Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

オンラインカンファレンスとBacklog World 2020 のチームビルディング/devreljp52

オンラインカンファレンスとBacklog World 2020 のチームビルディング/devreljp52

2020-06-03に行われた #devreljp 登壇スライドです。Backlog World 2020 re:Union オンラインについて、チームビルディングとオンラインイベントで工夫した点をはなしました。

Cbc9561ae10a196ca473048980db31d0?s=128

Ichiro Nishiuma

June 03, 2020
Tweet

Transcript

  1. 西馬 一郎 @beppu01 #JBUG(Japan Backlog User Group) 2020年6月3日 DevRel Meetup

    in Tokyo #52 #devreljp オンラインカンファレンスと 2つの異なるチームビルディング 「Backlog World 2020 re:Union」 #JBUG
  2. JBUGコミュニティから来ました(西馬 一郎) 西からきた馬ヅラの男 Backlog World 2020 運営委員長 日経電子のバーーンの 中の人 DevRel、技術広報

    エンジニア採用、サウナ @beppu01 #JBUG #devreljp #JBUG
  3. きょうお話したいこと オンラインカンファレンスのプロジェクトマネジメント コミュニティを越えた知見の共有 オンライン時代のコミュニティのあり方 #JBUG

  4. 1. JBUGコミュニティ 2. Backlog World 2020 re:Unionオンライン 3. 完全オンラインとリハーサル重要性 4.

    オンライン時代のコミュニティのあり方 目次 #JBUG
  5. 1. 複数のメンバーで目標を期日までに達成する 2. チームで物事を進めていく 小難しく感じますが、仕事をうまく回すための手法 この旗を立てるのがPM(プロジェクトマネージャー) プロジェクトマネジメント #JBUG JBUGコミュニティの紹介

  6. 1. プロジェクトマネジメントの民主化 身近なものにする 2. より「働くを楽しくする」を実現 社会や職場の生産性の向上 ※ツールにとどまらない幅広いテーマを扱う ※全国12拠点でコミュニティ主催の勉強会 JBUGコミュニティのビジョン #JBUG

    JBUGコミュニティの紹介
  7. 1. 期日までに目的を果たすのが仕事 1. プロジェクトマネジメントはプロマネだけのモノではない 2. メンバー1人1人にもPM仕事の進め方知っておいてもらう 2. プロジェクトマネージャーは孤独なので共に学ぶ 1. チームビルディング

    プロジェクトマネージャーにとってプロジェクト #JBUG JBUGコミュニティの紹介
  8. 1. 「プロジェクトマネジメントの民主化」ビジョンを実現するために JBUGを展開 2. 全国12拠点で活動 3. 幅広いテーマ 1. チームビルディング 2.

    組織のマネジメント 3. ファシリテーション 4. Backlog オフライン JBUGの活動と展開 #JBUG JBUGコミュニティの紹介
  9. 1. JBUGコミュニティ 2. Backlog World 2020 re:Union オンライン 3. 完全オンラインとリハーサル重要性

    4. オンライン時代のコミュニティのあり方 目次 #JBUG
  10. 4月18日 オンライン 開催 #JBUG JBUGコミュニティの紹介 Backlog World 2020テーマはONE 学びを得て第1歩を踏み出す、1つになる 2月29日

    オフライン 開催中止
  11. オンライン(中止)とオフライン 両方やった運営委員長 新型コロナウイルスの影響拡大 #JBUG

  12. 喪失感、無力感がありましたが 多数のみなさまの励まし 励ましが我々の力水に 逆境にひるまず、ピンチをチャンスに 中止決定をして以降 #JBUG

  13. 1. 1つのイベント2つのやり方 2. 1つのイベント2つのチーム 3. オフライン・オンラインどちらも素晴らしいチーム・仲間 新型コロナウイルスの影響拡大防止 #JBUG

  14. 1. 2月17日、中止の決定。18日アナウンス 2. 2月25日、「PMなら押さえておきたいクラウドサービス勉強会」 でオンライン登壇を初経験 3. 2月28日、Backlog ファンによるオンラインで話す会 メガネさん 4.

    3月16日、キックオフ 日程とオンライン開催決める 5. 4月7日、緊急事態宣言 6. 4月9日、運営会議でオンラインの形式決める 7. 4月18日、Backlog World 2020 re:Union開催本番 中止にしてからの動き #JBUG
  15. 1. より深刻さを増す感染拡大防止策のアナウンス 1. 移動に制限、会えない 2. 緊急事態制限 2. プロジェクト、チーム運営はより慎重・厳しい方向で考える 1. 常に複数の対応策を検討

    2. 集まらない、移動しない、外出しない 3. 「命と健康を守る」 日々変わる感染拡大の防止策 #JBUG
  16. 1. リスクに対応 2. 変化に対応 困難を乗り越え、実現したいという想い 前例踏襲ができないプロジェクト運営 #JBUG

  17. 配信の方式 完全オンライン 運営メンバー 自宅 登壇者 自宅 自宅 参加者 自宅 配信メンバー

    自宅 3密避ける 外出しない
  18. 1. 当日のオンライン配信のやり方も3通り検討 2. 感染拡大の影響により変わってくる 実現したいという熱量と冷静なリスクマネジメント 複数の想定とリスクマネジメント #JBUG 当日の運営 一番厳しい 中くらい

    緩い 運営メンバー 完全オンライン 配信に関わる3~ 4人だけ集まる 東京近郊在住のメ ンバーは集まる 登壇者 完全オンライン 東京近郊のメン バーだけ集まる 全員配信拠点に集 まる 参加者 オンライン視聴 オンライン視聴 オンライン視聴
  19. 1. 2/29の現地開催で準備していたものを引き継ぐ コンテンツ、登壇者、運営Tシャツ 2. 再結集 30人→11人 3. プログラム再編成 複数トラック→単一 4.

    配信ノウハウはないので、天神放送局さんに依頼 オンライン切り替えの骨格 #JBUG
  20. 1. 天神放送局様のサポート 2. 「ライブ配信で機会格差を無くす」 3. 松井さま、新藤さまの協力 天神放送局さん #JBUG

  21. Backlog World 2020の場合の比較 #JBUG オフライン(中止) オンライン 参加申し込み 約200人 開催10日前 634人

    イベント時間 8時間 約5時間 場 東京大崎ブライトコア You Tube 参加費 有料 無料 イベント申し込み eventwave connpass 登壇者数 30弱 10人 リハーサル 当日のみ 4-5回
  22. Backlog World 2020の場合の比較 #JBUG 主観的な比較あり オフライン(中止) オンライン 運営メンバー 30人 11人

    準備期間 9ヶ月 1ヶ月 立ち上げ 順序立てて段階的に 垂直立ち上げ 進め方 ウォーターフォール型 アジャイル型 決定方式 事務局たたき台方式 みんなで決める方式 定例会 全体月1回、事務局月1 週2回 チームの担当範囲 キッチリ ゆるい
  23. Backlog World 2020の場合の比較 #JBUG 主観的な比較あり オフライン(中止) オンライン チャットやり取り 疎 密

    会議の後の懇親会 居酒屋 Zoom呑み 会議の開始時刻 19:30 (約1時間) 21:30 (2時間) スタイル 事務局主導 提案型 フラット 自律型 抜け漏れ 少ない 多い カバー助け合い 少ない 多い 不確定要素 少ない 多い
  24. 1. オフライン開催に向けた活動があったのでオンラインでできた 1. 人間関係の構築 2. テーマやコンテンツ 3. コミュニティのビジョン 2. 運営ミーティングは必ず事前にアジェンダを作った

    3. ルールの利用 Backlogとtypetalkを使う 一貫性 #JBUG
  25. 1. 発明ではないか Journeymanさん発案 出た時の反応がすごかった 2. リアルタイムにツイートを流す 3. 熱量の表現 オンライン配信の1つのカタチ #JBUG

  26. 気持ちの切り替え #JBUG

  27. ONE チームで一丸となる プロジェクトマネジメントの学びを得て、第1歩を踏み出す 運営・登壇者・参加者その「場」にいる人たち、コミュニティが1つに re:Union 熱い思いを持った運営メンバーの再会、チーム再結成 中止になったイベントを諦めない「再」開催 あらためてテーマとイベント名 #JBUG

  28. 以下の既成概念は崩れました 1. 熱気はオフライン(会場)で感じるもの 2. イベントは現地が基本、来れた人のもの 3. 出会いは現地でリアルが基本 4. 登壇で相手の反応がわからない オンライン配信の成果

    #JBUG
  29. 1. JBUGコミュニティ 2. Backlog World 2020 re:Union オンライン 3. 完全オンラインとリハーサル重要性

    4. オンライン時代のコミュニティのあり方 目次 #JBUG
  30. 1. それぞれ別拠点なので、合図や気配が全くわからない 2. 運営メンバーと登壇者のやり取り 3. 運営メンバーと配信メンバーのやり取り 完全オンラインの難しさ #JBUG

  31. 完全オンラインの難しさ 運営メンバー 自宅 登壇者 自宅 自宅 参加者 自宅 配信メンバー 自宅

    3密避ける 外出しない
  32. 完全オンラインの難しさ 運営 チャットは Facebook メッセンジャー 登壇者 全員自宅 参加者 自宅 配信メンバー

    2系統のzoom 左右の耳にイヤホン 控室 本番
  33. 1. 本番の不確実性を極力へらす 2. 本番でトラブっても落ち着いて対応できる 3. キュー出しのセリフと意思統一 かけあい 1. 「••さん、準備はいいですか」 4.

    オンラインなのでリハをやってみないと分からない 1. 「それが」「あれが」など指示代名詞が分からない 2. 勘違いや思い違いが多数発生 3. 登壇者の準備の段階もちがう リハーサルは重要 #JBUG
  34. 1. 運営メンバー、配信メンバー(天神放送局)、登壇者でそれぞれ描 いているイメージが違う 2. 絵コンテ・ポンチ絵でイメージの統一を図る 絵コンテ・ポンチ絵が重要 #JBUG

  35. ① ② ③ ④ シーン1:1人の場合 タイトルと 名前

  36. ① ② ③ ④ シーン2:2人の場合 タイトルと 名前

  37. ① 登壇スライド ② ③ ④ シーン3:登壇の場合 タイトルと 名前

  38. 1. 登壇者向けの資料作成 (興味があれば共有します) 2. 登壇者向けリハーサル その1 本番数日前 3. 登壇者向けリハーサル その2

    当日3時間前 登壇者向けリハーサル #JBUG
  39. 1. noteの執筆 1. 運営、非運営メンバー関わらず投稿 2. 運営裏話、配信ノウハウ、リハーサルの重要性 3. noteのJBUGマガジン 2. アーカイブがあるのであとでYou

    Tubeが見られる 天神放送局さんのサイト イベント後もブログを通じた盛り上がり #JBUG
  40. 1. JBUGコミュニティ 2. Backlog World 2020 re:Union オンライン 3. 完全オンラインとリハーサル重要性

    4. オンライン時代のコミュニティのあり方 目次 #JBUG
  41. 1. 各地12拠点メンバーによびかけ、全国JBUG会議を実施 2. オンラインイベントについて方針決め 3. オンライン配信の知見を持つre:Union運営メンバーが支援、ノウハ ウ共有 4. 運営メンバー、バーチャル背景の統一 1.

    運営はTシャツを揃える発想に近い オンライン時代のコミュニティのあり方 #JBUG
  42. 1. 地域名を関するコミュニティ名が成立するのか 1. JBUG札幌、JBUG東京、JBUG大阪、JBUG高知、、、 2. 地域名は必要 1. 参加者は全国になっても運営は地元中心でやりたい 2. 独自色を出したい

    3. 登壇者はご当地メンバー中心で遠隔からのゲスト登壇 3. 特に地方はコミュニティのコラボが魅力 オンライン時代のコミュニティのあり方 #JBUG
  43. 1. コミュニティ勉強会の機会格差を解消(特に地方) 2. 地方コミュニティのコラボが魅力 1. コミュニティリーダーは複数かけもち 2. コミュニティ同士の出会い 3. 「JBUGさんはキッチリしてはりますね」

    1. 他のコミュニティとの交流での一コマ 2. 自身のコミュニティの特徴を知ることに 地方コミュニティでの交流 #JBUG
  44. オンラインに合わせコミュニティをととのえる #JBUG

  45. 1. いい汗かきましょう 2. プロジェクトマネジメントの観点「春はきっと来る」 実現に向け粘り強く 思いが結実 3. オフラインと違う価値との出会い 4. コミュニティの新しい形のあり方、ニューノーマルの模索

    オンライン時代に挑戦しましょう #JBUG
  46. None