$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

gusuku de ゆんたく 2018/06/13:gusuku Customine はじめの一歩のその前に

gusuku de ゆんたく 2018/06/13:gusuku Customine はじめの一歩のその前に

gusuku Customineの登場で、kintoneカスタマイズの障壁はかなり小さくなりました。とはいえ、ある種のスキルと経験を必要とするのも事実。カスタマインを使いこなすために必要なものは何か?解き明かしていきます

Shotaro Matsuda

June 13, 2018
Tweet

More Decks by Shotaro Matsuda

Other Decks in Technology

Transcript

  1. プロジェクト・アスノート
    gusuku Customine
    はじめの一歩 のその前に
    松田正太郎

    View Slide

  2. 自己紹介 松田 正太郎(まつだしょうたろう)
    プロジェクト・アスノート代表
    かりんこラボ(プラグイン開発):プロデューサー
    某総合化学メーカー所属。
    元技術屋、今噺家
    「業務改善職」という新たな職種をこの世に作り出すことを
    ライフワークとし、kintone業務改善の支援や業務改善人材を
    世の中に増やすため、プロジェクト・アスノートを複業(個
    人事業)として主催。
    これまでに作ったkintoneアプリは、のべ1500以上。
    Shotaro Matsuda
    https://pj.asunote.jp
    Twitter: @Shokun1108
    Facebook: shokun1108
    これまでの講演・LTなど:
    2015/9/4 kintone Café 東京 Vol.4
    https://www.joyzo.co.jp/corp_blog/archives/246
    2015/10/15 kintone hive vol.2(事例講演)
    https://kintone.cybozu.com/jp/event/hive2015/10/report/
    2016/6/1 Cloud Day九州(基調講演)
    https://kintone-blog.cybozu.co.jp/event/000211.html
    2017/11/10 kintone Café JAPAN 2017
    http://ascii.jp/elem/000/001/592/1592069/

    View Slide

  3. あなたのことを教えてください
    A: 自社のkintoneアプリを作る
    B: 社内のkintoneユーザー
    C: お客様にkintoneを提供する

    View Slide

  4. JavaScriptカスタマイズ
    A: 開発者(または経験あり)
    B: かじったことがある程度
    C: ほぼ初心者

    View Slide

  5. 小 ← 開発スキル → 大
    使う ← アプリ開発 → 作る
    Ⅰ Ⅱ
    Ⅲ Ⅳ
    Ⅴ Ⅵ
    あなたは
    どのあたり?

    View Slide

  6. カスタマインを触ってみましたか?
    A: すぐに使いこなせそうだ
    B: 操作は簡単だが使いこなすのが難しい

    View Slide

  7. gusuku Customine
    はじめの一歩

    その前に

    View Slide

  8. カスタマインの使い方は
    ほとんど出てきません
    このあと
    ハンズオン
    あります

    View Slide

  9. Customine はじめの一歩
    ・・・のその前に必要な4つ
    kintoneを知る kintoneを深く知る
    考え方 経験
    標準機能を理解し、
    何ができないかを
    スパッと判断できる
    イベントの理解、できること
    APIドキュメント
    順序立てて結果を導ける考え方
    プログラミング思考のトレーニング
    小さく始めて、Try&Errorを繰り返し
    ながら完成させる経験を積む

    View Slide

  10. マインド

    View Slide

  11. ①超キホン ②応用する ②限界を知る
    • ヘルプサイト
    • 便利に使おう
    ガイドブック
    アプリ開発の基本
    を身につける
    標準機能の
    組み合わせ
    でさまざま
    な機能の実
    現にチャレ
    ンジ
    経験を積み
    重ねること
    で、標準機
    能の制約や
    限界を知る
    1. kintoneを知る
    標準機能を理解し、何ができないかを知る

    View Slide

  12. kintoneを知るための参考情報①
    https://jp.cybozu.help/ja/k/index.html
    ★特出しコンテンツ
    1. kintone用語集
    https://jp.cybozu.help/ja/k/glossary/
    2. 制限値一覧
    https://jp.cybozu.help/ja/k/admin/limit
    一部整理されていない情報や分かりにくいと
    ころがあるが、機能についてはほぼ網羅され
    ている。
    困ったらヘルプ熟読!
    試験に出る!
    kintone ヘルプサイト

    View Slide

  13. kintoneを知るための参考情報②
    https://cybozu.co.jp/kintone-certification/
    近日発売!
    kintone認定 アソシエイト試験

    View Slide

  14. kintoneを知るための参考情報③
    https://pj.asunote.jp
    ★特出しコンテンツ
    1. kintone活用インデックス
    標準機能の活用あれこれ
    https://pj.asunote.jp/
    2. kintoneでワークフロー
    ~プロセス管理を極める!~
    プロセス管理+通知+アクセス権 を
    徹底的に解説します(順次追加中)
    https://pj.asunote.jp/workflow/
    基本的なことから、かなりマニアックなこと
    まで。あなたのkintone思考力を鍛えます
    宣伝!
    プロジェクト・アスノート

    View Slide

  15. 2. kintoneを深く知る
    kintoneが動く仕組みの超基本を理解する
    1. cybozu developer network
    2. kintone APIドキュメント
    3. イベント
    4. フィールド形式
    5. REST API一覧
    6. JavaScript API一覧
    キーワード

    View Slide

  16. kintoneを深く知るための参考情報
    https://developer.cybozu.io/hc/ja
    developer networkにはkintoneカスタマイズ
    に必要な情報が網羅されているが、カスタマ
    インを使う場合、その中から基本だけを押さ
    えておけば充分^^
    試験に出る!
    cybozu developer networkと仲良くなる

    View Slide

  17. developer networkと仲良くなる(1)
    https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/201941754
    試験に出る!
    kintone APIドキュメント

    View Slide

  18. developer networkと仲良くなる(2)
    JavaScript API一覧
    試験に出る!
    kintoneカスタマイズの
    処理(カスタマインの処
    理)を動かすことができ
    るタイミング。
    PCとモバイルの違いに
    ついても把握しておく

    View Slide

  19. developer networkと仲良くなる(3)
    イベント
    試験に出る!
    kintoneカスタマイズの処理
    (カスタマインの処理)を動
    かすことができるタイミング。
    各イベントで実行できること
    について、ざっと把握してお
    くことが大事
    (応用編)
    レコードの更新の手段:
    REST APIの使い所

    View Slide

  20. 3. 考え方
    順序立てて結果を導き出す考え方
    01. 02. 03. 04.
    やりたいこと
    業務要件・目的
    ≠ 言われたこと
    実現すべきこと
    切り分け
    標準機能の組み合わせ、
    工夫でどこまで可能か
    カスタマイズするべき
    かどうか?
    何をどうするか
    カスタマイズ内容を
    決める
    ロジック組み立て
    プログラミング思考:
    目的を実現するための
    ロジックを組み立てる
    思考力
    ここで、忘れてはいけないことがあります

    View Slide

  21. 答えは ではない
    pj.asunote.jp
    ひとつ

    View Slide

  22. ユーザーは を教えてくれない
    pj.asunote.jp
    答え

    View Slide

  23. 3. 考え方
    順序立てて結果を導き出す考え方
    01. 02. 03. 04.
    やりたいこと
    業務要件・目的
    ≠ 言われたこと
    実現すべきこと
    切り分け
    標準機能の組み合わせ、
    工夫でどこまで可能か
    カスタマイズするべき
    かどうか?
    何をどうするか
    カスタマイズ内容を
    決める
    ロジック組み立て
    プログラミング思考:
    目的を実現するための
    ロジックを組み立てる
    思考力

    View Slide

  24. 4. 経験
    トライアンドエラーを繰り返す経験を重ねる
    スモールスタート
    一気に完成させるのを
    目指さず、なるべくシ
    ンプルな機能を完成さ
    せ、そこから段階的に
    機能を追加していく
    (カスタマイズでも、
    Customineでも共通)
    トライ&エラー
    動かしてみて、使ってみ
    て初めて分かることが多
    い。
    初めから考えすぎず、利
    用者も含めてトライ&エ
    ラーに巻き込もう
    数と質
    自社のkintone環境で経
    験できる数が少ないと
    きは、
    自分のkintone開発環境
    を手に入れよう
    https://developer.cybozu.
    io/hc/ja/articles/2009295
    40#step3

    View Slide

  25. 標準機能を理解
    できないことの境界
    kintone標準機能
    順序だてて結果を
    導き出すロジックを
    鍛える
    考え方
    カスタマイズの
    超基本
    kintone仕組みの基礎
    経験の蓄積
    トライ&エラー
    経験
    Customineを難しいと感じた人
    何を知り、何をどう学び、経験すればいいか

    View Slide

  26. 大切なことは にある
    カスタマイズの前
    pj.asunote.jp

    View Slide

  27. カスタマインの話

    View Slide

  28. カスタマインに向いているのは
    どんなユーザーか?

    View Slide

  29. 小 ← 開発スキル → 大
    使う ← アプリ開発 → 作る
    Ⅰ Ⅱ
    Ⅲ Ⅳ
    Ⅴ Ⅵ
    このあたり
    の領域が対
    象か?

    View Slide

  30. 小 ← 開発スキル → 大
    使う ← アプリ開発 → 作る
    Ⅰ Ⅱ
    Ⅲ Ⅳ
    Ⅴ Ⅵ
    でも実際の
    人数構成は
    こんな感じ
    なので、
    向いている
    領域は意外
    に小さい?

    View Slide

  31. 小 ← 開発スキル → 大
    使う ← アプリ開発 → 作る
    Ⅰ Ⅱ
    Ⅲ Ⅳ
    Ⅴ Ⅵ
    使える人を増や
    すためのコンテ
    ンツが必要!
    注:開発者向け
    ではなく、一般
    ユーザーに分か
    りやすいもの

    View Slide

  32. コスト面では
    • スターター 3万円/月 → 36万円/年
    • アドバンスド 85万円/年
    • (ライセンスパック)

    View Slide

  33. よくあるユーザー企業のアプリ開発コスト推移①
    縦軸:コスト 横軸:時間
    初期集中型
    1. 導入初期に集中していくつかア
    プリを開発
    2. その後の展開はあまり進まない
    3. デベロッパー経由で利用する場
    合も同様のコスト感
    ✓ 開発がほとんど無くなっても、
    利用料を払い続ける必要がある

    View Slide

  34. よくあるユーザー企業のアプリ開発コスト推移②
    縦軸:コスト 横軸:時間
    常時展開・開発型
    1. 初期導入後も継続的にアプリが
    増えたり、改善が発生する
    2. 他部署への展開も段階的に進む
    ✓ 常に開発が継続しているため、
    サービスを効率的に活用
    ✓ 開発者の経験値も上昇するため、
    生産性は大きく向上
    →カスタマインが向いているユーザー

    View Slide

  35. 1. kintoneを知る
    リンク集
    ➢ kintoneヘルプ
    https://jp.cybozu.help/ja/k/index.html
    ✓ kintone用語集
    https://jp.cybozu.help/ja/k/glossary/
    ✓ 制限値一覧
    https://jp.cybozu.help/ja/k/admin/limit
    ➢ kintone認定アソシエイト試験
    https://cybozu.co.jp/kintone-certification/
    2. kintoneを深く知る
    ➢ developer network
    https://developer.cybozu.io/hc/ja
    ➢ kintone APIドキュメント
    https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/201941754
    ➢ JavaScript API一覧
    https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/360000361686
    ➢ REST API一覧
    https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/360000313406
    ➢ フィールド形式
    https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/202166330
    3. 経験を積む
    ➢ kintone開発環境
    https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/20092954
    0#step3
    ➢ プロジェクト・アスノート
    https://pj.asunote.jp
    ➢ かりんこラボ
    https://caryncolabo.com

    View Slide