Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

200309 RPA初心者セミナー 一戸さん

200309 RPA初心者セミナー 一戸さん

RPACommunity

March 09, 2020
Tweet

More Decks by RPACommunity

Other Decks in Technology

Transcript

  1. #RPALT
    RPA 初心者セミナー
    2020/3/9
    @GRAVITY CO-WORK
    一戸 寿哉(@k_dash_riese)

    View full-size slide

  2. #RPALT
    アジェンダ
    2
    • RPAとは
    • デモ
    • 効果
    • 適用できる業種
    • 導入の流れ
    • 開発の流れ
    • 市場動向
    • RPAツール紹介
    • 参考書籍

    View full-size slide

  3. #RPALT
    RPAとは
    3
    • マウス、キーボードなどPC上の作業を自動化
    Robotic Process Automation
    • ノンコーディングではない、開発は必要
    • 変数、条件分岐、ループなど基本的なプログラミング知識は必要
    コーディングレス

    View full-size slide

  4. #RPALT
    デモ① RPA化対象の業務を確認
    4
    人がAmazonでキーワード「青森」で検索

    View full-size slide

  5. #RPALT
    デモ② レコーディング
    5
    RPAツールが人の操作を記録

    View full-size slide

  6. #RPALT
    デモ③ 実行
    6
    ロボットがレコーディングした作業を実行

    View full-size slide

  7. #RPALT
    デモ④ コーディング
    7
    人がコーディングすることも可能

    View full-size slide

  8. #RPALT
    デモ⑤ スクレイピング
    8
    対象アプリからデータを抽出できる

    View full-size slide

  9. #RPALT
    効果
    9
    コア業務に注力、作業効率化
    RPAの特性
    自動、高速
    効果
    システム開発の頻度を減らす
    アプリ間を繋ぐ(APIが無いもの)
    内製化できる範囲が拡がる
    作成、修正、リリースが比較的容易
    サービスレベル向上
    24時間365日
    ヒューマンエラー防止 品質向上
    作成過程で業務フローなどの
    ドキュメントが作成される
    見える化
    持続的な
    業務改革、
    DXに繋がる

    View full-size slide

  10. #RPALT
    適用できる業種
    10
    • 扱うデータが電子化されている (紙情報もOCR等で電子化すれば可)
    • 業務ロジックが定義されている (定型化されている)
    RPA化の条件
    業種は問わない

    View full-size slide

  11. #RPALT
    導入の流れ
    11
    全体計画 机上検証 PoC 評価・修正 導入・構築
    RPAが必ずしも有効とは限らない。過度な期待を持たずにPoCで見極める。
    Proof of Concept
    • 実際にロボットを作り、想定通りの効果が出るか検証
    • まずは簡単な業務を選定
    • 想定していた開発体制、工数が妥当かも検証
    • RPAの理解を深めるためにも有効

    View full-size slide

  12. #RPALT
    開発の流れ
    12
    • ユーザーと密に連携しながらクイックにリリース
    • リリース後も改修をクイックに回す
    従来のシステム開発手法とアジャイルのミックス
    業務選定・
    要件定義
    基本設計 詳細設計 製造 単体テスト 結合テスト
    システム
    テスト
    ユーザ
    受入テスト
    詳細設計 結合テスト
    システム
    テスト
    改修
    アジャイルな範囲

    View full-size slide

  13. #RPALT
    市場動向
    13
    • 市場規模は1兆円
    • 2020年に70%の企業が導入する予測
    • 首都圏ではピークを過ぎ「幻滅期」へ
    • 2019年から地方に広がり始めている
    ⇒幻滅しているのは、正しく使えていない
    から。首都圏の教訓を活かすべし!
    全国に支部があるRPA Communityを活用すべし!

    View full-size slide

  14. #RPALT
    RPAツール紹介
    14

    View full-size slide

  15. #RPALT
    RPAツール紹介
    15
    読み方 ウィンアクター ユーアイパス
    オートメーション
    エニーウェア
    ビズロボ ブループリズム
    省略形 WA(表記のみ) Ui AA ? BP
    運営 NTTデータ UiPath
    Automation
    Anywhere
    RPA
    テクノロジーズ
    Blue prism
    シェア 1位 3位 4位 2位 5位
    浸透率 3位 1位 6位 2位 4位
    発祥 日本 ルーマニア アメリカ
    アメリカ
    (kofax社)
    イギリス
    コスト
    (年間)
    開発1台:90万
    実行1台:25万
    400万
    (大規模導入)
    非公表 700万
    (標準導入)
    120万
    (最低導入価格)
    無償版 なし あり あり なし なし
    その他
    • ベンダサポートが強力
    • 最近、大幅アップデー
    トあり
    • 作りやすくするため
    機能を限定
    • .NETの知識があれば
    すぐに開発可能
    • コミュニティが充実。
    無償版と併せて導入の
    敷居が低い。
    • 集中管理サーバ機能が
    充実
    • AIによる開発サポート
    や分析機能あり
    • ソフトバンク提携
    • 国内のRPA先駆者
    • ソフトバンク提携
    • 国内では後発
    • アーキテクチャが固く、
    セキュリティも強い

    View full-size slide

  16. #RPALT
    参考書籍
    16
    初級向け 中・上級向け

    View full-size slide