Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

サイボウズの開発チームに入ったライターが挫折した話

79be3bbb36bbf231eb6bbe0ff03f0a2a?s=47 RieTonooka
November 02, 2021

 サイボウズの開発チームに入ったライターが挫折した話

「Cybozu × SmartHR プロダクトに関わるライターのリアル 」(2021/11/01 19:00〜) でお話させていただきました!
https://smarthr.connpass.com/event/227619/

79be3bbb36bbf231eb6bbe0ff03f0a2a?s=128

RieTonooka

November 02, 2021
Tweet

Transcript

  1. サイボウズの開発チームに入った ライターが挫折した話 サ イ ボ ウ ス 株 式 会

    社 殿 岡 理 恵
  2. 自己紹介 • 前職はマニュアル制作会社 • 色々な製品の色々なドキュ メントを作ってました • 複業でライティング研修の 講師もやってます 2

    殿岡理恵 サ イ ボ ウ ス 株 式 会 社 開 発 本 部 k i n t o n e 開 発 チ ー ム プ ロ ダ ク ト ラ イ タ ー
  3. 意気揚々と入社 • 一つの製品を深く理解して書きたい、という思いから サイボウズに入社。 • ライターの経験はそこそこ長いので、頑張れば書ける と思ってた。 → 全然書けない。 3

  4. kintoneは、使いかた次第 • ユーザーの業界も規模も立場も知識もバラバラ • そもそもkintone導入の目的がバラバラ • 課題が曖昧なケースも多い 4

  5. 本質的な説明が書けない • 仕様書から操作手順や注意事項を書くことは、何とか できた。 • kintoneの機能の概念や、目的の伝え方が難しすぎる。 → 手順は書けるのに、本質的な説明をまったく書けない。 5

  6. たとえば、お気に入りのアプリの並び替え 6

  7. たとえば、お気に入りのアプリの並び替え 機能の説明をどう書く? 「アプリがたくさんあって探しづらい場合に、お気に入 りに登録できます。また、お気に入りのアプリを並び替 えることにより、アプリをより見つけやすくなりま す。」 …これはダメ。 7

  8. どこがダメなのか • 「探しやすくする」が目的だとすると、なぜ検索機能 じゃないの? • アプリが膨大にあって管理できないような状態だとす ると、それってそもそも正しい使いかたなの? 8

  9. 「こういうときに役立ちます」には深い思考が必要 「こういう状態で役立つ機能です」と書く → そういう状態をサイボウズが今後も想定し続けている → その使い方がNGではない、むしろいいんですよ、と いうメッセージになる。 9

  10. ではどう書く? 最終的な文章: 「お気に入りに登録したアプリの中でも、特に利用頻度 の高いアプリを上位に並べるなど、アプリにアクセスし やすくするために活用できます。」 特に難易度の高い文章には見えなくても、製品の方向性 を理解しているかどうかが、確実に文章に現れる。 10

  11. たとえばこの説明、どう書く? 「新機能の無効化」:チェックを付けると、アップデートが しばらく延期される機能。この説明をどう書く? ・「頻繁にアップデートされると困る場合に便利」 →ダメ ・「現在の機能を使い続けたい場合にチェックを入れる」 →絶対ダメ 11

  12. 製品の方向性を理解すると、文章が変わる 最終的な文章: 「新機能が追加されると、利用者への周知や、マニュアルの 変更、プラグインの検証、またはそれらのための影響の確認 が必要になる場合があります。新機能の有効/無効を切り替 えることにより、これらに対応するための時間を柔軟に調整 できるメリットがあります。」 製品の方向性を理解しているかどうかが、確実に文章に現れ る。 12

  13. すべての機能は、目的を達成するための手段 製品は会社の理念に沿って開発されている。 理念が開発計画に落とし込まれ、それが機能に落とし込 まれる。 すべてにおいて綿密なストーリーが考えられ、そのス トーリーが1ページずつ進んでいる感じ。 これをサポートするのがライターの役割。 13

  14. マクロの視点を強化しないと乗り越えられない ライターは目的を深く理解したうえで、ユーザーを導い ていく。そのためには、ミクロの視点・マクロの視点の 両方が必要。 14

  15. ライターとしては最高のチャレンジ ヘルプの文章をここまで深く追求する製品は、ライター 人生で見たことなかった。 難易度は格段に上がったけど、ライターとしてはこれ以 上ないやりがい。 15

  16. 『プロダクトにかかわるライター』とは • 一番の目的は、製品の活用を「文章の力」で後押しし、 サイボウズの理念を実現すること。 • そのために、製品の目的と方向性を深く理解し、ユー ザーを導いていくのがライターの役割。 「このページが、その会社の未来を変えるかもしれな い」という思いで書いています。 16

  17. おわり 17