Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

今こそ聞きたいSDGs - SDGs Dos&Don'ts for IBMer and more

今こそ聞きたいSDGs - SDGs Dos&Don'ts for IBMer and more

2022年7月の日本IBM社内向けシリーズセミナー「今こそ聞きたいSDGs」の第13回「SDGs Dos & Don'ts」で使用するデッキです。

大体の内容はこちらのブログでもお読みいただけます。
SDGsアップデート: https://pachi.hatenablog.com/entry/SDGs2022

八木橋 パチ

July 06, 2022
Tweet

More Decks by 八木橋 パチ

Other Decks in Business

Transcript

  1. #混ぜなきゃ危険 #FuturesDesigner
    #⺠主主義は雑談から #未来は好奇⼼から
    ⼋⽊橋 パチ [email protected]
    Always looking for ways to make myself and people around me happier!

    View full-size slide

  2. 「SDGsは海外では盛り上がっていない」
    って聞いたけど、本当?
    今こそ聞きたいSDGs 第13回 - SDGs Do & Don'ts | 2030年までと、それから。

    View full-size slide

  3. 「SDGsは海外では盛り上がっていない」
    って聞いたけど、本当?
    海外(←主語でかい)では「2030年のゴール」とい
    う認識ではあまり使われていません。
    「環境(Planet)・経済(Prosperity)・社会
    (People)のサステナビリティをなんとかすべし!」
    という考えで語られています。
    そして2030の先にある2050年や、22世紀からの
    バックキャストで考えられています。
    Yes! and No! です。
    • Planet 1.5℃
    • Prosperity 格差と再分配
    • People DEI(Diversity, Equity, and Inclusion)
    https://thinkproject.com/sustainability/
    今こそ聞きたいSDGs 第13回 - SDGs Do & Don'ts | 2030年までと、それから。

    View full-size slide

  4. 今⽇話すことの半分以上はこちらのページに書きましたので、
    後からチャチャっと⾒たいときにご利⽤ください。
    https://pachi.hatenablog.com/entry/SDGs2022
    今こそ聞きたいSDGs 第13回 - SDGs Do & Don'ts | 2030年までと、それから。

    View full-size slide

  5. サステナビリティ市民(Sustainability Citizens)とは
    人々は自分たちが住んでいる複雑な世界を理解できるようにならな
    ければいけない。また、ポジティブな変化のために協働し、発言し、
    行動する必要がある。私たちは、こうした人々を「サステナビリ
    ティ市民(sustainability citizens)」と呼んでいる。
    https://unesdoc.unesco.org/ark:/48223/pf0000374449
    UNESCO | Education for Sustainable Development Goals: learning objectivesより
    システム思考
    予測
    規範
    戦略/方略
    協働・共創
    批判的(吟味)思考
    自己認識(内省)
    問題の複雑な発生メカニズムをシステムとして包括的に捉え、問題の原因を特定し、体系的に対策をとっていく能力。
    複数の将来を予測し、それぞれの不確実性を正しく考慮して、将来に向けた対策を検討する能力。
    持続可能な発展を実現していくうえで、行動や政策の選択基準となる規範を理解しそれに基き判断や調整を行う能力。
    持続可能な発展に向けた取組みを、包括的かつ現場の状況に応じて効果的に設計・実行する能力。
    持続可能な発展に向けた取組みに対して人びとの学習や参加、協働や価値共創などを促す能力。
    示された原因、予測、規範、戦略を、信憑性を確認しながら吟味し、新しい視点などを加えて改善を促す能力。
    自分の知識、姿勢、能力、行動、考え方の特徴や偏りを俯瞰的に捉えて見直し、継続的に問い直し変えていく能力。
    サステナビリティ市民(Sustainability Citizens)の7つのキーコンピテンス
    今こそ聞きたいSDGs 第13回 - SDGs Do & Don'ts | 2030年までと、それから。

    View full-size slide

  6. 世界のSDGsの現時点までの経過はどうなっているの?
    https://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/sdgs_report/
    国際連合広報センターより
    今こそ聞きたいSDGs 第13回 - SDGs Do & Don'ts | 2030年までと、それから。

    View full-size slide

  7. 日本のSDGsの現時点までの経過はどうなっているの?
    https://dashboards.sdgindex.org/profiles/japan/
    緑 ⽬標達成
    ⻩ 課題が残っている
    橙 重要課題が残っている
    ⾚ 主要課題が残っている
    今こそ聞きたいSDGs 第13回 - SDGs Do & Don'ts | 2030年までと、それから。

    View full-size slide

  8. 日本の企業はどこがちゃんとやっているの?
    JSBI(Japan Sustainable Brands Index)2021Report(速報版)
    • SDGs貢献イメージ1位のスターバックスジャパンさんは評価得点では19位
    • SDGs貢献イメージ5位のアイリスオーヤマさんは評価得点では84位
    …このギャップの⼤きさは、トラブルが起きた際に
    バッシングされる可能性が⾼いのではないか??
    • SDGs貢献イメージ20位のクボタさんは評価得点は3位
    • SDGs貢献イメージ94位の東京ガスさんは評価得点は5位
    逆パターンで⽬につく企業は、もう少し
    「やってます!」と伝える活動に⼒を⼊れてもいいのかも??
    今こそ聞きたいSDGs 第13回 - SDGs Do & Don'ts | 2030年までと、それから。

    View full-size slide

  9. IBMはこれから何をどれくらいやるの?
    6⽉7⽇のニュースリリース: IBM、環境・社会・ガバナンス (ESG) に関する新しいフレームワークとレポートを発表
    3つの柱 (1.環境への影響、2.公平性への影響、3.倫理的な影響)
    環境への影響: IBMは、天然資源の保護、環境汚染の削減、および気候関連のリスクの最⼩化に努めています。
    • 2030年までに、温室効果ガスの排出量をネット・ゼロにする
    • 2025年までに、⾮有害廃棄物の90%を埋⽴と焼却処分以外の⽅法へ転換する
    • 2025年までに、環境へのメリットをもたらすお客様との取り組みや研究プロジェクトを100件開始する
    公平性への影響: ダイバーシティー、エクイティー、およびインクルージョンを⾼めるために、IBMは以下を⽬標と
    しています。
    • 2030年までに、あらゆる世代の3,000万⼈に将来の仕事に必要な新しいスキル習得を⽀援する
    • 2025年までに、400万時間のボランティア活動を⾏う
    • 2025年までに、実習型プログラムとニューカラー(New Clollar)⼈材向けプログラムに2億5千万ドルを投資する
    • 2025年までに、1次サプライヤー向けダイバーシティー関連⽀出の15%を⿊⼈系サプライヤーに割り当てる
    倫理的な影響: IBMは倫理、信頼、透明性、および何よりも責任能⼒を優先するイノベーション、ポリシー、および
    プラクティスを強化することを⽬的としています。
    • 2022年末までに、テクノロジー倫理のトレーニングを1,000社のエコシステム・パートナーに提供する
    • 100%のサプライヤーが健全なビジネスを実践できるよう継続的に働きかける
    • 経営幹部向けにダイバーシティー指標に関連した給与調整を継続する
    今こそ聞きたいSDGs 第13回 - SDGs Do & Don'ts | 2030年までと、それから。

    View full-size slide

  10. 僕らは何をすべきではないの(Don’ts)?
    1. 根拠がない、情報源が不確かな表現を避ける
    2. 事実よりも誇張した表現を避ける
    3. ⾔葉の意味が規定しにくいあいまいな表現を避ける
    4. 事実と関係性の低いビジュアルを⽤いない
    5. 製品、サービスの全体像との整合性がある
    6. 条件付きの場合は、明確に⽰す
    7. 耐久性や廃棄についての情報、ラベルを正しくつける
    8. 正しい選択をするために必要な情報を隠さない
    9. 載せきれない情報にも簡単にアクセスできるように配慮
    (QRコード、WEBサイトなど)する
    今こそ聞きたいSDGs 第13回 - SDGs Do & Don'ts | 2030年までと、それから。

    View full-size slide

  11. 僕らは何をすべきなの(Dos)?
    1. 電通「サステナビリティ・コミュニケーションガイド」を⾒
    ておきましょう! (前ページのDon’tsはこのガイドからです)
    2. 知っているふりをしない
    3. ⾃分とは違う意⾒を持っていそうな⼈に尋ねる
    4. 発信する前に英語でググる
    5. SDGsの17(169)の中で本当に興味があるものを⾒つける
    6. SDGsの17(169)の何かにパーソナル・コミットする
    7. コミット内容を周囲に伝える
    8. ⼈間らしさを忘れない
    9. 健康と幸せを最優先する
    今こそ聞きたいSDGs 第13回 - SDGs Do & Don'ts | 2030年までと、それから。

    View full-size slide

  12. おまけ - パチのSDGsコミットメント
    暴⼒や権⼒の乱⽤を許さず、おかしいと思うものには
    きちんとスピークアップする
    ⾃分の中のバイアスを意識・理解して、誰もが⾃分⾃
    ⾝でいられる場をつくる
    ⾝体を使って⾃然を楽しむことが<贅沢品>にならな
    いよう、天然資源や⾷料の⼤切さを意識し⽣活する
    ⽇本にいる外国ルーツの⼈の<勉強したい>という気
    持ちを⽀援する
    今こそ聞きたいSDGs 第13回 - SDGs Do & Don'ts | 2030年までと、それから。

    View full-size slide

  13. 今こそ聞きたいSDGs 第13回 - SDGs Do & Don'ts | 2030年までと、それから。
    IBM Sustainability Software
    IBM Sustainability Softwareブログは、持続可能な未来を実現するためのさまざまなソリューションやその実践
    事例と、社会実装に取り組む組織や⼈の活動とアイデアをタイムリーに紹介しています。 社会課題解決と企業
    成⻑の両⽴にお役⽴てください。

    View full-size slide