Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

IBM Cloud AIサービスのいろは

IBM Cloud AIサービスのいろは

初めてCloud のAIサービスを使う方向けの資料、翻訳サービスのハンズオン資料を含む

noricokt

May 12, 2021
Tweet

More Decks by noricokt

Other Decks in Education

Transcript

  1. IBM Tech Developer Dojo
    IBM Cloud AIサービスのいろは
    Noriko Kato
    Federated Developer Advocate

    View full-size slide

  2. ⾃⼰紹介
    2
    加藤典子(Noriko Kato)
    カスタマー・サクセス・マネージャー
    IBM @noricokt
    お気軽にフォローください!

    View full-size slide

  3. クラウドを選ぶメリット
    3
    いつでも
    どこにいても
    インターネットがあれば
    }ü 開発できる
    ü リリースできる
    ü 試せる

    View full-size slide

  4. 出席登録
    こちらのURLにアクセスして、IBM Cloudにログイン
    お願いします。
    https://ibm.biz/BdfPuv
    アカウント未登録の⽅も
    こちらから登録お願いします。

    View full-size slide

  5. 準備
    Demo 体験はこちらをご⽤意ください(任意)
    1. テキスト⽂書(2000⽂字程度)
    2. ニュースなどの記事URL
    ハンズオンはこちらをご⽤意ください(任意)
    1. IBM Cloud アカウント(ライト)
    2. テキストエディター

    View full-size slide

  6. 学習の⽬的とゴール
    ⽬的
    AI/Watson APIの概要について理解する
    ゴール
    APIを利⽤したアプリケーション活⽤を検討できる
    このコースを学ぶ⽅の想定スキル
    APIをこれから利⽤する⽅
    ブラウザの操作ができる⽅
    ハンズオンパートは記載された通りにコマンド操作ができる⽅

    View full-size slide

  7. 本⽇の説明内容
    1. AI & IBM Watson
    2. AI/Watson APIの紹介
    3. ハンズオン資料

    View full-size slide

  8. 1. AI & IBM Watson

    View full-size slide

  9. ⼈⼯知能(AI)は
    ⼈間の知能のはたらきを模倣し,
    機械(技術)で実現した能⼒です。
    9

    View full-size slide

  10. ⼈間の知能の例 Human Intelligence
    10
    計画 学習
    創造性
    問題解決
    推論
    知覚
    操作

    View full-size slide

  11. Cloud上で使えるAIサービス
    ・・・
    Internet
    PC Azure
    AWS
    GCP
    IBM Cloud
    Smart Phone
    Server
    各社クラウド
    Direct Link

    View full-size slide

  12. 12
    Watson APIの特徴
    • ネットワーク経由でアクセス
    • REST形式のインターフェイス
    • Java, Python, Node.jsなどに対応した
    APIライブラリ(SDK)
    • https://github.com/watson-developer-cloud

    View full-size slide

  13. 13
    Watson APIの特徴
    • ネットワーク経由でアクセス
    • REST形式のインターフェイス
    • Representational State Transferの略。
    Web APIを実装する際の代表的なアーキテクチャの⼀つ。
    • Java, Python, Node.jsなどに対応した
    APIライブラリ(SDK)
    • https://github.com/watson-developer-cloud

    View full-size slide

  14. 14
    Watson API REST形式のインターフェース
    ・・・
    HTTP Request
    GET
    POST
    PC
    HTTP Response
    JSON
    JSON
    Azure
    AWS
    GCP
    IBM Cloud
    Smart Phone
    Server
    各社クラウド

    View full-size slide

  15. RESTインターフェースの例
    15
    クライアント
    https://gateway.watsonplatform.net
    /language-
    translator/api/v3/translate
    URL: https://gateway.watsonplatform.net/
    language-translator/api/v3/translate
    メソッド: POST
    {"text":["Hello"],
    "model_id":"en-ja"}
    {"text":["Hello"],
    "model_id":"en-ja"}
    JSON
    ②対応する
    処理
    APIサービス
    {"text":["Hello"],
    "model_id":"en-ja"}
    JSON
    {
    "translations" : [ {
    "translation" : "ハロー"
    } ],
    "word_count" : 1,
    "character_count" : 5
    }
    ①リクエスト
    送信
    ③レスポンス
    送信

    View full-size slide

  16. 16
    Watson APIの特徴
    • ネットワーク経由でアクセス
    • REST形式のインターフェイス
    • Java, Python, Node.jsなどに対応した
    APIライブラリ(SDK)
    • https://github.com/watson-developer-cloud

    View full-size slide

  17. 2. Watson API

    View full-size slide

  18. Watson APIサービス一覧
    2021年5⽉現在
    Watson Assistant
    アプリケーションに⾃然⾔語インターフェースを追加して
    エンドユーザとのやり取りを⾃動化
    Text to Speech
    テキスト⽂章を⾳声に変換する
    Speech to Text
    ⾳声をテキスト⽂章に変換する
    Discovery
    先進的な洞察エンジンを利⽤して、デー
    タの隠れた価値を解明し、回答やトレン
    ドを発⾒する
    Personality Insights
    テキストから筆者の性格を推定する
    Language Translator
    テキストを他⾔語へ翻訳を⾏う
    Natural Language Understanding
    ⾃然⾔語処理を通じてキーワード抽出、エン
    ティティー抽出、概念タグ付け、関係抽出な
    どを⾏う
    Natural Language Classifier
    テキスト⽂章の分類を⾏う(質問の意図推定など)
    Tone Analyzer(⽇本語未対応)
    テキストから筆者の感情、社交性、⽂体を解析
    ⾔語系
    照会応答系
    知識探索系
    ⾳声系
    ⼼理系
    18
    Natural Language Understanding
    テキストを分析しメタデータを抽出する

    View full-size slide

  19. Watson Assistant
    19
    ü チャットボットのような対
    話アプリケーションの開発
    に最適
    ü 会話フローをグラフィカル
    に開発できるツールを提供
    ü 作成した会話フローをAPIで
    呼び出し
    Watson: こんにち
    はシステムサポー
    トです。何かお困
    りですか︖
    User: 交通費精算シ
    ステムだよ。
    エンティティー: システム
    Value: 交通費精算システム
    Watson: 何のシス
    テムにログインで
    きないのですか︖
    User: ログインでき
    ないよ
    意図: ログイン不可
    Watson:交通費精
    算システムにログ
    インできない場合
    のチェック項⽬の
    URLを送ります
    http://xxx
    交通費精算システムのログイ
    ン不可にに関する情報を検索
    色々な言い回し
    “ログインエラーになる”
    “ログインが失敗するけど”
    色々な言い回し
    “交通費のやつ”
    “精算システム”
    Webツールで
    インテント、
    エンティ
    ティー、
    会話フロー
    を作成可能
    https://www.ibm.com/watson/jp-
    ja/developercloud/conversation.html

    View full-size slide

  20. DEMO
    20
    DOC ID / Month XX, 2018 / © 2018 IBM Corporation
    Watsonを使⽤したLINE chat bot

    View full-size slide

  21. 参考情報
    Watson Assistant⼊⾨
    https://cloud.ibm.com/docs/services/assistant?topic=a
    ssistant-getting-started&locale=ja
    Watson Assistant デモサイト (銀⾏受付業務︓英語)
    21

    View full-size slide

  22. Natural Language Understanding
    (NLU)
    üテキストを分析し、概念、エンティ
    ティー、キーワード、カテゴリー、
    感情、関係、意味役割などのメタ
    データを抽出※
    ü事前学習済みであり、
    個別追加学習なく解析結果を取得
    抽出できるもの
    • エンティティ(Entities)
    • 関係(Relations)
    • 概念(Concepts)
    • キーワード(Keywords)
    • 評判 (Sentiment)
    • 感情 (Emotion) ※
    • カテゴリー(Categories)
    • 構⽂解析(Semantic Roles)
    ※ 感情分析(Emotion)は⽇本語には対応していません
    https://www.ibm.com/demos/live/natural-language-
    understanding/self-service/home

    View full-size slide

  23. üWatsonを利⽤した⽂書検索
    エンジン
    ü膨⼤なテキストデータを取
    り込み、NLUで解析、検索に
    利⽤
    ü⾃然⾔語でも検索できる
    (またはDiscovery Query Language(DQL))
    Discovery
    https://www.ibm.com/watson/jp-ja/developercloud/discovery.html

    View full-size slide

  24. Text to Speech
    テキスト⽂章を⾳声に変換する
    https://www.ibm.com/demos/live/tts-demo/self-service/home
    DEMO
    Language Translator
    ⾃然⾔語テキストについて他⾔語へ翻訳を⾏う
    https://www.ibm.com/watson/jp-ja/developercloud/language-translator.html

    View full-size slide

  25. Speech to Text
    ⾳声をテキスト⽂章に変換する
    https://www.ibm.com/watson/jp-ja/developercloud/speech-to-text.html
    Natural Language Classifier
    テキスト⽂章の分類を⾏う(質問の意図推定など)
    https://www.ibm.com/watson/jp-ja/developercloud/nl-classifier.html
    Personality Insights
    テキストから筆者の性格を推定する
    https://www.ibm.com/watson/jp-ja/developercloud/personality-insights.html

    View full-size slide

  26. 26
    Tone Analyzer(⽇本語未対応)
    テキストから筆者の感情、社交性、⽂体を
    解析する
    https://tone-analyzer-demo.ng.bluemix.net/

    View full-size slide

  27. 3. Watson APIの使い⽅ (DEMO)
    ここからハンズオンのDEMOになります。
    ⼀緒にやってみましょう︕

    View full-size slide

  28. Watson APIの使い⽅の基本
    28
    1. IBM Cloudにログインして必要なサービスを作成
    今回はLanguage Translator を使います。
    2. 作成したサービスの資格情報である
    API KEY(API鍵)、URLを取得
    3. 取得したAPI KEY、URLを指定してAPIを呼び出す
    APIの詳細はこちらから確認
    https://cloud.ibm.com/apidocs

    View full-size slide

  29. Watson APIの使い⽅の基本
    29
    1. IBM Cloudにログインして必要なサービスを作成
    今回はLanguage Translator を使います。
    2. 作成したサービスの資格情報である
    API KEY(API鍵)、URLを取得
    3. 取得したAPI KEY、URLを指定してAPIを呼び出す
    APIの詳細はこちらから確認
    https://cloud.ibm.com/apidocs

    View full-size slide

  30. • IBM Cloud ログイン
    アカウントをすでにお持ちの⽅は、
    IBMidを⼊⼒してこちらからログインしてください
    3-1.1.IBM Cloudにログイン︕
    https://cloud.ibm.com/loginにアクセスしてログインします。
    • IBM Cloud ライトアカウント作成
    アカウントをお持ちでない⽅は、
    ご登録をお願いします
    30

    View full-size slide

  31. 31
    3-1.2「カタログ」をクリック この操作は
    IBM Cloud

    View full-size slide

  32. 32
    3-1.3左側のメニューから
    「サービス」→カテゴリ「AI」 をクリック
    この操作は
    IBM Cloud

    View full-size slide

  33. 33
    3-1.4 スクロールして使いたい
    Watsonサービスをクリック
    今回はLanguage Translatorをクリックしてください。
    この操作は
    IBM Cloud

    View full-size slide

  34. 3-1.5地域とプランを選んで「作成」をクリック
    34
    この操作は
    IBM Cloud

    View full-size slide

  35. 35
    3-1.6 下記のような画⾯に変わったら作成完了!
    この操作は
    IBM Cloud

    View full-size slide

  36. Watson APIの使い⽅の基本
    36
    1. IBM Cloudにログインして必要なサービスを作成
    今回はLanguage Translator を使います。
    2. 作成したサービスの資格情報である
    API KEY(API鍵)、URLを取得
    3. 取得したAPI KEY、URLを指定してAPIを呼び出す
    APIの詳細はこちらから確認
    https://cloud.ibm.com/apidocs

    View full-size slide

  37. 37
    3-2.1左側のメニューから「管理」をクリック
    この操作は
    IBM Cloud

    View full-size slide

  38. 38
    資格情報にあるAPI KEYとURLをテキストファイルなどにコピーします。
    このアイコンで
    コピーできます
    HINT: API鍵(=API KEY), URLをコピー この操作は
    IBM Cloud

    View full-size slide

  39. 39
    1
    HINT: よくわからない画⾯になった場合
    IBM Cloud→すべて表⽰→Services→表⽰させたいサービス名
    2
    3
    4
    この操作は
    IBM Cloud

    View full-size slide

  40. Watson APIの使い⽅の基本
    40
    1. IBM Cloudにログインして必要なサービスを作成
    今回はLanguage Translator を使います。
    2. 作成したサービスの資格情報である
    API KEY(API鍵)、URLを取得
    3. 取得したAPI KEY、URLを指定してAPIを呼び出す
    APIの詳細はこちらから確認
    https://cloud.ibm.com/apidocs

    View full-size slide

  41. 41
    APIの詳細はこちらからhttps://cloud.ibm.com/apidocs
    HINT:まずはAPIの使い⽅を確認
    クリック

    View full-size slide

  42. 42
    APIドキュメントにあるExample requestのコードをコピーし
    ます。
    url: https://cloud.ibm.com/apidocs/language-translator?code=node#translate
    3-1 サンプルコード取得
    このアイコンを
    クリックして
    コピーできます

    View full-size slide

  43. 43
    コピーしたコードを開いているエディターにペーストします。
    3-2 サンプルコード編集 この操作は
    テキストエディタ

    View full-size slide

  44. 44
    資格情報にあるAPI KEYとURLをテキストファイルなどにコピーします。
    このアイコンで
    コピーできます
    HINT: API鍵(=API KEY), URLをコピー この操作は
    IBM Cloud

    View full-size slide

  45. 45
    7⾏⽬: {apikey}をコピーしたAPI鍵で置き換えます。
    3-3 サンプルコード 編集
    9⾏⽬: {url}をコピーしたURLで置き換えます。
    この操作は
    テキストエディタ

    View full-size slide

  46. 46
    14⾏⽬: 'en-es'を'en-it'で置き換えます。
    3-4 サンプルコード編集 この操作は
    テキストエディタ

    View full-size slide

  47. 47
    編集したファイルを任意のディレクトリに「translate.js」
    という名前で保存します。
    3-5 サンプルコード保存 この操作は
    テキストエディタ

    View full-size slide

  48. 3-6 IBM Cloud Shellの起動 この操作は
    IBM Cloud

    View full-size slide

  49. 49
    次のコマンドでディレクトリを作成し、作成したディレクトリ
    に移動します。($は⼊⼒しないでください)
    $ ls : ファイルの確認
    $ mkdir translate : translate ディレクトリの作成
    $ cd translate : 作成したtranslate ディレクトリへ移動
    3-7 ディレクトリの作成 この操作は
    IBM Cloud Shell

    View full-size slide

  50. 3-8 IBM Cloud へのログイン
    $ ibmcloud login : IBMクラウドへのログイン
    E-mail / Password を⼊⼒
    この操作は
    IBM Cloud Shell

    View full-size slide

  51. 3-9 実⾏環境を整える
    $ ibmcloud --version
    $ ibmcloud cf install
    $ git --version
    $ node --version
    この操作は
    IBM Cloud Shell

    View full-size slide

  52. 3-10 translate.js のアップロード
    メニューバーのアップロードアイコンをクリック、
    保存したtranslate.jsを指定してアップロード
    この操作は
    IBM Cloud Shell

    View full-size slide

  53. 3-11 アップロードファイルを移動します
    アップロードファイルはホームディレクトリに保管されるので、
    translate ディレクトリにムーブ(mv)します。
    $ cd ../︓ホームディレクトリに移動
    $ ls : アップロードファイルの確認
    $ mv translate.js translate/translate.js ︓mv指定
    $ cd translate : translate ディレクトリに移動
    この操作は
    IBM Cloud Shell

    View full-size slide

  54. 54
    APIドキュメントにあるInstallationのコードをコピーします。
    url: https://cloud.ibm.com/apidocs/language-translator?code=node#introduction
    3-12 コード取得
    このアイコン
    をクリック
    してコピー
    できます

    View full-size slide

  55. 55
    IBM Cloud Shellに戻り、コピーしたコマンドをペーストし実
    ⾏します。(現⾏は6.x.x)
    3-13 サンプルコードの実⾏
    $ npm install ibm-watson@^5.6.0
    以下のコマンドでtranslate.jsを 実⾏します。
    $ node translate.js
    この操作は
    IBM Cloud Shell

    View full-size slide

  56. 56
    実⾏結果は確認できましたか︖
    英語のHello, how are you todau? がイタリア語の
    Ciao, come stai oggi?に変換されています。
    3-14 実⾏結果の確認
    サンプルコード 結果

    View full-size slide

  57. 57
    translate.jsを修正し、13⾏⽬のtextを適当な⽇本語の⽂章に、
    model_idをʻja-enʼにしてtranslate2.jsとして保存し、実⾏して
    みましょう。
    [オプション]翻訳⾔語の変更
    サンプルコード 結果
    以下をのコマンドを実⾏

    View full-size slide

  58. まとめ
    Watsonはビジネスで使いやすいAIサービス
    いろいろなサービスがAPIで呼び出せる
    SDKで簡単に実装可能

    View full-size slide

  59. おすすめ情報
    今すぐ使えるWatson API/サービス⼀覧
    https://www.ibm.com/watson/jp-ja/developercloud/services-catalog.html
    チュートリアル
    Watson APIを使うための前準備: サービスの作成と資格情報の取得
    https://qiita.com/nishikyon/items/9b8f697db7ad0a693839

    View full-size slide

  60. 免責事項
    60
    IBM Developer Dojoは開発者の⽅を対象に、IBM Cloudを主とした技術情報をお伝えする⽬的で開催しています。
    講師や運営スタッフにより、開催毎に最適と判断した内容でお届けしています。
    現在、ハンズオンを伴う講義はお客様の費⽤負担がない環境と⼿順でご案内しています。講義終了後、不要に
    なりました制作物はお客様ご⾃⾝で削除をお願いいたします。クレジットカードの登録が伴わない場合、費⽤は
    ⼀切発⽣致しませんが、ご登録いただいたお客様はご注意ください。
    講師陣はみなさまの利⽤状況を個別に確認することはできません。
    ご理解とご協⼒をお願いいたします。
    利⽤したサービスの削除⽅法については講義の中でご案内します。
    ご不明な点がございましたら、当⽇確認をお願いいたします。
    講義終了後、 IBM Developer Dojoに関するお問い合わせは「Slack」にお願いします。それ以外のIBM Cloudの
    お問い合わせにつきましては、弊社サポートセンターまで、次のいづれかの⽅法でお問い合わせください。
    IBM Cloudダッシュボードの「サポート」メニューから「Case」を作成し、英語でご記⼊ください
    IBM Cloudサポートセンター「相談する」ボタンからチャットまたは電話でご連絡ください
    https://www.ibm.com/jp-ja/cloud/support
    ご参加ありがとうございました。

    View full-size slide

  61. 質問&ライブ投票参加
    はこちら
    slido.com
    #dojo 0512pm
    質問タブで質問⼊⼒
    ⾃分も知りたい質問には
    「いいね」をプッシュ!👍
    IBM Tech Dojo
    AI サービスのいろは
    スマホまたはPCでアクセスして
    ぜひ参加お願いします︕
    https://app.sli.do/event/8sbo3fyc

    View full-size slide