JUnit導入の成功と失敗.pdf

 JUnit導入の成功と失敗.pdf

JUnit導入の成功と失敗

F51e113117352226a2583a1f24d4de6d?s=128

SHIMANE, Yoshikazu

October 28, 2015
Tweet

Transcript

  1. JUnit導入の成功と失敗 #Java騎士団 第一回円卓会議@2015/10/27 @shimashima35

  2. 自己紹介 @shimashima35 http://srad.jp/~shimashima/ 中小SI勤務(基本下請けなし) Java歴 14年くらい 好きなもの maven, テスト, ソフトウェエ

    ア工学全般 最近IoTで遊んでいます JaSST(ソフトウェアテストシンポジウム) Tokyo 実行委員 JSTQB-FL取得 (New @2015/10/26)
  3. 本日の内容 JUnitによるUnitTest導入の成功事例と失敗事例の紹介。 成功要因/失敗要因についての考察。 時間があれば「JMeterによる疲れないリグレッションテスト」も……。

  4. UnitTestとは 今回の講演でのUnitTestはTDDのUnitTestではありません。 自分は書いたプログラムが自分の意図通りに動くことを確認・保証 するためのもの。 一般的な品質保証の考えでの「単体テスト」です。

  5. 成功事例 概要 ❏ 金融系大規模案件 (300人月以上かな?) ❏ 最大プログラマだけで40名程度 ❏ 2007年頃 ❏

    Java5+Spring 2.5+Hibernate3.2(Annotation)+Spring MVC ❏ まだSpring MVCもHibernate 3.2も事例がない ❏ 受注したベンダ中に複数の協力会社社員で構成 ❏ 大半は特定の1社 ❏ 自分も協力会社(Not 特定の1社)として入った一人
  6. 成功事例 JUnit導入経緯と結果 ❏ 金融系で高品質を求めた ❏ アーキテクトが主導した ❏ 最終的にお客様とコードカバレッジ100%でコミットした ❏ 厳密はgetter/setterなどは除外してよい

    ❏ それでも最終的には95%程度まで達成 ❏ テストチームによる結合テスト中でも気軽にリファクタリング ❏ コードに対して責任を持つ
  7. 成功事例 要因 ❏ 初期段階からUnitTestを意識し設計 ❏ レイヤーアーキテクチャ、DIなど ❏ アーキテクトの力量 ❏ UnitTest用フレームワークを一人で作成

    ❏ アーキテクトによる適度なコードレビュー ❏ おしなべて高かったスキル ❏ プロジェクトとしてのコミットメント ❏ プロジェクト内の意識の高さ
  8. 失敗事例 概要 ❏ 広告サイト構築案件 (200人月程度?) ❏ 最大プログラマだけで60名程度 ❏ 2009年頃 ❏

    Java6+Seasar2+S2JDBC+SASturts ❏ 自社で受注 ❏ 協力会社多数参加
  9. 失敗事例 JUnit導入経緯 ❏ JUnit成功体験があった自分が参加 ❏ アーキテクトも「できるだけUnitTestは書きたい」という思い ❏ マネジャー的には「どうでもよい」 ❏ あった方がよい

    ❏ でも、それで進捗が遅れるのはなぁ…
  10. 失敗事例 JUnit導入結果 ❏ カバレッジ率なにそれ? ❏ UnitTestはほぼなし ❏ 皆があらゆるところを修正するのでテストメンテが事実上破た ん ❏

    mvn -Dmaven.test.skip=true
  11. 失敗事例 要因 ❏ アーキテクトがテストにコミットできなかった ❏ マルチタスク ❏ マネジャーからの扱い(UnitTestはなくてもよい) ❏ スケジュールプレッシャー

    ❏ テストよりまず動くもの ❏ プログラマのアサインが画面単位
  12. 失敗事例 アサインの問題 1. アサインが画面単位 2. 一人が全てのレイヤまたがって実装を行う 3. 画面に近い部分は別としてService・Domain・Persist層を全 員触る a.

    共通化されない、Interfaceが契約的ではない、APIが壊れ る b. 全員が全レイヤーのテストの書き方を覚えなければならな い
  13. 成功事例 アサインは? 1. アサインがレイヤー単位 2. 画面近く画面/機能単位でアサインされる 3. Service層/Domain層/Persist層はごく少のアーキテクチーム が受け持つ a.

    業務単位である程度分割されるので、業務単位でクラスの オーナーが決まる b. オーナーがそのクラスの責任者として実装およびテストを 書く
  14. まとめ

  15. まとめ ❏ スケジュールプレッシャーは天敵 ❏ マネジャーの支援があると導入しやすい ❏ 「テストのための設計・準備」は必要 ❏ 意外なところでアサインの単位も重要

  16. JMeterによる疲れないテスト

  17. Selenium(WebDriver)あるある ❏ テストが壊れる ❏ メンテナンスコストが高い ❏ 時間がかかる

  18. JMeterによる簡易テスト ❏ http(s)によるリクエストレベルでのテスト ❏ とりあえずhttpステータスコードのチェック ❏ 400番台、500番台は自動的にNG ❏ 200番台はOK ❏

    302などの自動リダイレク対応 ❏ テストシナリオはキャプチャー&リプレイをベースに修正
  19. SeleniumとJMeter ❏ Seleniumのつかいどころ ❏ 画面の動きを見たい・確認したい場合 ❏ Ajax ❏ レイアウト検証 ❏

    JMeterのつかいどころ ❏ Web画面からロジックまで含めて検証 ❏ UIの細かい部分は意識しなくてよい場合 ❏ 何を検証したいかによって使い分けましょう
  20. ご清聴ありがとうございました。