Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

アジャイルチームの成長を手助けするJiraの便利なレポート機能

 アジャイルチームの成長を手助けするJiraの便利なレポート機能

2021年12月21日(火)に開催される#50 Tokyo Atlassian Community Online MeetUp - 組織で活用するヒント ヤフー、ナビタイムの活用事例 -にて話す資料です。

https://ace.atlassian.com/events/details/atlassian-tokyo-presents-50-tokyo-atlassian-community-online-meetup-zu-zhi-dehuo-yong-suruhinto-yahu-nabitaimunohuo-yong-shi-li-/

NAVITIME JAPAN
PRO

December 21, 2021
Tweet

More Decks by NAVITIME JAPAN

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 株式会社ナビタイムジャパン 小田中 育生 アジャイルチームの成長を手助けする Jiraの便利なレポート機能

  2. 小田中 育生 (おだなか いくお) (株)ナビタイムジャパン VP of Engineering ACTS(研究開発) ルートグループ責任者

    経路探索の研究開発部門責任者としてGPGPUを活用した超高速エンジン やMaaS時代にフィットしたマルチモーダル経路探索の開発を推進 移動体験のアップデートに携わりながら、VPoEとしてアジャイル開発の 導入推進、支援を行う。 著書「いちばんやさしいアジャイル開発の教本」インプレス
  3. 今日のお話は、Jiraの 「スクラムボード」が前提と なっています

  4. None
  5. レポート機能、活用してますか?

  6. None
  7. None
  8. たくさんある!!

  9. どのレポートを使えば いいかわからない

  10. 今回は、「チームの状況を可視化したい」 という観点で便利なレポート機能を紹介。

  11. スプリント中の状況を 可視化したい

  12. アクティブなスプリントのカンバン

  13. スコープの変化は追いづらい 途中から追加 削除された何か

  14. バーンアップチャート

  15. バーンアップチャート スコープの変化がわかる 進み具合がわかる

  16. 見積もるための材料が欲しい

  17. このスプリント、チームは どれくらいパフォーマンスを 発揮できるだろうか

  18. ベロシティチャート

  19. ベロシティチャート コミットメントと 実績の差もわかる

  20. あとどのくらいでゴールできる?

  21. 着地点は、ベロシティから予測できる

  22. 異なる案件を並行して進めていると 予測しづらい

  23. 特定の案件だけで着地予測を立てたい

  24. エピックバーンダウン 見積もったがスプリントに 積まれていない期間も可視化される (つらい) 新しく追加した ストーリーポイントが 加算される これまでの実績から バーンダウンするまでに 必要なスプリント数を

    見積もってくれる
  25. チームの成長を知りたい

  26. 管理チャート

  27. 管理チャート 薄い青のエリアが狭まった ↓ 予測可能性が高まった 青い線が減少傾向 ↓ 課題解決時間が短くなった

  28. まとめ

  29. レポート機能、活用してますか?

  30. None
  31. None
  32. たくさんある!!

  33. まず使ってみて、 便利さを体感してください。

  34. Thank you!