Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

嗚呼、我が”くれない”の日々よ

 嗚呼、我が”くれない”の日々よ

2021年10月14日(木)に開催の『社内エヴァンジェリストのための「くれない」ワークショップ』にて発表した資料です。

NAVITIME JAPAN
PRO

October 14, 2021
Tweet

More Decks by NAVITIME JAPAN

Other Decks in Business

Transcript

  1. 嗚呼、我が”くれない”の日々よ 株式会社ナビタイムジャパン VP of Engineering 小田中 育生 ©NAVITIME JAPAN Co.,

    Ltd.
  2. 自己紹介 ©NAVITIME JAPAN Co., Ltd. 経路探索の研究開発部門責任者としてGPGPUを活用した超高 速エンジンやMaaS時代にフィットしたマルチモーダル経路探 索の開発を推進 移動体験のアップデートに携わりながら、VPoEとしてアジャ イル開発の導入推進、支援を行う。

    著書「いちばんやさしいアジャイル開発の教本」インプレス 小田中育生(おだなかいくお) a.k.a. いきいきいくお/@dora_e_m (株)ナビタイムジャパン VP of Engineering ACTS(研究開発) ルートグループ責任者
  3. 自分の周囲から変化を起こし 今ではその向き先が組織全体になってきた ©NAVITIME JAPAN Co., Ltd. Scrum Fest [email protected] 「ニガテ意識を塗り替える~いかに組織を変えていくか~」より

  4. アジャイル、ふりかえり、VSM・・・ 変革の取り組みを何度も発信してきた ©NAVITIME JAPAN Co., Ltd.

  5. 新しいことを始め 推進することは、すなわち 己の中の「くれない」との戦いである ©NAVITIME JAPAN Co., Ltd.

  6. ©NAVITIME JAPAN Co., Ltd. わたしの「くれない」 原体験

  7. 単体テスト導入を進めたかったあの日 私 上長 単体テスト ちゃんと 書きましょうよ やりたい人が やればいい と思うよ

  8. スクラムを導入したかったあの日 ©NAVITIME JAPAN Co., Ltd. DevLOVE「ナビタイムR&D部門が辿るカイゼンのキセキ」より

  9. VSMを推進したかったあの日 ©NAVITIME JAPAN Co., Ltd.

  10. どうして わかってくれないダァー! ©NAVITIME JAPAN Co., Ltd.

  11. 私は、なぜ 「どうしてわかって紅だァー!」 と気色ばむのか。 ©NAVITIME JAPAN Co., Ltd.

  12. こんなにメリットがあるものは、諸手を 上げて受け入れられるだろうという期待 ©NAVITIME JAPAN Co., Ltd. メリット 私

  13. 俺が見えないのか すぐそばにいるのに ©NAVITIME JAPAN Co., Ltd. メリット

  14. そう、見えていないのです。 ©NAVITIME JAPAN Co., Ltd.

  15. メリットが見えていない/理屈はわかるが 納得できていない ©NAVITIME JAPAN Co., Ltd. メリット 私 伝えたい人

  16. 誰かから聞いたデメリットや手間ばかり 見えていたりする ©NAVITIME JAPAN Co., Ltd. メリット 私 伝えたい人 デメリット

    手間
  17. 自分は自分で、デメリットと手間に 目をつぶっていた ©NAVITIME JAPAN Co., Ltd. メリット 私 伝えたい人 デメリット

    手間
  18. どうやってこの状況を打破する? ©NAVITIME JAPAN Co., Ltd.

  19. 相手に変わってもらう? 私 伝えたい人 知らないんですか? 勉強してください (怒)

  20. 吹き抜ける風にさえ 目を閉じる ©NAVITIME JAPAN Co., Ltd.

  21. 相手を変えるのは難しい 強引に変えようとするとかたくなになる

  22. じゃあ、自分の行動を 変えればいい ©NAVITIME JAPAN Co., Ltd.

  23. 太陽だ、俺は太陽になるのだ!!

  24. 知らないなら、メリット・デメリット・ 手間を共有すればいいじゃない ©NAVITIME JAPAN Co., Ltd. メリット 私 伝えたい人 デメリット

    手間
  25. 興味ないなら、持ってもらえるような 情報を出せばいいじゃない 知らない ・ 興味ない 「なぜ」を 知ってもら う 実例を示す 行動する

    成功する サポート する
  26. それでうまくいったのかって? だから今、私はここにいる。 ©NAVITIME JAPAN Co., Ltd.

  27. ©NAVITIME JAPAN Co., Ltd. 己の「くれない」を越えた先に 変革はある