「粗利を計算する」の難しさ / KPI Measurement in the real world

15de53f6e7b7525e6c6ef22b2cb9576b?s=47 OSA Shunsuke
December 19, 2019

「粗利を計算する」の難しさ / KPI Measurement in the real world

s-dev talks 〜サービス開発勉強会〜「大忘年 LT 大会 2019」
https://s-dev-talks.connpass.com/event/155489/

15de53f6e7b7525e6c6ef22b2cb9576b?s=128

OSA Shunsuke

December 19, 2019
Tweet

Transcript

  1. 「粗利を計算する」のむずかしさ 2019-12-19 OSA Shunsuke

  2. 誰? •OSA Shunsuke •@s_osa_ •s-dev talks organizer •株式会社アグリゲート a.k.a. 旬八青果店

    •なんでもやる人になりつつある
  3. None
  4. 八百屋 •小売業 •究極的には「仕入れて、売る」

  5. 粗利(売上総利益) •仕入れたものを売ったらいくら儲かったか •粗利 = 売上 − 原価 • 100円で仕入れたを150円で売ると粗利50円 •超重要

    KPI
  6. やりたいこと •リアルワールドにおいて •実行可能なオペレーションかつ許容可能なコストで •売上・原価・粗利などの重要な数字を •精緻(店舗別・商品別)かつタイムリーに取得して •次のアクションに繋げていく

  7. 粗利の計算

  8. 粗利 = 売上 − 原価

  9. 原価とは •100円のを10個仕入れた(仕入1,000円) •150円で6個売れた(売上900円) • この6個分に対応する仕入の金額が原価(原価600円) • 残りの4個は在庫として持ち越し

  10. 在庫を考慮した原価 •原価を計算するためには在庫を考慮する必要がある • 理由:繰越・仕入価格の変動など •ある時点の在庫の量を調べて在庫金額を算出するのが棚卸 •原価(総額) = 前回在庫金額 + 仕入金額

    − 今回在庫金額 • 「今回在庫 = 前回在庫 + 増加量 − 減少量」より
  11. 粗利を計算するために必要なもの 粗利 売上 原価 仕入 在庫

  12. 必要なデータ ✕ 見たい軸 店舗別 商品別 即時性 売上 レジによって 半自動生成 すべての段階で

    同じ商品マスタを使う ほぼリアルタイム 仕入 仕入情報と一緒に 店舗も入力 数時間以内に入力 在庫 店舗ごとに棚卸
  13. 商品マスタ

  14. 何をもって同じ商品とするか •青果にはJANコード(バーコード)も型番もついていない •「同じ」とは??? • 品種:「いちご(とちおとめ)」と「いちご(あまおう)」 • 産地:「群馬県産のキャベツ」と「愛知県産のキャベツ」 • 単位:「個」「パック」「束」 •最終的には「どういう風に見たいか」という決めの問題

  15. 商品マスタの粒度 •理想 vs. 現実 • 細かく取れたほうが嬉しいが、細かくしすぎるとオペレーションが回ら ないという現実的な問題がある • 仕入・レジ・棚卸などすべての段階で識別・入力できないといけない •

    青果にはバーコードがついていない(再) • 自社でつけることは可能だが、コスト面・鮮度面などから •適切な落とし所を見つけた上で、オペレーションに落としていく必要がある
  16. タイムリーな在庫の把握

  17. 実在庫の確定 •棚卸をするしかない •棚卸は大変 • 取り扱い品目それぞれについて数量を数える必要がある

  18. 在庫の推定(理想) •在庫は仕入によって増えて、販売によって減る •仕入と販売の数量を記録すれば現在の在庫量を計算できる • 廃棄・盗難などで誤差は出るが、全体に占める割合は大 きくないはずなので速報値としては充分

  19. 在庫の推定(現実) •「みかん 5kg」の在庫が2ケースあった •「みかん 5kg」を追加で4ケース仕入れた •「みかん」が100個売れた •10kg + 20kg −

    100個 =
  20. まとめ

  21. まとめ •超重要な KPI を正確かつタイムリーに取得するだけでも既 に難しい •オペレーションまで含めてつくっていく必要がある •リアルワールドには強敵がゴロゴロいる • 「俺より強い奴に会いに行く」

  22. Thank You!