nikkei project

nikkei project

「Backlog World プロジェクト管理に関わる全ての方のための祭典」発表資料

Cbc9561ae10a196ca473048980db31d0?s=128

Ichiro Nishiuma

February 18, 2018
Tweet

Transcript

  1. 5.

    日経電子版、日経の紹介 • 2018年1月に有料会員55万人突破 • 電子版登録会員 350万人 • 2010年3月に創刊 • PC/モバイルサイト、電子版アプリ、紙面

    ビューアーアプリ • 日経ID会員 800万人 • デジタル事業 BtoCユニット – エンジニア 約50人 • iPhone/Android • Webのフロントエンド、API • インフラ、認証、課金、決済 5
  2. 6.

    自己紹介 • 西馬一郎(にしうま いちろう) • インフラエンジニア – 2010年、電子版創刊 – 2015年、電子版AWS移行

    – 2017年、電子版完全https化対応 – 直近は、API開発や認証システム • Backlog活用 • JBUG、JAWS-UG(JAWSDAYS2018スタッフ) • 会社の宴会担当、銭湯部員、サウナ好き 6
  3. 7.

    日経電子版ができた頃の プロジェクト管理(2010年当時) • 表計算ソフトで課題とスケジュール管理 – 複数人で同時に編集できない – ステータスの管理が面倒 – 情報の共有ができない

    • できても週1程度で会議した時だけ – タスクの見える化ができない – コミュニケーションがうまくいかない • 非効率と思いつつそれでやるしか無かった • 当時は外注による開発がメイン 7
  4. 8.

    開発力を上げるため変えたこと • 組織、体制のあり方の問題だった – チーム制にして兼任を無くす • 内製開発の推進 一気にやらず少しずつ • 開発しやすい環境づくり

    • 朝会、振り返り会、開発合宿 • 会議を少なくするためツール導入 – Backlog、slack、Qiita:Team • 自分たちのコアコンピタンスの見直し • カイゼン活動とPDCA 8
  5. 10.

    日経でのBacklog活用 • 使用者数 830人 • プロジェクト数 210個 • 利用用途 –

    プロジェクト管理 – タスク管理 – 課題管理 – 情報共有 – アジェンダと議事録 – 手順書 – システム構成 10
  6. 11.

    ここ最近の成果 1. 日経電子版サイト高速化 表示速度改善 2. Nikkei for Slack 3. 2017年度

    グッドデザイン賞「ベスト100」 日経電子版アプリ 日経電子版紙面ビューアー 日経電子版ビジュアルデータ(グッドデザイン金賞) 4. 決算サマリー(AI記者) 5. 紙面ビューアーでサーバレス 6. 日経ID基盤でサーバレス 7. アプリやモバイルで全角を半角に変更 11
  7. 16.

    ここ最近の成果 1. 日経電子版サイト高速化 表示速度改善 2. Nikkei for Slack 3. 2017年度

    グッドデザイン賞「ベスト100」 日経電子版アプリ 日経電子版紙面ビューアー 日経電子版ビジュアルデータ(グッドデザイン金賞) 4. 決算サマリー(AI記者) 5. 紙面ビューアーでサーバレス 6. 日経ID基盤でサーバレス 7. アプリやモバイルで全角を半角に変更 16
  8. 25.