Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

XP matsuri 2012 LT

Fbc2f33065dfaa8d1812b3a225d75e11?s=47 semiyashin
September 15, 2012

XP matsuri 2012 LT

2012/9/15 in waseda
semiya presented.

Fbc2f33065dfaa8d1812b3a225d75e11?s=128

semiyashin

September 15, 2012
Tweet

Transcript

  1. ITドカタが スマフォ向けWebサービスを 作ってみた XP祭り2012 9/15 in 早稲田大

  2. 皆さん

  3. こんにちは!

  4. 勉強会は好きですか?

  5. 私は好きです

  6. 勉強会って楽しい

  7. 新しい知識が身につく

  8. 知識は試してみたい

  9. だからWebサービスを作った 学んだことを実践するために

  10. ITドカタが スマフォ向けWebサービスを 作ってみた 瀬宮 新

  11. あんた誰? 瀬宮 新 @shin_semiya 職業:SIer ハイパーレガシーコードクリエイター 好きな言語:Ruby

  12. 諸君

  13. 私は開発が好きだ

  14. 私は開発が大好きだ

  15. アジャイル テスト駆動開発 バージョン管理 自動テスト CI . クラウド が好きだ が好きだ が好きだ

    が好きだ が好きだ が好きだ
  16. 私は開発手法が大好きだ

  17. よろしい、ならば実践だ!

  18. 実践、一心不乱の実践を!

  19. 実践 = 素振り

  20. 開発手法を素振りしてやる!

  21. None
  22. だがちょっと待って欲しい

  23. 疑問: 開発手法は一人では 素振りできないものか?

  24. None
  25. None
  26. None
  27. できない: チームですること できる: 1人ですること

  28. 結論: 開発手法は一人でも 素振りできる

  29. None
  30. とりあえずやってみよう

  31. □概要: 自炊した書籍を管理する Webサービス □内容: パソコン上の書籍などを 管理し、外出先から 検索・閲覧できる

  32. 制約条件:1人で作る □いいこと コストと納期がゆるふわ □わるいこと 増員できない 作業時間・人/週はほぼ固定

  33. 要約: 絶対に増員できない サービス開発24時

  34. ということで

  35. 戦略

  36. 戦略: 限りある資源(人・時間)を 有効に使う

  37. 戦略: 限りある資源を有効に使う。 →少ない労力でさっくり サービス開発ができる技術

  38. 戦略(基盤): 少ない労力でさっくり サービス開発ができる技術 アーキテクチャ:Rails+jQuery サービス基盤:Heroku+RDS

  39. 戦略(開発手法): 開発効率をあげる 開発手法から順次導入 Git,Jenkins,テスト駆動開発 ,カンバン,バックログ

  40. ということでやってみよう

  41. None
  42. それでどうなった?

  43. 2ヶ月でサービスができたよ

  44. 結論1: 開発手法は開発を 加速させる

  45. 加速

  46. ところで

  47. これを見てくれ これを、どう思う?

  48. すごく、ダサいです

  49. 結論2: 開発手法はデザインまでは 面倒を見てくれない

  50. だが待って欲しい

  51. なければ作ればいい

  52. 2週間で画面を全面刷新

  53. ということで進化した

  54. 結論3: 開発手法はサービスの 進化を加速させる

  55. 進化

  56. None
  57. 総括

  58. 開発手法をもとに素振りして どうなった?

  59. よかったこと

  60. 効果1: ベロシティが上がった 6(第3イテレーション) ↓ 31(第9イテレーション)

  61. 効果2: 状況が見える バックログとタスクかんばん でやるべきことが見える。 振り返りの材料がすでにある。

  62. 効果3: リスクを恐れずチェンジできる 命綱(テストコード)と セーブデータ(git)がある →チャレンジが出来る

  63. None
  64. 悪かったこと

  65. 反省1: 現場に反映できないよね 一人でやっている以上 所詮自己満足。 現場に反映させられるの?

  66. 反省2: 限界があるよね 基盤を作っても中身は チープな自分だけの成果物 それは実戦ではない

  67. 自己満足で終わり?

  68. 結論: 1人で素振りは 無意味ではない しかし仕事でチームと やることにこそ意味がある。

  69. 次はチームとやりたいです。

  70. ご清聴ありがとうございました