Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

200330 BizRobo!先生として1年間あがいた軌跡 おーいさん

200330 BizRobo!先生として1年間あがいた軌跡 おーいさん

RPACommunity

March 30, 2020
Tweet

More Decks by RPACommunity

Other Decks in Technology

Transcript

  1. BizRobo!先生として
    1年間あがいた軌跡
    株式会社エネルギア・コミュニケーションズ
    サービスオペレーションセンター / RPAメンター
    大井 信慶

    View full-size slide

  2. 自己紹介
    本業(電気通信事業の業務)
    <これまでの業務従事経験>
    • 通信インフラの企画・設計,施⼯・設備管理,運⽤監視
    • 事業戦略・⽅針策定,新規事業創出
    • 事業中計策定,予算・決算管理
    • 経費精算チェックや請求書⽀払などの経理
    • 事務⽤品調達や年始安全祈願の準備対応などの庶務
    RPAの開発・教育支援
    2004 2018 2019 2020
    (14年)
    兼任体制

    View full-size slide

  3. RPAの開発・教育⽀援
    RPA技術教育 RPA開発支援
    自チーム内の業務効率化に向
    けたRPA開発および試⾏運⽤
    他部署業務の効率化に向け
    てRPA技術者の開発サポート
    RPAの理解および開発技術習
    得に向けて集合教育および
    スキルアップTVを配信
    RPA開発
    2018年度 2019年度
    “RPAメンター” に就任
    リファレンスがお友達

    View full-size slide

  4. 今日お伝えすること
    “兼任体制(現場主導)” における
    (オレ流)開発推進の進め方と成果をご紹介

    View full-size slide

  5. 企画
    組織と進め⽅
    工事 保守 運用
    RPA開発コミュニティ
    (部横断的組織)
    【管理職への要求】
    ・RPA開発者の時間の確保
    ・RPA開発の業務指示
    ・成果物の評価
    【参加者への要求】
    ・セルフマネジメント
    (RPAメンターからの指示はなし)
    ・開発は基本自主的に実施
    【RPAメンターの心構え】
    ・問合せを断わらない︕
    ・呼ばれたらすぐに⽀援に⾏く︕

    View full-size slide

  6. 開発者およびロボット開発の成果
    22人 6人
    2台
    7台
    集合教育受講者
    自チーム業務の
    ロボット化に取り組んだ人
    BizRobo!の使い方を
    概ね理解
    ロボット導入効果
    RPAの概念を理解
    ①約1,900時間
    ②約750時間
    3〜200時間
    業務改善の取り組みを目標設定し,
    使命感・必要性なものと捉えた人
    課題意識 管理職が業務選定に関与
    業務全体を理解している管理職
    が業務を決めていた傾向がある
    BizRobo!の基本操作は
    教材を配布し身につけてもらう
    (自主学習)

    View full-size slide

  7. ・当初想定していた以上に開発に取り組んでくれる人がいた
    ⇒単独で開発できる人は今回はできなかったのが残念
    ・管理職の業務改善に対する意識付け
    ⇒管理職を巻き込んだ業務選定や目標設定の徹底
    ・全体最適を狙った業務全体を⾒通し変えていく組織の形成
    ⇒現場主導だと個別最適に走る傾向が大きい
    まとめ(所感)

    View full-size slide