Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

カスタマイズ可能なクラスファイルについて

 カスタマイズ可能なクラスファイルについて

SATySFiのカスタマイズ可能なクラスファイルについてまとめ、新たな手法を2つ提案する

6fcdf8a60e6e2d5df378f716f4f6277a?s=128

puripuri2100

July 25, 2020
Tweet

Transcript

  1. カスタマイズ可能なクラスファイルについて SATySFi Conf 2020 @puripuri2100 2020/7/25

  2. 自己紹介 所属 開成学園開成高等学校 学年 高校二年 SAT YSFI歴 中学三年から高校二年までの約 2 年

    twitter @puripuri2100 mail puripuri2100@gmail.com 1
  3. 自己紹介 SAT YSFI関連のこと: • SATySFi Advent Calendar (2018 | 2019)

    の主催 2
  4. 自己紹介 SAT YSFI関連のこと: • SATySFi Advent Calendar (2018 | 2019)

    の主催 • satysfi-siunitx とか satysfi-uline とか色々パッケージを作成 2
  5. 自己紹介 SAT YSFI関連のこと: • SATySFi Advent Calendar (2018 | 2019)

    の主催 • satysfi-siunitx とか satysfi-uline とか色々パッケージを作成 • satysfi-base のお手伝いもしています 2
  6. 自己紹介 SAT YSFI関連のこと: • SATySFi Advent Calendar (2018 | 2019)

    の主催 • satysfi-siunitx とか satysfi-uline とか色々パッケージを作成 • satysfi-base のお手伝いもしています • SATySFi-API のようなサイトの整備も少しずつ(最近 SAT YSFIのドキュメン トを作り始めました) 2
  7. 自己紹介 SAT YSFI関連のこと: • SATySFi Advent Calendar (2018 | 2019)

    の主催 • satysfi-siunitx とか satysfi-uline とか色々パッケージを作成 • satysfi-base のお手伝いもしています • SATySFi-API のようなサイトの整備も少しずつ(最近 SAT YSFIのドキュメン トを作り始めました) • 「SATySFi に関すること」のような解説記事も書いていました 2
  8. 今日話すこと • SAT YSFIにおけるクラスファイルの役割 • 既に存在しているクラスファイルの簡単な紹介 • なぜ「カスタマイズ可能なクラスファイル」が必要なのか • 既にあるアプローチ

    • 新しく提案する方法 1:json ファイルからの生成 • 新しく提案する方法 2:unit list と破壊的代入を使った方法 • 今後について 3
  9. SAT YSFIにおけるクラスファイルの役割 • document 関数の提供 • 版面の設定 • フォントの設定 •

    相互参照 • 章節コマンドの提供 • 浮動環境や脚注などの版面と深くかかわるコマンドの提供 4
  10. 既存クラスファイルの紹介 stdja* SATySFi 標準のもの 5

  11. 既存クラスファイルの紹介 stdja* SATySFi 標準のもの stjarticle stdja にコマンド等を色々付け加えたもの 5

  12. 既存クラスファイルの紹介 stdja* SATySFi 標準のもの stjarticle stdja にコマンド等を色々付け加えたもの exdesign カスタマイズ可能なもの 5

  13. 既存クラスファイルの紹介 stdja* SATySFi 標準のもの stjarticle stdja にコマンド等を色々付け加えたもの exdesign カスタマイズ可能なもの jlreq

    JLReq の準拠を目指すもの 5
  14. 既存クラスファイルの紹介 stdja* SATySFi 標準のもの stjarticle stdja にコマンド等を色々付け加えたもの exdesign カスタマイズ可能なもの jlreq

    JLReq の準拠を目指すもの new-cls 改造前提のもの 5
  15. 既存クラスファイルの紹介 stdja* SATySFi 標準のもの stjarticle stdja にコマンド等を色々付け加えたもの exdesign カスタマイズ可能なもの jlreq

    JLReq の準拠を目指すもの new-cls 改造前提のもの cs-thesis 論文用 5
  16. 既存クラスファイルの紹介 stdja* SATySFi 標準のもの stjarticle stdja にコマンド等を色々付け加えたもの exdesign カスタマイズ可能なもの jlreq

    JLReq の準拠を目指すもの new-cls 改造前提のもの cs-thesis 論文用 shinchoku-tairiku 進捗大陸用 5
  17. 既存クラスファイルの紹介 stdja* SATySFi 標準のもの stjarticle stdja にコマンド等を色々付け加えたもの exdesign カスタマイズ可能なもの jlreq

    JLReq の準拠を目指すもの new-cls 改造前提のもの cs-thesis 論文用 shinchoku-tairiku 進捗大陸用 satysfi-class-yabaitech ヤバイテックトーキョー用 5
  18. 既存クラスファイルの紹介 stdja* SATySFi 標準のもの stjarticle stdja にコマンド等を色々付け加えたもの exdesign カスタマイズ可能なもの jlreq

    JLReq の準拠を目指すもの new-cls 改造前提のもの cs-thesis 論文用 shinchoku-tairiku 進捗大陸用 satysfi-class-yabaitech ヤバイテックトーキョー用 slydifi スライド用 5
  19. 既存クラスファイルの紹介 stdja* SATySFi 標準のもの stjarticle stdja にコマンド等を色々付け加えたもの exdesign カスタマイズ可能なもの jlreq

    JLReq の準拠を目指すもの new-cls 改造前提のもの cs-thesis 論文用 shinchoku-tairiku 進捗大陸用 satysfi-class-yabaitech ヤバイテックトーキョー用 slydifi スライド用 steamer スライド用 5
  20. なぜ「カスタマイズ可能なクラスファイル」が必要なのか SAT YSFIで作られる文書は大きく分けて 2 通り: 6

  21. なぜ「カスタマイズ可能なクラスファイル」が必要なのか SAT YSFIで作られる文書は大きく分けて 2 通り: • 同人誌や商業誌、部誌などのしっかりした本 6

  22. なぜ「カスタマイズ可能なクラスファイル」が必要なのか SAT YSFIで作られる文書は大きく分けて 2 通り: • 同人誌や商業誌、部誌などのしっかりした本 • レポート 6

  23. なぜ「カスタマイズ可能なクラスファイル」が必要なのか SAT YSFIで作られる文書は大きく分けて 2 通り: • 同人誌や商業誌、部誌などのしっかりした本 • レポート 本のクラスファイルは基本的に「オーダーメイド」

    6
  24. なぜ「カスタマイズ可能なクラスファイル」が必要なのか SAT YSFIで作られる文書は大きく分けて 2 通り: • 同人誌や商業誌、部誌などのしっかりした本 • レポート 本のクラスファイルは基本的に「オーダーメイド」

    レポートは「使いまわし」で「少しずつ体裁が変わる」 6
  25. なぜ「カスタマイズ可能なクラスファイル」が必要なのか SAT YSFIで作られる文書は大きく分けて 2 通り: • 同人誌や商業誌、部誌などのしっかりした本 • レポート 本のクラスファイルは基本的に「オーダーメイド」

    レポートは「使いまわし」で「少しずつ体裁が変わる」 →レポート作成のためには「手軽に」 「ちょこっと変更を加えられる」クラス ファイルの存在がどうしても必要 6
  26. 既存アプローチの紹介 既存のカスタマイズ可能なクラスファイル 7

  27. 既存アプローチの紹介 既存のカスタマイズ可能なクラスファイル • stdja* 7

  28. 既存アプローチの紹介 既存のカスタマイズ可能なクラスファイル • stdja* • exdesign 7

  29. 既存アプローチの紹介 既存のカスタマイズ可能なクラスファイル • stdja* • exdesign • jlreq 7

  30. 既存アプローチの紹介(stdja*の場合) • タイトルや著者のデータ、タイトルと目次を表示するかはレコード型で 指定 • 基本版面に関することをオプション引数の形で変更できる 8

  31. 既存アプローチの紹介(stdja*の場合) • タイトルや著者のデータ、タイトルと目次を表示するかはレコード型で 指定 • 基本版面に関することをオプション引数の形で変更できる メリット: • ページサイズの変更とかができる •

    with を使うことで好きな値だけ変えられる 8
  32. 既存アプローチの紹介(stdja*の場合) • タイトルや著者のデータ、タイトルと目次を表示するかはレコード型で 指定 • 基本版面に関することをオプション引数の形で変更できる メリット: • ページサイズの変更とかができる •

    with を使うことで好きな値だけ変えられる デメリット: • 基本版面以外弄れないので、章節のデザインを弄りたい時に若干困る 8
  33. 既存アプローチの紹介(stdja*の場合) @require: stdja document (| title = {}; author =

    {}; show-title = true; show-toc = true; |) ?:(| StdJa.default-config with pager-size = A3Paper; show-pages = false; |) '< +p{段 落} > 9
  34. 既存アプローチの紹介(exdesign の場合) • 全てのパラメータに対して値を与える • レコード型を上手く使ってパラメータを分類する • 分類したパラメータごとに値を設定し、パッケージで使いまわしできる ようにする 10

  35. 既存アプローチの紹介(exdesign の場合) • 全てのパラメータに対して値を与える • レコード型を上手く使ってパラメータを分類する • 分類したパラメータごとに値を設定し、パッケージで使いまわしできる ようにする メリット:

    • 使いまわし可能 • 変更が比較的簡単にできる 10
  36. 既存アプローチの紹介(exdesign の場合) • 全てのパラメータに対して値を与える • レコード型を上手く使ってパラメータを分類する • 分類したパラメータごとに値を設定し、パッケージで使いまわしできる ようにする メリット:

    • 使いまわし可能 • 変更が比較的簡単にできる デメリット: • パラメータ多すぎ • パラメータを弄ると簡単に後方互換性が壊れる 10
  37. 既存アプローチの紹介(exdesign の場合) @require: class-exdesign/exdesign @require: class-exdesign/article-ja document (| title =

    {title}; author = {puripuri2100}; date = {2018/11/04}; show-title = true; show-toc = true; style = ArticleJa.a4paper; design = ArticleJa.article; header-footer = ArticleJa.normalHF; fonts = ArticleJa.fonts; |) '< +p{段 落} > 11
  38. 既存アプローチの紹介(jlreq の場合) • document 型のオプション引数でレコード型を使ってパラメータを弄る • *-scheme 関数があり、これもレコード型を使って設定を弄ることがで きる 12

  39. 既存アプローチの紹介(jlreq の場合) • document 型のオプション引数でレコード型を使ってパラメータを弄る • *-scheme 関数があり、これもレコード型を使って設定を弄ることがで きる メリット:

    • 設定の変更が非常に楽 • 幅広く、良い感じに変更ができる 12
  40. 既存アプローチの紹介(jlreq の場合) • document 型のオプション引数でレコード型を使ってパラメータを弄る • *-scheme 関数があり、これもレコード型を使って設定を弄ることがで きる メリット:

    • 設定の変更が非常に楽 • 幅広く、良い感じに変更ができる デメリット: • きちんと版面を練らねばならず、レポート作成用には難易度が高い(設 定コピペの誘発) 12
  41. 新しい提案 1:json ファイルからの生成 • json ファイルからクラスファイルを生成する 13

  42. 新しい提案 1:json ファイルからの生成 • json ファイルからクラスファイルを生成する メリット: • 設定の変更が非常に楽 •

    柔軟な設定ができる • Web 上での自動生成等に応用できる 13
  43. 新しい提案 1:json ファイルからの生成 • json ファイルからクラスファイルを生成する メリット: • 設定の変更が非常に楽 •

    柔軟な設定ができる • Web 上での自動生成等に応用できる デメリット: • 生成したクラスファイルのメンテが非常に困難 13
  44. 新しい提案 1:json ファイルからの生成 formatcls というソフトウェアを Rust で実装済み https://github.com/puripuri2100/formatcls 14

  45. 新しい提案 1:json ファイルからの生成 formatcls というソフトウェアを Rust で実装済み https://github.com/puripuri2100/formatcls formatcls -c

    demo.json -o demo.satyh のような感じで使用。 大体 500 行程度のクラスファイルが作成される。 14
  46. formatcls について 例 { "page-size": "b5", "left-space" : "20mm", "right-space"

    : "20mm", "main-font" : { "size":"12pt", "cjk-name":"ipaexm", "cjk-ratio":"0.88", "cjk-correction":"0.", "latin-name":"lmsans", "latin-ratio":"1.", "latin-correction":"0." }, "header-fun":"empty", "footer-fun":"empty", "sec-depth":2, "sec-name-list" : ["section", "subsection"] } 15
  47. 新しく提案する方法 2:unit list と破壊的代入を使った方法 内部で破壊的代入を使ってデフォルトの値を書き換えるような inline-text -> unit みたいな型を持つ関数を用意しておき、そこに値 を与えて

    unit list を作る。第一引数に設定値をリストで与え、第二引数 に普通のブロックテキストを与える。document 関数内で第一引数を評価す るときに値の書き換えが実行され、組版結果に影響を与える。 exdesign のレコード型を unit list で置き換えているイメージ。 document [ Doc.title {title}; Doc.page-size Page.b5j; Doc.left-space 20mm; Doc.right-space 20mm ] '< +p{text} > 16
  48. 新しく提案する方法 2:unit list と破壊的代入を使った方法 予想されるメリット: • 気軽にパラメータの増減ができる • 見た目がシンプルになる •

    ある程度使いまわしができる 17
  49. 新しく提案する方法 2:unit list と破壊的代入を使った方法 予想されるメリット: • 気軽にパラメータの増減ができる • 見た目がシンプルになる •

    ある程度使いまわしができる 予想されるデメリット: • パラメータが多すぎてメンテが大変 • 予期せぬパラメータの上書きが発生するかも 17
  50. 今後について • formatcls の改良 18

  51. 今後について • formatcls の改良 • unit list を使ったクラスファイルを作ってみる 18

  52. 今後について • formatcls の改良 • unit list を使ったクラスファイルを作ってみる • 各クラスファイルユーザの感想を集めたい

    18
  53. 今後について • formatcls の改良 • unit list を使ったクラスファイルを作ってみる • 各クラスファイルユーザの感想を集めたい

    • どの手法が良いのかわからないので数を撃ちたい 18
  54. まとめ • レポート作成用にカスタマイズ可能なクラスファイルが必要 • 既存の手法は主にレコード型を使ったもの • json ファイルを使って自動生成する方法と、unit list を使う方法の

    2 種類を提案 • json ファイルからの生成の方は formatcls というソフトウェアを既に実 装済み • unit list の方はこれから実装する必要がある • どの方法が良いのかはわからないので、色々な人に使い倒してもらう必 要がある 19
  55. 想定質問:なぜ Rust で実装したのか • 多くの OS で動く • 書きやすい •

    使いたかった satyrographos でインストールしてもらうために OCaml で書き直すのもアリ ではある 20