寄稿いたしました

    View full-size slide

  7. 7
    http://infrapre.connpass.com/

    View full-size slide

  8. 今日の本題
    8

    View full-size slide

  9. なぜ「ささみ」でプレゼンをしたことがない私が
    「ささみ」でデビューすることをオススメするのか?
    9

    View full-size slide

  10. その前にプレゼンがうまくなるには、
    どうしたら良いかわかりますか?
    10

    View full-size slide

  11. 11
    プレゼンが上手くなるには
    プレゼンを練習する場を作って
    「場数」をこなすのが1番

    View full-size slide

  12. 「場数」をこなすにはどうしたら良いか?
    12

    View full-size slide

  13. 依頼を待っていても、
    外でしゃべる機会はなかなか訪れない
    13

    View full-size slide

  14. 自分がしゃべる機会を増やすしかない
    14

    View full-size slide

  15. そこで「ささみ」
    15

    View full-size slide

  16. 「ささみ」以外にも色々と勉強会はあるのに
    なぜ「ささみ」か?
    16

    View full-size slide

  17. テーマが無く、講演の敷居が低い
    17

    View full-size slide

  18. 18
    比較的簡単に講演できる

    View full-size slide

  19. 大人数の前で、しゃべれる練習ができる

    View full-size slide

  20. そもそも、「ささみ」などの勉強会で
    しゃべると何が良いのか?
    20

    View full-size slide

  21. 21
    プレゼンの「場数」をこなせば
    「場慣れ」するから

    View full-size slide

  22. でも人前でしゃべるのは辛い気がする…
    22

    View full-size slide

  23. こんな話を聞いた事がありませんか?
    23

    View full-size slide

  24. 24
    人前で話す事は「死」よりも恐ろしい

    View full-size slide

  25. 元々は1977年に出版された
    「Book OF LISTS」という本
    に書かれた物が派生した
    25

    View full-size slide

  26. この本を読むとたしかに書いてある、ただ…
    26

    View full-size slide

  27. 27
    プレゼンをして死んだ人はいない

    View full-size slide

  28. ただ、それでも人前で話すのは
    「恐怖」を感じるのは事実
    28

    View full-size slide

  29. 「恐怖」を克服するのには
    何度か人前で話して「場慣れ」が必要
    29

    View full-size slide

  30. 「DockerとDocker Machineをインス
    トールして利用ができるようになる」
    のが目標
    30
    せめてプレゼンの練習を機会を作って
    「場慣れ」をしておきましょう

    View full-size slide

  31. 「場慣れ」していると色々対応ができる
    変な緊張しなくなり、自信を持ってはなせるようになる
    31

    View full-size slide

  32. 死なないのはわかったが、
    人前でしゃべるのは、辛い…
    32

    View full-size slide

  33. 33
    そこで、今回は「ささみ」でプレゼンデビューする
    ためのテクニックをしゃべりたいと思います

    View full-size slide

  34. 34
    いきなりスライドを作りはじめない

    View full-size slide

  35. スライドを作る時に最初に
    「PowerPoint」で作りはじめてないですか?
    35

    View full-size slide

  36. 『「企画書を書きながら企画その
    ものを考えよう」とした結果、作
    業全体が行き詰まってしまう』
    『「企画書」は、企画を考える
    ツールではなく、企画を伝達する
    手段』
    (榊原廣著 「パワポ遣いへの警
    告」P 19)
    36

    View full-size slide

  37. 「スライドの内容を考える事」≠「スライドを作る事」
    まずはテキストエディタ等で全体のシナリオを作ってみて
    そこからPowerPointを起動する
    37

    View full-size slide

  38. スライドを作り始める時に気をつけることは?
    40

    View full-size slide

  39. スライドを
    作り始める時は
    41

    View full-size slide

  40. 文字は大きく
    42

    View full-size slide

  41. こんなプレゼン資料を見たことはありませんか?
    43

    View full-size slide

  42. あまりプレゼン慣れていない方は、いきなりスライドを作
    り始めてしまうのではないでしょうか? 個人的には、ま
    だプレゼンの構成やストーリーが出来ていない状態で、ス
    ライドを作りはじめるのは止めておいた方が良いと思って
    おります。
    とは言え、プレゼンと言うとどうしても「スライドを作る
    事」という印象が強く、最初にパワーポイントを立ち上げ
    てスライドを作りたくなる気持ちもわからんでもありませ
    ん。ただ、最初にパワーポイントやkeynoteを立ち上げて、
    いきなりスライドを作りはじめると結局スライドを作り終
    わるのに時間がかかってしまうと思います。
    なぜなら、パワーポイントは確かに「スライドを作る」の
    には向いているかもしれませんが「スライドの中身を考え
    る」には向いていないツールです。パワーポイントは1ペー
    ジ々のスライドデコレーションはできますが、全体の構成
    やスライドに盛り込むアイデアを書きためておくには向い
    ていないと思います。
    44

    View full-size slide

  43. 文字が「塊」
    読ませる気が無い
    45

    View full-size slide

  44. 1月22日(金)Docker Machine/swarm/compose(横田)
    1月30~31日(土)SECCON 2016(横田)
    3月13日(日)さくらクラブGs(横田)
    3月18~21日(金)金沢工業大学ハッカソン(横田)
    3月25日(土)岩手大学(横田)
    4月 6日(水)DevRel Meetup #7(横田)
    4月13日(水)さくらクラブU30イベント(横田)
    4月17日(日)さくらクラブGs(横田)
    4月22日(金)セミナー(横田)
    5月10日Unix考古学
    5月11日~13日 クラウドエキスポ(横田)
    5月14日(土)OSC群馬(横田)6/10 ニッポンクラウドワーキンググループ 大阪
    5月16日 函館でハンズオン
    5月24日 プライムストラテジー様セミナー
    5月30日 島根でハンズオン
    6月16日 専門学校でハンズオン
    6月16日 eLV勉強会、初心者向けDocker勉強会
    6月19日 FTPサーバを作るハンズオン
    6月20日 岡山でハンズオン
    6月23日 ハンズオン
    6月24日 静岡でハンズオン
    6月25日 プレゼン研究会
    6月28日 Unix考古学の夕べ@福岡
    7月2日 東洋大学でハンズオン
    7月5日 専門学校でハンズオン
    7月9日 埼玉でハンズオン
    7月13日 セミナー講師
    7月15日 セミナー講師やるかも
    7月20日 愛知でハンズオン
    7月30日 OSC京都
    7月30日INNOVATORS SUMMER @OSAKA - 関西初の中高生向けハッカソン
    46
    8月5日(金) U22プロコンハンズオンセミナー@トライデント(横田)
    8月10日 eLV勉強会、初心者向けDocker勉強会(横田)
    8月30日 Cloudweek 講演(横田)
    9月6日 「ビジネス機会を損失しないWebサイト運用の改善について」(横田)
    9月3日 金沢工業大学ハンズオン(横田)
    9月24日 OSC島根(横田)
    9月29日 【第一回】さくらとWeb×マーケティングの夕べ~ Webサイト構築・運用
    における 最新トレンドをご紹介~
    10月7日 UOS九州ITフェスタ2016 in 福岡サンパレス
    10月15日 さくらクラブ愛媛)
    10月22日 CLR/H in Tokyo 第11回
    10月26日~28日 クラウドEXPO
    11月5日~6日 OSC Tokyo
    11月8日さくらの夕べ 第2回コンテナ番外編
    11月19~20日 code for japan
    11月28日 IPv6 Summit in TOKYO 2016
    12月17日 八子クラウド
    12月22日 さくらの聖夜
    1月18日 なんかあるかも
    読めないだろ!

    View full-size slide

  45. 【今日のテーマ】
    ・話の骨子を決める
    ・テキストエディッタでつくる
    ・話をまとめてみる
    47

    View full-size slide

  46. 大きめの文字で、1枚の情報を少なくして表示する
    小さい文字でも20ポイントぐらいにしておきたい
    48

    View full-size slide

  47. 資料を作る時は
    1番言いたいことに注力する
    49

    View full-size slide

  48. 50
    誰が自分の話を聞いているのか意識していますか?
    自分語り、会社説明だけのプレゼンは響かない
    自分が話す内容はテーマは、その会場にあっているか?

    View full-size slide

  49. 「自分が喋りたい事」≠「聞き手が関心がある事」
    聞き手は本当にあなたが喋りたい事を求めているのか?
    51

    View full-size slide

  50. 例えば「自己紹介」
    52

    View full-size slide

  51. 「なぜ自分がここにいるのか?」
    「自分は皆さんにどのような価値があるのか?」
    を伝える
    53

    View full-size slide

  52. 「それを聞きたいと思っている人が本当にいるのか?」
    聞いている方もしゃべっている苦痛なら、その話はやめるべき
    宣伝をしたければ「宣伝」と思わせないようにする
    54

    View full-size slide

  53. より良い発表の仕方

    View full-size slide

  54. プレゼンで話す時に何を見て話していますか?
    56

    View full-size slide

  55. パソコンやスライドを見てしゃべっていませんか?
    57

    View full-size slide

  56. 58
    観客の方を向いてしゃべろう

    View full-size slide

  57. 59
    発表の声は大きく

    View full-size slide

  58. マイクが無い会場やマイクの設備がよろしくない場合もある
    声が聞こえない場合は、話に集中してもらえない。
    マイクに頼らなくても良い音量でスピーチする
    60

    View full-size slide

  59. そもそも
    声が聞こえないプレゼンに意味はない
    61

    View full-size slide

  60. (一般的に)大きな声でしゃべると
    聞き取りやすいスピードとなる
    62

    View full-size slide

  61. もし「場数」をこなせずに
    重要なプレゼンがあった場合、どうするか?
    64

    View full-size slide

  62. 「練習」をしよう
    65

    View full-size slide

  63. 『プレゼンテーションのことが心
    配だと言うほとんどの人がやりた
    がらないことが何かわかります
    か? 練習です。』
    『人前で話すことについて偉大な
    書物すべてに書かれているアドバ
    イスはスライドについてのアドバ
    イスも含めてあなたが練習しなけ
    ればあてはまらないのです。』
    (Scott Berkun著 「パブリックス
    ピーカーの告白」P 19)
    66

    View full-size slide

  64. と、このように色々と説明しましたが
    67

    View full-size slide

  65. 68
    今日、お話しした内容は
    Software Design 2017年8月号に
    「エンジニアのためのうけるプレゼン・
    すべるプレゼン」に掲載されております
    のでアマゾン等でお買い求めください

    View full-size slide

  66. 70
    いきなりスライ
    ドを作らない
    聴衆を意識し
    てテーマを作る
    プレゼンは場
    数をこなすの
    が上達のコツ

    View full-size slide

  67. ご清聴ありがとうございました
    皆様のプレゼンにお役に立てれば幸いです
    71

    View full-size slide