Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

TiDB Cloud最新状況の紹介

TiDB Cloud最新状況の紹介

ウェビナー開催日:2023年7月27日

TiDB Cloudの基盤となるTiDB本体はDMRが2ヶ月に1度、LTSが約6ヶ月に1度など高頻度でリリースがされておりますが、TiDB Cloudは最短1週間程度で新しい機能がぞくぞくと提供されています。
このビデオでは、2022年7月以降提供されてきたTiDB Cloudをスケーラブルに利用したり、MySQLからデータの差分更新の最適化をはじめとした、約1年間で提供されてきたTiDB Cloudの新機能を紹介します。

トピック
・TiDB Cloudでのスケールアップ、スケールダウンのサポート
・DMによるMySQLのGTIDまたはbinlog positionを利用した差分更新
・TiDB Cloudに搭載されたアラートの仕組み

アーカイブ動画:https://youtu.be/lByanN_yo2w

PingCAP-Japan

July 28, 2023
Tweet

More Decks by PingCAP-Japan

Other Decks in Technology

Transcript

  1. TiDB Cloud最新状況の紹介
    本多康夫
    Technical support engineer at PingCAP Japan

    View full-size slide

  2. これまでのウェビナースケジュール
    https://pingcap.co.jp/event/
    
 

    2023年2月3日(金) 14:00-15:00 TiDB 6.5 LTS新機能の紹介
    2023年2月17日(金) 14:00-15:00 PingCAP Education: TiDB CloudのIntegration機能の紹介 - Datadog、
    Prometheus、Vercelとの統合
    2023年3月2日(木) 14:00-15:00 ハンズオン TiDB Cloud Serverless TierとChatGPTのSQL生成を試してみ
    よう!
    2023年3月24日(木) 14:00 - 15:00 TiFlashの紹介
    2023年4月13日(木) 14:00 - 15:00 TiDBにおけるSQLチューニング SQL bindingのご紹介
    2023年5月18日(木) 14:00 - 15:00 TiDB 7.0 DMR新機能の紹介
    2023年6月15日(木) 14:00-15:00 【TiDB Serverless GA直前】TiDB新章。Serverless + Data API + AIによる新
    たな活用
    2023年7月27日(木) 14:00-15:00 TiDB Cloud最新状況の紹介
    ※過去開催アーカイブ:https://pingcap.co.jp/event-video/

    View full-size slide

  3. 次回以降のウェビナースケジュール
    https://pingcap.co.jp/event/
    
 

    2023年9月14日(木) 14:00-15:00 TiDBとMySQLの互換性改善アップデート

    View full-size slide

  4. アジェンダ
    ● TiDB Cloud全般の変更
    ○ TiDB Cloud製品名アップデート
    ○ TiDB Cloud新機能追加サイクル
    ○ TiDB Serverless 一般提供開始
    ● TiDB Cloud 個別の新機能
    ○ Branching feature (beta)
    ○ TiDB ServerlessでのPiTR (beta)
    ○ スケールアップ、スケールダウンのサポート
    ○ Index Insight (beta)
    ○ Changefeed to Amazon S3
    ○ TiDB CloudコンソールのRBAC
    ○ MySQLのGTIDまたはbinlog positionを利用した差分更新
    ○ TiDB Cloudビルトインアラート
    ● TiDB Cloudの更新状況を知るには
    ● Q&A
    ● お知らせ

    View full-size slide

  5. TiDB Cloud全般の変更

    View full-size slide

  6. ● 2023年6月23日より、下記の通りTiDB Cloud製品名が更新されました
    ● TiDB Dedicated
    ○ 旧 TiDB Cloud Dedicated Tier
    ● TiDB Serverless
    ○ 旧 TiDB Cloud Serverless Tier
    TiDB Cloud製品名アップデート

    View full-size slide

  7. ● TiDBサーバー、TiKVサーバー、TiFlashサーバーのキャパシティに基づいた TiDB Cloud
    ○ CPU数
    ○ メモリサイズ
    ○ ディスクサイズ
    ● シングルテナント
    TiDB Dedicatedとは

    View full-size slide

  8. ● 一定の無料枠をもとに、キャパシティを動的に変更可能な TiDB Cloud
    ○ 行ベースストレージ : 5GiB
    ○ 列ベースストレージ : 5GiB
    ○ リクエストユニット : 5000万リクエストユニット /月
    ● 無料枠を超える部分は、ストレージサイズ、リクエストユニット数に応じた価格設定
    ● マルチテナント
    TiDB Serverlessとは

    View full-size slide

  9. ● TiDBソフトウェア、TiDB Cloudの両方で、高頻度な新機能リリース
    ● TiDBソフトウェア
    ○ 月単位(約2ヶ月から6ヶ月)でのリリース
    ○ データベースソフトウェアとしては比較的高頻度
    ○ DMR : 約2ヶ月おき
    ○ LTS : 約6ヶ月おき
    ● TiDB Cloud
    ○ 日、週単位での高頻度な新機能追加
    ○ 2022年7月以降 67回の新機能の追加リリースが行われています
    ■ ひとつのリリースに複数の新機能を含みます
    TiDB Cloud新機能追加サイクル

    View full-size slide

  10. ● 2023年7月5日、TiDB Serverlessの一般提供が開始されました
    ● 従来の無料範囲はそのまま、それ以上をストレージサイズ、リクエストユニット数で課金
    ○ 行ベースストレージ : 5GiB
    ○ 列ベースストレージ : 5GiB
    ○ RU: 5000万 RU/月
    ● Spending Limit
    ○ 月あたりの限度額を設定可能
    ● Usage This Month
    ○ 現在の利用状況の確認が可能
    TiDB Serverless 一般提供開始

    View full-size slide

  11. TiDB Cloud 個別の新機能

    View full-size slide

  12. ● TiDB Serverlessのインスタンスからgitのようにブランチを作成することが可能
    ○ 既存の環境とは隔離されたインスタンスが作成される
    ○ copy on write (ブランチが分かれて実際に書き込みを行う時点でコピー ) により、高速なブランチ作
    成が可能
    ● 利用例
    ○ テストのために一時的な環境がほしい
    ○ DDLやDMLをテスト実行したいが、データベースのコピーを作成するのが面倒
    ○ GitHubでのpull request毎に個別のデータベースがほしい
    ● Note
    ○ branching feature (beta)は2023年7月5日以降に作成したTiDB Serverlessクラスタで利用可能
    ○ ブランチの最大数は 5まで
    ○ データベースの最大サイズは 100GiBまで
    Branching feature (beta)

    View full-size slide

  13. ● ブランチの作成方法
    ○ クラスタ名(例: Cluster0) の下にある Branches を選択
    ○ 青い Create Branch をクリック
    ○ ブランチ名(Branch Name)を指定して、Create
    Branching feature (beta)

    View full-size slide

  14. ● ブランチの作成方法
    ○ 数分程度で Statusが “Ready”になります
    ○ Actionから “Connect”を選択すると、そのブランチへの接続文字列が表示されます
    Branching feature (beta)

    View full-size slide

  15. ● 新規ブランチの接続
    ○ 従来の接続文字列と新規ブランチへの接続文字列で異なるのはユーザー名、パスワードのみ
    ○ 従来ブランチ
    ■ mysql --connect-timeout 15 -u '4TH8bDnKVMfu8Hq.root' -h
    gateway01.ap-northeast-1.prod.aws.tidbcloud.com -P 4000 -D test
    --ssl-mode=VERIFY_IDENTITY --ssl-ca=/etc/ssl/cert.pem -p
    ○ 新規ブランチ
    ■ mysql --connect-timeout 15 -u '4CZQAkfn4oUDA4Z.root' -h
    gateway01.ap-northeast-1.prod.aws.tidbcloud.com -P 4000 -D test
    --ssl-mode=VERIFY_IDENTITY --ssl-ca=/etc/ssl/cert.pem -p
    ● 新規ブランチに対して mysqlクライアントで接続します
    Branching feature (beta)

    View full-size slide

  16. ● 新規ブランチ(test)に対してmysqlクライアントで接続
    ● データベースも既存のまま存在
    ● testブランチのデータ変更 (truncate table city)は、既存ブランチのデータに影響を与えません
    Branching feature (beta)

    View full-size slide

  17. Branching feature (beta)

    View full-size slide

  18. ● ブランチの削除方法
    ○ Actionから “Delete”を選択すると、そのブランチへの接続文字列が表示されます
    ○ “I understand, delete” をクリックするとブランチが削除されます
    Branching feature (beta)

    View full-size slide

  19. ● 削除されたブランチへ接続を試みても、下記のエラーが返されます
    ● ERROR 1105 (HY000): Cluster not found. Please check your user name prefix. See
    https://docs.pingcap.com/tidbcloud/select-cluster-tier#user-name-prefix ”
    Branching feature (beta)

    View full-size slide

  20. ● TiDB ServerlessでPoint in time recovery(PITR)が追加されました
    ● 過去90日のうち任意の時点にリカバリ可能です
    ● TiDB ServerlessでのPITRは既存クラスタの内容を置き換えます
    ● TiDB Dedicatedでは従来からPiTRの利用が可能です
    ○ TiDB Dedicatedでは新規クラスタへのリストアとなります
    TiDB ServerlessでのPiTR (beta)

    View full-size slide

  21. ● PiTRの使用方法
    ● Data の下にある Backup を選択
    ● 過去に自動で取得された日時バックアップが表示されます
    TiDB ServerlessでのPiTR (beta)

    View full-size slide

  22. ● リストアしたいバックアップから Action をクリックし、”Restore”を選択します
    TiDB ServerlessでのPiTR (beta)

    View full-size slide

  23. ● Restore Mode を選択します
    ○ Basic Snapshot Restore : 選択したバックアップした時点のデータにリストア
    ○ Point-in-Time Restore : 任意の時刻 (Restore to)にリカバリ
    ● Summaryを確認し、Restore
    TiDB ServerlessでのPiTR (beta)

    View full-size slide

  24. ● 従来
    ○ ノード数のスケールアウト (数を増やす)、スケールイン(数を減らす)のみが可能
    ● 現在
    ○ ノード自体のキャパシティを変更可能
    ○ CPU
    ○ Memory
    ○ Disk (TiKV)
    ○ Disk (TiFlash)
    ● クラウドプロバイダー毎
    ○ AWSでのTiDB Dedicated
    ■ 2023年の4月25日以降に新しく作成した TiDB Dedicated Clusterより可能
    ○ GCPでのTiDB Dedicated
    ■ 2023年の4月26日以降に新しく作成した TiDB Dedicated Clusterより可能
    ○ https://docs.pingcap.com/tidbcloud/size-your-cluster
    スケールアップ、スケールダウンのサポート

    View full-size slide

  25. ● スケールアップ、スケールダウンの方法
    ○ Connectの右側にある 横三点リーダーをクリックし、 Modifyを選択
    ○ vCPU + RAMからノードスペックを変更、 Storage (GiB)からストレージサイズを増加
    ■ Note: ストレージサイズを減らすことはできません
    ○ Summaryから Confirm
    スケールアップ、スケールダウンのサポート

    View full-size slide

  26. ● インデックスのアドバイザー
    ● 遅いクエリーに対して、インデックス追加の提案を行います
    ● Diagnosticsから”Index Insight”を選択し、左側に表示されたユーザーを rootで作成
    ● index_insight_userのユーザー名とパスワードを SQL Userに入力し、Activateします
    Index Insight (beta)

    View full-size slide

  27. ● Index Insightの右側にある “Check Up” をクリックすると、過去 3時間のスロークエリーをスキャンし、候補
    となるインデックスを推奨します
    Index Insight (beta)

    View full-size slide

  28. ● TiDB DedicatedのchagefeedsからAmazon S3に対してデータを送れるようになりました
    ● https://docs.pingcap.com/tidbcloud/changefeed-sink-to-cloud-storage
    Changefeed to Amazon S3

    View full-size slide

  29. ● TiDB Consoleにログインするユーザーに適切なロールを付与可能
    ○ 従来はロールが細分化されていなかった
    ○ Organization(組織)毎のロール
    ■ Organization Owner
    ■ Organization Billing Admin
    ■ Organization Console Audit Admin
    ■ Organization Member
    ○ Project(プロジェクト)毎のロール
    ■ Project Owner
    ■ Project Data Access Read-Write
    ■ Project Data Access Read-Only
    ○ 例: クラスタを作成するには Organization OwnerまたはProject Ownerロールが必要です
    ● Note: TiDB自体の(MySQL 8互換のRBAC)は別に存在します
    ○ create role
    TiDB CloudコンソールのRBAC

    View full-size slide

  30. ● User Managementより、”By Organization” または、”By Project” でユーザーをInvite可能です
    ● Invite時にRoleを指定できます
    TiDB CloudコンソールのRBAC

    View full-size slide

  31. ● MySQLをソースとしたデータベースから、 TiDBに対してGTID、binlog positionを指定した差分更新が可
    能になりました
    ● https://docs.pingcap.com/tidbcloud/migrate-incremental-data-from-mysql-using-data-migration#prere
    quisites
    MySQLのGTID、binlog positionを利用した差分更新

    View full-size slide

  32. ● https://docs.pingcap.com/tidbcloud/monitor-built-in-alerting#tidb-cloud-built-in-alert-conditions
    ● 以下の条件でアラートが作成されます
    ○ TiDB、TiKV、TiFlashノードのメモリ使用量が 70%を10分連続で超えた場合
    ○ TiDB、TiKV、TiFlashノードのCPU使用率が80%を10分連続で超えた場合
    ○ TiKV、TiFlashストレージの利用率が 80%を超えた場合
    ○ Data migrationジョブでexport,importでエラーが発生した場合
    ● Alertsページからアラートを確認できます
    ○ Edit Rulesでアラートを個別に無効
    ○ Subscriberとしてメールアドレス
    TiDB Cloudビルトインアラート

    View full-size slide

  33. ● https://docs.pingcap.com/tidbcloud/tidb-cloud-release-notes#july-18-2023
    ○ importの改善
    ● https://docs.pingcap.com/tidbcloud/tidb-cloud-release-notes#july-11-2023
    ○ TiDB Botの追加
    ● https://docs.pingcap.com/tidbcloud/tidb-cloud-release-notes#july-4-2023
    ○ TiDB Cloudコンソール、ダークモード
    ● https://docs.pingcap.com/tidbcloud/tidb-cloud-release-notes#may-30-2023
    ○ Events ページに ImportData タイプの追加
    ● https://docs.pingcap.com/tidbcloud/tidb-cloud-release-notes#may-9-2023
    ○ 圧縮ファイル gzip gz zstd zst snapp ファイル
    ● https://docs.pingcap.com/tidbcloud/tidb-cloud-release-notes#april-4-2023
    ○ Sink to TiDB Cloud
    ○ https://docs.pingcap.com/tidbcloud/changefeed-sink-to-tidb-cloud
    その他の新機能 / Dedicated Serverless共通

    View full-size slide

  34. ● https://docs.pingcap.com/tidbcloud/tidb-cloud-release-notes#july-18-2023
    ○ Customer Managed Key (CMK)が利用可能になりました (Beta) / AWS only
    ● https://docs.pingcap.com/tidbcloud/tidb-cloud-release-notes#july-11-2023
    ○ Weekly backup
    ● https://docs.pingcap.com/tidbcloud/tidb-cloud-release-notes#june-13-2023
    ○ Key Visualizerインターフェースの改善
    ○ Monitoringページの改善
    ■ https://docs.pingcap.com/tidbcloud/tune-performance#statement-analysis
    ● https://docs.pingcap.com/tidbcloud/tidb-cloud-release-notes#april-18-2023
    ○ Data Migration jobのスケールアップ、スケールダウン
    ● https://docs.pingcap.com/tidbcloud/tidb-cloud-release-notes#april-4-2023
    ○ Changefeed RCU変更
    ■ https://docs.pingcap.com/tidbcloud/changefeed-sink-to-tidb-cloud
    その他の新機能 / Dedicatedのみ

    View full-size slide

  35. ● https://docs.pingcap.com/tidbcloud/tidb-cloud-release-notes#june-13-2023
    ○ モニタリングの保持期間が 3日間から7日間に延長
    ● https://docs.pingcap.com/tidbcloud/tidb-cloud-release-notes#june-5-2023
    ○ TiDB Cloud Data Service (beta)
    ○ https://docs.pingcap.com/tidbcloud/data-service-overview
    ● https://docs.pingcap.com/tidbcloud/tidb-cloud-release-notes#may-9-2023
    ○ Private Link (AWS)
    その他の新機能 / Serverlessのみ

    View full-size slide

  36. TiDB Cloudの更新状況を知るには

    View full-size slide

  37. ● リリースノートURL
    ○ https://docs.pingcap.com/tidbcloud/tidb-cloud-release-notes/
    ● “TiDB Community” Slackの #tidb-japan チャネルでリリースノートのサマリーをお伝えしています
    ○ https://pingcap.co.jp/ から
    ○ 「リソース」→ 「コミュニティ」
    TiDB Cloudの更新状況を知るには

    View full-size slide

  38. PingCAP定期ウェビナー
    https://pingcap.co.jp/event/
    ※過去開催アーカイブ :  https://pingcap.co.jp/event-video/

    View full-size slide

  39. PingCAP Education トレーニング
    トレーニング全体リンク
      https://en.pingcap.com/education/
    無償コース(推奨)
      TiDB Technical Essentials 101:
    内容
      - TiDB全体のアーキテクチャ
      - TiDBの各コンポーネントのアーキテクチャ
      - HTAP Overview & TiFlashのアーキテクチャ
      - TiDB Cloudの始め方
      - TiDB 6.0情報
    Course: TiDB Essentials 101
    トレーニングを通じ、TiDBの理解を深めることができます。

    View full-size slide

  40. 告知 『TiDB Cloud 検証支援キャンペーン』
    今すぐ試そう! TiDB Cloud PoC 3,000USD (40万円相当) デポジット

    キャンペーン期間 2023年4月1日〜2023年9月30日 (最大10社)
    キャンペーン内容 TiDB Cloud 3,000 USD (40万円相当) デポジット
    対象・適用条件 下記条件を満たすお客様 (最大10社) 
    ①TiDB Dedicatedを使用したことがない、②導入を検討したいプロジェクトがある、
    ③検討事例/プロモーションへのご協力
    ※フォームにご入力の上、キャンペーンにお申し込みください。
    審査結果およびキャンペーンの詳細について担当者より連絡いたします。

    View full-size slide

  41. TiDB / TiDB Cloud
    日本語ドキュメント
    https://docs.pingcap.com/ja/tidb/stable
    日本語訳問題の報告は
    こちらからお願いします。
    https://github.com/pingcap/docs/issues
    issue作成時のLabel:
    i18n-ja
    type/bug-fix

    View full-size slide

  42. OSS Insight : 活発度が分かる分析サービス
    46億を超えるGitHub上のイベント分析するデータベースとしてTiDB (TiFlash)を活用
    https://ossinsight.io/
    ①各イベント発生の推移
    ①GitHubイベント
    データを1分おきに同期 +TiFlash
    https://ossinsight.io/ ②Pull requests地域の表示
    ②分析クエリを
    TiFlash(カラムストア )
    で高速処理
    ③ジャンル内での比較(人気言語等)
    etc…

    View full-size slide

  43. @PingCAP_Japan
    Twitterのフォローをお願いします。

    View full-size slide

  44. Thank You!

    https://www.pingcap.com/

    [email protected]

    View full-size slide