Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

楽楽精算のサービスと共に成長するエンジニア組織の3年間とこれから / 20220208_techcon2022-seisan

Cdf97a1b1b132c56582773c3ba09a3a6?s=47 Rakus_Dev
February 08, 2022

楽楽精算のサービスと共に成長するエンジニア組織の3年間とこれから / 20220208_techcon2022-seisan

Cdf97a1b1b132c56582773c3ba09a3a6?s=128

Rakus_Dev

February 08, 2022
Tweet

More Decks by Rakus_Dev

Other Decks in Technology

Transcript

  1. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. ©2022 RAKUS Co., Ltd. 楽楽精算のサービスと共に成長する

    エンジニア組織の3年間とこれから 株式会社ラクス 開発本部 第三開発部 間澤/森山/稲垣
  2. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. 自己紹介 間澤 創 ▪経歴 SIer、BtoCベンチャー、外資系BtoB

    SaaS等を経て 2018年ラクス入社 を担当 ラクスやサービスの急成長を牽引し続ける 開発組織をスケールさせていくのが課題
  3. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. 楽楽精算とは?

  4. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. 楽楽精算とは?

  5. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. 楽楽精算売上高推移 977 1,601 2,579 3,925

    5,559 0 1000 2000 3000 4000 5000 6000 2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期 売上高
  6. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. 楽楽精算売上高とエンジニア人数の推移 977 1,601 2,579 3,925

    5,559 14 18 21 25 38 5 15 25 35 45 55 65 0 1000 2000 3000 4000 5000 6000 2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期 売上高 エンジニア人数 売上は5.6倍 エンジニア 人数は3.8倍
  7. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. 2018年の楽楽精算エンジニア組織 開発2チーム と 運用1チーム 初期からの創造主を中心に製品開発、オフショア、運用が存在

    売上 エンジニア チーム数 16億円 18名 3 開発 オフショア 運用
  8. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. 2019年の楽楽精算エンジニア組織 人数が増えてきてエンジニアたちの一人前計画が進行し オフショア、モバイル、運用が独立、開発も徐々に卒業を図る 売上 エンジニア

    チーム数 25億円 21名 5 オフショア 運用 モバイル 開発
  9. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. 2020年の楽楽精算エンジニア組織 中心人物が新サービス楽楽勤怠へ旅立ち、運用はSREへ 各開発チームは自立した新体制へ転換 サービスはさらに大きくなりエンジニア人数も増加 売上

    エンジニア チーム数 39億円 25名 5 オフショア 運用 モバイル 開発 新サービス楽楽勤怠へ インフラ組織SREへ
  10. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. 2021年の楽楽精算エンジニア組織 さらにさらにサービスが大きくなりエンジニア人数もさらに増加 役割分担が進み、PdM、QA、アプリケーションマネジメントが発足 売上 エンジニア

    チーム数 55億円 38名 8 PdM QA アプリケーション マネジメント 開発 オフショア モバイル
  11. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. 自己紹介 森 山 純 ▪経歴

    フリーランスのエンジニア、BtoCサービスを運営する 事業会社で開発組織のマネージャー経験を経て、 2019年ラクスに入社。 現在は、オフショア開発とモバイル開発の マネージャーとして、組織作りをメインに担当。 写真
  12. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. これまでの楽楽精算オフショア開発組織 開発エンジニアがBrSEを兼ねて、オフショア開発を遂行。 オフショア開発の拡大には、日本側体制の再現が難しい。 オフショア オフショア

    開発エンジニア ベトナム 日 本 開発エンジニア 兼 BrSE
  13. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. 今後の楽楽精算オフショア開発組織 国内の開発、BrSE、オフショア開発の三位一体になって、質の高い プロダクト開発を進めていく。 オフショア ベトナム人BrSE

    開発PM/PL オフショア 開発エンジニア ベトナム 日 本 開発 オフショアPMO
  14. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. これまでの楽楽精算モバイル開発組織 楽楽精算の4アプリの保守開発がメイン。 開発運用の基盤、組織が発展途上。基盤強化、採用・育成が進行中。 モバイル Android開発チーム

    iOS開発チーム 組 織 サービス
  15. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. 今後の楽楽精算モバイル開発組織 楽楽精算のみならず、ラクス横断的なモバイル開発組織を目指す。 幅広いモバイル技術の習得、エンジニア育成の成功が不可欠。 モバイル Android開発チーム

    iOS開発チーム テックリード 組 織 サービス
  16. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. 自己紹介 稲垣 剛之(いながき たけし) ▪経歴

    大学卒業後、独立系SIer企業に入社、約10年間 PG、SE、PMを経験、ポータルサイトの企画から開発、運用等のPMを担当 その後、転職し、ファッションECサイトの立ち上げ直後から約9年間 開発責任者として参画 最終的には企画・デザイン・開発といったプロダクト開発全般の責任者を担当 2021年8月にラクスに入社 写真
  17. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. 担当する組織について プロダクト全体視点で ・事業部と連携し、プロダクト開発の方向性と仕様を策定 ・プロダクト開発をするエンジニアの支援 する組織として、2021年下期に発足

    ▪現在の人員構成 役割 補足 PdM 専任複数名 QA 専任者と 他人員はテストフェーズに 開発内からメンバーを複数選出している アプリケーション マネジメント 専任者と 他人員はプロダクト開発と兼務で実施
  18. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. 現在の役割イメージ 要件定義/ 設計 実装/ 単体テスト

    結合/システム テスト システム 運用 要求定義 プロダクト サポート 課題抽出/ 要求分析 QA アプリケーション マネジメント PdM 開発 モバイル オフショア PMM 営業 CS 製品 ロードマップ デザイナー インフラ SRE CS 要求仕様書 結合テスト 項目書 開発 開発 ・お客様から の問い合わせ調査等 ・データ更新、リリース等 ・テスト実施 ・事業部窓口 ・仕様相談 ・課題、要求 分析連携 ・UI相談 ・インフラ相談等
  19. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. 現在の課題 •PdM(課題抽出・要求分析・要求定義フェーズ)領域 ・製品ロードマップはあるものの開発項目としてイメージがしづらい ・機能リリース提供後の改善が十分にできていない •QA(結合/システムテストフェーズ)領域

    ・テスト管理や担当が毎回変動するため大きな改善がしづらい ・プロダクトやユーザー視点でのQAが進められていない •アプリケーションマネジメント(運用・サポートフェーズ)領域 ・開発と兼務のため、抜本的な改善が進めづらい ・開発側からのプロダクトへの改善提案を十分に活かせていない
  20. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. 今後の役割イメージ 要件定義/ 設計 実装/ 単体テスト

    結合/システム テスト システム 運用 要求定義 プロダクト サポート 課題抽出/ 要求分析 QA アプリケーション マネジメント PdM 開発 モバイル オフショア PMM 営業 CS 製品 ロードマップ デザイナー インフラ SRE CS 要求仕様書 結合テスト 項目書 ・お客様から の問い合わせ調査等 ・データ更新、リリース等 ・各種改善提案・実施 ※専任組織で実施 ・項目書作成 ・テスト実施 ・プロダクト 改善提案 ※専任組織で実施 ・事業部窓口 ・仕様相談 ・開発ロードマップ作成 ・課題、要求 分析連携 ・導入後 改善提案連携 ・UI相談 ・インフラ相談等 開発 ロードマップ
  21. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. 今後の役割イメージ 工程別比較 企画 プロダクト方向性決定工程 役割・主担当

    ロードマップテーマ別 テーマ選定・優先度・決定 案件創出・機能開発項目選定 決定及び開発ロードマップ策定 事業目標KPI・KGI設定 製品ロードマップ策定 製品全体 事業部 事業部:PMM 事業部:PMM 事業部:PMM PdM 今後 現在 PdM 事業部 PMM 事業部 事業部:PMM PdM
  22. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. プロダクト開発工程 役割・主担当 今後 現在 要求定義

    案件・機能開発項目別 要件定義 設計 実装・単体テスト 結合・システムテスト リリース システム運用・保守・プロダクト改善 運用・保守・改善 事業部:PMM エンジニア PdM エンジニア エンジニア エンジニア エンジニア エンジニア エンジニア エンジニア エンジニア アプリケーション マネジメント PdM QA アプリケーション マネジメント 今後の役割イメージ 工程別比較 上流~リリース~改善
  23. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. 今後の人員構成 役割 人員構造 職種・役割説明 PdM

    専任者で構成 ドメインエキスパート └電子帳簿法、インボイス制度 └経理業務、他プロダクト関連業務 テーマ別担当 └事業収益 / プロダクト価値 / システム / モバイル関連 QA 専任者で構成 QA管理者 └全体品質管理、QA工程、リソース管理 QA担当 └テストコード実装、各種項目書作成 └結合、システム、セキュリティ、性能テスト実施 └ユーザー視点でのプロダクト改善提案 ※一部オフショアも活用 アプリケーション マネジメント 専任者で構成 プロダクトサポートエンジニア └システム・データ更新、リリース定常運用及び改善 └問い合わせ調査及びプロダクト改善提案 ※内容に応じてPdM/プロダクト開発エンジニアへエスカレーション ビジネス規模、開発チーム増加に応じて増員
  24. #RAKUSTechCon ©2022 RAKUS Co., Ltd. 本日のまとめ ❖ 楽楽精算はここ4年で売り上げ5.6倍 エンジニア人数は3.8倍となっている ❖組織も3チームから8チームになり

    モバイル、オフショア PdM、QA、アプリケーションマネジメント 状況に応じて組織を変化させている ❖今後もビジネス拡大スピード同様 開発組織も専門性を活かした組織へ進化していく