Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

LINE Things Mini Award 応募資料

8b0e9a3684bd29ecece29db2582e38ae?s=47 Norippy
September 24, 2019

LINE Things Mini Award 応募資料

rino products
RBC-01 -car battery check system-
の説明資料です。

8b0e9a3684bd29ecece29db2582e38ae?s=128

Norippy

September 24, 2019
Tweet

Transcript

  1. RBC-01 –car battery check system- Designed by rino products

  2. 2 開発背景 実際にバッテリーが上がると、 1.突然の痛い出費! (新品のバッテリーを購⼊するより⾼い︕) 2.楽しみにしていた予定が台無しに! (出発が遅れる︕) ⾞のバッテリー上がりを経験したことはありますか︖ 実はバッテリー上がりでJAFを呼ぶ件数は昨年でも 約71万件起きています。

    (今年初めて⾃分バッテリー上がりをやりました・・・) 実際に経験するとわかりますが、 結構悲しいです
  3. 3 なぜこんな⾞のトラブルが起こるのか︖ 1. ヘッドライトやルームランプの消し忘れ 2. ⻑期間運転していない 3. バッテリーの寿命 ⾞のバッテリー上がりにフォーカスを当てて調べると・・ 整備してもらう

    わかったことは、トラブルの⼤半は ユーザーが⾞の状態を把握していないから発⽣している︕︕ 頻繁にメンテナンスをして 問題を発⾒︕ (情報をユーザーが⼊⼿) ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ これはメーカーの理想になっていて、実際は事が起きてからや、 ⾞検でやっと気づいて整備していることが多い。
  4. 解決するには︖ バッテリー電圧が下がってるよ︕ リビングにいながら、⾞から最新の情報が送られて きて、異常を教えてくれる仕組みがあればいい︕ おっ、メンテ しなきゃ︕ LINEでその情報が取れたら、 すでにAppをインストールしているユーザーも多いので、導⼊の敷居が低そうだ︕ 情報をPUSH!

  5. 5 ということで、 まず第⼀歩としてLINE Thingsを⽤いた ⾞のバッテリーを チェックできるデバイスの開発をしました︕

  6. 6 RBC-01 -car battery check system- 車のバッテリーに接続 リビングに置いておく Gateway Sensor

    device
  7. 7 RBC-01で実現した事 Sensor device ⾞の電圧を測定し、内蔵されている ⻑距離無線モジュールで情報を送る 電圧情報送信 920MHz帯通信 数百mの通信が可能 送られてきた電圧情報を保持。

    ⼈感センサーをトリガーにして LINEにメッセージを送る gateway リビングなど屋内に設置 BLE GatewayとSensor device この2つのデバイスで通信を行い、BLEだけでは不可能な 遠く離れた位置にあるセンサー情報をLINEで見れるようにしました
  8. 8 Sensor device エンジンルームでも使えるよう、Oリングや防水スイッチなどを使い、濡れても大丈夫な 防水設計にしてあります。 Point バッテリーの電圧を定期的にチェックし、送信します。 ほとんど車への負荷がないように、送信時以外はdeep sleep状態になっています。 車のバッテリーに直付けして使用する。

  9. 9 Gateway 人感センサでユーザーの反応があると、保持している電圧情報をBLE経由で送信します。 LINE Thingsを使って動作させる事を前提としていますが、単独でもチェックできるように モード切り替えSWを用意し、7セグLEDやステータスLEDよる表示もできるようにしています。 リビングなど屋内に置いて使用する想定で、置いても邪魔にならないよう小さく設計しました。 (100 mm x

    55mm x 25mm) 人感センサ ESP32 長距離通信モジュール モード切り替えSW Status LED 7SEG LED
  10. 10 LINE Thingsの活⽤ 自動通信機能を用いて、メッセージを表示。電圧に応じて文章とスタンプを変えています。 またGatewayの設定が無線でできるようにLIFFにも対応しました。 LIFF画面では現在の電圧が常に見れるようになっています。 正常 異常 頻繁に値が来ないように、変化した時に1度送るようにしました。 これがいっぱい来ると、ライト付けっ放しだと気づけます。

  11. 11 少し未来に欲しい機能の実装 スマートスピーカーが勝手にお話してくれて、教えてくれたらいいな・・・ LINE Clovaも自動的にお話はまだしてくれないので、Clovaの代わりにBOCCOというロボットを使って、 音声でもお知らせできると便利か検証する為に実装してみました。 声で教えてくれるというのも便利な機能で、家族で情報が共有しやすいです。 LIFFで BOCCO modeを

    ONにすると ⾞のバッテリーの電圧を教えるね。 現在、電圧は12.9Vです。 バッテリーは元気みたい。安⼼だね。 Gatewayの人感センサが反応すると BOCCOが電圧情報を喋ってくれる
  12. 12 システムの構成(sensor device) ⻑距離無線 モジュール DC/DC Converter カーバッテリー Power SW

    ⾞内 電圧のアナログ値 給電 Point 920MHz帯の長距離無線モジュールを使う事で 屋内と屋外という離れた位置での通信を実現しました Gateway
  13. 13 システムの構成(gateway) ESP32 BOCCO API Wi-Fi BLE LIFF AWS Lambda

    Amazon API Gateway ⾃動通信機能 表示命令 スタンドアローン表⽰ LINE back end ⼈感センサ micro USB 給電 ⻑距離無線 モジュール 電圧情報 モードSW
  14. 14 実際の動作は、 動画をご確認ください

  15. 使った感想と今後の展望 15 • 実際にバッテリーの情報を取得できると、故障に対する不安が取り除 けた。 • ⾳声で教えてくれると、ながら作業で情報が取れるので、便利だと感 じた。(Clovaお話して欲しいなぁ・・) • バッテリーだけではなく、センサーを増やして簡易的なセキュリティ

    も出来るようにしたい • ⾞両故障診断ポート(OBD2)から情報を取れるように、 センサーデバイスを作り直す。 実験は必要だが、オイル交換時期の提案などもできるようになると 考えられる。