Laravelの「Hello World」を 表示するまでの処理を追ってみた

1998b7a88550e8c58f7efb17d7b72a29?s=47 namizatork
November 26, 2019

Laravelの「Hello World」を 表示するまでの処理を追ってみた

コードではなく、実行の流れです

1998b7a88550e8c58f7efb17d7b72a29?s=128

namizatork

November 26, 2019
Tweet

Transcript

  1. Laravelの「Hello World」を 表⽰するまでの処理を追ってみた 2019.11.27 Namizato

  2. # アジェンダ • ⾃⼰紹介 • 実⾏の流れ • 公開フォルダ • オートロード

    • フレームワークの起動 • アプリケーション実⾏ • ルーティング
  3. # ⾃⼰紹介 • Namizato • 25 • PHP JavaScript •

    Laravelもくもく会主催
  4. http://laravel 1 public/index.php HTTPカーネル ルータ ミドルウェア コントローラー 2 3 4

    5 6 7 # 実⾏の流れ ※ 今回「ミドルウェア」と「コント ローラー」の説明は省きます。
  5. # 公開フォルダ Laravelのwebに公開する 際、publicフォルダのみ を公開します。 そこにあるCSS・JS・画 像など以外は全て index.phpが実⾏されます。 ※ public/.htaccess内で制

    御してindex.phpを呼び出し ます。
  6. public/index.php オートロードファイルの読み込み フレームワークの起動 アプリケーション実⾏ HTTPレスポンスの送信 終了処理 # public/index.php

  7. # オートロード 通常のPHPでは別のPHP ファイルを参照する際、 require⽂を読み込む必要 があるが、Laravelでは ファイルの上部でuse宣 ⾔すると⾃動でそれらの ファイル類を⾃動で読み 込み使⽤ができます。

  8. # フレームワークの起動 フレームワークのセット アップを⾏います。 実⾏結果はLaravelの本体 とも⾔えるApplicationイ ンスタンスを返します。 Appliction⾃⾝に⾊んな ものを設定している。く らいの認識でもおk()

  9. # アプリケーション実⾏.1 次にHTTPカーネルと呼 ばれる部品に処理が渡さ れます。 このHTTPカーネルはア プリに必要な設定情報や 部品群を読み込んで、⽣ 成されたApplicationイン スタンス=

    サービスコン テナに登録します。
  10. # アプリケーション実⾏.2 1.で登録している時に、 読み込まれるものとして 「環境設定」「エラーハ ンドラー」「ミドルウェ ア」「サービスプロバイ ダ」などが読み込まれま す。

  11. # ルーティング.1 コレまで全ての⾏程を経 てリクエストは専⽤の処 理に移管されます。その 時に参照されるのが 「ルーティング情報」で す。

  12. # ルーティング.2 ルーティング情報とは、リ クエストのURLに対応して どのような処理が⾏われる かを表すものです。 これらはroutes/web.php で定義します。 右の図で説明すると/hello というURLにアクセスした

    時にHello Worldと表⽰さ れます。
  13. ご静聴ありがとうございました。