OpenShift 4 High Lights Features

OpenShift 4 High Lights Features

OpenShift Meetup Tokyo #4で利用した資料です。
今後のOpenShift 4の機能紹介です。
https://openshift.connpass.com/event/127775/

当日の様子はコチラから
https://note.mu/dayamaguchi1/n/nf8ab9c5b2641

269258447d4284b5cb2ce0f048d143b2?s=128

Shingo.Kitayama

May 22, 2019
Tweet

Transcript

  1. 2019/05/22 OpenShift Technical Solution Architects Shingo.Kitayama Hash Tag

  2. Hash Tag

  3. OpenShift4 Overview

  4. OpenShift4 Overview 柔軟なビジネスを作るため、マルチクラウド、多様なワークロードへの対応強化 独自の 機能強化 による標準化 エンタープライズ向けクラウドネイティブの実装 Hash Tag

  5. OpenShift4 Overview BARE METAL PUBLIC CLOUD CONTAINER LINUX KUBERNETES OPS

    TOOLS AUTO-UPDATE OPERATIONS BARE METAL VIRTUAL PRIVATE CLOUD PUBLIC CLOUD RED HAT ENTERPRISE LINUX KUBERNETES OPS TOOLS DEV TOOLS CI/CD PIPELINE INTEGRATIONS ANSIBLE MIDDLEWARE SERVICES • • • • • • • • • Hash Tag
  6. クラスタ運用、アプリケーション開発の柔軟性 OpenShift4 Overview • • • クラスタ管理者 アプリケーション開発者 • •

    • Hash Tag
  7. OpenShift4 Overview Hash Tag

  8. OpenShift4 Overview SIMPLIFIED INSTALL AND UPGRADES INTEGRATED PLATFORM AND OS

    SECURE CONTAINERS AND OS TIGHTER CLOUD INTEGRATION KUBERNETES MANAGING KUBERNETES FASTER ALIGNMENT TO UPSTREAM BETTER CLUSTER MANAGEMENT SIMPLIFY MACHINE MANAGEMENT SIMPLIFY MACHINE SCALING OPERATOR FRAMEWORK LIFECYCLE MANAGEMENT OVER THE AIR UPDATES MULTICLUSTER FEDERATION MONITORING METERING ADVANCED NETWORKING OPENSHIFT STORAGE OPERATORHUB OPENSHIFT SERVICE MESH OPENSHIFT SERVERLESS CODE READY WORKSPACES INTEGRATION SERVICES AI/ML/ANALYTICS SERVICES OPENSHIFT ON AZURE UNIFIED HYBRID CLOUD Hash Tag
  9. を支える技術 OpenShift4 Overview OPERATOR FRAMEWORK LIFECYCLE MANAGEMENT OVER THE AIR

    UPDATES UNIFIED HYBRID CLOUD Hash Tag
  10. 運用自動化が必須のクラウドネイティブ OpenShift4 Overview https://www.youtube.com/watch?v=LymzLHRbQdk コンテナやクラスタの運用を個別に行う時代は終焉 コンテナやクラスタシステムを管理するには、 管理者の負担が大きい • 異常を継続的にチェック •

    人による障害復旧オペレーション • 手動の変更作業 Hash Tag
  11. とは OpenShift4 Overview https://www.youtube.com/watch?v=LymzLHRbQdk 運用をソフトウェアによって作り込む「 」を実現 アプリ運用における運用の知見をコード化し、 パッケージ化したもの 仕組みは、 を拡張するアプ

    リケーションコントローラーを通じ、スケーリ ング、バックアップ、アップデートなどを適切 に行う ・ ・ Hash Tag
  12. OpenShift4 Overview https://www.youtube.com/watch?v=LymzLHRbQdk ユーザーが独自に定義したリソース A resource is an endpoint in

    the Kubernetes API that stores a collection of API objects of a certain kind. For example, the built-in pods resource contains a collection of Pod objects. A custom resource is an extension of the Kubernetes API that is not necessarily available in a default Kubernetes installation. It represents a customization of a particular Kubernetes installation. However, many core Kubernetes functions are now built using custom resources, making Kubernetes more modular. Hash Tag
  13. OpenShift4 Overview https://www.youtube.com/watch?v=LymzLHRbQdk オペレーションに合わせたコントローラー On their own, custom resources simply

    let you store and retrieve structured data. When you combine a custom resource with a custom controller, custom resources provide a true declarative API. A declarative API allows you to declare or specify the desired state of your resource and tries to keep the current state of Kubernetes objects in sync with the desired state. The controller interprets the structured data as a record of the user’s desired state, and continually maintains this state. Hash Tag
  14. OpenShift4 Overview は つの の機能を利用して、実装されている。 を監視して、適切なリソース状態を維持する Hash Tag

  15. OpenShift4 Overview および 立ち上げパートナーがチェックを行い登録 Hash Tag

  16. への認定 OpenShift4 Overview ISV account managers ※ のみ稼働する製品は、直接取り入れられる 簡易な自動テスト OpenShiftへのインストール可否

    Hash Tag
  17. の OpenShift4 Overview オープンソースプロジェクトおよ びその幅広いエコシステムをベースとする事前 に設定された、自己更新型のモニタリングスタッ クが同梱。 クラスタコンポーネントのモニタリング機能やア ラート機能を提供します。 クラスタ管理者に対して問題の発生について

    即時に通知し、一連の ダッシュボード を提供します。 Hash Tag
  18. を触ってみる OpenShift4 Overview https://learn.openshift.com/operatorframework/ Hash Tag

  19. OpenShift4 Cluster Service

  20. を支える技術 MULTICLUSTER FEDERATION MONITORING METERING ADVANCED NETWORKING OPENSHIFT STORAGE

  21. バージョン の対象範囲を狭め、 特定のポリシーに基づいて、任意のオブジェ クトを適切な場所に配置する。 【 の課題】 ・ 固有の拡張機能が、 に格納されていたため、 をク

    ラスターレベルで再実装するのが困難。 ・ のエミュレーションによる、 、 における制限 ・ 自体の未成熟な状態
  22. Federation V2 is a Kubernetes operator leveraging Custom Resource Definitions

    that provides tools for managing applications and services in multiple Kubernetes clusters tracked by the Kubernetes Cluster Registry. Federation allows users to deploy workloads to clusters in the cluster registry, program DNS with information about those workloads, and dynamically adjust replicas in the different clusters a workload is deployed in. As Federation matures, we expect to add features dealing with storage, workload placement, etc.
  23. None
  24. 駆動の クラスタープロビジョニングと管理 • ◦ ◦ ◦ • ◦

  25. OpenShift4 Application Service

  26. を支える技術 OPERATORHUB OPENSHIFT SERVICE MESH INTEGRATION SERVICES AI/ML/ANALYTICS SERVICES

  27. None
  28. None
  29. None
  30. None
  31. None
  32. OpenShift4 Developer Service

  33. を支える技術 OPENSHIFT SERVERLESS CODE READY WORKSPACES

  34. None
  35. None
  36. TEKTON = Knativeのパイプライン担当

  37. None
  38. Summary

  39. クラウドネイティブな世界をエンタープライズに

  40. エンタープライズに必要なサポート トレーニング パートナー認定 とサポート 長期ライフサイクル 予測可能なライフサイクルを提示するとともに、 に展開するアプリケーションと、ビジネ スに適した寿命を展開する。 問題に対する応答と修復できる期間を明記した サービスレベル契約を示す。また、サポートを提供

    するベンダーや、サポートされているプロダクトを明 確にする。 長期的なサポートだけでなく、トレーニングによって、 運用するメンバーの認定や成熟度を明らかにする ことで、サービスの継続的なデリバリを支援する。 が提供するものも含め、 上での 動作を検証し、ビジネスにとって重要なワークロー ドを保証する。
  41. None
  42. Red Hat is the world’s leading provider of enterprise open

    source software solutions. Award-winning support, training, and consulting services make Red Hat a trusted adviser to the Fortune 500.