Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

【Progmat】デジタル証券(ST)市場概観(ファクトデータ図解)

progmat
February 04, 2024

 【Progmat】デジタル証券(ST)市場概観(ファクトデータ図解)

progmat

February 04, 2024
Tweet

More Decks by progmat

Other Decks in Business

Transcript

  1. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only #2 #全体構造|23/12より流通市場「START」取引開始、~24/2で新規AM/証券会社参入数も伸長 © Progmat, Inc.

    #1 デジタル証券(ST)市場全体 【RWA/アセットホルダー】 【原簿管理者】 【投資家】 【仲介チャネル】 【ST発行・管理基盤】 【SC発行・管理基盤】 【ST流通市場】 …and more 金商業者 金商業者 自己管理 金融機関 金融機関 自己管理 … 不 動 産 動 産 等 債 券 持 分 等 既存の上場商品市場 既存の非上場商品市場 直 接 取 引 直 接 取 引 金 銭 債 権 2021年~ 2023年~ 2024年~
  2. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only #3 #ST案件規模の推移|ST案件の残高総額は2,349億超まで到達(有価証券届出書提出後-償還前) © Progmat, Inc.

    #1 デジタル証券(ST)市場全体 0 200 400 600 800 1,000 1,200 1,400 1,600 1,800 2,000 2,200 2,400 2,600 2,800 3,000 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 FY2021 FY2022 【SBI証券】 本邦初の 【日本取引所G】 【丸井】 【スパークス】 公募社債ST 【ケネディクス】 本邦初の 公募不動産ST 【MDM】 温泉旅館ST+UT 本邦初の”ファンマーケ” 【いちご】 不動産ST参入 (単位)億円 FY2023 【丸紅】 不動産ST参入 【ソニー銀行】 金銭債権ST 本邦初の 【ケネディクス】 タワマンST 300億円 公募不動産STファンドAuM運用残高 公募債券ST残高 公募金銭債権STファンド運用残高 【岡三証券G】 (出典)公開情報(≒公募案件)を基にProgmat作成 【日立】 2,349億超 【DREAM】 不動産ST参入 【大和証券G】 【りそな】 不動産ST参入
  3. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only #4 #新規ST金額内訳|新規案件規模は加速度的に伸長、現状の大宗は「不動産ST」が占める © Progmat, Inc.

    #1 デジタル証券(ST)市場全体 0 200 400 600 800 1,000 1,200 1,400 1,600 1,800 2,000 FY2021 FY2022 FY2023 FY2024 【不】123 【債】001 【不】331 【債】018 【不】1,765 【債】 132 【金】 001 127 356 1,898 (単位)億円 公募不動産STファンド新規組成額 公募債券ST発行額 公募金銭債権STファンド新規組成額 (出典)公開情報(公募案件のみ)を基にProgmat作成 ※各年度における新規組成/発行額(償還済案件含む) 【債】 002 【金】 002
  4. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only #6 #案件規模|100億超の案件規模で組成する事例が増え、全体的に大規模化傾向 © Progmat, Inc.

    #2 不動産ST市場 161 129 130 311 226 124 166 0 50 100 150 200 250 300 350 (単位)億円 個別案件 (出典)公開情報(公募案件のみ)を基にProgmat作成 近似曲線
  5. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only #7 #運用期間|10年超の運用で組成する事例(直近では30年)も増え、全体的に長期化傾向 © Progmat, Inc.

    #2 不動産ST市場 15.0 14.6 30.0 30.0 0.0 5.0 10.0 15.0 20.0 25.0 30.0 35.0 (単位)年 個別案件 (出典)公開情報(公募案件のみ)を基にProgmat作成 近似曲線
  6. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only #8 #1投資家あたり投資額|全体的に少額化傾向 © Progmat, Inc.

    #2 不動産ST市場 68 0 250 500 750 1000 1250 1500 (単位)万円 個別案件 (出典)ST発行総額をプライマリ投資家数で除した数値を基にProgmat作成(取得可能な案件のみ抜粋) 近似曲線
  7. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only #9 #発行体別|新規件数|「参入済AMの新規案件数」とともに「新規参入AM案件」も伸長 © Progmat, Inc.

    #2 不動産ST市場 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 FY2021 FY2022 FY2023 5 6 20 (単位)案件 【ケ】ケネディクス 【三】三井物産デジタル・アセットマネジメント(MDM) 【ト】トーセイ (出典)公開情報(公募案件のみ)を基にProgmat作成 7 【い】いちご 【丸】丸紅 7 2 【D】ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント(DREAM) 【り】りそな銀行
  8. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only #10 #発行体別|新規組成額|ケネディクス(KDX)の絶対額が顕著も、他AM案件の金額シェアも大幅伸長 © Progmat, Inc.

    #2 不動産ST市場 0 250 500 750 1,000 1,250 1,500 1,750 2,000 FY2021 FY2022 FY2023 【ケ】051 【三】055 126 338 1,752 (単位)億円 【ケ】ケネディクス 【三】三井物産デジタル・アセットマネジメント(MDM) 【ト】トーセイ (出典)公開情報(公募案件のみ)を基にProgmat作成 ※各案件の新規組成額=有価証券届出書上のB/S総額 【ト】020 【ケ】205 【三】070 【い】051 【ト】012 【ケ】911 【三】440 【い】098 【ト】048 【丸】019 【い】いちご 【丸】丸紅 【D】ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント(DREAM) 【D】070 【り】りそな銀行 【り】166
  9. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only #11 #発行体別|平均案件規模|大型化傾向が強まり、りそなの初号案件規模はKDX平均規模を超過 © Progmat, Inc.

    #2 不動産ST市場 25 102 130 63 70 166 0 25 50 75 100 125 150 175 200 FY2021 FY2022 FY2023 (単位)億円 【ケ】ケネディクス 【三】三井物産デジタル・アセットマネジメント(MDM) 【ト】トーセイ (出典)公開情報(公募案件のみ)を基にProgmat作成 ※各案件の有価証券届出書上のB/S総額を各社/各年度で合計し、各社/各年度の新規案件数で除して算出 【い】いちご 【丸】丸紅 【D】ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント(DREAM) 【り】りそな銀行
  10. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only #12 #発行体別|平均運用期間|KDXが運用長期化で先行も、他AMも長期化傾向は不変 © Progmat, Inc.

    #2 不動産ST市場 5.8 6.9 13.0 5.0 7.0 0.0 2.5 5.0 7.5 10.0 12.5 15.0 17.5 20.0 FY2021 FY2022 FY2023 (単位)年 (出典)公開情報(公募案件のみ)を基にProgmat作成 【ケ】ケネディクス 【三】三井物産デジタル・アセットマネジメント(MDM) 【ト】トーセイ 【い】いちご 【丸】丸紅 【D】ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント(DREAM) 【り】りそな銀行
  11. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only #13 #発行体別|受託態勢|全体的に三菱UFJ信託銀が多いが、りそなは受託/AM一体での提供を開始 © Progmat, Inc.

    #2 不動産ST市場 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ケネディクス MDM いちご トーセイ 丸紅 DREAM りそな (単位)案件 三菱UFJ信託銀行 みずほ信託銀行 三井住友信託銀行 (出典)公開情報(公募案件のみ)を基にProgmat作成 SMBC信託銀行 他(GK-TK等) 三井物産デジタル・アセットマネジメント 8 3 1 8 2 3 3 ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント 8 3 りそな銀行
  12. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only #14 #発行体別|販売態勢|KDXは万遍なく(東海東京も開始)、MDMは製販一体、新規はSBI・大和・野村 © Progmat, Inc.

    #2 不動産ST市場 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ケネディクス MDM いちご トーセイ 丸紅 DREAM りそな (単位)案件 SBI証券 大和証券 野村證券 (出典)公開情報(公募案件のみ)を基にProgmat作成 ※1案件で複数の証券会社が協業している場合、各証券にそれぞれ+1件(ダブルカウント) 東海東京証券 SMBC日興証券 MDM HashDasH 三井物産デジタル・アセットマネジメント 6 3 2 7 3 3 2 3 1 ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント 3
  13. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only #15 #受託者別|受託件数|三菱UFJ信託が量産化先行も、三井住友複数受託やりそな参入等裾野も拡大 © Progmat, Inc.

    #2 不動産ST市場 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 FY2021 FY2022 FY2023 (単位)案件 三菱UFJ信託銀行 みずほ信託銀行 三井住友信託銀行 SMBC信託銀行 他(GK-TK等) (出典)公開情報(公募案件のみ)を基にProgmat作成 14 りそな銀行 2
  14. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only #16 #受託者別|受託金額|三井住友/みずほ/りそなは、大型案件受託により金額面で大幅伸長 © Progmat, Inc.

    #2 不動産ST市場 0 500 1,000 1,500 2,000 FY2021 FY2022 FY2023 三菱UFJ信託銀行 みずほ信託銀行 三井住友信託銀行 SMBC信託銀行 他(GK-TK等) (出典)公開情報(公募案件のみ)を基にProgmat作成 (単位)億円 847 300 310 166 りそな銀行
  15. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only #17 #仲介者別|取扱件数|大和/MDMが量産化態勢で先行し、SBI/野村が続く形 © Progmat, Inc.

    #2 不動産ST市場 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 FY2021 FY2022 FY2023 (単位)案件 SBI証券 大和証券 野村證券 東海東京証券 SMBC日興証券 MDM HashDasH (出典)公開情報(公募案件のみ)を基にProgmat作成 ※1案件で複数の証券会社が協業している場合、各証券にそれぞれ+1件(ダブルカウント) 6 6 3 3
  16. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only #18 #仲介者別|取扱金額|規模追求で野村が大和を上回り、ネットではMDMの伸びがSBI比顕著 © Progmat, Inc.

    #2 不動産ST市場 0 250 500 750 1,000 1,250 1,500 1,750 2,000 FY2021 FY2022 FY2023 SBI証券 大和証券 野村證券 東海東京証券 SMBC日興証券 MDM HashDasH (出典)公開情報(公募案件のみ)を基にProgmat作成 ※1案件で複数の証券会社が協業している場合、組成金額を参加証券会社数で除した金額を便宜的に各社にカウント (単位)億円 117 549 692 214
  17. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only #20 #発行体別|新規件数|大きく3つの潮流、関連業者の起債中心も、丸井の事例は継続して需要有り © Progmat, Inc.

    #3 債券ST市場 SBI証券 大和証券 野村證券 みずほ証券 岡三証券 他(自己募集等) 楽天証券 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 FY2021 FY2022 FY2023 FY2024 1 4 4 (単位)案件 【丸】丸井 【ス】スパークス 【S】SBI証券 (出典)公開情報(公募案件のみ)を基にProgmat作成 【岡】岡三証券グループ 【大】大和証券グループ 【J】日本取引所グループ 【日】日立製作所 事業会社×個人向け 証券会社自身×個人向け グリーンボンド 1
  18. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only #21 #発行体別|新規発行額|機関投資家向けグリーンボンドが目立つが、個人向け発行額も漸増している © Progmat, Inc.

    #3 債券ST市場 0 25 50 75 100 125 150 FY2021 FY2022 FY2023 FY2024 【丸】丸井 【ス】スパークス 【S】SBI証券 【岡】岡三証券グループ 【大】大和証券グループ 【J】日本取引所グループ 【日】日立製作所 事業会社×個人向け 証券会社自身×個人向け グリーンボンド 【S】001 1 18 132 (単位)億円 (出典)公開情報(公募案件のみ)を基にProgmat作成 【丸】003 【ス】010 【J】005 【丸】002 【岡】020 【大】010 【日】100 【丸】002
  19. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only #22 #発行体別|販売態勢|自己募集型やグリーンボンドを野村が牽引、他証券も複数で協業のうえ取扱開始 © Progmat, Inc.

    #3 債券ST市場 自己募集のFAは野村 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 丸井 スパークス SBI証券 岡三証券G 大和証券G 日本取引所G 日立製作所 (単位)案件 SBI証券 大和証券 野村證券 (出典)公開情報(公募案件のみ)を基にProgmat作成 ※1案件で複数の証券会社が協業している場合、各証券にそれぞれ+1件(ダブルカウント) ※LINE証券分は野村證券に内包 3 1 みずほ証券 岡三証券 他(自己募集等) 楽天証券 事業会社×個人向け 証券会社自身×個人向け グリーンボンド
  20. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only #23 #仲介者別|取扱件数|SBIの試験発行後、野村が先行も、23年度から多くの証券会社が参入 © Progmat, Inc.

    #3 債券ST市場 自己募集のFAは野村 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 FY2021 FY2022 FY2023 FY2024 SBI証券 大和証券 野村證券 みずほ証券 岡三証券 他(自己募集等) 楽天証券 (単位)案件 (出典)公開情報(公募案件のみ)を基にProgmat作成 ※1案件で複数の証券会社が協業している場合、各証券にそれぞれ+1件(ダブルカウント) ※LINE証券分は野村證券に内包
  21. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only #25 © Progmat, Inc. #4

    プラットフォーム #アセットタイプ別取扱件数|3月公表案件により、Securitizeの取扱件数が+2件伸長見込み 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 Progmat BOOSTRY Securitize ADDX HashDasH (単位)案件 (出典)公開情報(公募案件のみ)を基にProgmat作成 ※取扱件数=各基盤を利用する「有価証券届出書提出後~償還前」の公募案件数 11 公募不動産STファンド取扱件数 公募債券ST取扱件数 公募金銭債権STファンド取扱件数 23 8 4 2 1
  22. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only #26 © Progmat, Inc. #4

    プラットフォーム #仲介者別利用件数|Progmatは万遍なく、BOOSTRYは野村中心、Securitizeは自己募集中心 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 Progmat BOOSTRY Securitize ADDX HashDasH (単位)案件 SBI証券 大和証券 野村證券 東海東京証券 SMBC日興証券 みずほ証券 岡三証券 (出典)公開情報(公募案件のみ)を基にProgmat作成 ※1案件で複数の証券会社が協業している場合、各証券にそれぞれ+1件(ダブルカウント) 6 3 MDM HashDasH 他(自己募集等) 楽天証券 6 7 8 5 4
  23. CONFIDENTIAL / Discussion Purpose Only 免責事項 #27 © Progmat, Inc.

    ⚫ 本資料は、ディスカッション用に作成されたものであり、個別の商品、サービスを勧誘することを目的としたものではあり ません。本ディスカッション或いは資料だけで契約が成立するものではありません。従って、当社はいかなる種類の法 的義務、或いは責任を負うものではありません。 ⚫ 本資料は信頼できると思われる各種データ等に基づいて作成されていますが、当社はその正確性、完全性を保証 するものではありません。ここに示したすべての内容は、当社の現時点での判断を示しているに過ぎません。また、本 資料に関連して生じた一切の損害については、当社は責任を負いません。その他専門的知識に係る問題について は、必ず貴社の弁護士、税理士、公認会計士等の専門家にご相談の上ご確認ください。 ⚫ 本資料は当社の著作物であり、著作権法により保護されております。当社の事前の承認なく、本資料の全部もしく は一部を引用または複製、転送等により使用することを禁じます。 ⚫ 商号等:Progmat, Inc.