Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Why Slack? ~ナビタイムジャパン導入事例のご紹介~

Why Slack? ~ナビタイムジャパン導入事例のご紹介~

2018年11月26日(月)に開催されたSlack様主催のイベント「Why Slack? 」にて発表した資料です

NAVITIME JAPAN
PRO

November 26, 2018
Tweet

More Decks by NAVITIME JAPAN

Other Decks in Business

Transcript

  1. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    Why Slack?
    株式会社ナビタイムジャパン
    経営推進部 情報システム担当
    天野 剛志

    View Slide

  2. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    写真 or 図
    自己紹介
    天野 剛志(アマノ ツヨシ)
    株式会社ナビタイムジャパン
    経営推進部 情報システム担当
    ● 2007年ナビタイムジャパン入社
    ● 社内システムの
    運用・構築・推進を担当。
    ○ 社内SV/NW/AWSシステムの
    構築運用
    ○ SaaS(Slack等)導入/運用
    ○ サポート/ヘルプデスク

    View Slide

  3. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    会社概要
    ● About NAVITME
    ○ 社長(大西啓介)・副社長(菊池新)が、大学時代より
      経路探索エンジンの研究者
    ○ 1998年に、世界初のトータルナビゲーションシステムが完成
    ○ 2000年3月に、株式会社ナビタイムジャパン設立
    ○ 自社内で、サービス企画、開発、サポート、デザイン全てを実施。
    ● 経営理念
    ○ 「経路探索エンジンの技術で、世界の産業に奉仕する」

    View Slide

  4. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    会社紹介
    ● 基本情報
    ○ オフィス:東京都港区南青山(表参道)
    ○ 社員数:約450人(2018年11月現在)
    ○ エンジニア:80%(360人)
    ○ 平均年齢:31.2歳
    ● サービスとユーザー
    ○ 個人向け、法人向けに多くのサービスをリリース
    ○ 延べ月間UU数:5100万人(2018年9月末時点)
    ○ 有料会員数:480万人(2018年9月末時点)

    View Slide

  5. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    今日の発表する内容
    2016年7月にSlackの導入を行った過程と
    導入後に変化した点を発表致します。

    View Slide

  6. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    Agenda
    1.導入の経緯と道のり
    2.導入後に変化した点
    3.社内での運用事例について

    View Slide

  7. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    1.導入の経緯と道のり
    1.導入の経緯と道のり

    View Slide

  8. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    1.導入の経緯と道のり
    2016年7月Slack導入までは、社内にチャットアプリが
    乱立しており、運用の問題点が多くありました。
    ・独自運用が部署によって行われ使用するソフトが違う
    ・機能がチャットに特化しており、個人間の会話に終始
    ・他システムとの連携ができない。

    View Slide

  9. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    1.導入の経緯と道のり
    そのような状況で、Slackに出会い
    現状のチャットシステムに比べた優位性を確認。
    ・充実したAPI →ChatOpsが実現できる
    ・Public Channelの存在
    ・機能追加のスピード感
    上記の3点を評価し、Slackの導入に踏み切りました。

    View Slide

  10. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    社内に導入連絡を行ったところ…
    1.導入の経緯と道のり
    前から使いたかったので嬉しい。
    API連携の豊富さを知っているので
    何より早く使用したい!
    Slackを導入することに致します。
    それでは、パイロットユーザーを
    募集しますね。使用したい方は
    ご連絡ください。
    すぐに使用させてください!
    (260人:全社員の2/3)
    そこまで希望者が多いなら
    もう全員に配ってしまいましょう!
    そして製品版も購入します(※)
    情シス 社員

    View Slide

  11. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    1ヶ月間の、既存チャットシステムとの併用期間を経て
    Slackは非常に好意的に、社内に導入できました。
    ・Slackはエンジニアの間で既に知名度があるサービス
    ・インテグレーションの機能が、社内で求められていた
    1.導入の経緯と道のり

    View Slide

  12. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    1.導入の経緯と道のり
    導入に際して留意したポイント。
    使用開始までの敷居を下げることが大事
    1.まずは社内全員にSlackのアカウントを配布。
    2.#help_slackという質問専用のchannelを作成
    3.全社向けのマニュアルを用意。

    View Slide

  13. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    1.導入の経緯と道のり
    2.#help_slackという質問専用のchannelを作成
     → 質問や疑問を吸収…かつ慣れてもらう

    View Slide

  14. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    1.導入の経緯と道のり
    3.マニュアル内:各ChannelのPrefixルール
    会社の組織構造に合わせ
    Channelの作成ルールを規定。

    View Slide

  15. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    1.導入の経緯と道のり
    マニュアル:全員が所属するChannelの説明
    #general 全社員が所属する、連絡用Channel
    #random 全社員が所属する、雑談Channel
    → 両Channelに、全社連絡の情報を集約しました。

    View Slide

  16. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    ルールやマニュアルを整備することで
    新しいシステム(Slack)を使用する
    心理的障壁を下げるように努めました。
    短期間で導入の一助となったのは、間違いありません。
    1.導入の経緯と道のり

    View Slide

  17. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    2.導入後に変化した点
    2.導入後に変化した点

    View Slide

  18. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    2.導入後に変化した点
    Slackの導入により
    社内情報の可視化/情報格差の撤廃が進みました。

    View Slide

  19. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    2.導入後に変化した点
    その源は、Public Channelの存在です。
    現在社内では、業務に関わる殆どの情報が
    Public Channelに存在しており
    自発的な情報発信と取得が行われております。

    View Slide

  20. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    3.社内での運用事例について
    ただ、導入当初Publicの割合は高くありませんでした。
    2016/7 Public:Private:DMの割合 3:5:2
    より情報の可視化/共有を追求し
    社内で各ChannelのPublic化を推進。
    2018/11 Public:Private:DMの割合 8:1:1

    View Slide

  21. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    2.導入後に変化した点
    結果、当初30%だった
    Public channelは80%へ。

    View Slide

  22. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    2.導入後に変化した点
    適切なコミュニケーションの場(Public Channel)
    があると、人は自発的にコミュニケーションを取り
    様々な価値を生み出すようになります。
    これを全社レベルで展開することで
    企業のアジリティを大きく高める事ができます。
    また、PublicChannelでの会話は、他人から見られることを考
    えると、自然と記載内容も洗練されていきます。

    View Slide

  23. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    2.導入後に変化した点
    社外取引先との連絡手段にも
    Slackが使われるようになりました。

    View Slide

  24. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    2.導入後に変化した点
    専用のPrivate Channel or Shared Channelを作成し
    20社以上の社外取引先と連絡を行っております。
    特に社外との連絡が多い部署で利用されてます。
    参加メンバーは管理者で制御できますので
    情報流出の危険もありません。

    View Slide

  25. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    2.導入後に変化した点
    メールに比べ、リアルタイムで取引先と
    連絡を取ることが可能です。
    メール独特の書き出しも不要!

    View Slide

  26. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    3.社内での運用事例について
    3.社内での運用事例について

    View Slide

  27. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    3.社内での運用事例について
    職種を超え、日々の業務でBotを活用しております。
    社内では、エンジニアが作成した
    Botプログラムが多数存在し
    ここではその一例を紹介します。

    View Slide

  28. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    3.社内での運用事例について
    ・MTGスペースの空き状況確認Bot

    View Slide

  29. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    3.社内での運用事例について
    ・トイレの空き状況を教えてくれるBot
    → 人感センサーと連携         
    ・社員名で座席位置を教えてくれるBot
    → スプレッドシートと連携

    View Slide

  30. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    3.社内での運用事例について
    ・Times(日報)
    time_個人名  の個人用Public channel。
    当初は日報や報告の場であったのが
    Twitterの如くカジュアルに呟かれ
    仕事中の悩みを共有する場所と変貌。
    実に180ものchannelで
    日々疑問点が解決されております。

    View Slide

  31. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    まとめ
    ・Slackはチャットツールの枠を超えた
    コラボレーションツール、情報集約基盤である。
    ・SlackのPublic Channelの存在は
    「自発的に情報を共有し、取得する」という
    企業文化を形成してくれる。

    View Slide

  32. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    今後の展望
    ・SSO連携、2要素認証の導入促進
    ・PublicChannelの導入促進。
    ・社内システムと連携したbotの開発。
    ・「Slack疲れ」や「休日にも見てしまう」事を防ぐ。
    ・情報を取捨選択するスキルの必要性。
    導入後も、試行錯誤は多く続きます。

    View Slide

  33. CONFIDENTIAL ©NAVITIME JAPAN
    今後の展望
    ご清聴いただきまして
    ありがとうございました。

    View Slide