Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

【Oracle Cloud ウェビナー】【入門&再入門】はじめてのOracle Cloud Infrastructure [+最新情報]

【Oracle Cloud ウェビナー】【入門&再入門】はじめてのOracle Cloud Infrastructure [+最新情報]

Oracle Cloud ウェビナーシリーズ情報: https://oracle.com/goto/ocws-jp
セッション動画: https://go.oracle.com/ocws-jp-ondemand

oracle4engineer

June 19, 2024
Tweet

More Decks by oracle4engineer

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 1. Oracle Cloud Infrastructure とは 2. Oracle Cloud Infrastructure の特徴

    3. Oracle Cloud Infrastructure をお使い頂くために 4. Oracle Cloud Infrastructure 最新情報 本日お話しさせて頂く内容 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 2
  2. 1. Oracle Cloud Infrastructure とは 2. Oracle Cloud Infrastructure の特徴

    3. Oracle Cloud Infrastructure をお使い頂くために 4. Oracle Cloud Infrastructure 最新情報 本日お話しさせて頂く内容 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 3
  3. Oracleは、企業情報システムの変遷における長い歴史の中で、様々なお客様・パートナー様に テクノロジーの観点から貢献してきたノウハウを、さらにクラウド環境へ拡大していきます 45 年以上にわたるイノベーションをクラウド・テクノロジーへ Copyright © 2024, Oracle and/or its

    affiliates 4 インターネット Webシステム 2000s - 2010s クライアントサーバ 1990s - 2000s メインフレーム 1960s – 1980s クラウドコンピューティング インテリジェント技術 2010s - 2020s オープン化 クラウド化 簡素化 ◼ 過去10年間で、560億ドルの研究開発を実施 ◼ 主要なビジネスアプリケーションのSaaS版を構築し、Awardを獲得 ◼ 最新のクラウド・インフラストラクチャ・プラットフォームを構築し、 現在では世界40地域以上で100以上のサービスを提供
  4. Oracle Cloud Infrastructure (PaaS/IaaS) & Oracle Cloud Applications (SaaS) Oracle

    Cloud Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 5 コンピュート ストレージ ネットワーク リレーショナル・ データベース その他のデータベース オペレーティングシステム, ネイティブVMWare アプリケーション開発 DevOps コンテナ & Functions インテグレーション データ・レイクハウス 機械学習 & AI アナリティクス & ビジネスインテリジェンス Oracle Applications Custom Applications Security | Observability | Compliance | Messaging | Governance ISV Applications Global Cloud Datacenter Infrastructure Public Cloud Regions | Hybrid Cloud: Cloud@Customer, Dedicated Regions, Roving Edge | Multicloud: Azure, AWS ERP SCM HCM ACX IA Enterprise Resource Planning Supply Chain and Manufacturing Human Capital Management Advertising and Customer Experience Industry Applications Oracle Cloud Infrastructure
  5. Oracle Cloud Infrastructure サービス一覧(1/2) [2024年5月末現在141サービス] Copyright © 2024, Oracle and/or

    its affiliates 6 Analytics and AI Compute Hybrid Cloud • Analytics Cloud • Artifact Registry • Roving Edge Infrastructure • Anomaly Detection • Compute • Compute Cloud@Customer • Data Labeling • Container Engine for Kubernetes • Data Science • Container Instances Governance & Administration • Document Understanding • Container Registry • Audit • Fusion Analytics Warehouse • OS Management • Automated CEMLI Execution • Generative AI Agents [Beta] • VMware Solution • Budgets • Generative AI • Oracle Cloud Migrations • Cloud Advisor • Language • Oracle Linux • Compartment Quotas • Speech • Secure Desktops • Cost Analysis • Vision • License Manager Data Management • OCI Control Center Application Development • Autonomous Database for Analytics and Data Warehousing • Pulse • API Gateway • Autonomous JSON Database • Resource Scheduler [New] • Application Express (APEX) • Autonomous Database for Transaction Processing and Mixed Workloads • Support Management • APEX Service • Autonomous Recovery Service • Tagging • Application Dependency Management • Base Database • Blockchain Platform • Big Data Service Integration • Database Tools • Cache with Redis • API Gateway • DevOps • Connector Hub • Data Integration • Digital Assistant • Data Catalog • Data Integrator • Events • Data Flow • Data Transforms • Functions • Data Safe • Events • Managed Cloud Self Service Platform • Database Migration • GoldenGate • Mobile Hub • OCI Database with PostgreSQL • Integration Generation 2 • Service Mesh • Exadata Database on Dedicated Infrastructure • Integration 3 • Verrazzano • Exadata Database on Cloud@Customer • Process Automation • Visual Builder • External Database • Queue • Visual Builder Studio • Globally Distributed Autonomous Database • SOA • WebCenter • MySQL Heatwave • Streaming • WebLogic Server for OCI • NoSQL Database • WebLogic Server for OKE • OCI Search with OpenSearch ※マニュアル掲載一覧より抜粋 ※[New]は2024年5月末時点の情報
  6. Oracle Cloud Infrastructure サービス一覧(2/2) [2024年5月末現在141サービス] Copyright © 2024, Oracle and/or

    its affiliates 7 Marketplace Observability and Management Security, Identity, and Compliance • Console Marketplace • Application Performance Monitoring • Security Guide • Oracle Cloud Marketplace • Autonomous Linux • Access Governance • Partner Portal • Console Dashboards • Bastion • Publisher • Database Management • CASB • Service Catalog • Java Management • Certificates • Logging Analytics • Cloud Guard Media • Logging • Compliance Documents • Media Services • Management Agent • Identity and Access Management • Monitoring • IAM with Identity Domains Migration & Disaster Recovery • Notifications • IAM without Identity Domains • Full Stack Disaster Recovery • Ops Insights • Managed Access • Oracle Management Cloud • Security Advisor Networking, Edge, and Connectivity • OS Management Hub [New] • Security Zones • Cluster Placement Groups [New] • Resource Manager • Threat Intelligence • DNS and Traffic Management • Search • Vault • Email Delivery • Stack Monitoring • Vulnerability Scanning • FastConnect • Web Application Firewall • Health Checks • Network Firewall • IP Management • Load Balancer Storage • Network Load Balancer • Archive Storage • Networking • Block Volume • Network Command Center • Data Transfer • Web Application Acceleration • File Storage • Object Storage ※マニュアル掲載一覧より抜粋 ※[New]は2024年5月末時点の情報
  7. 数字で見るOCIの機能強化 2020年以降、累計で1500以上の主要機能を強化 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 8

    2020年 2021年 2022年 2023年 2024年4月まで 320 368 400 340 128 ◼ 大阪リージョンの開設を含 む大幅なリージョン拡大や、 Microsoft Azureとの 相互接続、Oracle Cloud VMware Solutionの提供などにより 幅広いお客様へのサービス 提供を実施 ◼ 急激な環境変化への対応 に迫られる様々なお客様を 支えるために、多くの機能強 化と提供を実施 ◼ Armベースインスタンスの 提供、ストレージおよびネッ トワークの強化、MySQL Heatwaveの提供など、 多くの機能強化で柔軟性 のあるサービス提供を実施 ◼ Oracle Cloud Lift Services、 Oracle Support Rewards の 提供、OCI無償学習プロ グラムなど、エンタープライズ をご支援するための大幅な サービス拡充によりクラウド 利用の促進を実施 ◼ 3年ぶりに開催されたグロー バル年次イベントOracle CloudWorldにて、多くの 新機能発表やUpdateを 実施、数多くの事例とともに マルチクラウド戦略に関す るアナウンスを実施 ◼ 市場調査会社によるOCI の顕著な成長に関する評 価などにもあるとおり、引き 続きエンタープライズを支え るための様々な機能強化を 継続的に実施 ◼ Oracle CloudWorld にて、 生成AIを中心とした様々 な発表を実施し、Vector Database やDB23cに 関する各種情報も含めて 数多くの新機能や顧客事 例を発表 ◼ 市場調査会社による、分 散ハイブリッド基盤の領域 におけるリーダーとして位置 付けられ、より一層の機能 強化への期待が上昇 ◼ 前年で発表した様々なサー ビスを正式リリース、 Generative AI サービス やVector Databaseなど AI時代に対応した機能強 化とリリースを実現 ◼ Oracle Database の最 新バージョン「23ai」を正式 にリリース ◼ Microsoft社との協業や、 Oracle AlloyによるNRI様 や富士通様によるCloud提 供も開始 (*)リリースノートに基づくため詳細レベルではより多くの機能強化を実施
  8. 2024年2月現在:48リージョン提供中、さらに5リージョン計画 Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のリージョン Copyright © 2024, Oracle and/or its

    affiliates 9 https://www.oracle.com/cloud/public-cloud-regions/ MUMBAI HYDERABAD CHUNCHEON SEOUL TOKYO OSAKA SINGAPORE SINGAPORE 2 38 Commercial 4 Commercial Planned 8 Government 12 Microsoft Azure Interconnect 2 Sovereign NEWPORT AMSTERDAM FRANKFURT ZURICH LONDON STOCKHOLM MILAN PARIS JEDDAH JERUSALEM DUBAI SAUDI 2 ABU DHABI ISRAEL 2 MADRID MARSEILLE SERBIA SAUDI 3 SYDNEY MELBOURNE CANBERRA SAN JOSE PHOENIX CHICAGO ASHBURN TORONTO MONTREAL MONTERREY QUERETARO SANTIAGO VINHEDO SAO PAULO VALPARAÍSO BOGOTA JOHANNESBURG KENYA デュアル・リージョン:基本的にすべての国/地域 で2つ以上のリージョンを提供し、 お客様の業務継続要件に対応していく (日本の場合は東京-大阪) 各リージョンはOracle Backboneで接続 サステナビリティ:2025年までに、全リージョンで 100%再生可能エネルギーを使用することを表 明 (南米/欧州は達成済み) New ケニアでの開設計画を追加
  9. OCIリージョン:2016年からの拡張数推移(累計) 2024年2月現在:48リージョン提供中、さらに5リージョン計画 10 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates

    • US West (Phoenix) • Germany Central (Frankfurt) • US East (Ashburn) • UK South (London) • US Gov East (Ashburn) • US Gov West (Phoenix) • Australia East (Sydney) • Brazil East (Sao Paulo) • Canada Southeast (Toronto) • India West (Mumbai) • Japan East (Tokyo) • South Korea Central (Seoul) • Switzerland North (Zurich) • UK Gov South (London) • US DoD East (Ashburn) • US DoD West (Phoenix) • Australia Southeast (Melbourne) • Canada Southeast (Montreal) • Chile Central (Santiago) • India South (Hyderabad) • Japan Central (Osaka) • Netherlands Northwest (Amsterdam) • Saudi Arabia West (Jeddah) • South Korea North (Chuncheon) • UAE East (Dubai) • UK Gov West (Newport) • UK West (Newport) • US DoD North (Chicago) • US West (San Jose) • Brazil Southeast (Vinhedo) • France South (Marseille) • Israel Central (Jerusalem) • Italy Northwest (Milan) • Singapore (Singapore) • Sweden Central (Stockholm) • UAE Central (Abu Dhabi) • France Central (Paris) • Mexico Central (Querétaro) • South Africa Central (Johannesburg) • Spain Central (Madrid) • US Midwest (Chicago) • Bogotá (Colombia) • Valparaíso (Chile) • Australian Gov (Canberra) • EU Sovereign Central (Frankfurt) • EU Sovereign South (Madrid) • Mexico Northeast (Monterrey) • Serbia Central (Jovanovac) https://www.oracle.com/cloud/cloud-regions/ 1 3 4 11 22 29 34 38 2 5 7 7 7 8 2 0 10 20 30 40 50 60 2016 2017 2018 2019 2020 2021 2022 2023 Commercial#(累計) Government#(累計) Sovereign#(累計)
  10. 堅牢なOCIを”あらゆる場所にデプロイ”可能で、”他クラウドとも協調”できるラインナップを提供 分散クラウド戦略でお客様のニーズに対応 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 11

    Distributed Cloud Multicloud 他プロバイダーとの協力: Oracle Database@Azure Oracle Interconnect for Azure Oracle MySQL Heatwave on AWS Public cloud 48 のグローバルリージョン: Commercial US Gov, UK Gov, Australian Gov EU Sovereign Hybrid cloud クラウドサービスをお客様の環境に: Oracle Exadata Cloud@Customer Oracle Compute Cloud@Customer Oracle Roving Edge Infrastructure Dedicated cloud 100以上のOCIサービスすべてをお客様のデータ センターで稼動・提供: OCI Dedicated Region Oracle Alloy Oracle Isolated Region US National Security Regions
  11. 1. Oracle Cloud Infrastructure とは 2. Oracle Cloud Infrastructure の特徴

    3. Oracle Cloud Infrastructure をお使い頂くために 4. Oracle Cloud Infrastructure 最新情報 本日お話しさせて頂く内容 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 12
  12. すべてのワークロードに対応する総合的なクラウド・インフラストラクチャ・プラットフォーム Oracle Cloud Infrastructure(OCI) の 特徴 Copyright © 2024, Oracle

    and/or its affiliates 13 2 非常に高い セキュリティ 3 圧倒的な コスト・パフォーンス 1 ミッション・クリティカル ワークロードに対応 「堅牢なクラウド」
  13. すべてのワークロードに対応する総合的なクラウド・インフラストラクチャ・プラットフォーム Oracle Cloud Infrastructure(OCI) の 特徴 Copyright © 2024, Oracle

    and/or its affiliates 14 2 非常に高い セキュリティ 3 圧倒的な コスト・パフォーンス 「堅牢なクラウド」 1 ミッション・クリティカル ワークロードに対応
  14. オラクルが実現する段階的かつ効率的な移行 ミッションクリティカルシステムのモダナイゼーションへのロードマップ ミッションクリティカル システム 機械学習 アプリケーション データモデル データベース ||| ・|||

    モダナイズド アーキテクチャ デカップリング 拡張性・従量課金・マネージド 自動パッチ適用 暗号化 Data Driven DX アーキテクチャ ||| ・||| モダナイズド アーキテクチャ Leaf & Spine Network 超高速ストレージ Off Box N/W Virtualization コンパートメント ディープ ラーニング データドリブン経営 迅速かつ安全なクラウド移行 (1) 高可用性 (2) 高性能/拡張性 (1) コンバージド (2) 自律化 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 15
  15. Autonomous Database (ADB) Base Database Service (BaseDB) Exadata Database Service

    (ExaDB) Oracle Cloud Infrastructure: データベース・サービス (Oracle Database) Oracle Database on Virtual Machines 1-64 OCPUs Oracle RAC on Virtual Machines 4-128 OCPUs 1コアからスタート可能 RAC対応 Autonomous Transaction Processing Autonomous Data Warehouse AI/機械学習を活用した 自律型データベース あらゆるワークロードで 高性能を実現する Exadataの専有環境 Oracle Exadata Max 4,032 OCPUs Automated (今までのOracle Databaseを便利に利用できる) Full-Managed Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 16
  16. オンプレミス同様のOracle Databaseの高可用性機能を利用可能 Real Application Clusters (RAC) • Active-Activeのクラスタ機能 • パブリッククラウドで唯一利用可能

    Data Guard • 災害/障害対策のためのレプリケーション機能 • 東京/大阪リージョン間で自動構成 ミッション・クリティカルシステムへの対応:高可用性 ノード数を2に設定するとRACを自動構成 Public Compute Block Volume VCN AD AD Tokyo Region Osaka Region Public Compute Block Volume プライマリ Block Volume Database * 2 (EE) 4 CPU RAC セカンダリ Block Volume Database (EE) 1 CPU Data Guard Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 17
  17. あらゆる性能要件に対応可能 ミッション・クリティカルシステムへの対応:高性能/拡張性 オンプレミスで実 現していたあらゆ る性能要件を満 たせるクラウド ✓ 高性能ストレージ ✓ 専有環境

    ✓ アプライアンス 等々 オンプレミス Base Database Service 数十万 数千万 64 IOPS OCPU Exadata Database Service 4,032 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 18
  18. • チケット販売サービスにおけるアクセスピーク時の性能と可用 性・安定性が実現可能なインフラ環境 • Exadata Cloud Service • 数万アクセスのリクエストを処理できる •

    繁忙期や閑散期に合わせてリソース使用量を調整することでコスト 最適化を図れる • 「Oracle Real Application Clusters」による高い可用性、安定 性、およびOCIによる高度なセキュリティ機能も評価 • Oracle Cloud Infrastructure GoldenGate • 「Oracle GoldenGate」のテクノロジーを従量課金制のクラウド・ サービスとして利用可能であり、「Oracle Database」との親和性が 高く、停止時間を極小化したデータ移行を実現 ぴあ 様 チケッティング・ビジネスを支える 基幹システムのデータベース環境に Oracle Cloud Infrastructureを 選定 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 19
  19. パナソニック ホールディングス 様 パナソニック インフォメーションシステムズ 様 Copyright © 2024, Oracle

    and/or its affiliates 20 パナソニックグループ全社向け社内システムのクラウドデータ ベース基盤としてOracle Cloud Infrastructureを採用 17台のExadataで稼働する2,000以上のデータベース環境 からコスト効果を見込めるシステムのOCI移行を開始 高い柔軟性により運用コスト低減を実現 約50%の運用コスト低減を見込む 国内最大規模の販売統計分析システムを含む 約30システムの移行が完了 Exadataによる高性能と高可用性、高集約を パブリック・クラウドでも実現
  20. VMware Software と Oracle Cloud Infrastructureの統合されたソリューション Oracle Cloud VMware Solution

    Oracle Cloud VMware Solution ....... セキュアでお客様による制御が可能な、 仮想プライベート・ネットワーク空間 エラスティックなキャパシティ 迅速なアプリ開発環境 既存VMware資産の活用 スケーラブルでセキュアなインフラ • 豊富なクラウド・サービスと連携 (IaaS / PaaS / SaaS) • 高速・低遅延でセキュアなクラウド・ サービスとの通信 • Azure Interconnectによるマル チ・クラウド構成 • オンプレと同じVMware vSphere®環境 • アプリの変更無く、クラウドに移行 • オンプレミスと同じ運用、セキュリティが可能 • 完全なアクセス権限・制御 • 同じツールの使用 • 同じセキュリティ構成、ポリシーの設定 • バージョン、パッチ、アップグレードの制御 • エラスティックで自動化されたインフラ • 世界中で40以上のリージョンを使用 可能 • ハイブリッド / マルチ・クラウド構成 • セキュアなアーキテクチャ ハイブリッド構成 パッケージ ミドルウェア アプリ DB DB アプリ パッケージ ミドルウェア アプリ DB DB アプリ ミドルウェア アプリ Oracle Cloud Infrastructure オンプレミス DB DB Oracle Cloud Services Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 21
  21. Oracle Cloud VMware Solution お客様に選ばれる4つの特徴 22 Copyright © 2024, Oracle

    and/or its affiliates 迅速なクラウド移行, 低リスク 1 • 仮想マシンをそのまま、まるごと 移行 • アプリケーションの変更不要 • VMwareに関する既存のスキ ル、ツール、プロセスを活用 • 柔軟な移行手法 完全な管理者権限, セキュアに使える 4 • ルート権限、管理者権限がお 客様にある • パッチやバージョンアップのタイミ ングを制御可能 • ネットワーク設定もお客様で完 全にコントロール 2 Oracle Database との連携 • 仮想基盤(OCVS)上で Oracle Database SE2を 稼働させることができる • PaaSサービスとの連携も容易 スモールスタート可能な 製品ラインナップ 3 • 業界最安値のクラウド VMwareソリューション • 長期利用による割引あり • 16種類の豊富なサーバーライ ンナップ • 最適なサイジングで支払いを 最小限に • 柔軟なリソース追加・削除がオ ンデマンドで
  22. データ活用の促進:シングル・データ・プラットフォーム (コンバージド・データベース) 構造化 データ JSON キー バリュー 地理情報 グラフ ファイル

    あらゆるデータタイプとワークロードに 1つのデータベースで対応 ブロック チェーン JSON ハイパー スケール 機械学習 地理情報 グラフ 永続化 メモリ インメモリ アナリティクス マルチ テナント Cloud Integration インメモリ IoT オンプレミス お客様のデータセンターで お客様が管理する Oracle Autonomous Database AI/機械学習を活用した自律 型データベース Oracle Exadata Database あらゆるワークロードで 高性能を実現する Exadataの専有環境 Oracle Exadata Cloud @Customer お客様のデータセンターで オラクルが管理する コンバージド機能 シングル・データ・プラットフォーム =コンバージドデータベース 企業内の様々なデータ Dedicated Regions お客様のデータセンターで オラクルが管理する お客様に最適な環境で提供 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 23
  23. データウェアハウスがかかえる複雑な課題全てを解決する データ活用の促進:自律型データベース (Autonomous Data Warehouse) Easy 容易に始めて、止めることができる 数分でプロビジョニングが可能 データベースは自動最適化 ExadataとOracle

    Databaseのテク ノロジーが最大限実装され、自律 的に運用 データベース・チューニングは不要 Fast Scalable 部門システムから全社規模まで、 完全な柔軟性と拡張性を提供 完全無停止での自動スケーリング Available and Secure 自動的なバックアップ 自動的な障害・災害対策 自動的なセキュリティ対策 High-concurrency ExadataとOracle Databaseのテ クノロジーにより、高い同時実行性 を提供 完全な柔軟性が提供され、リソ ースの拡張・縮小がいつでも可能 利用したリソースのみ費用を支払 い Low cost Oracle Machine Learning 多様なアルゴリズムを実装 データベース内で機械学習を実現 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 24
  24. • 2023年を目標にITコストの最適化、機動性、柔軟性を高め るためのIT基盤構築に取り組む • 小売業に求められるスピード感の獲得に加え、コスト効率化 も考慮した結果、決心したのが”脱レガシー”と”内製化” • 情報系システムの中核を担う統合データ基盤としてADWを 導入、900万人の会員データを含む約400店舗およびEC サイトの販売データの集約、高速処理を実現

    • 大量データの高速処理を実現する高い性能と柔軟性 • 自律機能による運用負荷軽減=内製で運用可能 • オンプレミスで稼働するレガシー・システムを全廃し、ADWに すべてのデータを集約することで、システム運用に掛かるコスト を10分の1まで削減できる見込み アルペン 様 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 25 Oracle Autonomous Data Warehouse でデータ・ドリブン経営基盤を実現 脱レガシーと情報システム内製化によりビジネス 変化への迅速な対応が可能に “情報システムの刷新では、ビジネスの変化に迅速に対応するため内 製化を進め、脱レガシー、脱ミドルウェアによるエンジニアへの依存解 消を目指しました。『Oracle Autonomous Data Warehouse』は、 自律機能により、手をかけずに、低コストで大量データを処理する性 能を実現し、他のシステムからのETLも容易で、アプリケーションの開 発者でも簡単にデータを扱えます。社内システムの内製化をさらに推 進していくことで、よりビジネスに密接な部分にリソースをシフトすること ができます。現在、オンプレミス環境の基幹システムのデータ移行も 進めており、今後は巨大な統合データ基盤として社内システムのあら ゆるデータを集約し、データの利活用によるEC展開やデジタル・マー ケティングの強化を支援していきます。" 株式会社アルペン 執行役員 デジタル本部長 兼 情報システム部長 蒲山 雅文 氏
  25. すべてのワークロードに対応する総合的なクラウド・インフラストラクチャ・プラットフォーム Oracle Cloud Infrastructure(OCI) の 特徴 Copyright © 2024, Oracle

    and/or its affiliates 26 3 圧倒的な コスト・パフォーンス 「堅牢なクラウド」 1 ミッション・クリティカル ワークロードに対応 2 非常に高い セキュリティ
  26. オラクルが実現する堅牢なセキュリティ Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 27 データ中心の

    セキュリティ 自動化された セキュリティ 管理 セキュリティ・ バイ・デザイン SECURITY OF THE CLOUD SECURITY ON THE CLOUD + 強力、完全なテナント分離 強制的な暗号化 (Database/Storage/Network) 階層型権限管理 リスクのある設定・行動を検知 脆弱性スキャン セキュリティポリシー自動有効 特権ユーザーのアクセス制御 WAF/次世代ファイアウォール 多要素認証/リスクベース認証 重要情報の隠蔽 セキュリティ構成 機密データ発見 アクティビティ監査 DBセキュリティ対策の自動化 脆弱性自動修復 緑字:他社にないもの バックアップ保護とデータ復旧 * WAF: Web Application Firewall
  27. クラウドプラットフォームレベルでの環境隔離と暗号化 階層型権限管理 ✓ 部署ごとの権限設定を実現 ✓ コンパートメント間のリソースアクセ スが可能、部署を跨いだシステム 構築も容易 ✓ コンパートメント毎のクオータ設定に

    より 使い過ぎを抑止 強制的な暗号化 ✓ すべてのデータ・サービスはOracle がフルマネージドで暗号化 ✓ データベースファイル,ストレージ Block Volume, Boot Volume ✓ すべてのネットワーク通信も暗号化 強力、完全なテナント分離 ✓ 分離された仮想ネットワークにより 情報漏洩のリスクを最小化 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 28 セキュリティ ・バイ・デザイン AD2 リージョン1 AD2 リージョン2 MACSec 高速・スケーラブルな Layer2 暗号化 部署ごとにCompartment(サブアカウント)を作成 「コンパートメント」モデル テナント コンパートメント A コンパートメントB ユーザー グループ ポリシー ポリシー ポリシー 部署-A 部署-B Hypervisor VM VM VM VM VM VM ホストOS / カーネル ネットワーク仮想化 物理サーバー すべてのデータ を暗号化
  28. リスクのある設定を自動検知 • 構成とアクティビティを監視 • 問題の特定、脅威を検出 • 問題の是正、顧客通知 セキュリティポリシーの自動有効 • ベスト・プラクティスを強制的に適用

    • 初期段階からリソースの セキュリティを確保 自動化されたバックアップとリカバリ • ファイルを不可視化し、盗難を防止 • リアルタイムバックアップにより、感染直 前までのリカバリーを可能 • 完全性が担保されたバックアップにより、 確実に復旧可能 自動化されたEnd-to-Endのセキュリティで人的ミスを排除 パブリックアクセス不可 Oracle Cloud Guard Oracle Security Zones 29 自動化された セキュリティ 管理 Zero Data Loss Autonomous Recovery Service Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 29 ③指定期間 削除不可 ①攻撃者を 近づけない ②DB暗号化 ④復旧: 破壊直前 ⑤リカバリの担保
  29. 多層防御によるデータ中心のセキュリティ Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 30 データ中心の

    セキュリティ データ中心の セキュリティ 外部からの攻撃 » ボットによる攻撃 » 標的型攻撃 » ランサムウェア » DDoS 内部からの攻撃 » バックドア » 内部不正 » 不正アクセス 特権ユーザー 管理 ネットワーク IDアクセス 管理 インフラ ストラクチャ データベース データ 強制的な 暗号化 監査証跡 バックアップ保護 とデータ復旧 設定ミスの 検知・是正 多要素認証 強力、完全なテナント分離 / 強制的な暗号化 / 階層型権限管理 IAM Identity Domains Data Safe Observability and Management Autonomous Database Database Vault SQL Firewall Vault Threat Intelligence Security Zones Cloud Guard OCI Network Firewall Web Application Firewall
  30. 堅牢なセキュリティ機能を 無償/低コスト で提供 強固にお客様データを保護し、事業継続リスクを最小化 機能 機能名 価格 セキュリティ・ バイ・デザイン 強力、完全なテナント分離

    Isolated Network Virtualization / Bare Meta 標準機能 強制的な暗号化 Encryption by Default 標準機能 階層型権限管理 Compartment 標準機能 自動化された セキュリティ管理 リスクのある設定・行動を自動検知 Cloud Guard 無償 ポリシーの自動適用 Security Zones 無償 脆弱性スキャン Vulnerability Scanning 無償 暗号鍵管理 Vault 無償〜 オンラインでのパッチ適用 Autonomous Database 無償 (*1) 自動化されたログ分析 Logging Analytics 10GBまで無償 バックアップ保護と確実なデータ復旧 Zero Data Loss Autonomous Recovery Service 有償 データ中心の 多層防御 DBセキュリティ対策の自動化 Data Safe 無償〜 (*2) 特権ユーザー管理 Database Vault BaseDB HP ~ (*3) 多要素認証、リスクベース認証 IAM Identity Domains 無償〜 (*4) ボット対策とWAF Web Application Firewall 無償〜 (*5) 次世代ファイアウォール (NGFW) OCI Network Firewall 有償 *1 Autonomous Database 利用時に無償で利用可能 *2 Oracle Cloud Databaseの利用でサービスを無償提供。監査記録の蓄積は100万レコード/ターゲット/月まで無償 *3 BaseDB High Performance以上で利用可能 *4 無償で利用できるユーザー数や機能に制限あり *5 1インスタンス、1000万インカミングリクエスト/月まで無償。価格単位 : ¥84 [1,000,000インカミングリクエスト/月]、¥700[インスタンス/月] 31 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
  31. • OCIへ移植したゲームタイトルに潜在する設定上の脆弱性 を検出し、セキュリティレベルの底上げとガバナンス強化を迅 速に実現 • 事業買収やゲームタイトル買収を通じて得た、様々なチーム メンバー・運用者が参画しているため、AIを用いてクラウド上 の行動を解析して、リスクにつながる振る舞いを検出し対策 を実施 •

    Oracle Cloud Infrastructureが、最新のセキュリティ機 能を積極的に無償で機能追加する姿勢を高く評価。新機 能(*)をいち早く利用し、セキュリティの強化を推進 利用サービス • Oracle Cloud Guard • Oracle Cloud Guard Threat Detector マイネット 様 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 32 Oracle Cloud Infrastructure と Oracle Cloud Guard を活用し、オンラインゲーム運用におけるセキュリ ティとガバナンスを強化 * Limited Availabilityを含む
  32. すべてのワークロードに対応する総合的なクラウド・インフラストラクチャ・プラットフォーム Oracle Cloud Infrastructure(OCI) の 特徴 Copyright © 2024, Oracle

    and/or its affiliates 33 「堅牢なクラウド」 1 ミッション・クリティカル ワークロードに対応 2 非常に高い セキュリティ 3 圧倒的な コスト・パフォーンス
  33. 安定した高いパフォーマンスとセキュリティを実現するネットワークデザイン 第一世代クラウド 階層型ネットワーク Spine & Leaf 型ネットワーク Virtual Machine Containers

    Database System Database System Bare Metal Compute Virtual Machine Virtual Machine Containers Object Storage Object Storage Clustered Network ・広帯域/低遅延 -オバーサブスクリプションなし -2Hop接続 ・RoCEサポート 等々 VS Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 34
  34. 利用頻度の高いサービス3つ全てで低価格を実現 圧倒的なコストパフォーマンス Oracle の強み Oracle 他社クラウド Compute ✓ 同一リソースを低価格で 提供

    ✓ CPU/メモリを柔軟に選択 可能 (フレキシブル・シェイプ) ¥51.52/時 Compute (VM.Standard.E5; 16vCPU, 64GB, Linux) ¥167.6976/時 仮想マシン (16vCPU, 64GB, Linux) Storage ✓ 他社標準ストレージ価格 で、高性能ストレージを 提供 ✓ 性能に対するSLAあり ¥5,950/月 Block Volume (1TB, 25K IOPS) ¥278,880/月 ブロック・ストレージ (1TB, 25K IOPS) Network ✓ AD間無償 ✓ 10TB/月まで無償 ✓ 閉域網接続時はデータ 転送無償 ¥22,134/月 FastConnect (1Gbps, 100TB) *閉域網接続 ¥603,686/月 接続サービス (1Gbps, 100TB) *閉域網接続 ¥ 69% 低価格 ¥ 98% 低価格 ¥ 96% 低価格 Compute: 同一リソースを低価格で提供、高い柔軟性 (フレキシブル・シェイプ) Storage/Network: トランザクションやデータ転送量による料金変動を低減する料金体系 * as of February 2024, Tokyo Region Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 36
  35. コンピュートのサイジング 真のクラウドの柔軟性を実現 15 GB 120 GB 16 4 メモリ 64

    768 GB 1 2 8 24 30 GB 60 GB ~ 320 GB 240 GB 真の”Flexible”を提供できれば 不要なリソース 他社クラウド シェイプ単位のサイジングにより 不要なリソースが発生 4 CPU/60 GB だと足りない 8 CPU/120 GB を選択しないと いけない 2倍の 費用に 実際は 5 CPU 60 GB マシンが欲しい Oracle Cloud Infrastructure CPU数とメモリ量を 柔軟にカスタマイズ可能 • CPUとメモリのどちらかに縛られない無駄のないインスタンス • 1 - 114コア、1 - 1760GBメモリ を自由に組合せ • 利用するCPUライセンスのソフトウェアのコストも最適化 Compute Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 37
  36. オラクルは圧倒的低価格 見落とされがちな、クラウドから外部へのデータ転送コスト ポイント1: 最初の10TBまで無償 (他社では100GBまで) ポイント2: 単価が安価 (3.5円/GB) (他社の1/3-1/4) ポイント3:

    閉域網接続では課金なし (接続ポート料金のみ) 外部へ(アウトバウンド通信)のデータ転送コスト 0 50 100 150 200 250 300 0 2 4 6 8 10 12 14 16 18 20 千円/月 送信データ(TB/月) オラクル 他社 100GBまで 無償 10TBまで無償 ¥12-16/GB ¥3.5/GB クラウド オンプレミス 他リージョン 他クラウド 発生 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 38 * as of December 2022, Tokyo Region Network
  37. 圧倒的な低コストと高パフォーマンスをクラウドで実現 HPC on Oracle Cloud Infrastructure 安定して高速なネットワーク基盤 (25Gbpsネットワーク + HPC向け低遅延100Gbps)

    フレキシブルVM & ベアメタル・サーバー (最新のHW を低コストで提供) HPC用ソリューション提供 / アプリの稼働実績 グローバルで41のリージョン (日本には東京と大阪の2リージョン) • フレキシブルVM: メモリー・サイズとCPUコア数を任意に設定、 最適なリソース割り当て/コストが可能 • ベアメタル・サーバー: 仮想化オーバーヘッドの無い安定した 高性能を提供しながら、VM同様に数分でデプロイ・起動 • 安定したフラット・ネットワークに加え、 HPC向け広帯域・超低遅延RDMAネットワークを提供 • 圧倒的なコストパフォーマンス • グローバル40以上のリージョンで提供 日本では、東京と大阪の2リージョンが使用可能 • リージョン間はバックボーン接続しているため、 インターネットを介さないセキュアで安定した通信が可能 • 多くのHPC用ソリューション提供、アプリケーションの稼働実績 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 39
  38. SUBARUでは、負荷の高いHPCワークロードをオンプレ ミス環境で運用してきました。しかし、昨今の自動車業 界におけるクラウド活用の取り組み、そしてさらなる設 計・開発効率の向上の一貫として、最大数万コアに及 ぶ大規模HPCワークロードをOCIに移行しています。 • 衝突解析や計算数値流体力学シミュレーション、3D可視化 のワークロードを高性能な「OCI」で実行 • Altair®

    PBS Professional® クラウド・バースティング機能 により、計算時のみ必要なノードを起動してリソースを柔軟に 運用し、コストを最適化 • 無償のOracle Cloud Lift Serviceを活用して、HPCとOCI の高いスキルを持つ日本オラクルのエンジニアによる、ベンチ マークおよび検証を行い、事前に課題を把握 • 計算時間を約20パーセント短縮して開発効率を向上し、コ ストも最適化 株式会社SUBARU 様 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 40 高性能コンピューティング・ワークロードの実行環 境にOracle Cloud Infrastructureを導入 『安心と愉しさ』を支える技術をより進化させるため、より優れた衝突 安全性能や走行性能を追求する膨大なシミュレーションを迅速に行 うことが重要です。より高度化し、増大するシミュレーション需要の課 題に対応しながら、コスト削減を実現するため、『OCI』のHPCを採用 しました。『OCI』の活用は、当社の設計・開発効率向上に寄与し、 新たな技術に対応していくための柔軟性とアジリティをもたらします。 株式会社SUBARU 技術管理部 情報管理課 竹熊 義広 氏
  39. すべてのワークロードに対応する総合的なクラウド・インフラストラクチャ・プラットフォーム Oracle Cloud Infrastructure(OCI) の 特徴 Copyright © 2024, Oracle

    and/or its affiliates 41 2 非常に高い セキュリティ 3 圧倒的な コスト・パフォーンス 1 ミッション・クリティカル ワークロードに対応 「堅牢なクラウド」
  40. 1. Oracle Cloud Infrastructure とは 2. Oracle Cloud Infrastructure の特徴

    3. Oracle Cloud Infrastructure をお使い頂くために 4. Oracle Cloud Infrastructure 最新情報 本日お話しさせて頂く内容 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 42
  41. お客様のご利用に応じた、柔軟な契約体系モデル Oracle Cloud Infrastructure: 2つの購入モデル Pay As You Go 従量課金制

    Annual Flex 年間クレジット制 対象サービス PaaS/IaaS 全てのサービスを利用可能 支払い 毎月利用した分を後払い 年額クレジットを前払い (最少年額クレジット額: 24万円) 契約期間 なし 1年間以上 ディスカウント なし あり BYOL Bring Your Own License (BYOL) 可能 (オンプレミス・ライセンスの持ち込み) 構成変更 契約変更なしで柔軟な構成変更が可能 (サービス変更・サイズ変更・リージョン変更など) 利用額が決まっていない/短期間利用の場合は、Pay As You Go 予算を決めて一定期間以上の利用の場合は、Annual Flex Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 43
  42. オンラインで概算見積が可能 Oracle Cloud Infrastructure: Cost Estimator https://www.oracle.com/jp/cloud/costestimator.html https://faq.oracle.co.jp/app/answers/detail/a_id/7458/ https://www.oracle.com/jp/cloud/infrastructure/price/ https://qiita.com/Skogkatter112/items/d3fc6da9407dc905f29f

    ・オンライン概算見積ツール Cost Estimator ・Cost Estimator FAQ ・Oracle Cloud Infrastructure 価格案内 ・(参考)Qiita記事: Oracle Cloud の見積方法を できるだけ丁寧に説明してみる OCPU (オーシーピーユー):Oracle Cloud Infrastructure におけるインスタンス・サイズの基本単位 • 1 OCPU = 物理コア = 2 vCPU Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 44
  43. OCIの利用に対してリワードを獲得し、 それを使用してサポートの支払いを行うことができます 対象のお客様 • 新たにOCIを契約(Annual Flex)いただいた、Tech License サポートを利用されているすべてのお客様 リワード獲得 •

    OCIの利用額に基づいて毎月獲得 • Overage(利用超過)分も対象 リワード率 • ULA契約のお客様:33% • 通常サポート契約のお客様:25% Oracle Support Rewards 通常のサポート契約をされているお客様はOCIの利用に対 して25%のリワードを獲得 25% Unlimited License Agreements (ULA)を契約され ているお客様はOCIの利用に対して33%のリワードを獲得 33% Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 45
  44. 専任のエンジニアチーム。本サービスに関するお客様の費用負担なし(クラウド利用料は別途) Oracle Cloud Lift Services(OCLS) - クラウドリフト検討を支援するサービス Copyright © 2024,

    Oracle and/or its affiliates 46 フィジビリティスタディ支援 PoC(実機検証) 支援* 早期立ち上げ支援 支援メニュー 主なワークロード HPC, GPU Oracle Database On Cloud (ExaDB/ADB) ケーススタディ支援 × オラクル + パートナー VMware On Cloud (OCVS) Multi Cloud ※その他ワークロードに関しましては、担当営業にご相談ください * クラウド利用契約をお持ちのお客様向け * クラウド利用契約をお持ちのお客様向け ※ オラクルコンサルティングサービス、オラクルパートナーと案件ごとに連携・協業して推進します
  45. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 47 コース名 概要

    学習時間 対象者 取得可能な認定資格 初級 Oracle Cloud Infrastructure Foundations OCI の概要を学習します。 9 時間 営業・プリセールス すべての技術者 Oracle Cloud Infrastructure Certified Foundations Associate OCI for AWS Architects AWS 経験者向けに OCI の概要を学 習します。 6 時間 AWS 経験者 - OCI for Azure Architects Azure 経験者向けに OCI の概要を 学習します。 5 時間 Azure 経験者 - Oracle Cloud Infrastructure AI Foundations (日本語字幕) AI の基礎知識と OCI の AI サービス の概要を学習します。 4 時間 すべての技術者 Oracle Cloud Infrastructure AI Certified Foundations Associate 中級 Oracle Cloud Infrastructure Architect Associate OCI 主要サービスの構成方法を学習 します。 32 時間 構築担当者 Oracle Cloud Infrastructure Certified Architect Associate Oracle Cloud Infrastructure Operations Professional (日本語字幕) OCI サービスの監視方法を学習しま す。 14 時間 運用担当者 Oracle Cloud Infrastructure Certified Cloud Operations Professional Oracle Cloud Infrastructure Developer Professional (日本語字幕) OCI を使用して Cloud Native アプリ ケーションを開発する方法を学習しま す。 14 時間 開発者 Oracle Cloud Infrastructure Certified Developer Professional 上級 Oracle Cloud Infrastructure Architect Professional 高度な要件に対応できる OCI サービ スの設計・構成方法を学習します。 30 時間 構築・設計担当者 Oracle Cloud Infrastructure Certified Architect Professional Oracle Cloud Infrastructure Security Professional (日本語字幕) OCI のワークロードをセキュアにする方 法を学習します。 16 時間 セキュリティ担当者 Oracle Cloud Infrastructure Certified Security Professional Oracle Cloud Infrastructure 学習プログラム OCI 学習プログラムでは、140 を超えるトレーニング で OCI の基礎からより高度な知識まで目的に合わ せて学習できます。 オンライン形式のデジタル・ラーニングはいつでも何度 でも無償で学習でき、対応する認定資格を取得し て自身の学習成果を証明できます。 Oracle Cloud Infrastructure Learning Subscription OCI 学習プログラムで学習可能な主要なコース: OCI 学習プログラムの利用方法は ORACLE MASTER blog を参照ください。 https://blogs.oracle.com/oraclemaster/post/oci-free-program お問い合わせ URL: education.oracle.com/
  46. レベルに合わせてコンテンツを組み合わせながらスキルアップが可能 「OCIを使ってみよう!」 という人のた めのチュートリアル集です。 各項ごとに画面ショットなどを交えな がらステップ・バイ・ステップで、OCIの 機能についてひととおり学習すること ができます。 クラウド環境ですぐに利用できる、ハ ンズオン・ワークショップが多数掲載

    されています。 画面キャプチャおよび実行コマンドを 記載しており、実環境にて順を追っ て操作方法を学習することが可能 です。(ブラウザの翻訳機能でご利 用ください) クラウド環境の検討や実装に役立 つように設計されたリファレンス・アー キテクチャとソリューション・プレイブッ クのカタログが多数掲載されていま す。 ダウンロード、カスタマイズ、およびデ プロイできるコードまたはスクリプトも 含まれています。 オラクルテクノロジーだけに限定せず Developer(開発者)の Developer(開発者)による Developer(開発者)のための 開発者向けコミュニティ Meetup セ ミナーです。 ほぼ毎週、様々なテーマで開催して います。 技術者向けサポートコンテンツも提供中 初学者向けに最適 「OCI チュートリアル」 より深くハンズオン 「Oracle LiveLabs」 設計に向けた準備を 「アーキテクチャ・センター」 リアルなコミュニティへ 「Oracle Code Online」 • OCI ... Oracle Cloud Infrastructure Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 48
  47. Always Free クラウドサービス 一覧(2024年5月末現在) https://www.oracle.com/cloud/free/ • AMD-based Compute • Arm-based

    Ampere A1 Compute • Block Volume • Object Storage • Archive Storage • Flexible Load Balancer • Flexible Network Load Balancer • Site-to-Site VPN • Autonomous Data Warehouse • Autonomous Transaction Processing • Autonomous JSON Database • NoSQL Database (Phoenix Region only) • APEX Application Development • Resource Manager (Terraform) • Monitoring • Notifications • Logging • Application Performance Monitoring • Service Connector Hub • Vault • Bastions • Security Advisor • Virtual Cloud Networks • Site-to-Site VPN • Email Delivery 各サービスの詳細および 制限事項については、 ウェブサイトをご確認下さい。 49 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates • OCI ... Oracle Cloud Infrastructure
  48. https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/oci-information OCIの主要技術情報一覧です、ご興味にあわせた情報を公開しております Oracle Cloud Infrastructure 主要情報一覧 1 2 Oracleアーキテクチャ・センター https://docs.oracle.com/ja/solutions/

    クラウド環境の検討や実装に役立つように設計されたリファレンス・アーキテクチャとソリューショ ン・プレイブックのカタログを多数掲載。ダウンロード、カスタマイズ、およびデプロイできるコードま たはスクリプトも含む。解説ブログはこちら。 3 OCIサービスアップデート https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/category/o4e-oci-service- update 毎月公開するOCIのサービス・アップデート情報をスライドで分かり易く説明。各サービスの 詳細なアップデート情報は、各サービスのドキュメントや「OCI活用資料集」をご覧ください。 5 OCIお客様活用事例 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/oci-customer-reference OCIを活用したお客様の事例のご紹介。データベースはもちろんのこと、アナリティックス、セ キュリティ、システム管理、コンテンツ管理、ブロックチェーン、チャットボットなど様々なサービスの お客様事例をご紹介します。 OCI活用資料集 https://oracle-japan.github.io/ocidocs/ OCIを使ってみたい! という方のための技術ドキュメント集。 OCIのサービス別技術資料をはじめ、 PPTスライドを中心とした公開ドキュメントや、セミナーで使用した資料をアップロードしています。 6 OCIセミナー情報 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/oci-seminar 今後開催予定のウェビナー(含むハンズオントレーニング)についてご案内します。 ほぼ毎週+ハンズオンを様々なテーマで開催中! チュートリアル: OCI を使ってみよう https://oracle-japan.github.io/ocitutorials/ OCIを使ってみよう! という人のためのチュートリアル集。各項ごとに画面ショットなどを交えなが らステップ・バイ・ステップで、OCIの機能についてひととおり学習することができます。 7 OCIドキュメント https://docs.cloud.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/home.htm 各サービスの公式マニュアルです。 8 Oracle Code Night https://oracle-code-tokyo-dev.connpass.com/ オラクルのテクノロジーだけに限定しない、Developer(開発者)のDeveloper(開発者)に よるDeveloper(開発者)のための開発者向けコミュニティ Meetup セミナー。 ほぼ毎週、様々なテーマで開催中! 9 Oracle LiveLabs https://apexapps.oracle.com/pls/apex/dbpm/r/livelabs/home お客さまのクラウド環境ですぐに利用できる、ハンズオン・ワークショップを多数掲載。画面 キャプチャおよび実行コマンドを記載、実環境にて順を追って操作方法を学習することが可能 です。ブラウザの翻訳機能でご利用ください。 4 10 OCI:サービス別資料一覧 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/oci-service-material OCIの個別サービス毎の、概要資料、技術資料、チュートリアルへのリンク一覧です。 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 50
  49. Oracle Code Night オラクルのテクノロジーだけに限定しない、Developer(開発者)の Developer(開発者)による Developer(開発者)のための開発者向けコミュニティ Meetup セミナー ほぼ毎週、さまざまなテーマで開催中! Oracle

    Code Night 開催情報は Connpassで公開中! https://oracle-code-tokyo-dev.connpass.com/ 過去開催分 セッションアーカイブは YouTubeで公開中! https://www.youtube.com/@OraDevJP ※日中開催 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 51
  50. 毎月第3火曜日にオンライン開催中! OCIユーザー様により企画運営されたユーザーコミュニティ「OCIjp」 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 52

    「OCIjp」はOracle Cloud Infrastructure(OCI)に関する勉 強会の開催などを行うユーザーコミュニティです。 毎月第3火曜日に開催、OCIユーザーやOCIに興味のあるエン ジニアが集まって、ノウハウの共有をしています。 大規模な構築事例や初心者向けハンズオンなど、OCIに関わる あらゆるトピックを取り上げ開催中です。 twitter connpass https://fullenergy-oci.connpass.com/
  51. オラクルエンジニア通信(ブログ) : https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/ 【御参考】:毎月のサービス・アップデート情報掲載先 Copyright © 2024, Oracle and/or its

    affiliates 53 サービスのアップデート情報については、ブログサイト ”オラクルエンジニア通信” 内で毎月配信しています。 最新情報はこちらも御参考下さい。
  52. 1. Oracle Cloud Infrastructure とは 2. Oracle Cloud Infrastructure の特徴

    3. Oracle Cloud Infrastructure をお使い頂くために 4. Oracle Cloud Infrastructure 最新情報 本日お話しさせて頂く内容 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 54
  53. https://www.oracle.com/jp/news/ 日本オラクルのPress Release:OCI関連のニュース抜粋(2024年1月24日以降) Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates

    55 2024年6月13日 OpenAI、Microsoft Azure AIプラットフォームの拡張にOracle Cloud Infrastructureを選定 2024年6月13日 オラクルとGoogle Cloud、画期的なマルチクラウド・パートナーシップを発表 2024年5月30日 伊藤園、Oracle Cloud Infrastructureでデータドリブンな営業活動を推進 2024年5月16日 アクセンチュアとオラクル、経理・財務部門を皮切りに、企業の生成AI導入加速を共同で支援 2024年5月13日 Oracle Cloud InfrastructureでRed Hat OpenShiftの一般提供を開始 2024年5月9日 オラクル、エンタープライズのデータとアプリケーションにAIのパワーをもたらすOracle Database 23aiを 提供開始 2024年4月24日 トヨタユーゼック、中古車オークション業務基幹システムをOracle Cloud Infrastructureに集約 2024年4月18日 オラクル、日本のクラウド・コンピューティングとAIに80億ドル超を投資へ 2024年4月18日 KDDI、Oracle Cloud Infrastructureでテクノロジー・モダナイゼーションを推進 2024年4月18日 富士通とオラクル、日本市場におけるデータ主権要件に対応するソブリンクラウドの提供に向け戦略 的協業 2024年4月17日 Oracle Cloud Infrastructureがベネッセの学校向け事業を支援するシステム群のクラウド移行において 採用 2024年4月16日 TISの決済ソリューション基盤がOracle Cloud Infrastructureで稼働開始 2024年4月16日 Oracle Alloyが野村総合研究所のデータセンターで稼働開始 2024年4月15日 パナソニックグループ全社向け社内システムのクラウドデータベース基盤としてOracle Cloud Infrastructureを採用 2024年4月5日 株式会社HDCと日本オラクル、北海道内の総合行政情報システムのガバメントクラウド移行に向け 連携を強化 2024年4月2日 SMBC日興証券、営業情報システム基盤と災害復旧環境をOracle Cloud Infrastructureで構築 2024年3月29日 オラクルとNVIDIA、ソブリンAIを全世界で提供 2024年3月27日 NECと日本オラクル、IOWNを用いた共創活動を開始 2024年3月25日 日本オラクルとアシスト、エネルギー会社の全社データ利活用基盤をOracle Cloud Infrastructureで 刷新 2024年3月11日 日本オラクル、Oracle CloudWorld Tour Tokyoを開催 2024年3月5日 オラクル、高いスケーラビリティと可用性を提供し、データ主権要件対応を支援 2024年2月9日 NECと日本オラクル、KDDIへクラウド基盤の統合課金メディエーションパッケージを提供 2024年2月6日 第一三共の社内6,000名が活用する営業支援システム基盤刷新による業務効率改善や性能向上に Oracle Cloud Infrastructureが貢献 2024年1月29日 サンドラッグ、全国1,400店舗の運営業務を担うストア・コンピューター基盤にOracle Cloud Infrastructureを採用 ※下記以外にもSaaS関連をはじめ倍以上のニュースを配信
  54. トピック  Oracle CloudWorld Tour Tokyo  Oracle CloudWorld 2024

    in Las Vegas  クラウド・パートナーシップの拡大  Oracle Database 23ai およびOracle GoldenGate 23ai セミナーの御案内  Oracle Cloud VMware Solution Oracle Cloud Infrastructure 最新情報 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 56
  55. トピック  Oracle CloudWorld Tour Tokyo  Oracle CloudWorld 2024

    in Las Vegas  クラウド・パートナーシップの拡大  Oracle Database 23ai およびOracle GoldenGate 23ai セミナーの御案内  Oracle Cloud VMware Solution Oracle Cloud Infrastructure 最新情報 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 57
  56. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 58 Tokyo 2024年4月18日に開催させて頂き

    ました。多くのお客様、パートナー様 のご参加に心から御礼申し上げます。
  57. https://www.oracle.com/jp/cloudworld-tour-on-demand/ CloudWorld Tour Tokyo 2024 オンデマンド公開中 Copyright © 2024, Oracle

    and/or its affiliates 60 ※基調講演のオンデマンド配信となります。その他のセッションの配信はございませんので、あらかじめご了承下さい。
  58. Oracle Alloy に関連したニュースリリース Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates

    61 株式会社野村総合研究所様 Alloy稼動 富士通株式会社様 Alloy協業開始 https://www.oracle.com/jp/news/announcement/fujitsu-oracle-collaborate- strategically-to-provide-sovereign-cloud-that-meets-data-sovereignty-2024-04-18/ https://www.oracle.com/jp/news/announcement/oracle-alloy-goes-live-in-nomura- research-institute-data-center-2024-04-16/
  59. トピック  Oracle CloudWorld Tour Tokyo  Oracle CloudWorld 2024

    in Las Vegas  クラウド・パートナーシップの拡大  Oracle Database 23ai およびOracle GoldenGate 23ai セミナーの御案内  Oracle Cloud VMware Solution Oracle Cloud Infrastructure 最新情報 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 62 ✔
  60. トピック  Oracle CloudWorld Tour Tokyo  Oracle CloudWorld 2024

    in Las Vegas  クラウド・パートナーシップの拡大  Oracle Database 23ai およびOracle GoldenGate 23ai セミナーの御案内  Oracle Cloud VMware Solution Oracle Cloud Infrastructure 最新情報 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 64 ✔ ✔
  61. トピック  Oracle CloudWorld Tour Tokyo  Oracle CloudWorld 2024

    in Las Vegas  クラウド・パートナーシップの拡大  Oracle Database 23ai およびOracle GoldenGate 23ai セミナーの御案内  Oracle Cloud VMware Solution Oracle Cloud Infrastructure 最新情報 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 67 ✔ ✔ ✔
  62. https://www.oracle.com/jp/database/databaseworld/ai-edition/ “Oracle DatabaseWorld: AI Edition” オンライン配信中 Copyright © 2024, Oracle

    and/or its affiliates 69 全 19セッション配信中(ログインなしで視聴可) ◼ Keynote : Juan Loaiza • シンプルなデータ志向のOracle DB 23 ai ◼ Breakout:3トラック - 各6セッション(18セッション) • アプリ開発を加速 • 最新のデータ分析とAI • Oracle Database 23aiとAI:未来を変革 【以下のセッションは日本語字幕付き】
  63. Oracle Database Developer Tech Days Oracle Database 23ai 新機能セミナー 第二弾のご案内

    開催趣旨 2024年5月2日、Oracle Databaseの次のロングターム(長期)リリースとなるOracle Database 23aiが、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)上のDatabase Servicesとして提供開始されることが発表されました。最新版Oracle Databaseのご 提供に合わせ、現在ご利用頂ける新機能をご紹介する「Oracle Database 23ai 新機能セミナー 第二弾」を実施します。 Oracle Database 23aiは、AI、アプリケーション開発、ミッションクリティカルの3つのフォーカスエリアで、300を超える新機能、数 千の拡張を実装します。昨年10月に実施した新機能セミナー 第一弾でご紹介できなかった新機能をメインに、その特長、使 い方やTipsなどをご紹介する2 Daysセッションとなっておりますので、この機会にぜひご参加頂ければと存じます。 対象のお客様 Oracle Databaseをご利用中のお客様:データベース管理者、基盤エンジニア、アプリケーション開発者 パートナー様:基盤エンジニア、アプリケーション開発者、サポートエンジニア 開催日 2024年6月27日(木)、28日(金)両日とも午後1時より午後6時 開催場所 日本オラクル本社 オラクル青山センター 13F セミナールーム(開場12:30予定) 参加申込みサイト https://bit.ly/23ai-Seminar 70 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
  64. Oracle Database Developer Tech Days Oracle Database 23ai 新機能セミナー 第二弾

    アジェンダ Day1: 6月27日(木) 13:00-18:00 Mission Critical Day 1. Oracle Database 23ai概要 2. 高可用性関連新機能 • Real Application Clusters • Oracle Clusterware • Data Guard • True Cache • Globally Distributed Database etc. Day2: 6月28日(金) 13:00-18:00 AI & App Dev Day 1. AI Vector Search 2. JSON Relational DualityなどJSON関連新機能 Update 3. パフォーマンス関連新機能 71 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates *アジェンダの内容・順番・時間等は予告なく変更になる可能があります。あらかじめご了承ください
  65. 継続的な開発投資とリリース Oracle GoldenGate Platform Copyright © 2024, Oracle and/or its

    affiliates 72 GoldenGate 18.1 • Oracle Database 18c • Delivery to ADW and ATP • Identity Column Support • More Sources & Targets • In-Row Database Archival support 12c 18c 19c 21c Microservices Architecture Oracle Cloud Marketplace GoldenGate 12.x • Oracle Database 12.2 • Microservices Architecture • Parallel Replicat, Auto CDR • Self-describing Metadata in Trail • Procedural Replication • Automated Heartbeat Table • More Sources & Targets GoldenGate 19.1 • Oracle Database 19c • Microservices Security • Cross Endian Remote Capture for Oracle • Easier Upgrades • More Sources & Targets • Performance Updates Stream Analytics 23ai Fully Managed Gen2 Cloud GoldenGate 21.x • Oracle Database 21c • Microservices for Non-Oracle and Big Data • New Auto-CDR rules • Auto-Capture on Oracle DB • More Sources & Targets (Mongo capture, Snowflake etc.) • Simplified Installation GoldenGate 23ai • Oracle Database 23ai • Distributed AI vectors and vector consolidation • Data Streams, AsyncAPI, CloudEvents • High Availability Clusters • StatsD, Telegraf Observability • New GUI / Recipes / ZeroETL • 3rd party IdP, new encryption • More Sources & Targets GG Free edition AI Vectors & AsyncAPI
  66. https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/ja-ann-goldengate-23ai 【参考】オラクルエンジニア通信の翻訳投稿: OCI GoldenGateでGoldenGate 23aiの提供開始を発表 Copyright © 2024, Oracle and/or

    its affiliates 73 • AIベクトルおよびベクトル・データベースのデータ・レプ リケーション • AsyncAPIを介したデータベース・イベントへのパブ リッシュ/サブスクライブ・アクセスのデータ・ストリーム • 新しいグラフィカル・ユーザー・エクスペリエンス • 可観測性と診断の向上 • Oracle Database 23aiの新機能サポート • セキュリティ管理とユーザー認可の強化 • 拡張された異種データソース
  67. https://www.oracle.com/goto/goldengate-0702 【御案内】 Oracle GoldenGate 最新情報&テクニカルセミナー Copyright © 2024, Oracle and/or

    its affiliates 74 ビジネスにおけるAIとデータ活用が加速度的に進む昨今、データ基 盤におけるデータのリアルタイム性に関する注目度が高まっています。 また、従来型の単一システム構成ではビジネスを支えることが難しい ケースも増えており、データファブリック、データメッシュ、マルチクラウド、 ハイブリッド構成など、高度化と柔軟性が同時に求められるケースも 増えています。 本セミナーでは、リアルタイム・ストリーミング・データ・ファブリックの No.1プラットフォームとしての継続的なリーダーシップの原動力となっ ている、Oracle GoldenGate Technologyについて、技術者の 皆様向けに最新情報や技術トピックをお届けします。 また、先日リリースされたOracle GoldenGate 23ai の主な機能 などについても共有させて頂く予定です。 ※本セミナーではOracle Cloud Infrastructure GoldenGate についての情報も含まれます ※アジェンダの内容・セッション開始時間が予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承くだ さい 日時 2024年7月2日(火) 13:30-17:30(13:00受付開始) 会場 オラクル青山センター13F (※録画,リモート配信はありません) 定員 80名 費用 無償 対象 • Oracle GoldenGateをご存知で最新情報を習得したい方 • Oracle GoldenGateの最新情報に興味をお持ちの方 • Oracle GoldenGateに協業に興味あるパートナー企業の方 • データ統合,データ連携,データパイプラインに興味をお持ちの方 • ELT/ETL,Stream Analyticsなどに興味をお持ちの方 申込 oracle.com/goto/goldengate-0702
  68. トピック  Oracle CloudWorld Tour Tokyo  Oracle CloudWorld 2024

    in Las Vegas  クラウド・パートナーシップの拡大  Oracle Database 23ai およびOracle GoldenGate 23ai セミナーの御案内  Oracle Cloud VMware Solution Oracle Cloud Infrastructure 最新情報 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 75 ✔ ✔ ✔ ✔
  69. VMware Software と Oracle Cloud Infrastructureの統合されたソリューション Oracle Cloud VMware Solution

    Oracle Cloud VMware Solution ....... セキュアでお客様による制御が可能な、 仮想プライベート・ネットワーク空間 エラスティックなキャパシティ 迅速なアプリ開発環境 既存VMware資産の活用 スケーラブルでセキュアなインフラ • 豊富なクラウド・サービスと連携 (IaaS / PaaS / SaaS) • 高速・低遅延でセキュアなクラウド・ サービスとの通信 • Azure Interconnectによるマル チ・クラウド構成 • オンプレと同じVMware vSphere®環境 • アプリの変更無く、クラウドに移行 • オンプレミスと同じ運用、セキュリティが可能 • 完全なアクセス権限・制御 • 同じツールの使用 • 同じセキュリティ構成、ポリシーの設定 • バージョン、パッチ、アップグレードの制御 • エラスティックで自動化されたインフラ • 世界中で40以上のリージョンを使用 可能 • ハイブリッド / マルチ・クラウド構成 • セキュアなアーキテクチャ ハイブリッド構成 パッケージ ミドルウェア アプリ DB DB アプリ パッケージ ミドルウェア アプリ DB DB アプリ ミドルウェア アプリ Oracle Cloud Infrastructure オンプレミス DB DB Oracle Cloud Services Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 76
  70. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 77 クラウドの制限により移行に困難: 株式会社サンドラッグ様は、店

    舗拡大に伴い既存VMware環境の増強が課題となっていました。そ のためクラウドへの移行を検討していましたが、OSやミドルウェアのクラ ウドの制限により、移行には大きな変更が必要でした。これは、他ク ラウドのVMwareサービスを使用した場合でも同様でした。 自由度の高いOCVSで解決: しかし、OCVSはユーザーが完全に VMware環境を制御できるため、システムの変更をほぼ行うことなく、 OSやミドルウェアもそのままクラウドへ移行することが可能になりました。 これにより移行期間と工数を大きく削減でき、今後PaaSサービスの 利用や集約によるさらなるコストの削減も可能となりました。 • 他クラウドでは制限により難しかった移行が、自由度の高い OCVSで、システムをほぼ変更することなく可能に • クラウドの活用により、新店舗システムの迅速な展開が可能に • 今まで同様にVMware上のシステムを一括で管理でき、通常の クラウドVMの場合と比較して運用コストを削減 1380店舗の運営を支えるVMware仮想統合プラット フォームをOracle Cloudに移行 株式会社サンドラッグ様 VCN(仮想クラウド・ネットワーク) VM VM VM VM 仮想ストアコンピューター VM VM VM VM 仮想ストアコンピューター オンプレミス Oracle Cloud OCVS 自由度の高いOCVSにより、 オンプレミスのVMware環境をそのままクラウド移行
  71. トピック  Oracle CloudWorld Tour Tokyo  Oracle CloudWorld 2024

    in Las Vegas  クラウド・パートナーシップの拡大  Oracle Database 23ai およびOracle GoldenGate 23ai セミナーの御案内  Oracle Cloud VMware Solution Oracle Cloud Infrastructure 最新情報 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 79 ✔ ✔ ✔ ✔ ✔
  72. 1. Oracle Cloud Infrastructure とは 2. Oracle Cloud Infrastructure の特徴

    3. Oracle Cloud Infrastructure をお使い頂くために 4. Oracle Cloud Infrastructure 最新情報 【まとめ】 本日お話しさせて頂いた内容 Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 80
  73. QA Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates 81 #

    質問 回答 1 「Oracle Database@Azure」につきましては、2024年後半の提供予定としてアナウンスさせて頂いて おります。なお予定となりますので、提供開始がずれる可能性もございますのでご了承下さい。 「Oracle Database@Google Cloud」は今後提供予定のステータスとなっておりますが、具体的な時 期については公表されておりません。情報が公開された際にはアナウンス等をさせて頂く予定でございます のでご了承下さい。 AWSでの同様のサービス提供につきましては、弊社から御案内できる情報は現時点ではございません。ご 要望がございましたらAWS側にも是非ご確認頂けると幸いです。 「Oracle Database@Azure」につきましては、2024年後半の提供予定としてアナウン スさせて頂いております。なお予定となりますので、提供開始がずれる可能性もございます のでご了承下さい。 「Oracle Database@Google Cloud」は今後提供予定のステータスとなっております が、具体的な時期については公表されておりません。情報が公開された際にはアナウンス 等をさせて頂く予定でございますのでご了承下さい。 AWSでの同様のサービス提供につきましては、弊社から御案内できる情報は現時点では ございません。ご要望がございましたらAWS側にも是非ご確認頂けると幸いです。 2 OCIでは、セキュリティの強化およびノイジーネイバーの除外という手段として、専用ハードウェアを利用した オフロードをしているのでしょうか? ※セッションで対応&実現をしているのは理解できたのですが、他社クラウドと同じようなアーキテクチャなの か、OCIは個別で別の手段/テクノロジーを採用されているのか確認したいです。 AWS : AWS Nitro System Microsoft Azure : Microsoft Azure Boost Google Cloud : Google Titanium 詳細については公開されておりませんが、Nitroなどと同じようなアーキテクチャを実装して います。 なお、下記のような内容は公開しておりますので御参考になれば幸いです。 https://www.oracle.com/jp/a/ocom/docs/oracle-cloud-infrastructure- security-architecture-ja.pdf 3 OCIの利用および学習を行って、その後、OCIの認定資格を取得したいと考えています。 OCIに関連した資格でいくつか質問があります。 ①OCIの認定資格には、2023, 2024など年度の情報があり、同じ資格名であっても年度ごとに更新さ れると認識をしています。 これは毎年更新などをしなければならないのでしょうか? 他社の場合、同じ資格で1年~2,3年有効となっており、どのような形で更新や、資格の有効性の 維持をするのか教えてください。 AWS:対象資格を取得後、資格により2,3年有効となる。有効期 限内に、有償の資格試験を受けて合格することで認定資格を維持することができる。 Microsoft:対象資格を取得後、1年有効となる。有効期限の半年前からオンラインのアセスメントテ スト(無償)を合格することで認定期限を1年延長して維持することができる。②昨年実施されていた 以下のようなプログラムは、今年も展開をされる予定はありますでしょうか? https://www.oracle.com/jp/education/race2cert_97206-ja.html 1) について OCI 認定資格の有効期間は資格取得日から 2 年間です。取得した資格は、更新時 に提供される最新の認定資格試験に合格することて更新できます。Oracle University としては毎年リリースされる最新の認定資格を 1 年ごとに取得することを推 奨しますが、認定資格の維持という点では取得した資格の有効期間 (= 2 年間) が経 過するまでに新しい試験に合格して更新を行う形になります。 2) について 現時点では、無償受験機会の提供など OCI 認定試験に関するプロモーションの実施予 定は未定です。実施の際は Oracle University ホームページの 新着ニュースでご案内 いたします。 https://www.oracle.com/jp/education/news-172121-ja.html