「粗利を計算する」の難しさ / KPI Measurement in the real world

15de53f6e7b7525e6c6ef22b2cb9576b?s=47 OSA Shunsuke
December 19, 2019

「粗利を計算する」の難しさ / KPI Measurement in the real world

s-dev talks 〜サービス開発勉強会〜「大忘年 LT 大会 2019」
https://s-dev-talks.connpass.com/event/155489/

15de53f6e7b7525e6c6ef22b2cb9576b?s=128

OSA Shunsuke

December 19, 2019
Tweet

Transcript

  1. 3.
  2. 12.

    必要なデータ ✕ 見たい軸 店舗別 商品別 即時性 売上 レジによって 半自動生成 すべての段階で

    同じ商品マスタを使う ほぼリアルタイム 仕入 仕入情報と一緒に 店舗も入力 数時間以内に入力 在庫 店舗ごとに棚卸
  3. 15.

    商品マスタの粒度 •理想 vs. 現実 • 細かく取れたほうが嬉しいが、細かくしすぎるとオペレーションが回ら ないという現実的な問題がある • 仕入・レジ・棚卸などすべての段階で識別・入力できないといけない •

    青果にはバーコードがついていない(再) • 自社でつけることは可能だが、コスト面・鮮度面などから •適切な落とし所を見つけた上で、オペレーションに落としていく必要がある
  4. 20.